メインコンテンツへスキップ

ExcelでXNUMXか月またはXNUMX年の日数を計算する方法は?

ご存知のように、うるう年と平年があり、うるう年は366日、平年は365日です。 以下のスクリーンショットに示すように、日付に基づいてXNUMXか月またはXNUMX年の日数を計算するには、この記事が役立ちます。


数式を使用して特定の月の日数を計算します

列に日付のリストがある場合、月の日数を計算するには、次の式を適用してください。

以下の数式のいずれかを日付の横の空白のセルに入力し、塗りつぶしハンドルを特定の月の日数を計算するセルまでドラッグします。スクリーンショットを参照してください。

=DAY(DATE(YEAR(A2),MONTH(A2)+1,1)-1)
=DAY(EOMONTH(A2,0))

注: 上記の式では、 A2 は、月の日数に基づいて取得する日付セルです。


数式を使用して特定の年の日数を計算します

XNUMX年の日数を取得するには、次のようにします。

日付セルの横の空白のセルに次の数式を入力し、特定の年の日数を計算するセルまで塗りつぶしハンドルを下にドラッグします。スクリーンショットを参照してください。

=DATE(YEAR(A2),12,31)-DATE(YEAR(A2),1,1)+1

Note:列に年番号がある場合、次の式は、次のスクリーンショットに示すように、特定の年の日数を計算するのに役立ちます。

=365+IF(MOD(A2,4),0,1)


便利な機能を使用して、特定の月または年の日数を計算します

あなたが持っている場合 Kutools for Excelそのと 年間の日数を計算する / 月の日数を計算する 機能を使用すると、数式を覚えていなくても、特定の月または年の日数を取得できます。

注:これらを適用するには 年の日数を計算する/月の日数を計算する 機能、まず、ダウンロードする必要があります Kutools for Excel、次に機能をすばやく簡単に適用します。

インストールした後 Kutools for Excel、次のようにしてください。

1。 結果を出力するセルをクリックして選択します。スクリーンショットを参照してください。

2。 そして、 クツール > フォーミュラヘルパー > フォーミュラヘルパー、スクリーンショットを参照してください:

3。 の中に 数式ヘルパー ダイアログボックスで、次の操作を行ってください。

  • 選択 数学  数式タイプ ドロップダウンリスト;
  • 式を選択してください リストボックスをクリックして選択します 年間の日数を計算する or 月の日数を計算する 必要に応じてオプション。
  • そして、 引数入力 セクションで、日付から月または年の日を取得する日付を含むセルを選択します。

ヒント: の中に 日付 テキストボックスでは、数式を正しくドラッグするために、デフォルトの絶対セル参照を相対セル参照に変更する必要があります。

4。 次に、をクリックします Ok ボタンをクリックすると、最初の結果が計算され、最初の数式セルを選択し、この数式を適用するセルまで塗りつぶしハンドルをドラッグすると、次のスクリーンショットに示すようにXNUMX年の日数が表示されます。

選択する 月の日数を計算する 特定の月の日数を取得するオプション。スクリーンショットを参照してください。

今すぐExcel用のKutoolsをダウンロードして無料トライアル!


より相対的な記事:

  • XNUMXつの日付の間の日数、稼働日数、週末数を数えます
  • ExcelでXNUMXつの日付の間の日数を数える必要があったことがありますか? 場合によっては、XNUMXつの日付の間の稼働日のみを計算したい場合もあれば、XNUMXつの日付の間の週末の日のみをカウントする必要がある場合もあります。 特定の条件でXNUMXつの日付の間の日数をどのように数えることができますか?
  • Excelで月または年の残り日数を計算する
  • 場合によっては、2014か月または10年の残りの日数を知りたいことがあります。 今日の日付が12/2014/19で、今月(80月)または今年(XNUMX)の残り日数を計算するとします。つまり、今月の残りの日数はXNUMX日でXNUMX日です。今年の。 詳細については、以下の記事をご覧ください。
  • 日、週、月、年のXNUMXつの日付の差を計算します
  • ワークシートで日付を処理する場合、日数、週数、月数、または年数を取得するために、指定されたXNUMXつの日付の差を計算する必要がある場合があります。 この記事では、Excelでこのタスクを解決する方法について説明します。

最高のオフィス生産性向上ツール

人気の機能: 重複を検索、強調表示、または識別する   |  空白行を削除する   |  データを失わずに列またはセルを結合する   |   数式なしのラウンド ...
スーパールックアップ: 複数の基準の VLookup    複数の値の VLookup  |   複数のシートにわたる VLookup   |   ファジールックアップ ....
詳細ドロップダウン リスト: ドロップダウンリストを素早く作成する   |  依存関係のドロップダウン リスト   |  複数選択のドロップダウンリスト ....
列マネージャー: 特定の数の列を追加する  |  列の移動  |  Toggle 非表示列の表示ステータス  |  範囲と列の比較 ...
注目の機能: グリッドフォーカス   |  デザインビュー   |   ビッグフォーミュラバー    ワークブックとシートマネージャー   |  リソースライブラリ (自動テキスト)   |  日付ピッカー   |  ワークシートを組み合わせる   |  セルの暗号化/復号化    リストごとにメールを送信する   |  スーパーフィルター   |   特殊フィルター (太字/斜体/取り消し線をフィルター...) ...
上位 15 のツールセット12 テキスト 工具 (テキストを追加, 文字を削除する、...)   |   50+ チャート 種類 (ガントチャート、...)   |   40+ 実用的 (誕生日に基づいて年齢を計算する、...)   |   19 挿入 工具 (QRコードを挿入, パスから画像を挿入、...)   |   12 変換 工具 (数字から言葉へ, 通貨の換算、...)   |   7 マージ&スプリット 工具 (高度な結合行, 分割セル、...)   |   ... もっと

Kutools for Excel で Excel スキルを強化し、これまでにない効率を体験してください。 Kutools for Excelは、生産性を向上させ、時間を節約するための300以上の高度な機能を提供します。  最も必要な機能を入手するにはここをクリックしてください...

kteタブ201905


Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
Comments (3)
No ratings yet. Be the first to rate!
This comment was minimized by the moderator on the site
Es ist wenig hilfreich, in einer deutschen Version der Seite die englischen Excel-Zelleinträge zu zeigen.
Insbesondere , und ; sind für deutschsprachige Nutzer (und dafür ist ja die Seite) kaum wahrzunehmen !
MfG
This comment was minimized by the moderator on the site
Your MONTH(EOMONTH(A2,(DAY(A2)>15)+0)) formula does not work correctly for 28, 29 or 30-day months due to the hard coded comparison to the 15th day of the month. For example, for the date 2/14/2021, it calculates the round-up month number to be 2 (February). But it should be 3 (March) given that the 14th is the half-month day of 28-day February (equivalent to a fraction value 0.5, which should round up, not down). Similarly, for the date 4/15/2021, it calculates the round-up month number to be 4 (April). But it should be 5 (May) given that the 15th is the half-month day of 30-day April (again equivalent to a fraction value 0.5).

Here's a corrected version of your formula that works for all months:

=MONTH(EOMONTH(A1,(DAY(A1)>=DAY(EOMONTH(A1,0))/2)-1)+1)
This comment was minimized by the moderator on the site
How about this for Number of Days in THIS year (covers leap year or not)…. =EOMONTH(DATE(YEAR(TODAY()),12,1),0) - DATE(YEAR(TODAY()),1,0)

EOMONTH finds December 31 of this year, from TODAY() and them subtracts the day before January 1st using the DATE YEAR TODAY using 0 which is one less than 1.
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations