Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

動的データ検証を作成し、ドロップダウンを自動的に拡張するにはどうすればよいですか?

通常、ワークシートにドロップダウンリストを作成する場合、新しいデータが動的に入力されてもドロップダウンリストは変更されません。この場合、リストを手動で拡張するには、ソースデータを変更する必要があります。 この記事では、データ検証を動的に行い、新しいデータが入力されたときにドロップダウンリストを自動拡張する方法を紹介します。

動的データ検証を作成し、テーブルを作成してドロップダウンを自動拡張します

動的データ検証を作成し、範囲名を定義してドロップダウンを自動拡張します


矢印青い右バブル 動的データ検証を作成し、テーブルを作成してドロップダウンを自動拡張します

動的データ検証リストを作成するには、最初にテーブルを作成してから、データ検証機能を適用します。 次のようにしてください。

ソースデータリストのテーブル形式を作成します。

1。 ドロップダウンリストのソースデータとして使用するデータリストを選択し、[ インセット > 、飛び出した テーブルの作成 ダイアログ、チェック 私のテーブルにはヘッダーがあります データリストにヘッダーがある場合は、スクリーンショットを参照してください。

ドキュメントの動的データ検証1

2。 次に、をクリックします OK ボタンをクリックすると、テーブルが作成されました。スクリーンショットを参照してください。

ドキュメントの動的データ検証2

テーブルの範囲名を定義します。

3。 次に、ヘッダーを無視して作成したテーブルを選択し、このテーブルの名前を お名前 ボックス、プレス 入力します キー、スクリーンショットを参照してください:

ドキュメントの動的データ検証3

動的データ検証リストを作成します。

4. テーブルの名前を定義したら、ドロップダウンリストを挿入するセルを選択して、[ 且つ > データ検証 > データ検証、スクリーンショットを参照してください:

ドキュメントの動的データ検証4

5。 とで データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブ、選択 リスト から 許可する セクションをクリックし、次の式を入力します。 =名前リスト (ネームリスト 手順3)でテーブルに作成した名前です。 ソース テキストボックス、スクリーンショットを参照:

ドキュメントの動的データ検証5

6。 次に、をクリックします OK ボタンをクリックすると、ドロップダウンリストが選択したセルに挿入されます。これ以降、ソースデータリストに新しい名前を入力すると、ドロップダウンリストにも自動的に追加されます。スクリーンショットを参照してください。

ドキュメントの動的データ検証6


矢印青い右バブル 動的データ検証を作成し、範囲名を定義してドロップダウンを自動拡張します

テーブルの作成を除いて、数式を使用して範囲名を定義することでこのタスクを完了することもできます。次の手順で実行してください。

1に設定します。 OK をクリックします。 > 名前を定義する、スクリーンショットを参照してください:

ドキュメントの動的データ検証7

2。 の中に 新しい名前 ダイアログボックスで、必要な名前リストとして名前を指定し、次の式を入力します。 = OFFSET(Sheet1!$ A $ 2,0,0、COUNTA(Sheet1!$ A:$ A)、1)を参照する テキストボックス、スクリーンショットを参照:

ドキュメントの動的データ検証8

注意:上記の式では、 Sheet1 ワークシート名にはデータリストが含まれています。 A2 データリストの最初のセルです。 A:A データリストがある列です。

3に設定します。 OK をクリックします。 OK ボタンをクリックしてから、 データ検証 クリックしてダイアログボックス 且つ > データ検証 > データ検証、で データ検証 ダイアログ、選択 リスト から 許可する セクションをクリックし、次の式を入力します。 =名前リスト (ネームリスト 手順2)で作成した名前です。 ソース テキストボックス、スクリーンショットを参照:

ドキュメントの動的データ検証9

4。 そして、 OK、これで、データリストに新しい名前を入力すると、ドロップダウンリストが自動的に拡張されます。 スクリーンショットを参照してください:

ドキュメントの動的データ検証10


最高のオフィス生産性ツール

Kutools for Excelはほとんどの問題を解決し、生産性を80%向上させます

  • 再利用: すばやく挿入 複雑な数式、チャート および以前に使用したものすべて。 セルを暗号化する パスワード付き。 メーリングリストを作成する そしてメールを送る...
  • スーパーフォーミュラバー (複数行のテキストと数式を簡単に編集できます); 読書レイアウト (多数のセルを簡単に読み取って編集する); フィルター範囲に貼り付け...
  • セル/行/列をマージする データを失うことなく; 分割セルコンテンツ; 重複する行/列を組み合わせる...重複セルを防止します。 範囲を比較する...
  • [複製]または[一意]を選択します 行; 空白行を選択 (すべてのセルは空です); スーパーファインドとファジーファインド 多くのワークブックで; ランダム選択...
  • 正確なコピー 数式参照を変更せずに複数のセル。 参照の自動作成 複数のシートに; 箇条書きを挿入、チェックボックスなど...
  • テキストを抽出、テキストの追加、位置による削除、 スペースを削除する; ページング小計の作成と印刷。 セルの内容とコメントを変換する...
  • スーパーフィルター (フィルタースキームを保存して他のシートに適用します); 高度な並べ替え 月/週/日、頻度など。 特殊フィルター 太字、斜体...
  • ワークブックとワークシートを組み合わせる; キー列に基づいてテーブルをマージします。 データを複数のシートに分割; xls、xlsx、PDFをバッチ変換...
  • 300以上の強力な機能。 Office / Excel2007-2019および365をサポートします。すべての言語をサポートします。 企業や組織に簡単に導入できます。 全機能30日間の無料トライアル。 60日間の返金保証。
kteタブ201905

Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性が50%向上し、毎日何百ものマウスクリックが減ります。
officetab下部
コメントを並べ替える
コメント (9)
5の5を評価 · 1の評価
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
このオフセット関数全体を作成するよりも、テーブルを使用する方が簡単だと思います。 ただし、テーブルをデータ検証ソースとして直接使用することはできないため、Table [Column]を参照する名前を作成し、データ検証リストで名前を指定する必要があります。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
私はあなたが大好きです!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
「動的データ検証の作成と範囲名の定義によるドロップダウンの自動拡張」のステップ4で、「ソースは現在エラーと評価されています」と表示されます。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
解決策は、ステップ1でSheet2ではなくMyListsなどのシートの名前を入力することでした。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
情報をありがとう-ちょうど私が探していたもの!!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
ドロップボックスを使用してダイナミックレンジを作成し、グラフ化するデータ範囲を(データを削除したり非表示にしたりせずに)拡大および縮小する方法を知っていますか? 私は一人だけがこれをしているのを見たことがあります。 https://youtu.be/sHfWRb2yUrM
残念ながら、私はこれをMacで行う必要があります。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
これをありがとう。 本当に役に立ちました
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
どうもありがとうございました、それは同時に非常に強力でシンプルなソリューションです。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
ありがとうございました!
5の5を評価
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所