Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Excelでセル/範囲/ワークシートの文字を数える方法は?

セル、範囲、またはExcelのワークシート全体の文字の長さを数える必要がある場合があるので、次に、それをすばやく実行するための方法について説明します。

数式を使用してセル/範囲内の文字をカウントする

Wordでワークシート全体の文字を数える

Kutools for Excelを使用して、文字列内の特定の文字の数を数えます 良いアイデア3


数式を使用してセル/範囲内の文字をカウントする

セル内のすべての文字の長さのみをカウントする場合は、空白のセルを選択して、この数式を入力できます = LEN(A1) (A1は文字を数えたいセルを表します。必要に応じて変更できます)、を押します。 入力します キーボードのボタンをクリックすると、セル内の文字の長さがカウントされます。 スクリーンショットを参照してください:

注意:このメソッドは、数値、スペース、特殊マークなどを含む、指定されたセル内のすべての文字の文字列の長さをカウントします。

ただし、範囲内の文字をカウントする場合は、この数式を入力できます = SUM(LEN(A1:B5)) (A1:B5は文字を数えたい範囲を表し、必要に応じて変更できます)、を押します Ctrlキー + シフト + 入力します キーボードのボタンを押すと、指定した範囲の文字の長さがカウントされます。 スクリーンショットを参照してください:




Wordでワークシート全体の文字を数える

ワークシート全体のすべての文字をカウントする場合、Excelで直接カウントする方法はありません。Wordを使用する必要があります。

1.文字を数えるワークシートを開き、を押します Ctrlキー + A ワークシート全体を選択してから、Word文書にコピーします。

2.次に、Wordで[ レビュー > ワード数、スクリーンショットを参照してください:

3.ポップアップで ワード数 ダイアログでは、文字数を確認できます。 スクリーンショットを参照してください:


Kutools for Excelを使用して、文字列内の特定の文字の数を数えます

文字列内の特定の文字の出現のみをカウントする場合は、次を使用できます。 Kutools for Excel's COUNTCHAR セル内の文字数をすばやくカウントする機能。

Kutools for Excel, 以上で 300 便利な機能は、あなたの仕事をより簡単にします。 

インストールした後 Kutools for Excel、以下のようにしてください:(今すぐExcel用のKutoolsを無料でダウンロードしてください!)

1.カウント結果を出力するセルを選択し、をクリックします クツール > クツール 機能 > 統計と数学 > COUNTCHAR 。スクリーンショットを参照してください:
ドキュメントカウント文字1

2.次に、 関数の引数 ダイアログで、カウントしたい文字列をテキストボックスに選択します。 Inside_text、およびカウントする二重引用符で囲まれた文字を入力します。 検索テキスト ボックス。 スクリーンショットを参照してください:
ドキュメントカウント文字2

注意: この関数は、大文字と小文字を区別して文字をカウントします。

3。 クリック Ok ダイアログを閉じ、自動入力ハンドルを下にドラッグして、必要なセルに数式を適用します。
ドキュメントカウント文字3

関連記事:


最高のオフィス生産性ツール

Kutools for Excelはほとんどの問題を解決し、生産性を80%向上させます

  • 再利用: すばやく挿入 複雑な数式、チャート および以前に使用したものすべて。 セルを暗号化する パスワード付き。 メーリングリストを作成する そしてメールを送る...
  • スーパーフォーミュラバー (複数行のテキストと数式を簡単に編集できます); 読書レイアウト (多数のセルを簡単に読み取って編集する); フィルター範囲に貼り付け...
  • セル/行/列をマージする データを失うことなく; 分割セルコンテンツ; 重複する行/列を組み合わせる...重複セルを防止します。 範囲を比較する...
  • [複製]または[一意]を選択します 行; 空白行を選択 (すべてのセルは空です); スーパーファインドとファジーファインド 多くのワークブックで; ランダム選択...
  • 正確なコピー 数式参照を変更せずに複数のセル。 参照の自動作成 複数のシートに; 箇条書きを挿入、チェックボックスなど...
  • テキストを抽出、テキストの追加、位置による削除、 スペースを削除する; ページング小計の作成と印刷。 セルの内容とコメントを変換する...
  • スーパーフィルター (フィルタースキームを保存して他のシートに適用します); 高度な並べ替え 月/週/日、頻度など。 特殊フィルター 太字、斜体...
  • ワークブックとワークシートを組み合わせる; キー列に基づいてテーブルをマージします。 データを複数のシートに分割; xls、xlsx、PDFをバッチ変換...
  • 300 以上の強力な機能. Office / Excel 2007-2021 および 365 をサポートします。すべての言語をサポートします。 企業や組織に簡単に導入できます。 フル機能の 30 日間無料トライアル。 60日間の返金保証。
kteタブ201905

Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
officetab下部
コメントを並べ替える
コメント (5)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
この式は、タイトルが示すように文字ではなく、文字をカウントします。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
ワークシートの文字数を数えるために、ワークシート全体の内容を単語にコピーすることは、優れたアドバイスです。 どうもありがとうございます。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
NAOMBA NISAIDIE KUJUA IDADI YA ROW NA COLUM KWENYE EXCEL
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
ごめん? あなたの問題は何ですか?
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
ワークシート内のすべての文字をカウントするには:-わざわざWordにコピーするのではなく、数式を使用します。
'= SUMPRODUCT(LEN(A1:B5))'。
動作します、試してみてください!!
実際、SUM(LEN(A1:B5))はおそらく#VALUEでクラッシュします! 広い範囲で使用された場合、または各セルに多くの文字が含まれている場合はエラー、
特にExcel2000のような古いバージョンのExcelでは。

したがって、#VALUEを取得している場合は! 'SUM(LEN(A1:B5))'を使用する場合のエラー、SUMPRODUCTに切り替えます。
SUMPRODUCTを使用すると、面倒なWordへのコピーよりもこれが好きです:-

1)あらゆる種類のセルフォーマットで、広範囲にわたって簡単に機能します

2)関連性がない可能性のある範囲の部分を差し引くことができます(たとえば、カウントするデータに関連性のない個人的なメモを含むセル、行、または列)。
例=SUMPRODUCT(LEN(B1:L5799))-LEN(C4)は、セルC4の文字数をB1:L5799の全範囲から削除します。
= SUMPRODUCT(LEN(B1:L5799))-SUMPRODUCT(LEN(B462:L462))は、行462の文字数を全範囲B1:L5799から削除します。
= SUMPRODUCT(LEN(B1:L5799))-SUMPRODUCT(LEN(D1:D5799))は、範囲B1:L5799全体から列Dの文字数を削除します

3)複数のシートに範囲を追加できるため、すべてのシートをWordに貼り付けなくても、合計数を取得できます。 ワークブック全体の文字の数
例=SUMPRODUCT(LEN(B3:L799))+ SUMPRODUCT(LEN(Sheet2!B4:C7))+ SUMPRODUCT(LEN(Sheet3!A1:C7000))は、3枚のデータのカウントを合計しています

4)これらの数式は、ワークシートの進行に応じて更新されます。そうしないと、データを変更するたびにWordに貼り付け続ける必要があり、文字数を修正する必要があります。

5)それはあなたの情報を一箇所に保ちます。

警告A)-範囲内の個々のセルのいずれかにエラー値を計算および生成できない数式が含まれている場合、'SUMPRODUCT(LEN(A1:B5))'と'SUM(LEN(A1:B5))'の両方が失敗します#VALUE!、#NULL!、#REF!、#NUM!、#DIV / 0!などなど。すべてのセルの数式にエラー保護を組み合わせるのが常に最善です。
SUMPRODUCTのエラー保護を使用して、'= IF(ISERROR(SUMPRODUCT(LEN(B4:C7)))、 "err"、SUMPRODUCT(LEN(B4:C7)))'などのエラーにフラグを立てることができます。
いずれかのセルにエラーが含まれている場合はメッセージ「err」を出力しますが、エラーの原因となっているセルが修正されるか、範囲が変更されてエラーが含まれているセルが省略されるまで、範囲の文字数を取得できません。エラー。
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護