Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English
ログイン  \/ 
x
or
x
今すぐ登録  \/ 
x

or

Excelで雇用日から勤続期間を計算する方法は?

ワークシートに従業員の名前や入社日などのさまざまなデータがある場合は、勤続年数を計算することをお勧めします。つまり、従業員が会社で働いた年数と月数を取得することを意味します。 この記事では、この仕事を解決するための簡単な方法について説明します。

YEARFRAC関数を使用して、雇用日から勤続期間を計算します

DATEDIF関数を使用して、雇用日から勤続期間を計算します

DATEDIF関数を使用して、雇用日から今日までの勤続期間を計算します

驚くべき機能を備えた雇用日からの勤続期間を計算する


YEARFRAC関数を使用して、雇用日から勤続期間を計算します

雇用日と特定の日付から勤続期間を計算するには、YEARFRAC関数が役立ちます。

次の数式を空白のセルに入力またはコピーしてください。

=INT(YEARFRAC(B2,C2))

注意:上記の式では、 B2 採用日セルであり、 C2 終了日のセルです。

次に、塗りつぶしハンドルをドラッグして、fromulaを必要な他のセルにコピーします。そうすれば、数年でその人のサービスの長さが得られます。


DATEDIF関数を使用して、雇用日から勤続期間を計算します

正確な年、月、日でサービス期間を計算する必要がある場合は、ExcelのDATEDIF関数を使用すると便利です。

勤続年数を年単位で計算します。

次の数式を空白のセルに入力またはコピーしてください。

=DATEDIF(B2, C2, "y")& " Years"


勤続年数を年と月で計算します。

次の式を適用してください。

=DATEDIF(B2,C2,"y")&" Years, "&DATEDIF(B2,C2,"ym")&" Months"


勤続年数を年、月、日で計算します。

次の式を適用します。

=DATEDIF(B2,C2,"y") & " Years, " & DATEDIF(B2,C2,"ym") & " Months, " & DATEDIF(B2,C2,"md") & " Days"

注意:上記の式では、 B2 採用日セルであり、 C2 終了日のセルです。


DATEDIF関数を使用して、雇用日から今日までの勤続期間を計算します

場合によっては、雇用日から今日までの勤続期間を計算することをお勧めします。そのため、ワークシートを開くと、勤続期間が自動的に更新されます。 この場合、TODAY関数をDATEDIF関数内で組み合わせる必要があります。

以下の式のいずれかを必要に応じて適用してください。

=DATEDIF(B4, TODAY(), "y")& " Years"
= DATEDIF(B4、TODAY()、 "y")& "年、"&DATEDIF(B4、TODAY()、 "ym")& "月"
= DATEDIF(B6、TODAY()、 "y")& "Years、"&DATEDIF(B4、TODAY()、 "ym")& "Months、"&DATEDIF(B4、TODAY()、 "md")& " 日々"


驚くべき機能を備えた雇用日からの勤続期間を計算する

たくさんの数式を覚えるのは少し難しいですが、 Kutools for Excelそのと 日付と時刻のヘルパー 機能により、サービス期間を年、月、日、年+月+日、または必要に応じて他の形式ですばやく計算できます。

注意:これを適用する 日付と時刻のヘルパー、まず、ダウンロードする必要があります Kutools for Excel、次に機能をすばやく簡単に適用します。

インストールした後 Kutools for Excel、次のようにしてください。

1。 結果を検索するセルをクリックしてから、 クツールフォーミュラヘルパー > 日付と時刻のヘルパー、スクリーンショットを参照してください:

2。 の中に 日付と時刻のヘルパー ダイアログボックスで、次の操作を実行します。

  • チェック 差異 オプションから 種類 セクション;
  • の中に 引数入力 テキストボックスで、採用日と終了日を別々に含むセルを選択します。
  • 次に、必要に応じて出力結果タイプを選択します。 たとえば、勤続期間を年、月、年+月+日、年+月などで取得できます。

3。 設定が終わったら、 OK ボタンをクリックすると、最初の計算結果が得られます。次に、塗りつぶしハンドルをドラッグしてこの数式を入力してセルをテストすると、必要に応じて次の結果が得られます。

クリックしてKutoolsfor Excelと無料トライアルを今すぐダウンロードしてください!


より相対的な記事:

  • XNUMXつの日付の間の日数/稼働日数/週末を数える
  • ExcelでXNUMXつの日付の間の日数を数える必要があったことがありますか? 場合によっては、XNUMXつの日付の間の稼働日のみを計算したい場合もあれば、XNUMXつの日付の間の週末の日のみをカウントする必要がある場合もあります。 特定の条件でXNUMXつの日付の間の日数をどのように数えることができますか?
  • XNUMXつの日付の間の日時間と分を計算します
  • 日時セルの列がXNUMXつあり、次のスクリーンショットのように、これらXNUMXつの日時セル間の日、時間、分での差を計算するとします。 この記事では、このタスクを解決するためのいくつかの方法について説明します。

最高のオフィス生産性ツール

Kutools for Excelはほとんどの問題を解決し、生産性を80%向上させます

  • 再利用: すばやく挿入 複雑な数式、チャート および以前に使用したものすべて。 セルを暗号化する パスワード付き。 メーリングリストを作成する そしてメールを送る...
  • スーパーフォーミュラバー (複数行のテキストと数式を簡単に編集できます); 読書レイアウト (多数のセルを簡単に読み取って編集する); フィルター範囲に貼り付け...
  • セル/行/列をマージする データを失うことなく; 分割セルコンテンツ; 重複する行/列を組み合わせる...重複セルを防止します。 範囲を比較する...
  • [複製]または[一意]を選択します 行; 空白行を選択 (すべてのセルは空です); スーパーファインドとファジーファインド 多くのワークブックで; ランダム選択...
  • 正確なコピー 数式参照を変更せずに複数のセル。 参照の自動作成 複数のシートに; 箇条書きを挿入、チェックボックスなど...
  • テキストを抽出、テキストの追加、位置による削除、 スペースを削除する; ページング小計の作成と印刷。 セルの内容とコメントを変換する...
  • スーパーフィルター (フィルタースキームを保存して他のシートに適用します); 高度な並べ替え 月/週/日、頻度など。 特殊フィルター 太字、斜体...
  • ワークブックとワークシートを組み合わせる; キー列に基づいてテーブルをマージします。 データを複数のシートに分割; xls、xlsx、PDFをバッチ変換...
  • 300以上の強力な機能。 Office / Excel2007-2019および365をサポートします。すべての言語をサポートします。 企業や組織に簡単に導入できます。 全機能30日間の無料トライアル。 60日間の返金保証。
kteタブ201905

Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性が50%向上し、毎日何百ものマウスクリックが減ります。
officetab下部
Say something here...
symbols left.
You are guest
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    Florence · 7 months ago
    For calculating the length of services in years, months and days with start date and end date, I noted that the result for James is 20 days. I would like to confirm if the end date means separation effective date (Day 1 after termination/separation) or last employment date.

    Both start (hire date) and end date (last employment date "LED") should be inclusive in the calculation. It is expected to return 21 days but not 20 days as it counted no. of days from 12/11/2025 to 12/31/2025.

    How to change the formula? Or should it be used termination effective date (LED + 1 day) as cell C2, instead of input "LED" as end date?
    • To post as a guest, your comment is unpublished.
      skyyang · 7 months ago
      Hi, Florence,
      If you want to include both the start date and end date when calculating, you just need add 1 after the days part as below formula:
      =DATEDIF(B2,C2,"y") & " Years, " & DATEDIF(B2,C2,"ym") & " Months, " & DATEDIF(B2,C2,"md")+1 & " Days"
      Please try, hope it can help you!
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    sam · 1 years ago
    Hi, i would like to know how i can add two different experience which i found through datedif for a single staff
    eg : 3 yrs, 11 months, 4 days and 4 yrs, 3 months, 18 days,

    i am looking a formula for to get the following result

    8 yrs, 2 months, 22 days.

    thank you
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    Eve · 2 years ago
    Ive tried this formula and it comes up with #value!


    Please help
    • To post as a guest, your comment is unpublished.
      skyyang · 2 years ago
      Hello, Eve,
      The above formula works well in my worksheet, which Excel version do you use?
      Or you can insert your error screenshot here.
      Thank you!
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    AB · 2 years ago
    How can I calculate years of service from the date or hire to today?
    • To post as a guest, your comment is unpublished.
      skyyang · 2 years ago
      Hello, AB,
      To calculate years of service from the hire date to today, you just need to apply the following formula: (Note: A2 is the hire date, change it to your need)
      =DATEDIF(A2,TODAY(),"y") & " years " & DATEDIF(A2,TODAY(),"ym") & " months "

      Please try it, hope it can help you!