メインコンテンツへスキップ

複数のcsvファイルを複数のワークシートに結合/インポートする方法は?

フォルダーから複数のcsvファイルをブック内の個別のワークシートとしてインポートする場合、Excelでこのジョブをどのように処理できますか?

複数のcsvファイルをVBAコードを使用して別々のワークシートにインポートします

Kutools for Excelを使用して、複数のcsvファイルを個別のワークシートにインポートします

ブックを複数の個別のcsv / pdf / txt / Excelファイルに分割します


複数のcsvファイルをブックにすばやくインポートするには、次のVBAコードを使用するとよい場合があります。次のようにしてください。

1。 を押し続けます Alt + F11 Excelでキーを開いて アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2に設定します。 OK をクリックします。 インセット > モジュール、次のコードをに貼り付けます モジュール 窓。

VBAコード:複数のテキストファイルを別々のワークシートにインポートします。

Sub CombineCsvFiles()
'updateby Extendoffice
    Dim xFilesToOpen As Variant
    Dim I As Integer
    Dim xWb As Workbook
    Dim xTempWb As Workbook
    Dim xDelimiter As String
    Dim xScreen As Boolean
    On Error GoTo ErrHandler
    xScreen = Application.ScreenUpdating
    Application.ScreenUpdating = False
    xDelimiter = "|"
    xFilesToOpen = Application.GetOpenFilename("Text Files (*.csv), *.csv", , "Kutools for Excel", , True)
    If TypeName(xFilesToOpen) = "Boolean" Then
        MsgBox "No files were selected", , "Kutools for Excel"
        GoTo ExitHandler
    End If
    I = 1
    Set xTempWb = Workbooks.Open(xFilesToOpen(I))
    xTempWb.Sheets(1).Copy
    Set xWb = Application.ActiveWorkbook
    xTempWb.Close False
    Do While I < UBound(xFilesToOpen)
        I = I + 1
        Set xTempWb = Workbooks.Open(xFilesToOpen(I))
        xTempWb.Sheets(1).Move , xWb.Sheets(xWb.Sheets.Count)
    Loop
ExitHandler:
    Application.ScreenUpdating = xScreen
    Set xWb = Nothing
    Set xTempWb = Nothing
    Exit Sub
ErrHandler:
    MsgBox Err.Description, , "Kutools for Excel"
    Resume ExitHandler
End Sub

3。 次に、 F5 このコードを実行するためのキーを押すと、ウィンドウがポップアップします。特定のフォルダーに移動し、Excelにインポートするcsvファイルを選択します。スクリーンショットを参照してください。

doc importcsvをワークシート1に

4。 そして、 Open ボタンをクリックすると、選択したcsvファイルが新しいワークブック内の個別のワークシートとしてインポートされます。

5。 最後に、必要に応じて新しいブックを保存できます。


あなたが持っている場合 Kutools for Excel、その強力なツールで-組み合わせる、必要に応じて、複数のcsvファイルをXNUMXつのワークシートまたは複数の個別のワークシートにすばやく結合またはインポートできます。

インストールした後 Kutools for Excel、次のようにしてください。

1。 クリックしてください クツールズプラス > 組み合わせる、スクリーンショットを参照してください:

2. ワークシートを組み合わせる ダイアログボックスで、を選択してください ワークブックの複数のワークシートをXNUMXつのワークブックに結合します、スクリーンショットを参照してください:

doc importcsvをワークシート6に

3。 の中に ステップ 2 ウィザードのをクリックします Add > File 結合するcsvファイルを選択するには、スクリーンショットを参照してください。

doc importcsvをワークシート7に

4。 飛び出した Open ダイアログ、選択 (* .csv) ドロップダウンリストから、マージするcsvファイルを指定します。

doc importcsvをワークシート8に

5。 次に、をクリックします Open ボタンをクリックすると、選択したcsvファイルがダイアログボックスにインポートされます。スクリーンショットを参照してください。

doc importcsvをワークシート9に

6。 の中に ステップ 3、次の操作を行ってください。

(1.)チェック 各ワークシートの最初の行(コメント) ワークシート情報を挿入する セクションでは、すべてのcsvファイル情報がコメントとして結合されたシートに挿入されます。

(2.)必要に応じてcsvファイルの名前を変更できます。

(3.)空白のcsvファイルを検出する場合は、空白のcsvファイルをスキップできます。

doc importcsvをワークシート10に

7。 次に、をクリックします 終了 ボタンをクリックし、結合が完了したら、新しい結合ワークブックのファイル名と場所を指定できます。 スクリーンショットを参照してください:

doc importcsvをワークシート11に

8。 次に、をクリックします Save ボタンをクリックすると、ポップアウトされたpromtボックスで、新しいファイルをクリックして開くことができます はい、をクリックして閉じます いいえ、スクリーンショットを参照してください:

doc importcsvをワークシート12に

9。 そして、このシナリオを好きなように保存することも、保存しないこともできます。 スクリーンショットを参照してください:

doc importcsvをワークシート13に

10。 最後に、選択したcsvファイルがワークシートが分離された新しいワークブックにインポートされました。スクリーンショットを参照してください。

doc importcsvをワークシート14に

今すぐExcel用のKutoolsをダウンロードして無料トライアル!


Kutools for Excel:300以上の便利なExcelアドインがあり、30日以内に制限なしで無料で試すことができます。 今すぐダウンロードして無料トライアル!

場合によっては、ワークブックを個別のcsvファイルに分割したい場合があります。KutoolsforExcelのSplit Workbookユーティリティを使用すると、このジョブをすばやく簡単に完了できます。

インストールした後 Kutools for Excel、次のようにしてください。

1に設定します。 OK をクリックします。 クツールズプラス > ワークブック > 分割ワークブック、スクリーンショットを参照してください:

2. 分割ワークブック ダイアログボックス:

(1.)分割するワークシートを確認します。

(2.)そしてチェック 保存を指定します形式でアーカイブしたプロジェクトを保存します.、次に保存するファイル形式を選択します。

(3.)次にクリックします スプリット ボタンをクリックし、分離されたファイルを配置するフォルダを指定します。

doc importcsvをワークシート3に

3。 そして、 OK 分割を開始するには、ワークブックを必要な個別のcsvファイルに分割します。

doc importcsvをワークシート4に

今すぐExcel用のKutoolsをダウンロードして無料トライアル!


Kutools for Excel:300以上の便利なExcelアドインがあり、30日以内に制限なしで無料で試すことができます。 今すぐダウンロードして無料トライアル!

最高のオフィス生産性向上ツール

人気の機能: 重複を検索、強調表示、または識別する   |  空白行を削除する   |  データを失わずに列またはセルを結合する   |   数式なしのラウンド ...
スーパールックアップ: 複数の基準の VLookup    複数の値の VLookup  |   複数のシートにわたる VLookup   |   ファジールックアップ ....
詳細ドロップダウン リスト: ドロップダウンリストを素早く作成する   |  依存関係のドロップダウン リスト   |  複数選択のドロップダウンリスト ....
列マネージャー: 特定の数の列を追加する  |  列の移動  |  Toggle 非表示列の表示ステータス  |  範囲と列の比較 ...
注目の機能: グリッドフォーカス   |  デザインビュー   |   ビッグフォーミュラバー    ワークブックとシートマネージャー   |  リソースライブラリ (自動テキスト)   |  日付ピッカー   |  ワークシートを組み合わせる   |  セルの暗号化/復号化    リストごとにメールを送信する   |  スーパーフィルター   |   特殊フィルター (太字/斜体/取り消し線をフィルター...) ...
上位 15 のツールセット12 テキスト 工具 (テキストを追加, 文字を削除する、...)   |   50+ チャート 種類 (ガントチャート、...)   |   40+ 実用的 (誕生日に基づいて年齢を計算する、...)   |   19 挿入 工具 (QRコードを挿入, パスから画像を挿入、...)   |   12 変換 工具 (数字から言葉へ, 通貨の換算、...)   |   7 マージ&スプリット 工具 (高度な結合行, 分割セル、...)   |   ... もっと

Kutools for Excel で Excel スキルを強化し、これまでにない効率を体験してください。 Kutools for Excelは、生産性を向上させ、時間を節約するための300以上の高度な機能を提供します。  最も必要な機能を入手するにはここをクリックしてください...

kteタブ201905


Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
Comments (7)
No ratings yet. Be the first to rate!
This comment was minimized by the moderator on the site
Hi!
I've been using this code to combine evaluation forms into one excel sheet. However, it reads the dates in the US format of MM/DD/YYYY instead of the European format which I use, which is DD/MM/YYYY. The results is a column that looks like this:

11-4-2021 17:13
22/10/2021 09:41:32 (This is october 22nd, but it's not recognized)
7-12-2022 14:55 (This is mistakenly read as December 7th, when it should be July 12th.)
27/10/2021 16:53:19
29/10/2021 09:44:26
11-1-2021 11:36
11-2-2021 14:11
17/08/2022 16:46:06
11-1-2021 10:49
8-10-2022 12:19
22/10/2021 14:54:58
17/11/2021 13:48:54
26/10/2021 20:13:37
22/10/2021 16:26:13

How can I prevent this from happening? I saw a comment on another post that suggested putting 'Local=True' somewhere, but I've not been able to figure out where to put that so that the CSV files load correctly. Any help is appreciated!
This comment was minimized by the moderator on the site
Hello this vba macro is great, but i want it to be launched by a button click on another workbook, how can i do that ?
This comment was minimized by the moderator on the site
Thank you. The code works well
This comment was minimized by the moderator on the site
Thank you . Very handy
This comment was minimized by the moderator on the site
Thank you! The code was very useful
This comment was minimized by the moderator on the site
Thank you for sharing this code. It is exactly what I was looking for. Sadly it is not working as well as I hoped it would. I am receiving an error message every time the code is run. ERROR: "The name is already taken. Try a different one." Notes: - I am trying to combine four csv files - All of the csv files have the same name "file_name.csv, file_name(1).csv, etc..." The code combines the first two csv files into one workbook and the the third file into its own workbook. The fourth file never had a chance because of the error. If anyone has some thoughts as how to go about fixing this issue I would greatly appreciate your feedback. Thank you all in advanced for you time. Best regards, Andrew
This comment was minimized by the moderator on the site
Thank you for the code on combining files. I however want to have the multiple files in the workbook I am currently working with, not for the code to create a new workbook. How do I go about achieving that?
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations