Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

ピボットテーブルで一意の値をカウントする方法は?

デフォルトでは、重複する値を含むデータの範囲に基づいてピボットテーブルを作成すると、すべてのレコードもカウントされますが、場合によっては、XNUMXつの列に基づいて一意の値をカウントして適切な値を取得する必要があります。スクリーンショットの結果。 この記事では、ピボットテーブルの一意の値をカウントする方法について説明します。

ヘルパー列を使用してピボットテーブルの一意の値をカウントします

Excel2013以降のバージョンの値フィールド設定を使用してピボットテーブルの一意の値をカウントします


ヘルパー列を使用してピボットテーブルの一意の値をカウントします

Excelでは、一意の値を識別するためのヘルパー列を作成する必要があります。次の手順で実行してください。

1。 データ以外の新しい列に、この式を入力してください =IF(SUMPRODUCT(($A$2:$A2=A2)*($B$2:$B2=B2))>1,0,1) セルC2に移動し、塗りつぶしハンドルをこの数式を適用する範囲セルにドラッグすると、次のスクリーンショットに示すように一意の値が識別されます。

2。 これで、ピボットテーブルを作成できます。 ヘルパー列を含むデータ範囲を選択し、をクリックします インセット > ピボットテーブル > ピボットテーブル、スクリーンショットを参照してください:

3。 その後、 ピボットテーブルを作成する ダイアログで、ピボットテーブルを配置する新しいワークシートまたは既存のワークシートを選択します。スクリーンショットを参照してください。

4に設定します。 OK をクリックします。 OK、次にドラッグします CLASS 〜へのフィールド 行ラベル ボックスをクリックし、ドラッグします ヘルパー カラム 〜へのフィールド 価値観 ボックスをクリックすると、一意の値をカウントするだけの次のピボットテーブルが表示されます。


Excel2013以降のバージョンの値フィールド設定を使用してピボットテーブルの一意の値をカウントします

Excel 2013以降のバージョンでは、新しい 個別のカウント ピボットテーブルに関数が追加されました。この機能を適用して、このタスクをすばやく簡単に解決できます。

1。 データ範囲を選択して、 インセット > ピボットテーブル、で ピボットテーブルを作成する ダイアログボックスで、ピボットテーブルを配置する新しいワークシートまたは既存のワークシートを選択し、チェックします。 このデータをデータモデルに追加します チェックボックス、スクリーンショットを参照してください:

2。 その後、 ピボットテーブルフィールド ペインで、 CLASS フィールドを ボックスをクリックし、ドラッグします お名前 フィールドを 価値観 ボックス、スクリーンショットを参照してください:

3. そして、 名前の数 ドロップダウンリスト、選択 値フィールド設定、スクリーンショットを参照してください:

4。 の中に 値フィールド設定 ダイアログ、クリック 値を要約する タブをクリックし、スクロールしてクリックします 個別のカウント オプション、スクリーンショットを参照してください:

5。 そして、 OK、一意の値のみをカウントするピボットテーブルを取得します。

  • 注意:チェックした場合 このデータをデータモデルに追加します 内のオプション ピボットテーブルを作成する ダイアログボックス、 計算フィールド 機能が無効になります。

より相対的なピボットテーブルの記事:

  • 同じフィルターを複数のピボットテーブルに適用する
  • 同じデータソースに基づいて複数のピボットテーブルを作成し、2010つのピボットテーブルをフィルタリングし、他のピボットテーブルも同じ方法でフィルタリングする場合があります。つまり、複数のピボットテーブルフィルターを一度に変更する必要があります。 Excel。 この記事では、ExcelXNUMX以降のバージョンでの新機能スライサーの使用法について説明します。
  • Excelでピボットテーブルの範囲を更新する
  • Excelでは、データ範囲内の行または列を削除または追加しても、相対ピボットテーブルは同時に更新されません。 このチュートリアルでは、データテーブルの行または列が変更されたときにピボットテーブルを更新する方法を説明します。
  • Excelのピボットテーブルで空白行を非表示にする
  • ご存知のように、ピボットテーブルはExcelでデータを分析するのに便利ですが、下のスクリーンショットに示すように、行に空白のコンテンツが表示される場合があります。 次に、Excelのピボットテーブルでこれらの空白行を非表示にする方法を説明します。

最高のオフィス生産性ツール

Kutools for Excelはほとんどの問題を解決し、生産性を80%向上させます

  • 再利用: すばやく挿入 複雑な数式、チャート および以前に使用したものすべて。 セルを暗号化する パスワード付き。 メーリングリストを作成する そしてメールを送る...
  • スーパーフォーミュラバー (複数行のテキストと数式を簡単に編集できます); 読書レイアウト (多数のセルを簡単に読み取って編集する); フィルター範囲に貼り付け...
  • セル/行/列をマージする データを失うことなく; 分割セルコンテンツ; 重複する行/列を組み合わせる...重複セルを防止します。 範囲を比較する...
  • [複製]または[一意]を選択します 行; 空白行を選択 (すべてのセルは空です); スーパーファインドとファジーファインド 多くのワークブックで; ランダム選択...
  • 正確なコピー 数式参照を変更せずに複数のセル。 参照の自動作成 複数のシートに; 箇条書きを挿入、チェックボックスなど...
  • テキストを抽出、テキストの追加、位置による削除、 スペースを削除する; ページング小計の作成と印刷。 セルの内容とコメントを変換する...
  • スーパーフィルター (フィルタースキームを保存して他のシートに適用します); 高度な並べ替え 月/週/日、頻度など。 特殊フィルター 太字、斜体...
  • ワークブックとワークシートを組み合わせる; キー列に基づいてテーブルをマージします。 データを複数のシートに分割; xls、xlsx、PDFをバッチ変換...
  • 300 以上の強力な機能. Office / Excel 2007-2021 および 365 をサポートします。すべての言語をサポートします。 企業や組織に簡単に導入できます。 フル機能の 30 日間無料トライアル。 60日間の返金保証。
kteタブ201905

Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
officetab下部
コメントを並べ替える
コメント (27)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
私はKuToolsを所有していて大好きですが、ヘルパーセルまたはKutoolsのどちらを使用する場合でも、(2010を使用して)一意の値を見つけるには、一意のフィールドを見つけることができるようにデータを並べ替える必要がありますか? ありがとうございました。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
素晴らしいありがとう。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
これまでにこのデータをデータモデルに追加したことはありません。すばらしいヒントです。 ありがとう!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
非常に役立ちます !
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
これに出会えてよかったです。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
Excel 2016を使用していますが、ピボットの[値フィールドの設定]ウィンドウに[個別のカウント]オプションが表示されません。 Sum、Count、Average、Max、Min、Product、Count Numbers、StdDev、StdDevp、Var、Varpのみがあります。 それを見つける方法について何か考えはありますか?
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、ニック、
ピボットテーブルを作成するときの最初のステップで、[このデータをデータモデルに追加する]チェックボックスをオンにする必要があります。スクリーンショットを参照してください。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
非常に役立ちます!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちはスカイヤン、ありがとうございます。これを選択しましたが、一度選択すると、計算フィールドを追加できなくなります。 この方法を使用して計算フィールドを追加する方法を知っていますか?
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
ありがとうございました。 多くの時間を節約しました。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
ありがとう。 役に立ちます。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
ああ、神様!!! はい...これをありがとう!!!!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
[値の要約]タブに[個別のカウント]が表示されません。 [このデータをデータモデルに追加する]チェックボックスもグレー表示されます。 この設定を変更するにはどうすればよいですか?
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
同じ問題が発生しました...開いたファイルがcsvであったことが原因である可能性があります。 ファイルをExcelファイルとして再度開いたとき(新しいファイルを開始するか、コピーして貼り付けるか、名前を付けて保存するか)、データモデルに追加する機能があります
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
すばらしい! たくさんありがとう-これはExcel2016で私のために働いた。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
これらはすべて機能しますが、ある程度しか機能しません。 私はこれらすべての問題の解決策を見つけようとしています。 ヘルパー列を作成して式=IF(SUMPRODUCT(($ A $ 2:$ A2 = A2)*($ B $ 2:$ B2 = B2))> 1,0,1)を使用すると、確かに明確になりますカウント。 しかし、数式がゼロになるデータ行のXNUMXつを含めるためにピボットフィールドが必要だった場合、どのように問題を解決しますか? また、データモデルと個別のカウントを使用してみました。 これにより正しいカウントが得られますが、データをダブルクリックしてドリルダウンすると、ピボットで指定されたデータが取得されません。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
個別のカウントオプションは、要約値に表示されません-Excelバージョン2013
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
わたしも! なにか提案を?
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
私は同じ問題に直面し、それから解決策を見つけました。
[ピボットテーブルの作成]ダイアログボックスの[このデータをデータモデルに追加する]チェックボックスをオンにした場合にのみ使用できるようです。
それが役立つ場合は試してみてください
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
[CreatePivot]ダイアログボックスで[このデータをデータモデルに追加する]チェックボックスがオンになっていることを確認してください:)
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
ああ男...あなたは私をとても多くの時間を節約しました!!!
どうもありがとう !!!!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
申し訳ありませんが、これでもExcel2010での解決策は提供されません。 = if(> 1,01; 1; 0)..を追加した場合、Excelシートで一意の値をカウントしません。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
保存後は編集できません。 理由を教えてもらえますか?
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
どうもありがとう !!!!!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
私のExcelには「このデータをデータモデルに追加する」チェックボックスがありません
それで、なにかお手伝いできますか?
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、ジェイ、
どのExcelバージョンを使用していますか? このオプションは、Excl2013以降のバージョンでのみ追加されます。 このオプションが見つからない場合は、この記事の最初の方法を適用してください。
https://www.extendoffice.com/documents/excel/2127-excel-pivot-table-count-unique-values.html#a1

ありがとうございました!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
ありがとう ! 私と私の友人、私は多くの時間を節約しました!
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護