Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Excelで年/四半期/月/週あたりの発生数をカウントする方法は?

通常、COUNTIF関数を適用して、Excelの条件でアイテムをカウントできます。 しかし、年/月/平日だけで日付を数える方法を知っていますか? この記事では、Excelで年/四半期/月/平日あたりの発生数をカウントするいくつかの方法を紹介します。


数式を使用して、XNUMX年/月あたりの発生数をカウントします

数式を適用して、ExcelでXNUMX年またはXNUMXか月あたりの発生数をカウントできます。 次のようにしてください。

カウント結果を配置する空白のセルを選択し、数式を入力します =SUMPRODUCT((MONTH($A$2:$A$24)=F2)*(YEAR($A$2:$A$24)=$E$2)) その中に、このセルのオートフィルハンドルを必要に応じて範囲までドラッグします。 スクリーンショットを参照してください:

注意:
(1)上記の式では、 A2:A24 年/月ごとにカウントする日付列です。 E2 指定された年です、 F2 は指定された月であり、必要に応じて変更できます。
(2)年を無視して月ごとに数える場合は、この式を適用できます。 = SUMPRODUCT(1 *(MONTH($ A $ 2:$ A $ 24)= F2)).

Excelで日付がXNUMXつの日付の間にある場合は、日付セルを簡単に選択してカウントできます

Kutools for Excelがインストールされている場合は、それを適用できます 特殊セルを選択 日付が特定の日付範囲内にある場合に、日付セルをすばやく選択してカウントするユーティリティ。


adselect特殊セルはXNUMXつの日付の間でカウントされます

ピボットテーブルを使用して、XNUMX年/月/四半期/時間あたりの発生数をカウントします

実際には、ピボットテーブルを作成して、年、月、四半期、時間、秒などの発生数をカウントすることもできます。次のようにしてください。

1.使用するテーブルを選択し、をクリックします インセット > ピボットテーブル。 スクリーンショットを参照してください:

2. [ピボットテーブルの作成]ダイアログボックスを開いて、ピボットテーブルを配置する宛先範囲を指定し、[ピボットテーブルの作成]をクリックします。 OK ボタン。

この例では、[既存のワークシート]オプションをオンにし、アクティブなワークシートのセルE1を選択して、[ OK ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

2.これで、[ピボットテーブルフィールド]ペインが表示されます。 ドラッグしてください 日付 列からセクションをドラッグし、 単位 列から 価値観 セクション。

次に、以下のスクリーンショットのようにピボットテーブルが作成されます。

3.値の列のタイトル(この場合は金額の合計)を右クリックして、[ 値を要約する > ワンランク上の 右クリックメニューから。

4. [行ラベル]列の任意のセルを右クリックして、[ グループ 右クリックメニューから。

5. [グループ化]ダイアログボックスを開いて、からXNUMXつ以上のグループ化基準を選択してください。 By ボックスをクリックし、 OK ボタン。 上記のスクリーンショットを参照してください。

私たちの場合、両方を選択します ヶ月 及び By ボックス。 そして、あなたはあなたのニーズに基づいて適切な基準を選択することができます。

そして今では、ピボットテーブルでのXNUMX年およびXNUMXか月あたりの発生数をカウントしています。 以下のスクリーンショットを参照してください。

注意:行ラベルを月と年でグループ化すると、 ラベルは上に追加されます 日付 のラベル [ピボットテーブルフィールド]ペインのセクション。 XNUMXか月あたりの発生数をカウントするには、 下のラベル 日付 ラベル。 以下のスクリーンショットを参照してください。
 


Kutools for Excelを使用して、XNUMX年/月/平日/日あたりの発生数をカウントします

Kutools for Excelがインストールされている場合は、そのユーティリティを適用して、年/月/平日/日、年と月、月と日などの発生数をカウントできます。

Kutools for Excel - Excel 用の 300 以上の便利なツールが含まれています。 全機能無料トライアル 30-day、クレジットカード不要! 今すぐ入手

1.日付列を選択し、をクリックします クツール > フォーマット > 日付フォーマットを適用する。 スクリーンショットを参照してください:

2.開始の[日付書式の適用]ダイアログボックスで、左側から指定した日付書式を選択してください 日付の書式設定 ボックスをクリックし、 Ok ボタン。 上記のスクリーンショットを参照してください。

カウント基準に従って、月、年、平日、日、月、日など、指定された日付形式を選択してください。この場合、次のいずれかを選択します。 XNUMX月などのフォーマット。

3.日付列を選択し続け、をクリックします クツール > 実際に 日付を月の名前に変換します。

4.カウントする範囲を選択し、をクリックします クツール > コンテンツ > 高度な結合行。 スクリーンショットを参照してください:

5. [Advanced Combine Rows]ダイアログボックスを開いて、次のようにします(上のスクリーンショットを参照)。
(1)を選択します 日付 列をクリックして プライマリー キー;
(2)を選択します 単位 列をクリックし、 計算 > ワンランク上の;
(3)他の列を選択し、組み合わせルールまたは計算ルールを指定します。 私たちの場合、 フルーツ 列をクリックし、 組み合わせる > コンマ.
(4)をクリックします Ok ボタン。

そして今、それは月ごとの発生数を数えます。 以下のスクリーンショットを参照してください。

Kutools for Excel - Excel 用の 300 以上の便利なツールが含まれています。 全機能無料トライアル 30-day、クレジットカード不要! 今すぐ入手


デモ:年/月/平日/日あたりの発生数をカウントします


Kutools for Excel には、Excel 用の 300 以上の便利なツールが含まれており、30 日間制限なく無料で試すことができます。 今すぐダウンロードして無料トライアル!

関連記事:


最高のオフィス生産性ツール

Kutools for Excelはほとんどの問題を解決し、生産性を80%向上させます

  • 再利用: すばやく挿入 複雑な数式、チャート および以前に使用したものすべて。 セルを暗号化する パスワード付き。 メーリングリストを作成する そしてメールを送る...
  • スーパーフォーミュラバー (複数行のテキストと数式を簡単に編集できます); 読書レイアウト (多数のセルを簡単に読み取って編集する); フィルター範囲に貼り付け...
  • セル/行/列をマージする データを失うことなく; 分割セルコンテンツ; 重複する行/列を組み合わせる...重複セルを防止します。 範囲を比較する...
  • [複製]または[一意]を選択します 行; 空白行を選択 (すべてのセルは空です); スーパーファインドとファジーファインド 多くのワークブックで; ランダム選択...
  • 正確なコピー 数式参照を変更せずに複数のセル。 参照の自動作成 複数のシートに; 箇条書きを挿入、チェックボックスなど...
  • テキストを抽出、テキストの追加、位置による削除、 スペースを削除する; ページング小計の作成と印刷。 セルの内容とコメントを変換する...
  • スーパーフィルター (フィルタースキームを保存して他のシートに適用します); 高度な並べ替え 月/週/日、頻度など。 特殊フィルター 太字、斜体...
  • ワークブックとワークシートを組み合わせる; キー列に基づいてテーブルをマージします。 データを複数のシートに分割; xls、xlsx、PDFをバッチ変換...
  • 300 以上の強力な機能. Office / Excel 2007-2021 および 365 をサポートします。すべての言語をサポートします。 企業や組織に簡単に導入できます。 フル機能の 30 日間無料トライアル。 60日間の返金保証。
kteタブ201905

Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
officetab下部
コメントを並べ替える
コメント (0)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護