Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Excelで日付を1か月、1年、または7日インクリメントするにはどうすればよいですか?

自動入力ハンドルは、Excelで日付を昇順または降順で入力するときに便利です。 ただし、デフォルトでは、日付は1日増加します。下のスクリーンショットに示すように、日付を1か月、7年、またはXNUMX日増加させるにはどうすればよいですか。
月1によるドキュメント増分日

フィルシリーズユーティリティを使用して、月/年/ 7日ごとに日付をインクリメントします

式を使用して、現在までの月/年/日を追加します

Kutools forExcelで現在までの月/年/日を追加良いアイデア3


フィルシリーズユーティリティを使用して、月/年/ 7日ごとに日付をインクリメントします

塗りつぶしシリーズユーティリティを使用すると、日付を1か月、1年、またはXNUMX週間ずつ増やすことができます。

1.空白のセルを選択し、開始日を入力します。
月2によるドキュメント増分日

2.開始日を含む範囲を選択し、をクリックします ホーム > 埋める > ラインナップ。 スクリーンショットを参照してください:

月3によるドキュメント増分日 月4によるドキュメント増分日

3。 の中に ラインナップ ダイアログで、次のオプションを実行します。
月5によるドキュメント増分日

1)入力範囲を行または列で区切ります

2)タイプセクションで日付を確認します

3)充填ユニットを選択します

4)増分値を指定します

4。 クリック OK。 そして、選択は月、年、または日ごとに日付が入力されています。
月1によるドキュメント増分日


式を使用して、現在までの月/年/日を追加します

XNUMXつまたは複数の日付に月、年、または日を追加する場合は、必要に応じて以下の式のいずれかを適用できます。

現在までの年数を追加します。たとえば、3年を追加します。次の式を使用してください。

= DATE(YEAR(A2)+ 3、MONTH(A2)、DAY(A2))
月6によるドキュメント増分日

たとえば、現在までに2か月を追加するには、次の式を使用してください。

= EDATE(A2,2)
月6によるドキュメント増分日

= A2 + 60
月6によるドキュメント増分日

たとえば、現在までに2か月を追加するには、次の式を使用してください。

ヒント:

EDATE関数を使用して月を追加すると、結果は一般的な形式、シリーズ番号として表示されます。結果を日付としてフォーマットする必要があります。 


Kutools forExcelで現在までの月/年/日を追加

Kutools for Excel's 日付と時刻のヘルパー、 現在までの月、年、週、または日をすばやく追加できます。
日時ヘルパー

Kutools for Excel, 以上で 300 便利な機能は、あなたの仕事をより簡単にします。 

インストールした後 Kutools for Excel、以下のようにしてください:(今すぐExcel用のKutoolsを無料でダウンロードしてください!)

1.結果を配置する空白のセルを選択し、をクリックします クツール > フォーミュラヘルパー > 日付と時刻のヘルパー、 次に、必要に応じてリストからユーティリティをXNUMXつ選択します。 スクリーンショットを参照してください:
月8によるドキュメント増分日

2.次に、 日付と時刻のヘルパー ダイアログ、チェック 追加 オプションを選択し、年/月/日をのテキストボックスに追加する日付を選択します。 日付を入力するか、日付フォーマットセルを選択します セクションで、年、月、日、さらには週の数をに入力します 数値を入力するか、追加する値を含むセルを選択します セクション。 数式をプレビューして、結果を得ることができます Result セクション。 スクリーンショットを参照してください:
dockutools日時ヘルパー2

3。 クリック OK。 そして、この数式を使用するセルの上に塗りつぶしハンドルをドラッグします。 スクリーンショットを参照してください:
dockutools日時ヘルパー3 dockutools日時ヘルパー4

関連記事:


最高のオフィス生産性ツール

Kutools for Excelはほとんどの問題を解決し、生産性を80%向上させます

  • 再利用: すばやく挿入 複雑な数式、チャート および以前に使用したものすべて。 セルを暗号化する パスワード付き。 メーリングリストを作成する そしてメールを送る...
  • スーパーフォーミュラバー (複数行のテキストと数式を簡単に編集できます); 読書レイアウト (多数のセルを簡単に読み取って編集する); フィルター範囲に貼り付け...
  • セル/行/列をマージする データを失うことなく; 分割セルコンテンツ; 重複する行/列を組み合わせる...重複セルを防止します。 範囲を比較する...
  • [複製]または[一意]を選択します 行; 空白行を選択 (すべてのセルは空です); スーパーファインドとファジーファインド 多くのワークブックで; ランダム選択...
  • 正確なコピー 数式参照を変更せずに複数のセル。 参照の自動作成 複数のシートに; 箇条書きを挿入、チェックボックスなど...
  • テキストを抽出、テキストの追加、位置による削除、 スペースを削除する; ページング小計の作成と印刷。 セルの内容とコメントを変換する...
  • スーパーフィルター (フィルタースキームを保存して他のシートに適用します); 高度な並べ替え 月/週/日、頻度など。 特殊フィルター 太字、斜体...
  • ワークブックとワークシートを組み合わせる; キー列に基づいてテーブルをマージします。 データを複数のシートに分割; xls、xlsx、PDFをバッチ変換...
  • 300以上の強力な機能。 Office / Excel2007-2019および365をサポートします。すべての言語をサポートします。 企業や組織に簡単に導入できます。 全機能30日間の無料トライアル。 60日間の返金保証。
kteタブ201905

Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性が50%向上し、毎日何百ものマウスクリックが減ります。
officetab下部
コメントを並べ替える
コメント (8)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
今日()が29日または30日に発生した場合、数式は8月には機能しません... = DATE(YEAR(B8)、MONTH(B1)+8、DAY(B2-2))その日のXNUMXを引く
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
はい、月の日数が異なるため、数式を使用することにはいくつかの欠点があります。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
一ヶ月帰りたい
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、ガダ、1か月前に戻りたい場合は、数式で-1を使用します。たとえば、= DATE(YEAR(A1)、MONTH(A1)-1、DAY(A1))、A1は元のセルを含みます日付、-3は指定された日付からマイナス3か月です。XNUMXか月前に戻したい場合は、-XNUMXを使用します。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
私は上記の式を試しましたが、うまくいくことがわかりました。 ほとんどの場合、= DATE(YEAR(A1)、MONTH(A1)+ 1、DAY(A1))の問題は、すべての月の日数が同じではないことです。
たとえば、セルA1の日付は1年31月2020日です。 上記の式に従うと、次のようになります。= DATE(YEAR(A1)、MONTH(A1)+ 3、DAY(A1))
ただし、これにより5年1月2021日(31月にはXNUMX日がないため)、この問題を回避する方法(数式を意味する)はありますか?
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
あなたのリマイダーをありがとう、私は式を調整しました。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
12年12月01日に任命された人の任命日から2015年の日付を計算する必要があります
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
1番目のパラメーターXNUMXでEOMONTHを使用するだけです。これにより、翌月の月末が生成されます。 この記事は誤解を招く恐れがあります。
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所