メインコンテンツへスキップ

Excelでピボットテーブルを逆にする方法は?

doc-reverse-pivottable-1
以下のスクリーンショットのように、Excelでピボットテーブルを反転または転置したいと思ったことはありませんか。 次に、Excelでピボットテーブルを逆にする簡単な方法を説明します。
(11ステップ)ピボットテーブルとピボットグラフウィザードを使用した逆ピボットテーブル
(7ステップ)Kutools forExcelの転置テーブルの寸法を使用した逆ピボットテーブル 良いアイデア3

矢印青い右バブル PivotTableとPivotChartウィザードを使用したピボットテーブルの反転

ピボットテーブルを元に戻すには、最初に[ピボットテーブル]および[ピボットグラフウィザード]ダイアログを開き、Excelで新しいピボットテーブルを作成する必要があります。

1。 押す Alt + D + P ピボットテーブルとピボットグラフウィザードダイアログを開くためのショートカットキー、次にチェック 複数の統合範囲 下のオプション 分析したいデータはどこにありますか セクションと ピボットテーブル 下のオプション どのようなレポートを作成しますか のセクションから無料でダウンロードできます。

Note:PivotTabeおよびPivoChartウィザードコマンドをクイックアクセスツールバーに追加し、クリックしてダイアログを開くこともできます。

doc-reverse-pivottable-2

2。 クリック Next 次のダイアログに移動して確認します ページフィールドを作成します オプションをクリックし、 Next.

doc-reverse-pivottable-3

3.ベースデータを選択し、をクリックします Add データ範囲をに追加するには すべての範囲 リスト。 スクリーンショットを参照してください:

doc-reverse-pivottable-4

4。 クリック Next ウィザードの最後のステップに進むには、下で必要なオプションをチェックしてください ピボットテーブルレポートをどこに配置しますか セクション。 次に、をクリックします 終了.

doc-reverse-pivottable-5

5.これで、新しいピボットテーブルが作成され、新しいピボットテーブルの右下隅にある最後のセルをダブルクリックすると、新しいワークシートに新しいテーブルが作成されます。 スクリーンショットを参照してください:
doc-reverse-pivottable-6

iv>

6.次に、この新しいテーブルに基づいて新しいピボットテーブルを作成します。 まったく新しいテーブルを選択し、をクリックします インセット > ピボットテーブル > ピボットテーブル.

doc-reverse-pivottable-7

7.次に、ポップダイアログで、必要なオプションをチェックします。 ピボットテーブルレポートを配置する場所を選択します のセクションから無料でダウンロードできます。

doc-reverse-pivottable-8

8。 クリック OK。 次に、 ピボットテーブルフィールドリスト ペインが表示されたら、 > コラム フィールドを 行ラベル セクション、および値フィールドを 価値観 セクション。 スクリーンショットを参照してください:

doc-reverse-pivottable-9

9.次に、新しいピボットテーブルの任意のセルをクリックして、 設計 タブをクリックして、[レポートレイアウト]> [表形式で表示]をクリックします。

doc-reverse-pivottable-10

10.次にクリックします レポートのレイアウト もう一度クリックするには すべてのアイテムラベルを繰り返す リストから。 スクリーンショットを参照してください:

doc-reverse-pivottable-11

Note:これはありません すべてのアイテムラベルを繰り返す のドロップダウンリストのコマンド レポートのレイアウト Excel 2007のボタンをクリックし、この手順をスキップします。

11。 クリック 設計 > 小計 > 小計を表示しない.

doc-reverse-pivottable-12

これで、ピボットテーブルが逆になります。 スクリーンショットを参照してください:

doc-reverse-pivottable-13


矢印青い右バブル Excelの転置テーブルの寸法用のKutoolsを使用した逆ピボットテーブル

上記の方法で、タスクを解決するために非常に多くのステップがあります。 作業効率を大幅に向上させ、作業時間を短縮するには、ピボットテーブルを次のように逆にすることをお勧めします。 Kutools for Excelさん 転置テーブルの寸法 特徴。

1.基本データを選択し、をクリックします クツール > レンジ > 転置テーブルの寸法.

docリバースピボットテーブル20

2。 の中に 転置テーブルの寸法 ダイアログ、チェック リストするクロステーブル転置型 セクションをクリックし、新しいテーブルを配置するセルを選択します。

2Dテーブルを1Dに変更するためのExcelアドインツール

3。 クリック Ok 新しいテーブルを作成してから、新しいテーブルの上にヘッダーを挿入します。 スクリーンショットを参照してください:

doc-reverse-pivottable-16

4.ヘッダーを含む新しいテーブルを選択し、をクリックします インセット > ピボットテーブル > ピボットテーブル、次に ピボットテーブルを作成する ダイアログで、必要なオプションをチェックします ピボットテーブルレポートを配置する場所を選択します のセクションから無料でダウンロードできます。

doc-reverse-pivottable-17

5。 クリック OK、とで ピボットテーブルフィールドリスト ペイン、ドラッグ > コラム にフィールド 行ラベル セクション、および 〜へのフィールド 価値観 のセクションから無料でダウンロードできます。
doc-reverse-pivottable-9

6.新しいピボットテーブルの任意のセルをクリックして、 設計 > レポートのレイアウト > 表形式で表示、[OK]をクリックします レポートのレイアウト もう一度クリックするには すべてのアイテムラベルを繰り返す。 スクリーンショットを参照してください:

doc-reverse-pivottable-10doc-reverse-pivottable-11

Note:これはありません すべてのアイテムラベルを繰り返す Excel2007の[レポートレイアウト]ボタンのドロップダウンリストにあるコマンドをスキップします。

7。 クリック 設計 > 小計 > 小計を表示しない.

doc-reverse-pivottable-12

これで、ピボットテーブルが逆になります。 スクリーンショットを参照してください:

doc-reverse-pivottable-19

Kutools for Excelさん 転置テーブルの寸法 機能として、リストテーブルをクロステーブルに変換することもできます。 詳細については、ここをクリックしてください.


クロステーブルをリストにすばやく転置する、またはその逆。

リストテーブルに変換する必要があるクロステーブル付きのシートを受け取っているときに、どのようにすばやく対処できますか? と ExcelのKutools 転置テーブルの寸法 ユーティリティを使用すると、クロスディメンションテーブルをXNUMXつのディメンションテーブルに、またはその逆にできるだけ早く変換できます。   クリックして 30 日間の全機能を無料でお試しください!
doc転置クロスをリストに
 
Kutools for Excel:300を超える便利なExcelアドインがあり、30日以内に制限なしで無料で試すことができます。

関連記事:

最高のオフィス生産性向上ツール

人気の機能: 重複を検索、強調表示、または識別する   |  空白行を削除する   |  データを失わずに列またはセルを結合する   |   数式なしのラウンド ...
スーパールックアップ: 複数の基準の VLookup    複数の値の VLookup  |   複数のシートにわたる VLookup   |   ファジールックアップ ....
詳細ドロップダウン リスト: ドロップダウンリストを素早く作成する   |  依存関係のドロップダウン リスト   |  複数選択のドロップダウンリスト ....
列マネージャー: 特定の数の列を追加する  |  列の移動  |  Toggle 非表示列の表示ステータス  |  範囲と列の比較 ...
注目の機能: グリッドフォーカス   |  デザインビュー   |   ビッグフォーミュラバー    ワークブックとシートマネージャー   |  リソースライブラリ (自動テキスト)   |  日付ピッカー   |  ワークシートを組み合わせる   |  セルの暗号化/復号化    リストごとにメールを送信する   |  スーパーフィルター   |   特殊フィルター (太字/斜体/取り消し線をフィルター...) ...
上位 15 のツールセット12 テキスト 工具 (テキストを追加, 文字を削除する、...)   |   50+ チャート 種類 (ガントチャート、...)   |   40+ 実用的 (誕生日に基づいて年齢を計算する、...)   |   19 挿入 工具 (QRコードを挿入, パスから画像を挿入、...)   |   12 変換 工具 (数字から言葉へ, 通貨の換算、...)   |   7 マージ&スプリット 工具 (高度な結合行, 分割セル、...)   |   ... もっと

Kutools for Excel で Excel スキルを強化し、これまでにない効率を体験してください。 Kutools for Excelは、生産性を向上させ、時間を節約するための300以上の高度な機能を提供します。  最も必要な機能を入手するにはここをクリックしてください...

kteタブ201905


Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
Comments (1)
No ratings yet. Be the first to rate!
This comment was minimized by the moderator on the site
VBA code:

Sub Unpivot()
'
Dim Rowlabel As Range
Dim Columnlabel As Range
Dim Pap As Range
Dim Tabl As Range
Dim i As Integer
Dim j As Integer
Dim a As Integer
Dim b As Integer
Dim Data As Range
Dim k As Integer
Dim Label As Range
Dim pvtCache As PivotCache
Dim pvt As PivotTable
Dim SrcData As String
'
ActiveSheet.Copy Before:=Worksheets(1)
Set Tabl = Selection
For Each Pap In Tabl
If Pap.MergeCells Then
With Pap.MergeArea
.UnMerge
.Value = Pap.Value
End With
End If
Next
i = Application.InputBox("So dong chua label", "Hoang", i, Type:=2)
j = Application.InputBox("So cot chua label", "Hoang", j, Type:=2)
On Error Resume Next
Sheets("Unpivot_Table").Delete
Sheets.Add.Name = "Unpivot_Table"
Set Pap = Range("Unpivot_Table!B2")
b = Tabl.Rows.Count
a = Tabl.Columns.Count
Set Data = Range(Tabl.Cells(i + 1, j + 1), Tabl.Cells(b, a))
Set Columnlabel = Range(Tabl.Cells(i + 1, 1), Tabl.Cells(b, j))
Set Rowlabel = Range(Tabl.Cells(1, j + 1), Tabl.Cells(i, a))
Pap.Select
For Each Column In Data.Columns
Column.Copy
Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteValues
Columnlabel.Copy
Selection.Offset(0, 1).PasteSpecial Paste:=xlPasteValues
Column.Copy
Selection.Offset(b - i, -1).Select
Next Column
Pap.Offset(0, j + 1).Select
For Each Column In Rowlabel.Columns
Column.Copy
Range(Selection, Selection.Offset(b - i - 1, 0)).PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, Transpose:=True
Selection.End(xlDown).Offset(1, 0).Select
Next Column
Set Label = Range(Pap.Offset(-1, 0), Pap.Offset(0, i + j + 1))
For k = 1 To i + j + 1
Label.Cells(1, k).Value = Application.InputBox(Label.Cells(2, k).Value & " la", "Hoang", k, Type:=2)
Next
Range(Pap.End(xlUp), Pap.End(xlDown).End(xlToRight)).Select
SrcData = ActiveSheet.Name & "!" & Selection.Address
On Error Resume Next
Sheets("Pivot").Delete
Sheets.Add.Name = "Pivot"
Set pvtCache = ActiveWorkbook.PivotCaches.Create( _
SourceType:=xlDatabase, _
SourceData:=SrcData)
Set pvt = pvtCache.CreatePivotTable( _
TableDestination:="Pivot!" & Sheets("Pivot").Range("A3").Address(ReferenceStyle:=xlR1C1), _
TableName:="PivotTable1")
End Sub
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations