メインコンテンツへスキップ

Excelで雇用日から勤続期間を計算する方法は?

著者:シャオヤン 最終更新日:2020年04月29日

ワークシートに従業員の名前や入社日などのさまざまなデータがある場合は、勤続年数を計算することをお勧めします。つまり、従業員が会社で働いた年数と月数を取得することを意味します。 この記事では、この仕事を解決するための簡単な方法について説明します。

YEARFRAC関数を使用して、雇用日から勤続期間を計算します

DATEDIF関数を使用して、雇用日から勤続期間を計算します

DATEDIF関数を使用して、雇用日から今日までの勤続期間を計算します

驚くべき機能を備えた雇用日からの勤続期間を計算する


YEARFRAC関数を使用して、雇用日から勤続期間を計算します

雇用日と特定の日付から勤続期間を計算するには、YEARFRAC関数が役立ちます。

次の数式を空白のセルに入力またはコピーしてください。

=INT(YEARFRAC(B2,C2))

Note:上記の式では、 B2 採用日セルであり、 C2 終了日のセルです。

次に、塗りつぶしハンドルをドラッグして、fromulaを必要な他のセルにコピーします。そうすれば、数年でその人のサービスの長さが得られます。


DATEDIF関数を使用して、雇用日から勤続期間を計算します

正確な年、月、日でサービス期間を計算する必要がある場合は、ExcelのDATEDIF関数を使用すると便利です。

勤続年数を年単位で計算します。

次の数式を空白のセルに入力またはコピーしてください。

=DATEDIF(B2, C2, "y")& " Years"


勤続年数を年と月で計算します。

次の式を適用してください。

=DATEDIF(B2,C2,"y")&" Years, "&DATEDIF(B2,C2,"ym")&" Months"


勤続年数を年、月、日で計算します。

次の式を適用します。

=DATEDIF(B2,C2,"y") & " Years, " & DATEDIF(B2,C2,"ym") & " Months, " & DATEDIF(B2,C2,"md") & " Days"

Note:上記の式では、 B2 採用日セルであり、 C2 終了日のセルです。


DATEDIF関数を使用して、雇用日から今日までの勤続期間を計算します

場合によっては、雇用日から今日までの勤続期間を計算することをお勧めします。そのため、ワークシートを開くと、勤続期間が自動的に更新されます。 この場合、TODAY関数をDATEDIF関数内で組み合わせる必要があります。

以下の式のいずれかを必要に応じて適用してください。

=DATEDIF(B4, TODAY(), "y")& " Years"
= DATEDIF(B4、TODAY()、 "y")& "年、"&DATEDIF(B4、TODAY()、 "ym")& "月"
= DATEDIF(B6、TODAY()、 "y")& "Years、"&DATEDIF(B4、TODAY()、 "ym")& "Months、"&DATEDIF(B4、TODAY()、 "md")& " 日々"


驚くべき機能を備えた雇用日からの勤続期間を計算する

たくさんの数式を覚えるのは少し難しいですが、 Kutools for Excelそのと 日付と時刻のヘルパー 機能により、サービス期間を年、月、日、年+月+日、または必要に応じて他の形式ですばやく計算できます。

注:これを適用する 日付と時刻のヘルパー、まず、ダウンロードする必要があります Kutools for Excel、次に機能をすばやく簡単に適用します。

インストールした後 Kutools for Excel、次のようにしてください。

1。 結果を検索するセルをクリックしてから、 クツールフォーミュラヘルパー > 日付と時刻のヘルパー、スクリーンショットを参照してください:

2。 の中に 日付と時刻のヘルパー ダイアログボックスで、次の操作を実行します。

  • チェック 差異 オプションから 種類 セクション;
  • 引数入力 テキストボックスで、採用日と終了日を別々に含むセルを選択します。
  • 次に、必要に応じて出力結果タイプを選択します。 たとえば、勤続期間を年、月、年+月+日、年+月などで取得できます。

3。 設定が終わったら、 OK ボタンをクリックすると、最初の計算結果が得られます。次に、塗りつぶしハンドルをドラッグしてこの数式を入力してセルをテストすると、必要に応じて次の結果が得られます。

クリックしてKutoolsfor Excelと無料トライアルを今すぐダウンロードしてください!


より相対的な記事:

  • XNUMXつの日付の間の日数/稼働日数/週末を数える
  • ExcelでXNUMXつの日付の間の日数を数える必要があったことがありますか? 場合によっては、XNUMXつの日付の間の稼働日のみを計算したい場合もあれば、XNUMXつの日付の間の週末の日のみをカウントする必要がある場合もあります。 特定の条件でXNUMXつの日付の間の日数をどのように数えることができますか?
  • XNUMXつの日付の間の日時間と分を計算します
  • 日時セルの列がXNUMXつあり、次のスクリーンショットのように、これらXNUMXつの日時セル間の日、時間、分での差を計算するとします。 この記事では、このタスクを解決するためのいくつかの方法について説明します。

最高のオフィス生産性向上ツール

🤖 Kutools AI アシスタント: 以下に基づいてデータ分析に革命をもたらします。 インテリジェントな実行   |  コードを生成  |  カスタム数式の作成  |  データを分析してグラフを生成する  |  Kutools関数を呼び出す...
人気の機能: 重複を検索、強調表示、または識別する   |  空白行を削除する   |  データを失わずに列またはセルを結合する   |   数式なしのラウンド ...
スーパールックアップ: 複数の基準の VLookup    複数の値の VLookup  |   複数のシートにわたる VLookup   |   ファジールックアップ ....
詳細ドロップダウン リスト: ドロップダウンリストを素早く作成する   |  依存関係のドロップダウン リスト   |  複数選択のドロップダウンリスト ....
列マネージャー: 特定の数の列を追加する  |  列の移動  |  Toggle 非表示列の表示ステータス  |  範囲と列の比較 ...
注目の機能: グリッドフォーカス   |  デザインビュー   |   ビッグフォーミュラバー    ワークブックとシートマネージャー   |  リソースライブラリー (自動テキスト)   |  日付ピッカー   |  ワークシートを組み合わせる   |  セルの暗号化/復号化    リストごとにメールを送信する   |  スーパーフィルター   |   特殊フィルター (太字/斜体/取り消し線をフィルター...) ...
上位 15 のツールセット12 テキスト ツール (テキストを追加, 文字を削除する、...)   |   50+ チャート 種類 (ガントチャート、...)   |   40+ 実用的 (誕生日に基づいて年齢を計算する、...)   |   19 挿入 ツール (QRコードを挿入, パスから画像を挿入、...)   |   12 変換 ツール (数字から言葉へ, 通貨の換算、...)   |   7 マージ&スプリット ツール (高度な結合行, 分割セル、...)   |   ... もっと

Kutools for Excel で Excel スキルを強化し、これまでにない効率を体験してください。 Kutools for Excelは、生産性を向上させ、時間を節約するための300以上の高度な機能を提供します。  最も必要な機能を入手するにはここをクリックしてください...

説明


Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
Comments (20)
Rated 5 out of 5 · 1 ratings
This comment was minimized by the moderator on the site
First, thank you very much for helping us!

I am trying to use the formula for years and months of service (=DATEDIF(B2,C2,"y")&" Years, "&DATEDIF(B2,C2,"ym")&" Months") which works great, but I would like to add that line and another line that just has numbers in it. Is that possible? For instance: The formula =DATEDIF(B2,C2,"y")&" Years, "&DATEDIF(B2,C2,"ym")&" Months" is located in D2 and I would like to add number of years and months of service from another agency in E2 with the total sum in F2.

All assistance is great appreciated.
Rated 5 out of 5
This comment was minimized by the moderator on the site
If I have a mixed list of employees still with the company (with start date only) and employees no longer with the company (with start and end date), is there a formula for calculating length of service using current date unless there is an end date, in which case the end date would be used in place of the current date to calculate total length of service from start to end?
This comment was minimized by the moderator on the site
what version of Excel can i get this? I am unable to get the function on Excel 2016
This comment was minimized by the moderator on the site
Hello,
The Excel version in the example is Excel 2010. The DATEDIF function is not available in Excel 2013 and later versions.
DATEDIF is not a standard function and hence not part of functions library and so no documentation. Microsoft doesn't promote to use this function as it gives incorrect results in few circumstances.

This function does not appear in the 'Insert Function' dialog box and is not recognised in the 'Function Arguments' dialog box.
The accuracy of this function was improved slightly in Excel 2010 but some of the bugs were never fixed.

Hope it helps. Have a nice day.
Sincerely,
Mandy
This comment was minimized by the moderator on the site
After the years of service has been determined. How do you calculate the persons service computation date (SCD). Is there a formula to subtract the years of service from the persons new appointment date to get their SCD leave date?
This comment was minimized by the moderator on the site
i m in problem; I am new joining to Govt. dept. as Junior Clerk in Accounts site: I want to calculate to make service end period, and after to add extra months years days in service period given by government relaxation period to complete service 9 to 10 years as (the total service is 8 year, 8 months, 18 days) but govt. give 10 months and 28 days to compile the service period for allowing the come in to as pensioner. Thanks to you for solve that problem.
This comment was minimized by the moderator on the site
Dear have a good health to you. I requesting for adjust more months days year in less service length 9 years to make complet 10 years. please tell about it.
This comment was minimized by the moderator on the site
How can I just highlight the cells if the yearly anniversary is within a week? For example They started on 01/10/2020 and I want the start date to be highlighted yellow if the date is 24/09 in each year and then turn red if the anniversary has passed, so turn red 7 days after the 1st?
This comment was minimized by the moderator on the site
Work Services Calculation 1 month different in formula
This comment was minimized by the moderator on the site
If service is 25 Year 07 Months 05 Days than i calculate no. of year and the result is 25, but need to calculate/consider full year if months is equal to 06 months or exceed. After calculation
This comment was minimized by the moderator on the site
For calculating the length of services in years, months and days with start date and end date, I noted that the result for James is 20 days. I would like to confirm if the end date means separation effective date (Day 1 after termination/separation) or last employment date.
Both start (hire date) and end date (last employment date "LED") should be inclusive in the calculation. It is expected to return 21 days but not 20 days as it counted no. of days from 12/11/2025 to 12/31/2025.
How to change the formula? Or should it be used termination effective date (LED + 1 day) as cell C2, instead of input "LED" as end date?
This comment was minimized by the moderator on the site
Florence, you are correct, and the tutorial above is simply wrong. When calculating years of service/length of service, the calculation must be inclusive of the last day worked. Using basic date subtraction formulas tell the *difference* between 2 dates (which will short the length of service by 1 day). For example, if someone stated the 1st, and ended the following day (2nd), taking the date difference would be 1 day (when they actually worked 2 days). Another example: If you use the method above for someone who started work on January 1st, and their last day was December 31st, it will not show that they've worked a complete year -- which is of course an error. The way to get the correct answer is to add +1 to the end date. So, everywhere you see C2 above should be C2+1. This is a significant problem where people everywhere are using this incorrect formula for calculating years of service. The formula is typically correct except the edge case of the last day of employment being the exact day before their start day. I'm in a dispute with my former employer over this very issue. Formulas like this should always be checked for edge cases like worked 1 day, 2 days, worked exactly 1 year, the anniversary date, day before/after, etc. When doing this, you will see all sorts of problems like the one you described.
This comment was minimized by the moderator on the site
Hi, Florence,If you want to include both the start date and end date when calculating, you just need add 1 after the days part as below formula:=DATEDIF(B2,C2,"y") & " Years, " & DATEDIF(B2,C2,"ym") & " Months, " & DATEDIF(B2,C2,"md")+1 & " Days"
Please try, hope it can help you!
There are no comments posted here yet
Load More
Leave your comments
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations