メインコンテンツへスキップ

動的データ検証を作成し、ドロップダウンを自動的に拡張するにはどうすればよいですか?

通常、ワークシートにドロップダウンリストを作成する場合、新しいデータが動的に入力されてもドロップダウンリストは変更されません。この場合、リストを手動で拡張するには、ソースデータを変更する必要があります。 この記事では、データ検証を動的に行い、新しいデータが入力されたときにドロップダウンリストを自動拡張する方法を紹介します。

動的データ検証を作成し、テーブルを作成してドロップダウンを自動拡張します

動的データ検証を作成し、範囲名を定義してドロップダウンを自動拡張します


矢印青い右バブル 動的データ検証を作成し、テーブルを作成してドロップダウンを自動拡張します

動的データ検証リストを作成するには、最初にテーブルを作成してから、データ検証機能を適用します。 次のようにしてください。

ソースデータリストのテーブル形式を作成します。

1。 ドロップダウンリストのソースデータとして使用するデータリストを選択し、[ インセット > 、飛び出した テーブルの作成 ダイアログ、チェック 私のテーブルにはヘッダーがあります データリストにヘッダーがある場合は、スクリーンショットを参照してください。

ドキュメントの動的データ検証1

2。 次に、をクリックします OK ボタンをクリックすると、テーブルが作成されました。スクリーンショットを参照してください。

ドキュメントの動的データ検証2

テーブルの範囲名を定義します。

3。 次に、ヘッダーを無視して作成したテーブルを選択し、このテーブルの名前を お名前 ボックス、プレス 入力します キー、スクリーンショットを参照してください:

ドキュメントの動的データ検証3

動的データ検証リストを作成します。

4. テーブルの名前を定義したら、ドロップダウンリストを挿入するセルを選択して、[ 且つ > データ検証 > データ検証、スクリーンショットを参照してください:

ドキュメントの動的データ検証4

5。 とで データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブ、選択 リスト 次を許可します。 セクションをクリックし、次の式を入力します。 =名前リスト (ネームリスト 手順3)でテーブルに作成した名前です。 ソース テキストボックス、スクリーンショットを参照:

ドキュメントの動的データ検証5

6。 次に、をクリックします OK ボタンをクリックすると、ドロップダウンリストが選択したセルに挿入されます。これ以降、ソースデータリストに新しい名前を入力すると、ドロップダウンリストにも自動的に追加されます。スクリーンショットを参照してください。

ドキュメントの動的データ検証6


矢印青い右バブル 動的データ検証を作成し、範囲名を定義してドロップダウンを自動拡張します

テーブルの作成を除いて、数式を使用して範囲名を定義することでこのタスクを完了することもできます。次の手順で実行してください。

1に設定します。 OK をクリックします。 > 名前を定義する、スクリーンショットを参照してください:

ドキュメントの動的データ検証7

2。 の中に 新しい名前 ダイアログボックスで、必要な名前リストとして名前を指定し、次の式を入力します。 = OFFSET(Sheet1!$ A $ 2,0,0、COUNTA(Sheet1!$ A:$ A)、1)を参照する テキストボックス、スクリーンショットを参照:

ドキュメントの動的データ検証8

Note:上記の式では、 Sheet1 ワークシート名にはデータリストが含まれています。 A2 データリストの最初のセルです。 A:A データリストがある列です。

3に設定します。 OK をクリックします。 OK ボタンをクリックしてから、 データ検証 クリックしてダイアログボックス 且つ > データ検証 > データ検証、で データ検証 ダイアログ、選択 リスト 次を許可します。 セクションをクリックし、次の式を入力します。 =名前リスト (ネームリスト 手順2)で作成した名前です。 ソース テキストボックス、スクリーンショットを参照:

ドキュメントの動的データ検証9

4。 そして、 OK、これで、データリストに新しい名前を入力すると、ドロップダウンリストが自動的に拡張されます。 スクリーンショットを参照してください:

ドキュメントの動的データ検証10

最高のオフィス生産性向上ツール

人気の機能: 重複を検索、強調表示、または識別する   |  空白行を削除する   |  データを失わずに列またはセルを結合する   |   数式なしのラウンド ...
スーパールックアップ: 複数の基準の VLookup    複数の値の VLookup  |   複数のシートにわたる VLookup   |   ファジールックアップ ....
詳細ドロップダウン リスト: ドロップダウンリストを素早く作成する   |  依存関係のドロップダウン リスト   |  複数選択のドロップダウンリスト ....
列マネージャー: 特定の数の列を追加する  |  列の移動  |  Toggle 非表示列の表示ステータス  |  範囲と列の比較 ...
注目の機能: グリッドフォーカス   |  デザインビュー   |   ビッグフォーミュラバー    ワークブックとシートマネージャー   |  リソースライブラリ (自動テキスト)   |  日付ピッカー   |  ワークシートを組み合わせる   |  セルの暗号化/復号化    リストごとにメールを送信する   |  スーパーフィルター   |   特殊フィルター (太字/斜体/取り消し線をフィルター...) ...
上位 15 のツールセット12 テキスト 工具 (テキストを追加, 文字を削除する、...)   |   50+ チャート 種類 (ガントチャート、...)   |   40+ 実用的 (誕生日に基づいて年齢を計算する、...)   |   19 挿入 工具 (QRコードを挿入, パスから画像を挿入、...)   |   12 変換 工具 (数字から言葉へ, 通貨の換算、...)   |   7 マージ&スプリット 工具 (高度な結合行, 分割セル、...)   |   ... もっと

Kutools for Excel で Excel スキルを強化し、これまでにない効率を体験してください。 Kutools for Excelは、生産性を向上させ、時間を節約するための300以上の高度な機能を提供します。  最も必要な機能を入手するにはここをクリックしてください...

kteタブ201905


Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
Comments (10)
Rated 5 out of 5 · 1 ratings
This comment was minimized by the moderator on the site
There is a nice new method when using a spill function like: =UNIQUE()
With this you can easily create a UNIQUE list of your current dataset.

When this formula is is in cell A2. Then use in the data validation source field the following: =A2#

This will automatically update the range without a blank row.
This comment was minimized by the moderator on the site
Thank you !
Rated 5 out of 5
This comment was minimized by the moderator on the site
Thank you very much, it is very powerful and simple solution at the same time.
This comment was minimized by the moderator on the site
thanks for this. Really helpful
This comment was minimized by the moderator on the site
Do you know how to create a dynamic range using drop boxes to expand and contract the data range to be graphed (without deleting any data or hiding it)? I've only seen one person do this. https://youtu.be/sHfWRb2yUrM
Unfortunately I need to do this on a mac.
This comment was minimized by the moderator on the site
Thansk for the info - just what I was looking for!!
This comment was minimized by the moderator on the site
I get "The source currently evaluates to an error" on Step 4 of "Create Dynamic Data Validation And Auto Extend The Drop Down By Defining Range Name"
This comment was minimized by the moderator on the site
Solution was to put name of the sheet, e.g. MyLists, rather than Sheet1 in Step 2
This comment was minimized by the moderator on the site
I LOVE YOU!
This comment was minimized by the moderator on the site
I find it is more simple to use a Table than write this whole Offset function. However since a Table cannot be used directly as a data validation source, I have to create a Name that refers to the Table[Column], and point the data validation list to the Name.
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations