メインコンテンツへスキップ

Excelでテキスト文字列を大文字/小文字/固有名詞に強制する方法は?

Excelでは、セルにいくつかの文字または単語を入力するときに、小文字または適切な大文字を入力した場合でも、テキスト文字列を強制的に大文字にします。その逆も同様です。 私たちのほとんどは、Excelのデータ検証機能を検討するかもしれません。この機能を使用すると、テキストの正しい大文字と小文字を入力しないと警告が表示されます。 この記事では、必要に応じてテキストを大文字、小文字、または固有名詞に強制するいくつかの興味深い方法を紹介します。

データ検証を使用して、テキスト文字列を大文字/小文字/固有名詞に強制します

VBAコードを使用して、テキスト文字列を大文字/小文字/固有名詞に強制します

Kutools forExcelでテキストを大文字/小文字/固有名詞に変更します 良いアイデア3


データ検証はExcelの強力なツールであり、多くの操作を実行するのに役立ちます。その助けを借りて、入力時にテキスト文字列の大文字、小文字、または大文字を強制することもできます。次のようにしてください。

1。 クリックしてください 且つ > データ検証 > データ検証、スクリーンショットを参照してください:

doc-force-大文字-1

2。 の中に データ検証 ダイアログ、下 設定 タブをクリックします。 次を許可します。 ドロップダウンリストを選択して カスタム オプション、次に テキストボックスに、この数式を入力します = EXACT(UPPER(A1)、A1)(以下、A1 この機能を適用する列を表します。必要に応じて変更できます)、スクリーンショットを参照してください。

doc-force-大文字-1

3。 次に、必要に応じてアラートを作成できます。クリックしてください エラーアラート タブ、および選択 Force Stop 形式 の右隅にあるドロップダウンリスト エラーメッセージ テキストボックスに、独自の警告メッセージを入力します。スクリーンショットを参照してください。

doc-force-大文字-1

4。 そして、 OK ダイアログを閉じるために、列Aに大文字ではないテキスト文字列を入力すると、大文字を入力するように促す警告ボックスが表示されます。

doc-force-大文字-1

注:

テキスト文字列を小文字または固有名詞に強制する必要がある場合は、次の式をに適用してください。 データ検証 ステップ2で

小文字にする:= EXACT(LOWER(A1)、A1);

適切なケースへの強制:= EXACT(PROPER(A1)、A1)


次のVBAコードでは、セルに小文字を入力すると、小文字のテキストが自動的に大文字に変更されます。

1。 を押し続けます Alt + F11 キー、そしてそれは開きます Microsoft Visual Basic forApplicationsウィンドウ.

2。 次に、左から使用済みのワークシートを選択します プロジェクトエクスプローラー、ダブルクリックして開きます モジュール、次に、次のVBAコードをコピーして空のモジュールに貼り付けます。

VBAコード:テキスト文字列を大文字に強制します

Private Sub Worksheet_Change(ByVal Target As Range)
'Update 20140603
Target.Value = VBA.UCase(Target.Value)
End Sub

doc-force-大文字-1

3。 次に、このコードを保存して閉じてワークシートに戻ります。小文字または大文字の場合は常にテキスト文字列を入力すると、をタップすると大文字になります。 入力します 自動的にキーを押します。

注意:

1.このコードはワークシート全体に適用されます。

2.Pが見つからない場合rojectエクスプローラーペイン ウィンドウで、をクリックできます View > プロジェクトエクスプローラー それを開く。

3.単語を小文字または固有名詞に強制するには、次のVBAコードを適用できます:(手順は上記と同じです)

VBAコード:テキスト文字列を小文字に強制します

Private Sub Worksheet_Change(ByVal Target As Range)
'Update 20140603
Target.Value = VBA.LCase(Target.Value)
End Sub

VBAコード:テキスト文字列を適切な大文字と小文字を区別する

Private Sub Worksheet_Change(ByVal Target As Range)
'Update 20140603
Target.Value = Application.WorksheetFunction.Proper(Target.Value)
End Sub

特定のテキストを大文字、小文字、または固有名詞に変更したいだけの場合は、 ケースの変更 の有用性 Kutools for Excel すぐにそれを成し遂げるために。

Kutools for Excel, 以上で 300 便利な機能は、あなたの仕事をより簡単にします。 

後の 無料インストール Kutools for Excel、以下のようにしてください:

1.大文字と小文字を変更するテキストを選択し、をクリックします クツール > テキスト > ケースの変更。 スクリーンショットを参照してください:
ドキュメント変更ケース6

2。 の中に ケースの変更 ダイアログで、必要に応じて操作オプションを確認すると、結果をプレビューできます。 プレビュー ペイン。 スクリーンショットを参照してください:
ドキュメント変更ケース2

3。 クリック Ok or 申し込む とテキストは大文字と小文字を変更しています。

 大文字に変更  適切なケースに変更  文のケースに変更
 ドキュメント変更ケース3  ドキュメント変更ケース4 ドキュメント変更ケース5 

最高のオフィス生産性向上ツール

人気の機能: 重複を検索、強調表示、または識別する   |  空白行を削除する   |  データを失わずに列またはセルを結合する   |   数式なしのラウンド ...
スーパールックアップ: 複数の基準の VLookup    複数の値の VLookup  |   複数のシートにわたる VLookup   |   ファジールックアップ ....
詳細ドロップダウン リスト: ドロップダウンリストを素早く作成する   |  依存関係のドロップダウン リスト   |  複数選択のドロップダウンリスト ....
列マネージャー: 特定の数の列を追加する  |  列の移動  |  Toggle 非表示列の表示ステータス  |  範囲と列の比較 ...
注目の機能: グリッドフォーカス   |  デザインビュー   |   ビッグフォーミュラバー    ワークブックとシートマネージャー   |  リソースライブラリ (自動テキスト)   |  日付ピッカー   |  ワークシートを組み合わせる   |  セルの暗号化/復号化    リストごとにメールを送信する   |  スーパーフィルター   |   特殊フィルター (太字/斜体/取り消し線をフィルター...) ...
上位 15 のツールセット12 テキスト 工具 (テキストを追加, 文字を削除する、...)   |   50+ チャート 種類 (ガントチャート、...)   |   40+ 実用的 (誕生日に基づいて年齢を計算する、...)   |   19 挿入 工具 (QRコードを挿入, パスから画像を挿入、...)   |   12 変換 工具 (数字から言葉へ, 通貨の換算、...)   |   7 マージ&スプリット 工具 (高度な結合行, 分割セル、...)   |   ... もっと

Kutools for Excel で Excel スキルを強化し、これまでにない効率を体験してください。 Kutools for Excelは、生産性を向上させ、時間を節約するための300以上の高度な機能を提供します。  最も必要な機能を入手するにはここをクリックしてください...

kteタブ201905


Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
Comments (8)
No ratings yet. Be the first to rate!
This comment was minimized by the moderator on the site
Use: On Error Resume Next

Private Sub Worksheet_Change(ByVal Target As Range)
'Update 20140603
On Error Resume Next
Target.Value = Application.WorksheetFunction.Proper(Target.Value)
End Sub
This comment was minimized by the moderator on the site
muchas gracias, sirvio enormemente estos codigos
This comment was minimized by the moderator on the site
This worked for me, however if you went to delete the contents of the cell then a "runtime error '13': type mismatch" came up

Any ideas?
This comment was minimized by the moderator on the site
i have the same problem. if you know how to deal with it please tell me!
This comment was minimized by the moderator on the site
Hello, which method you use will come up the errors?
This comment was minimized by the moderator on the site
Like your VBA solution, but how could I limit it to a single column and format other columns differently, e.g., columns A and C force uppercase, column B force proper case?
This comment was minimized by the moderator on the site
I do not know which VBA can handle your job (some columns in uppercase, some in proper case), but the data validation can solve it, why do not use it?
This comment was minimized by the moderator on the site
thanks for the macro to convert all entries to capital letters, but is there something i need to do to stop the macro from crashing excel every fe minutes? Appreciate the help!
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations