メインコンテンツへスキップ

ブックのシート数を数える方法は?

ブック内のワークシートの数を数える方法を検討したことがありますか? ワークシートがたくさんある場合、それらをXNUMXつずつ数えるのは退屈な仕事です。 実際、ワークシートの数を計算するための簡単な公式はありません。 しかし、ここでは、この問題に対処するための便利で便利なトリックをいくつか紹介します。

ブックのシート数をカウントするSHEETS関数

[名前の定義]コマンドを使用して、ブックのシート数をカウントします

VBAコードを使用してブックのシート数を数える

ナビゲーションペインでブックのシート数を表示する 良いアイデア3

シートのリストを作成して、ワークブックのシート数を数えます 良いアイデア3


矢印青い右バブルブックのシート数をカウントするSHEETS関数

Excelのバージョンが2013以降の場合は、SHEETS関数を使用して、現在のブックのシートの総数を取得できます。

入力するよりも空白のセルを選択してください = SHEETS() その中に、Enterキーを押してシート数を取得します。


矢印青い右バブル[名前の定義]コマンドを使用して、ブックのシート数をカウントします

Excelでは、最初に数式を名前の定義機能に適用してから、ワークシートの数を数えることができます。

1。 ワークシートの数を数えたいワークブックを起動します。

2に設定します。 OK をクリックします。 > 名前を定義する、スクリーンショットを参照してください:

ドキュメントカウント枚数1

3。 とで 新しい名前 ダイアログボックスで、で名前を指定します お名前 テキストボックスをクリックして、この数式を入力します = GET.WORKBOOK(1)&T(NOW()) を参照する テキストボックス、スクリーンショットを参照:

ドキュメントカウント枚数1

4。 次に、をクリックします OK このダイアログを閉じてワークシートに戻り、この数式を入力します = COUNTA(INDEX(CountSheets、0))(カウントシート この数式では、手順3で定義した名前です。必要に応じて変更できます。)空白のセルに、スクリーンショットを参照してください。

ドキュメントカウント枚数1

5。 そしてを押します 入力します キーを押すと、現在のワークブックにあるワークシートの数がわかります。

ドキュメントカウント枚数1


矢印青い右バブルVBAコードを使用してブックのシート数を数える

上記の式を覚えるのがやや難しいと思われる場合は、ここに簡単なVBAコードも役立ちます。

1。 を押し続けます Alt + F11 キー、そしてそれは開きます Microsoft Visual Basic forApplicationsウィンドウ.

2に設定します。 OK をクリックします。 インセット > モジュール、次のコードをに貼り付けます モジュールウィンドウ.

VBAコード:ブックのシート数を数えます

Public Sub CountWorkSheets()
'Update 20140326
MsgBox "The total number sheets of this workbook: " & Application.Sheets.Count
End Sub

3。 次に、 F5 このコードを実行するためのキーを押すと、次のスクリーンショットに示すように、ワークシートの総数を示すプロンプトボックスが表示されます。

ドキュメントカウント枚数1


矢印青い右バブル ナビゲーションペインでブックのシート数を表示する

あなたが持っている場合 Kutools for Excel インストールすると、ワークブックのシート数を明らかに表示できます。 ナビゲーション ペイン。

Kutools for Excel, 以上で 300 便利な機能は、あなたの仕事をより簡単にします。 

後の 無料インストール Kutools for Excel、以下のようにしてください:

1。 クリック クツール > ナビゲーション を有効にする ナビゲーションペイン ワークシートの左側にあります。 スクリーンショットを参照してください:
ドキュメントナビゲーション1

2。 次に、をクリックします ワークブックとスプレッドシート タブをクリックすると、アクティブなワークブックのシートの総数がペインの下部に表示されます。また、ワークブックの表示シートと非表示シートの数を表示することもできます。 スクリーンショットを参照してください:
ドキュメントナビゲーション2

ナビゲーション ペインでは、シート間を移動したり、すべての列ヘッダーや範囲名を表示したり、自動テキストを追加したりできます。 詳細については、ここをクリックしてください。

矢印青い右バブル ナビゲーションペイン-すべてのシートの一覧表示とカウント


矢印青い右バブル シートのリストを作成して、ワークブックのシート数を数えます

上記の方法が不便だと思われる場合は、ラウンドウェイをご紹介します。

あなたがインストールしている場合 Kutools for Excel、すべてのワークシートの名前リストを作成し、ステータスバーでカウントするように選択できます。

後の 無料インストール Kutools for Excel、以下のようにしてください:

1.ワークシートをカウントするワークブックを有効にして、[ クツールズプラス > ワークシート > シート名のリストを作成する。 スクリーンショットを参照してください:
ドキュメントナビゲーション1

2.次に、ポップダイアログでチェックします ハイパーリンクのリストが含まれています オプションで、シート名を便利に選択するために、シートインデックスを3列または4列で表示できます。 スクリーンショットを参照してください:
ドキュメントカウントシート2

3。 クリック Ok、次に、すべてのシートの前にすべてのシートの名前でワークシートが作成されます。これらのシート名を選択して、カウント結果を表示する必要があります。 ステータスbar.
dockutoolsはシート名のリストを作成します3

実際、これらのシート名はリンク可能です。XNUMXつのシート名をクリックすると、関連するシートにすばやくリンクできます。 そしてと シート名のリストを作成する、チェックすることでシート名のリンク可能なボタンを作成できます ボタンとマクロが含まれています オプション。 シート名のリストの作成の詳細については、ここをクリックしてください。

矢印青い右バブル シート名のリストを作成する



Kutools for Excel:Excelに必要な300以上の関数、 ここから30日間の無料トライアル

良いナビゲーションペイン-検索と置換

Kutools for Excelの高度な 検索および置換 機能、あなたが見つけて、
複数のシートとワークブックの値を置き換えます。
doc検索して置換

最高のオフィス生産性向上ツール

人気の機能: 重複を検索、強調表示、または識別する   |  空白行を削除する   |  データを失わずに列またはセルを結合する   |   数式なしのラウンド ...
スーパールックアップ: 複数の基準の VLookup    複数の値の VLookup  |   複数のシートにわたる VLookup   |   ファジールックアップ ....
詳細ドロップダウン リスト: ドロップダウンリストを素早く作成する   |  依存関係のドロップダウン リスト   |  複数選択のドロップダウンリスト ....
列マネージャー: 特定の数の列を追加する  |  列の移動  |  Toggle 非表示列の表示ステータス  |  範囲と列の比較 ...
注目の機能: グリッドフォーカス   |  デザインビュー   |   ビッグフォーミュラバー    ワークブックとシートマネージャー   |  リソースライブラリ (自動テキスト)   |  日付ピッカー   |  ワークシートを組み合わせる   |  セルの暗号化/復号化    リストごとにメールを送信する   |  スーパーフィルター   |   特殊フィルター (太字/斜体/取り消し線をフィルター...) ...
上位 15 のツールセット12 テキスト 工具 (テキストを追加, 文字を削除する、...)   |   50+ チャート 種類 (ガントチャート、...)   |   40+ 実用的 (誕生日に基づいて年齢を計算する、...)   |   19 挿入 工具 (QRコードを挿入, パスから画像を挿入、...)   |   12 変換 工具 (数字から言葉へ, 通貨の換算、...)   |   7 マージ&スプリット 工具 (高度な結合行, 分割セル、...)   |   ... もっと

Kutools for Excel で Excel スキルを強化し、これまでにない効率を体験してください。 Kutools for Excelは、生産性を向上させ、時間を節約するための300以上の高度な機能を提供します。  最も必要な機能を入手するにはここをクリックしてください...

kteタブ201905


Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
Comments (16)
Rated 5 out of 5 · 1 ratings
This comment was minimized by the moderator on the site
Thanks!
=Sheets() worked just fine!
Before I thought I must use VBA.
Saved a lot of trouble!
Rated 5 out of 5
This comment was minimized by the moderator on the site
Save the entire workbook in single pdf then u can find easily count the total no of pages.
This comment was minimized by the moderator on the site
I upgraded to Office 365 and now=COUNTA(INDEX(CountSheets,0)) always returns 1. Is there a fix for Excel 365 to get this to work?Thanks,
Jim...
This comment was minimized by the moderator on the site
=SHEETS() in Excel 365 returns 0.
=SHEETS(reference) - so what goes in "reference"?
This comment was minimized by the moderator on the site
Hi, gerland, in my office 365, the defined name method work as well. You can try the SHEETS function, I have updated it as the first one method in this tutorial.
This comment was minimized by the moderator on the site
=Sheets()  gives the answer. 
This comment was minimized by the moderator on the site
=sheets() works great
This comment was minimized by the moderator on the site
It Works only 2010 & Higher Version of Excel. Not Working In Excel 2007
This comment was minimized by the moderator on the site
Tried it on my 2007 version.
=COUNTA(countsheets)
works for me.
This comment was minimized by the moderator on the site
I like it. Thanks too much
This comment was minimized by the moderator on the site
Thank you so much for posting these directions!! I have a workbook with over 700 sheets and never knew there was a way for excel to count them for me. I used the first method and it worked absolutely perfectly!!
This comment was minimized by the moderator on the site
Great! Saved so much of my time!!
This comment was minimized by the moderator on the site
Hi, Thanks! This worked for me great in excel 2013 to count the number of sheets. Crazy that a formula is required to do this.
This comment was minimized by the moderator on the site
Sorry Freddy. Your first method using Formula > Define Name doesn't work. You got a typo somewhere or something
This comment was minimized by the moderator on the site
[quote]Sorry Freddy. Your first method using Formula > Define Name doesn't work. You got a typo somewhere or somethingBy smith[/quote] yes, instead of =COUNTA(INDEX(CountSheets,0)) You should write =COUNTA(INDEX(CountSheets;0))
There are no comments posted here yet
Load More
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations