メインコンテンツへスキップ

Excelのグラフにスクロールバーを追加するにはどうすればよいですか?

グラフに表示する必要のあるデータがたくさんある場合は、グラフにスクロールバーを追加できます。スクロールバーをドラッグすると、データの変化を継続的に確認できます。 ただし、Excelでは、グラフにスクロールバーを追加するのはやや難しいので、次の操作を段階的に実行してこのタスクを完了してください。

Excelのグラフにスクロールバーを追加する


矢印青い右バブル Excelのグラフにスクロールバーを追加する

ワークシートにスクロールバーグラフを作成する次のデータ範囲があるとします。

ドキュメントスクロールバーチャート1

1。 まず、データを選択してクリックすると、上記のデータを含むグラフを挿入できます インセット > コラム > クラスター化された列、(必要に応じて他の縦棒グラフまたは折れ線グラフを挿入できます)。

ドキュメントスクロールバーチャート1

2。 そして、次のように縦棒グラフがワークシートに挿入されます。

ドキュメントスクロールバーチャート1

3。 次に、このワークシートにスクロールバーを挿入して、をクリックします。 Developer > インセット > スクロール・バー、スクリーンショットを参照してください:

ドキュメントスクロールバーチャート1

先端:リボンに[開発者]タブが表示されていない場合は、 File > オプション > リボンをカスタマイズする チェック Developer 右側のセクションに表示するには Developer タブのタブ。

4。 次に、マウスをドラッグしてスクロールバーを描画し、右クリックして選択します フォーマット制御、スクリーンショットを参照してください:

ドキュメントスクロールバーチャート1

5。 の中に フォーマット制御 ダイアログ、クリック 管理 タブをクリックし、 最小値 > 最大値 必要に応じてデータを入力し、 -111 ボタンをクリックして、スクロールバーにリンクする空白のセルを選択します。 スクリーンショットを参照してください:

ドキュメントスクロールバーチャート1

6。 次に、をクリックします OK このダイアログを閉じ、今指定したリンクセルを選択して、しばらくして使用する範囲名を作成します。 次のクリック > 名前を定義する、で 新しい名前 ダイアログで、使用する名前付き範囲(列A)の名前を入力します。この例では、入力します お名前、次にこの式を入力します = OFFSET(Sheet1!$ A $ 2 ,,, Sheet1!$ N $ 5) [参照先]フィールドに(Sheet1 適用されるワークシートです。 A2 タイトルのない列Aの最初のデータが含まれるセルです。 N5 手順5で指定したリンクセルです。必要に応じて変更できます。) スクリーンショットを参照してください:

ドキュメントスクロールバーチャート1

7。 そして、 OK、クリックしてください > 名前を定義する 手順6と同じように、別の範囲の列Bの名前を定義します。この例では、次のように入力します。

  • お名前: 数学; (列Bの定義名)
  • を参照する: = OFFSET(Sheet1!$ B $ 2 ,,, Sheet1!$ N $ 5) (Sheet1 適用されるワークシートです。 B2 タイトルのない列Bの最初のデータが含まれるセルです。 N5 手順5で指定したリンクセルです。必要に応じて変更できます。)

ドキュメントスクロールバーチャート1

8。 次に、をクリックします OK このダイアログを閉じると、チャートの範囲名が正常に作成されました。

9。 次に、スクロールバーとグラフをリンクし、グラフ領域を右クリックして、を選択する必要があります データの選択 コンテキストメニューから、スクリーンショットを参照してください。

ドキュメントスクロールバーチャート1

10。 の中に データソースを選択 ダイアログ、クリック 数学 [OK]をクリックします 編集 ボタン、飛び出した シリーズの編集 ダイアログ シリーズ名、クリック -111 ボタンをクリックしてセルB1を選択し、これを入力します = Sheet1!数学 シリーズ値 フィールド、(Sheet1 適用されるワークシートであり、 数学 列B)用に作成した範囲名です。スクリーンショットを参照してください。

ドキュメントスクロールバーチャート10
-1
ドキュメントスクロールバーチャート11

11。 次に、をクリックします OK 前のダイアログに戻り、 データソースを選択 ダイアログ、クリック 編集 Hの下のボタン元の(カテゴリ)軸ラベル、で 軸ラベル ダイアログ、入力 = Sheet1!Name 軸ラベル範囲フィールドに入力します。 ((Sheet1 適用されるワークシートであり、 お名前 列A)用に作成した範囲名です。 スクリーンショットを参照してください:

ドキュメントスクロールバーチャート1

12。 そして、 OK > OK ダイアログを閉じるために、チャートにスクロールバーを追加しました。 スクロールバーをドラッグすると、データがグラフに表示されるようになります。 スクリーンショットを参照してください:

ドキュメントスクロールバーチャート10
-1
ドキュメントスクロールバーチャート11

13。 最後に、スクロールバーとグラフを組み合わせたい場合は、スクロールバーを選択してグラフにドラッグし、長押しします。 Ctrlキー チャットとスクロールバーを同時に選択するには、スクロールバーを右クリックして、 グループ > グループ コンテキストメニューから、これらXNUMXつのオブジェクトが結合されます。

ドキュメントスクロールバーチャート1

Note:作成したスクロールバーグラフで、スクロールバーを最大値までドラッグすると、すべてのデータがグラフに表示されます。データが大きい場合、次のスクリーンショットのように、データ系列が混雑して表示が困難になります。 :

ドキュメントスクロールバーチャート1

この場合、チャートに表示されるデータの数を指定して、いくつかの連続するデータのスコアを表示できます。 この問題を解決するには、グラフの期間数を指定し、作成された範囲名の数式を変更するだけです。

スクロールバーとグラフを挿入した後、期間ごとにグラフにデータを表示する数値を入力します。たとえば、10個の連続するデータ系列をグラフに表示します。

次に、作成したリンクセルを選択し、グラフの範囲名をで定義します。 新しい名前 ダイアログで、名前を指定してこの式を入力します =OFFSET(Sheet1!$A$1,Sheet1!$N$1,0,Sheet1!$N$2,1)を参照する テキストボックス、 (A1 データの最初のセルです、 N1 作成されたリンクされたセルであり、 N2 チャートに指定された表示番号のセルです)

ドキュメントスクロールバーチャート1

そして、別の列データの範囲名を作成し続けます。 新しい名前 ダイアログで、列Bの範囲名を入力し、この式を入力します =OFFSET(Sheet1!$A$1,Sheet1!$N$1,1,Sheet1!$N$2,1)を参照する フィールド、スクリーンショットを参照してください:

ドキュメントスクロールバーチャート1

次に、上記の手順9〜手順12に従って、スクロールバーとグラフをリンクする必要があります。 また、スクロールバーをドラッグすると、次の結果が得られます。10個の連続スコアごとにグラフに表示されます。

ドキュメントスクロールバーチャート10
-1
ドキュメントスクロールバーチャート11

関連記事:

最高のオフィス生産性向上ツール

人気の機能: 重複を検索、強調表示、または識別する   |  空白行を削除する   |  データを失わずに列またはセルを結合する   |   数式なしのラウンド ...
スーパールックアップ: 複数の基準の VLookup    複数の値の VLookup  |   複数のシートにわたる VLookup   |   ファジールックアップ ....
詳細ドロップダウン リスト: ドロップダウンリストを素早く作成する   |  依存関係のドロップダウン リスト   |  複数選択のドロップダウンリスト ....
列マネージャー: 特定の数の列を追加する  |  列の移動  |  Toggle 非表示列の表示ステータス  |  範囲と列の比較 ...
注目の機能: グリッドフォーカス   |  デザインビュー   |   ビッグフォーミュラバー    ワークブックとシートマネージャー   |  リソースライブラリ (自動テキスト)   |  日付ピッカー   |  ワークシートを組み合わせる   |  セルの暗号化/復号化    リストごとにメールを送信する   |  スーパーフィルター   |   特殊フィルター (太字/斜体/取り消し線をフィルター...) ...
上位 15 のツールセット12 テキスト 工具 (テキストを追加, 文字を削除する、...)   |   50+ チャート 種類 (ガントチャート、...)   |   40+ 実用的 (誕生日に基づいて年齢を計算する、...)   |   19 挿入 工具 (QRコードを挿入, パスから画像を挿入、...)   |   12 変換 工具 (数字から言葉へ, 通貨の換算、...)   |   7 マージ&スプリット 工具 (高度な結合行, 分割セル、...)   |   ... もっと

Kutools for Excel で Excel スキルを強化し、これまでにない効率を体験してください。 Kutools for Excelは、生産性を向上させ、時間を節約するための300以上の高度な機能を提供します。  最も必要な機能を入手するにはここをクリックしてください...

kteタブ201905


Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
Comments (5)
No ratings yet. Be the first to rate!
This comment was minimized by the moderator on the site
This is especially for teaching Fatigue and Fracture of metals/alloys it can be shown the cyclic load is applied
This comment was minimized by the moderator on the site
sometimes when I open my workbook the scrollers dont work.I cant figure this out since it doesnt always happen
This comment was minimized by the moderator on the site
Step 13: =OFFSET(Sheet1!$A$1,Sheet1!$N$1,0,Sheet1!$N$2,1) Those who have been following through the page, note that $N$1 will be $N$5 and $N$2 will be the cell you input the number of names shown.
This comment was minimized by the moderator on the site
Hi, I am trying to do this but my data goes horizontally. How do you it that way please?
This comment was minimized by the moderator on the site
In step 10, while editing the series, It is showing error in series value range when I write " sheet1!Maths", saying " reference cell not valid." I can name the series as Maths, but while entering the range values, it is showing error. Kindly suggest
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations