Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Excelで日付を会計年度/四半期/月に変換するにはどうすればよいですか?

ワークシートに日付のリストがあり、これらの日付の会計年度/四半期/月をすばやく確認したい場合は、このチュートリアルを読むことができます。解決策が見つかると思います。

日付を会計年度に変換する

日付を会計四半期に変換する

日付を会計月に変換する


矢印青い右バブル 日付を会計年度に変換する

1.セルを選択し、そのセルに会計年度の開始月番号を入力します。ここでは、私の会社の会計年度は1月7日から始まり、XNUMXと入力します。スクリーンショットを参照してください。
doc-convert-会計年度-1

2.次に、この数式を入力できます =YEAR(DATE(YEAR(A4),MONTH(A4)+($D$1-1),1)) 日付の横のセルに入力し、塗りつぶしハンドルを必要な範囲にドラッグします。doc-convert-会計年度-2

先端:上記の数式で、A4は日付セルを示し、D1は会計年度が始まる月を示します。


矢印青い右バブル 日付を会計四半期に変換する

日付を会計四半期に変換する場合は、次のように実行できます。

1.まず、以下のスクリーンショットに示すようなテーブルを作成する必要があります。 最初の行にXNUMX年のすべての月をリストし、次にXNUMX番目の行に各月の相対的な会計四半期番号を入力します。 スクリーンショットを参照してください:
doc-convert-会計年度-3

2.次に、日付列の横のセルに、この数式を入力します = CHOOSE(MONTH(A6)、3,3,3,4,4,4,1,1,1,2,2,2) その中に、フィルハンドルを必要な範囲までドラッグします。doc-convert-会計年度-4

先端:上記の数式で、A6は日付セルであり、数値シリーズ3,3,3、1、XNUMX…は手順XNUMXで入力した会計四半期シリーズです。


矢印青い右バブル 日付を会計月に変換する

日付を会計月に変換するには、最初にテーブルを作成する必要もあります。

1.最初の行にXNUMX年のすべての月をリストし、次にXNUMX番目の行に各月の相対的な会計月番号を入力します。 スクリーンショットを参照してください:doc-convert-会計年度-5

2.次に、列の横のセルに次の数式を入力します = CHOOSE(MONTH(A6)、7,8,9,10,11,12,1,2,3,4,5,6) その中に、この数式を使用して塗りつぶしハンドルを必要な範囲にドラッグします。 doc-convert-会計年度-6

先端:上記の数式で、A6は日付セルであり、数値シリーズ7,8,9、1、XNUMX…は手順XNUMXで入力した会計月番号シリーズです。


非標準の日付を標準の日付形式にすばやく変換する(mm / dd / yyyy)

場合によっては、複数の非標準の日付を持つワークシートを受け取り、それらすべてをmm / dd / yyyyのように標準の日付形式に変換するのは面倒かもしれません。 ここに Kutools for Excel's 日付に変換 これらの非標準の日付をワンクリックで標準の日付形式にすばやく変換できます。  で無料のフル機能の試用版をクリックしてください 30 日々!
ドキュメント変換日
 
Kutools for Excel: 300 以上の便利な Excel アドインがあり、制限なしで無料で試すことができます 30 日。


最高のオフィス生産性ツール

Kutools for Excelはほとんどの問題を解決し、生産性を80%向上させます

  • 再利用: すばやく挿入 複雑な数式、チャート および以前に使用したものすべて。 セルを暗号化する パスワード付き。 メーリングリストを作成する そしてメールを送る...
  • スーパーフォーミュラバー (複数行のテキストと数式を簡単に編集できます); 読書レイアウト (多数のセルを簡単に読み取って編集する); フィルター範囲に貼り付け...
  • セル/行/列をマージする データを失うことなく; 分割セルコンテンツ; 重複する行/列を組み合わせる...重複セルを防止します。 範囲を比較する...
  • [複製]または[一意]を選択します 行; 空白行を選択 (すべてのセルは空です); スーパーファインドとファジーファインド 多くのワークブックで; ランダム選択...
  • 正確なコピー 数式参照を変更せずに複数のセル。 参照の自動作成 複数のシートに; 箇条書きを挿入、チェックボックスなど...
  • テキストを抽出、テキストの追加、位置による削除、 スペースを削除する; ページング小計の作成と印刷。 セルの内容とコメントを変換する...
  • スーパーフィルター (フィルタースキームを保存して他のシートに適用します); 高度な並べ替え 月/週/日、頻度など。 特殊フィルター 太字、斜体...
  • ワークブックとワークシートを組み合わせる; キー列に基づいてテーブルをマージします。 データを複数のシートに分割; xls、xlsx、PDFをバッチ変換...
  • 300 以上の強力な機能. Office / Excel 2007-2021 および 365 をサポートします。すべての言語をサポートします。 企業や組織に簡単に導入できます。 フル機能の 30 日間無料トライアル。 60日間の返金保証。
kteタブ201905

Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
officetab下部
コメントを並べ替える
コメント (23)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
日付を会計月に変換しようとしていますが、CHOOSE関数が計算されていないようです。 IE30/09/2015は3を示しています。=CHOOSE(MONTH(G4)、7,8,9,10,11,12,1,2,3,4,5,6)
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
あなたの公式は間違っているかもしれないと思います。 会計年度が7月から始まる場合-1か月目。 これは、新しい「会計年度」を示します。 2014年3月2014日および2013年2014月4日。 それらはXNUMX会計年度に分類されるべきではありません。計算されたXNUMX年ではありませんか? 私の会計年度はXNUMX月に始まり(XNUMX月に終わる)、式を理解しようとしているので、私は尋ねています。 XNUMXと入力すると、正しく入力されていないように見えます。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
以前のコメントは無視してください。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
会計月の簡単な式:= IF(+ TEXT(Index!E2、 "M")-6
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
これを行う方が簡単でしょうか MONTH(A4)+(6) MONTH(A4)+($ D $ 1-1) 会計年度の計算のために? 投稿ありがとうございます!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは私たちの会計年度は1月に始まり、翌年の2017月に終わります(たとえば、31年2018月2018日から31年2017月2018日までは2017会計年度である必要があります。したがって、2年XNUMX月XNUMX日はXNUMX会計年度になります。 XNUMX会計年度を計算します)。 そこで、上記のようにすべてを行い、「会計年度の開始月」をXNUMXに変更しましたが、一部の日付では正しく計算されません。 理由はわかりません。 よろしくお願いします。 どうもありがとう
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
[quote]こんにちは私たちの会計年度は1月に始まり、翌年の2017月に終わります(たとえば、31年2018月2018日から31年2017月2018日までは2017会計年度である必要があります。したがって、2年XNUMX月XNUMX日はXNUMX会計年度になります。 、式はXNUMX会計年度を計算します)。 そこで、上記のようにすべてを行い、「会計年度の開始月」をXNUMXに変更しましたが、一部の日付では正しく計算されません。 理由はわかりません。 よろしくお願いします。 どうもありがとうエドワード[/ quote]これはあなたのために働きますか? = IF(MONTH(A1)> = 2、YEAR(A1)+1、YEAR(A1))任意の月> = 1月は、会計年度である現在の年+1を返します。 それ以外の場合は、年をそのまま返します。 セルA2018でCtrl+:を実行してMS Excelに日付を貼り付けると、04が返されました。01を2017に変更すると、XNUMXが返されました。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
すごい簡単ありがとう!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
会計年度の例では、セルD4の数式は次のようになります。= YEAR(A4)+ IF(MONTH(A4)> = $ D $ 1,1,0)これは、で始まる会計年度だけでなく、どの会計年度でも機能します。 XNUMX月
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
特定の日付(ここではA4)の会計年度、月、および四半期を計算するために、これらの式は任意の会計年度の開始月(ここでは$ D $ 1)で機能します。
会計年度=YEAR(A4)+(MONTH(A4)] = $ D $ 1)
会計月=MOD(MONTH(A4)-$ D $ 1; 12)+1
FISCAL QUARTER =QUOTIENT(MOD(MONTH(A4)-$D$1;12);3)+1

仕組み(例では、会計年度の開始月を$ D $ 1 =7月=XNUMXと想定しています):

A.(以下のMikeyMoe316の式も参照してください)
MS EXCELの場合と同様に、TRUE=1およびFALSE=0と同等の値であるため、FISCAL YEARは、IF句なしで次のように計算することもできます。
会計年度=YEAR(A4)+(MONTH(A4)] = $ D $ 1)

B.会計月の式では、最も内側の項[MONTH(A4)-$ D $ 1]は、月を会計年度の開始月ごとにシフトします。つまり、JUL(7)-StartMonth(7)= 7-7=0です。
したがって、会計開始月の日付の結果は0ですが、他のすべての範囲は-11 .. + 11です。たとえば、Jul = 0、Aug = 1、...、Dec = 5; Jan = -6; 5月=-1; Jun = -XNUMX

C.上記の結果[B]を項[MOD([B]; 12)]で実行すると、正の数が保持され、負の[B]は12増加します。
これで、結果の範囲は0.11になります。たとえば、Jul = 0、Aug = 1、...、Dec = 5; 6月=7; 11月=XNUMX; XNUMX月=XNUMX

D.最後の[+1]項は、[C]の0..11範囲を正しい1..12会計月範囲に調整するため、FiscalStartMonth = 1、et voila:
例:Jul = 1、Aug = 2、...、Dec = 6; 7月=8; 12月=XNUMX; XNUMX月=XNUMX

E. FISCALMONTHをFISCALQUARTERに変換することは、四半期(= 3か月)が次のように計算できることを知っていると、比較的簡単になります。
QUARTER = QUOTIENT([Month]-1; 3)+ 1

F.上記の式の[月]を[会計月]に置き換えて..........QUOTIENT([会計月]-1; 3)+ 1
これで、上からFISCAL MONTH数式を挿入して、...を取得できます。QUOTIENT(MOD(MONTH(A4)-$ D $ 1; 12)+1 --1; 3)+ 1
真ん中の[+1-1]は削除でき、最終的には............. QUOTIENT(MOD(MONTH(A4)-$ D $ 1; 12); 3) + 1
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
以下の式を使用できます。


ここで、列K2は、形式20XX-XY(例:2017-18)に変換される日付列です。

=IF(MONTH(K2)<4,TEXT(DATE(YEAR(K2)-1,MONTH(K2),DAY(K2)),"YYYY-")&TEXT(DATE(YEAR(K2),MONTH(K2),DAY(K2)),"YY"),TEXT(DATE(YEAR(K2),MONTH(K2),DAY(K2)),"YYYY-")&TEXT(DATE(YEAR(K2)+1,MONTH(K2),DAY(K2)),"YY"))
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
ありがとうございました
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
なんて伝説でしょう。 ありがとうございました!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
ありがとう!!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
インドで会計年度を見つけたい場合は...
以下のようにExcelクエリを書いてください


=(YEAR(DATE)+(MONTH(DATE)> = 4))-1
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
上記の会計年度の計算式を修正してください。 会計年度が7か月目で始まらない限り、機能しません。この式は問題なく機能します。

=YEAR(DATE(YEAR(A4),MONTH(A4)+12-($D$1-1),1))

しかし、それでも必要以上に複雑です。 Michaelの式を使用します(ただし、彼のタイプミスは修正してください)。

= YEAR(A4)+(MONTH(A4)> = $ D $ 1)
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
外部セルを入力として使用する必要のない会計年度を計算するための自己完結型のchoose()を思いつきました。
.
会計年度末の計算
= "30月2日"&(YEAR(E2)+ CHOOSE(MONTH(E0,0,0,0,0,0,1,1,1,1,1,1)、XNUMX))
。 *最初の部分は単なるテキスト文字列です
。 *&は、適切な年を計算する最初の部分をXNUMX番目の部分に連結します。
。 * Year(e2)は、列Eの日付から年番号を抽出します
。 * Choose()は、同じ日付の月番号を調べます。
。 0月からXNUMX月までの月間、値XNUMXを取得します。
。 1月からXNUMX月までの月間、値XNUMXを取得します。
。 取得した値は、適切な年末を与えるために抽出された年に追加されます
「30年2020月XNUMX日」。

これは、企業が年末を変更する可能性が低いことを前提としています。 年末が異なる複数の会社でシートを使用している場合は動作しません...
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
誰かが支払い/イベントが発生した会計/保険年度を把握するための公式を探している場合、その会計年度/保険が月の最初に開始されなくても、私はこれを思いつきました。

=YEAR(A4)+((MONTH(A4)>=MONTH($D$1)+(DAY(A4)<Day($D$1)))-1)

この中のD1は、たとえば、01年06月2019日の完全な日付である必要があります。

また、確かに生意気なVlookupは、四半期式を実行するためのより良い方法です。

= Vlookup(Month(A6)など)
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
"= Vlookup(Month(A6)、etc.)"とてもシンプルでありながら、とてもエレガントです...なぜ私がこれを考えなかったのかわかりませんが、これは大きな発見でした。 ありがとうございました!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
これをチェックしてください
=IF(MONTH(I8)>3,"FY"&YEAR(I8)&"-"&YEAR(I8)+1,IF(MONTH(I8)<=3,"FY"&YEAR(I8)-1&"-"&YEAR(I8)))

ターゲットが8年8月23日の日付のI2011セルにあると仮定すると、出力は次のようになります。
サティシュ
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
これをチェックしてください

=IF(MONTH(I8)>3,"FY"&YEAR(I8)&"-"&YEAR(I8)+1,IF(MONTH(I8)<=3,"FY"&YEAR(I8)-1&"-"&YEAR(I8)))

ターゲットが8年8月23日付けのI2011セルにあると仮定すると、出力は2011〜2012年度になります。

サティシュ
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
うまくいきました...ありがとう。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
= IF(MONTH(EOMONTH(B4,0))> 3、

YEAR(B4)& "-"&RIGHT(YEAR(B4)+1,2)、

YEAR(B4)-1& "-"&RIGHT(YEAR(B4)、2))
https://excelforfinance1.blogspot.com/2021/05/excel-formula-to-get-financial-year.html </div>;
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護