メインコンテンツへスキップ

Excelの別のワークシートからセルを取得または参照するにはどうすればよいですか?

場合によっては、他のワークシートから特定のセル値を取得または参照し、参照されたセルの変更に応じてこれらのリンクされたセルを動的にする必要があります。 この記事では、それを実現するためのXNUMXつの方法を紹介します。

式を使用して、複数のワークシートからXNUMXつずつセルを取得します
Kutools for Excelを使用して、複数のワークシートから同時にセルをすばやく取得する


式を使用して、複数のワークシートからXNUMXつずつセルを取得します

たとえば、ワークシート「第15四半期」のセルBXNUMXを現在のシートに参照する必要があります。次の数式は、簡単に達成するのに役立ちます。 次のようにしてください。

1.現在のワークシートで、シート「第15四半期」のセルBXNUMXの値を取得する空白のセルを選択し、数式を入力します。

= ‘The First Quarter’!B15

ノート:

1.数式で、「第15四半期」は、別のシートを参照するために必要なセルを含むシート名であり、BXNUMXは参照されるセルです。 必要に応じて変更してください。
2.シート名の内容がスペースで区切られている場合は、数式でシート名を一重引用符で囲んでください。 シート名にスペースがない場合は、一重引用符を使用せずにシート名を入力してください。

2.複数のシートから現在のシートにセルを取得または参照する場合は、上記の操作を繰り返してください。


Kutools for Excelを使用して、複数のワークシートから同時にセルをすばやく取得する

複数のワークシートから現在のワークシートに同じセル(B15など)をすばやく参照する場合は、 ワークシートを動的に参照する の有用性 Kutools for Excel あなたの時間を節約します。

申請する前に Kutools for Excelについては 最初にダウンロードしてインストールします.

1.現在のブックの複数のシートにまたがる同じセル(B10など)の値を取得し、これらの値を宛先ワークシートに配置する場合は、最初に宛先ワークシートのセルB10を選択してください。

2.次に、をクリックします クツール > その他 > ワークシートを動的に参照する.

3。 の中に ワークシートの参照を埋める ダイアログボックスでは、次のように構成する必要があります。

3.1選択 セルの後にセルを垂直に塗りつぶす セクションに 注文を満たす ドロップダウンリスト;
3.2 ロック式 ボタンの 数式を入力 セクション(手順1で選択したセルアドレスがここに表示されます)。
3.3セルを参照するために必要なシート名を確認します。 ワークシートリスト ボックス;
3.4宛先ワークシートでセルを選択して、参照されているセルを出力します。
3.5 充填範囲 ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

次に、以下のスクリーンショットに示すように、選択したワークシート全体の同じセルB10の値が、宛先ワークシートに参照されていることがわかります。

3。 それを閉めて ワークシートの参照を埋める ダイアログボックス。

  このユーティリティの無料トライアル(30日)が必要な場合は、 クリックしてダウンロードしてください、次に、上記の手順に従って操作を適用します。

最高のオフィス生産性向上ツール

人気の機能: 重複を検索、強調表示、または識別する   |  空白行を削除する   |  データを失わずに列またはセルを結合する   |   数式なしのラウンド ...
スーパールックアップ: 複数の基準の VLookup    複数の値の VLookup  |   複数のシートにわたる VLookup   |   ファジールックアップ ....
詳細ドロップダウン リスト: ドロップダウンリストを素早く作成する   |  依存関係のドロップダウン リスト   |  複数選択のドロップダウンリスト ....
列マネージャー: 特定の数の列を追加する  |  列の移動  |  Toggle 非表示列の表示ステータス  |  範囲と列の比較 ...
注目の機能: グリッドフォーカス   |  デザインビュー   |   ビッグフォーミュラバー    ワークブックとシートマネージャー   |  リソースライブラリ (自動テキスト)   |  日付ピッカー   |  ワークシートを組み合わせる   |  セルの暗号化/復号化    リストごとにメールを送信する   |  スーパーフィルター   |   特殊フィルター (太字/斜体/取り消し線をフィルター...) ...
上位 15 のツールセット12 テキスト 工具 (テキストを追加, 文字を削除する、...)   |   50+ チャート 種類 (ガントチャート、...)   |   40+ 実用的 (誕生日に基づいて年齢を計算する、...)   |   19 挿入 工具 (QRコードを挿入, パスから画像を挿入、...)   |   12 変換 工具 (数字から言葉へ, 通貨の換算、...)   |   7 マージ&スプリット 工具 (高度な結合行, 分割セル、...)   |   ... もっと

Kutools for Excel で Excel スキルを強化し、これまでにない効率を体験してください。 Kutools for Excelは、生産性を向上させ、時間を節約するための300以上の高度な機能を提供します。  最も必要な機能を入手するにはここをクリックしてください...

kteタブ201905


Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
Comments (2)
No ratings yet. Be the first to rate!
This comment was minimized by the moderator on the site
How do I reference a cell in another sheet that will also capture the formatting in that cell (color, font, etc)? =[name]![column row] doesn't do it.
This comment was minimized by the moderator on the site
In previous versions of Excel (2010) when you had 2 workbooks open, side-by-side (on multiple monitors) and used this nifty feature, you could go back and forth between the workbooks and the info would stay in the status bar even though you were working in a different workbook. Now, in 2013, it seems that as soon as you shift focus to a different workbook, it clears the status bar. Do you know if this is a static "feature" or something that can be turned back on?
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations