Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Excelでヘッダー/最初の行を除く列全体を選択するにはどうすればよいですか?

ワークシートにヘッダーのある長いリストがあり、列全体を選択したいがヘッダーを選択したい場合は、マウスをドラッグして選択できますが、リストが非常に長い場合、この方法は面倒です。 ここでは、ヘッダーまたはExcelの最初の行を除く列全体をすばやく選択するためのトリックをいくつか紹介します。

ショートカット付きのヘッダーを除く列全体(空白セルを除く)を選択します

定義名のヘッダーを除く列全体(空白セルを含む)を選択します

VBAのヘッダーを除く列全体(空白セルを含む)を選択します

Kutools for Excelでヘッダーを除く列全体(空白セルを含むまたは除外する)を選択します 良いアイデア3


ショートカット付きのヘッダーを除く列全体(空白セルを除く)を選択します

リストに空白のセルが含まれていない場合は、ショートカットを使用して、最初の行を除く列全体を選択できます。

ヘッダーまたはリストの最初の行を選択して、を押します Shift + Ctrl +↓(ドロップダウンボタン)、最初の行を除いてリストが選択されています。

注意:リストに空白のセルがある場合、このメソッドで最初の空白のセルが表示されるまでリストが選択されます。


定義名のヘッダーを除く列全体(空白セルを含む)を選択します

リストに空白のセルが含まれていて、ショートカットで選択を解決できない場合は、Excelの最初の行を除いて選択できる列の名前を定義できるようになりました。

1。 クリック > 名前を定義する、スクリーンショットを参照してください:

2。 の中に 名前を定義する ダイアログで、好きな名前を指定して、 ワークブック 範囲 リストしてから入力します = $ A $ 2:$ A $ 1048576 (Aは選択する列です。Excel2003では、$ A $ 1048576を$ A $ 65536に変更できます) を参照する テキストボックス。 スクリーンショットを参照してください:

3.次に、上記の手順で定義した名前を 名前ボックス、列全体を表示できますが、最初の行が選択されています。


VBAのヘッダーを除く列全体(空白セルを含む)を選択します

また、 名前を定義する 関数では、VBAを使用して列全体を選択できますが、最初の行を選択できます。

1.選択する列のセルを選択し、を押します Altキー+ F11 を開く アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2.ポップアップウィンドウで、をクリックします インセット > モジュール、次に次のVBAコードをモジュールに貼り付けます。

VBA:ヘッダーを除く列全体を選択します

Sub SelectColumn()
'Updateby20140510
Dim xColIndex As Integer
Dim xRowIndex As Integer
xIndex = Application.ActiveCell.Column
xRowIndex = Application.ActiveSheet.Cells(Rows.Count, xIndex).End(xlUp).Row
Range(Cells(2, xIndex), Cells(xRowIndex, xIndex)).Select
End Sub

3。 クリック ラン ボタンをクリックすると、最初の行を除いて、セルを選択した列が選択されます。

先端:VBAマクロは、手順1でアクティブ化した列のコンテンツを含むXNUMX番目のセルから最後のセルまでを選択します。


Kutools for Excelでヘッダーを除く列全体(空白セルを含むまたは除外する)を選択します

上記の方法は少し面倒かもしれませんが、 RangeHelperを選択します の特徴 Kutools for Excel 最初のセルを除く列全体(空白セルを含むまたは除外する)を簡単に選択できます。

Kutools for Excel, 以上で 300 便利な機能で、仕事が楽になります。 

インストールした後 Kutools for Excel、以下のようにしてください:(今すぐExcel用のKutoolsを無料でダウンロードしてください!)

空白セルを含む最初のセル以外のenrire列を選択する場合は、次のようにします。

1.最初に列全体を選択し、をクリックします クツール > ツールを選択 > RangeHelperを選択します。 スクリーンショットを参照してください:

docヘッダー7を除くすべてを選択

2。 の中に レンジャーヘルパーを選択します ダイアログ、チェック セルの選択を解除する、次に選択した列のヘッダーを選択し、をクリックします 閉じる ダイアログを閉じます。 スクリーンショットを参照してください:

次に、ヘッダーを除く列全体が選択されています。

最初のセルを除き、空白のセルも除外して列全体を選択する場合は、次のようにします。

1.最初に列全体を選択してから、 クツール > 次の項目を選択します。: > RangeHelperを選択します.

2。 チェック セルの選択を解除する poppingdダイアログのオプションを選択し、使用する列のヘッダーを選択します。
docヘッダー8を除くすべてを選択

3.セルを選択したままにして、をクリックします クツール > 次の項目を選択します。: > 非空白セルを選択。 スクリーンショットを参照してください:
docヘッダー9を除くすべてを選択

これで、ヘッダーと空白セルを除く列セル全体が選択されます。
docヘッダー10を除くすべてを選択


関連記事:


最高のオフィス生産性ツール

Kutools for Excelはほとんどの問題を解決し、生産性を80%向上させます

  • 再利用: すばやく挿入 複雑な数式、チャート および以前に使用したものすべて。 セルを暗号化する パスワード付き。 メーリングリストを作成する そしてメールを送る...
  • スーパーフォーミュラバー (複数行のテキストと数式を簡単に編集できます); 読書レイアウト (多数のセルを簡単に読み取って編集する); フィルター範囲に貼り付け...
  • セル/行/列をマージする データを失うことなく; 分割セルコンテンツ; 重複する行/列を組み合わせる...重複セルを防止します。 範囲を比較する...
  • [複製]または[一意]を選択します 行; 空白行を選択 (すべてのセルは空です); スーパーファインドとファジーファインド 多くのワークブックで; ランダム選択...
  • 正確なコピー 数式参照を変更せずに複数のセル。 参照の自動作成 複数のシートに; 箇条書きを挿入、チェックボックスなど...
  • テキストを抽出、テキストの追加、位置による削除、 スペースを削除する; ページング小計の作成と印刷。 セルの内容とコメントを変換する...
  • スーパーフィルター (フィルタースキームを保存して他のシートに適用します); 高度な並べ替え 月/週/日、頻度など。 特殊フィルター 太字、斜体...
  • ワークブックとワークシートを組み合わせる; キー列に基づいてテーブルをマージします。 データを複数のシートに分割; xls、xlsx、PDFをバッチ変換...
  • 300 以上の強力な機能. Office / Excel 2007-2021 および 365 をサポートします。すべての言語をサポートします。 企業や組織に簡単に導入できます。 フル機能の 30 日間無料トライアル。 60日間の返金保証。
kteタブ201905

Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
officetab下部
コメントを並べ替える
コメント (4)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
あんたってほんとバカ
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
上記のvbコードを試しましたが、列の最初の2行のみが選択されています。 行インデックスの戻り値1。したがって、範囲の選択は行2から行1までです。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
コードは使用済みセルに適用されます。たとえば、使用済みセルはA1:B5ですが、A1で選択すると、A2:A5が選択され、未使用のセルで選択すると、最初のXNUMX行が選択されます。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
列インデックスが間違っています。 xIndexをxColIndexに置き換えるだけです。 それならうまくいきましょう。
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護