メインコンテンツへスキップ

Excelで管理図を作成するにはどうすればよいですか?

管理図は、シューハート管理図またはプロセス動作図とも呼ばれ、製造プロセスまたはビジネスプロセスが統計的管理の状態にあるかどうかを判断するために広く使用されています。 このチュートリアルでは、Excelで管理図を作成するための詳細な手順を紹介します。

Excelで管理図を作成する


矢印青い右バブル Excelで管理図を作成する

たとえば、Excelで管理図を作成するために必要な基本データは次のとおりです。
.ドキュメントコントロールチャート-1

次に、手順に従って管理図を完成させてください。

1.まず、平均(平均)と標準偏差を計算する必要があります。 基本データの横にある空白のセルを選択し、この数式を入力します = AVERAGE(B2:B32)、 押す 入力します キーを押してから、下のセルにこの数式を入力します = STDEV.S(B2:B32)、 押す 入力します キー。

Note:Excel 2007では、この数式を入力してください = STDEV(B2:B32) 標準偏差を計算します。 上記の式では、B2:B32が基本データ範囲です。ドキュメントコントロールチャート-2

2.次に、 コントロールライン 列、およびヘッダーの下の最初のセル、セルC2に、この数式を入力します = $ H $ 1 (セル$ H $ 1は平均結果です)、塗りつぶしハンドルをドラッグして、必要なデータ範囲を塗りつぶします。
ドキュメントコントロールチャート-3

3.下の最初のセル アップコントロールライン 列、セルD2、この数式を入力します = $ H $ 1 +($ H $ 2 * 3) ($ H $ 1は平均結果、$ H $ 2は標準偏差結果です)次に、自動入力ハンドルを必要な範囲にドラッグします。
ドキュメントコントロールチャート-4

4。 下 コントロールラインの下 列、タイプ = $ H $ 1-($ H $ 2 * 3) ($ H $ 1は平均結果、$ H $ 2は標準偏差結果です)次に、自動入力ハンドルを必要な範囲にドラッグします。
ドキュメントコントロールチャート-5

これで、グラフを挿入できます。

5。 選択 日付 > サンプル測定 列をクリックしてクリックします インセット > LINE > LINE 折れ線グラフを挿入します。 スクリーンショットを参照してください:
ドキュメントコントロールチャート-6

6.次に、折れ線グラフを右クリックして、 データの選択 コンテキストメニューから。
ドキュメントコントロールチャート-7

7。 の中に データソースを選択 ダイアログ、クリック Add ボタンをクリックしてから、 シリーズの編集 ダイアログ、選択 コントロールライン として シリーズ名、および相対データを選択して シリーズ値 テキストボックス。

ドキュメントコントロールチャート-8
ドキュメントコントロールチャート-9

8。 クリック OK、次に手順7を繰り返して追加します アップコントロールライン > 下部制御ライン のシリーズとして 凡例エントリ(シリーズ) のセクションから無料でダウンロードできます。
ドキュメントコントロールチャート-10

9。 クリック OK ダイアログを終了するには、管理図が作成されます。
ドキュメントコントロールチャート-11


高度なチャートツール

Kutools for Excelのグラフツールは、通常使用されるが難しいグラフの作成を提供します。これは、クリッククリッククリックするだけで、標準のグラフが作成されます。 ますます多くのチャートがチャートツールに含まれる予定です。    クリックすると、全機能を備えた 30 日間の無料トライアルが可能です。
docは年齢1を計算します
 
Kutools for Excel:300を超える便利なExcelアドインがあり、30日以内に制限なしで無料で試すことができます。

関連記事:

最高のオフィス生産性向上ツール

人気の機能: 重複を検索、強調表示、または識別する   |  空白行を削除する   |  データを失わずに列またはセルを結合する   |   数式なしのラウンド ...
スーパールックアップ: 複数の基準の VLookup    複数の値の VLookup  |   複数のシートにわたる VLookup   |   ファジールックアップ ....
詳細ドロップダウン リスト: ドロップダウンリストを素早く作成する   |  依存関係のドロップダウン リスト   |  複数選択のドロップダウンリスト ....
列マネージャー: 特定の数の列を追加する  |  列の移動  |  Toggle 非表示列の表示ステータス  |  範囲と列の比較 ...
注目の機能: グリッドフォーカス   |  デザインビュー   |   ビッグフォーミュラバー    ワークブックとシートマネージャー   |  リソースライブラリ (自動テキスト)   |  日付ピッカー   |  ワークシートを組み合わせる   |  セルの暗号化/復号化    リストごとにメールを送信する   |  スーパーフィルター   |   特殊フィルター (太字/斜体/取り消し線をフィルター...) ...
上位 15 のツールセット12 テキスト 工具 (テキストを追加, 文字を削除する、...)   |   50+ チャート 種類 (ガントチャート、...)   |   40+ 実用的 (誕生日に基づいて年齢を計算する、...)   |   19 挿入 工具 (QRコードを挿入, パスから画像を挿入、...)   |   12 変換 工具 (数字から言葉へ, 通貨の換算、...)   |   7 マージ&スプリット 工具 (高度な結合行, 分割セル、...)   |   ... もっと

Kutools for Excel で Excel スキルを強化し、これまでにない効率を体験してください。 Kutools for Excelは、生産性を向上させ、時間を節約するための300以上の高度な機能を提供します。  最も必要な機能を入手するにはここをクリックしてください...

kteタブ201905


Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
Comments (2)
No ratings yet. Be the first to rate!
This comment was minimized by the moderator on the site
This is not Shewharts method. This is an incorrect method of calculating control limits. Global standard deviation should not be used as shown in this tutorial. Instead we should use estimated standard deviation based on Moving range and the appropriate statistical constant (1.128). Sigma = MR/1.128.

When we use global sample standard deviation, almost ALL of the data points will always fall within control limits until we have a very large data set. This is not ideal in practice.
This comment was minimized by the moderator on the site
Evan. Please suggest edits to steps 1 through 9.
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations