メインコンテンツへスキップ

Excelでミリ秒単位の時間差を計算する方法は?

作者: サン 最終更新日:2020年05月27日

時間差を計算することは、私たちの毎日のExcelルーチンの通常の仕事です。 ただし、この記事では、Excelでミリ秒単位の時間差を計算する方法について説明します。

ミリ秒単位の時差


ミリ秒単位の時差

一般式= B2-A2を使用すると、B2の値がA2より小さいときにエラー結果が得られます。ここでは、これを処理する式を紹介します。

結果を配置するセルを選択し、この数式を入力します = B2-A2 +(A2> B2)、 押す 入力します キーを押し、オートフィルハンドルをこの数式が必要なセルにドラッグします。 スクリーンショットを参照してください:
ミリ秒1のドキュメント時間差

先端:一般的な時間形式をミリ秒形式に変換する場合は、時間セルを右クリックして、 セルの書式設定 を有効にする セルの書式設定 ダイアログ、選択 カスタム セクションに カテゴリー 下のリスト タブをクリックし、これを入力します hh:mm:ss.000 テキストボックスに。 スクリーンショットを参照してください:
ミリ秒2のドキュメント時間差


Excelで日時に日/年/月/時/分/秒を簡単に追加

セルに日時形式のデータがあり、この日付に日、年、月、時間、分、または秒の数を追加する必要があるとします。 通常、数式を使用することはすべてのExcelユーザーにとって最初の方法ですが、すべての数式を覚えるのは困難です。 と Kutools for Excelさん 日付と時刻のヘルパー ユーティリティを使用すると、日付時刻に日、年、月、または時間、分、秒を簡単に追加できます。さらに、数式をまったく覚えていなくても、特定の誕生日に基づいて日付の差や年齢を計算できます。 クリックすると、30 日間の全機能を無料で試用できます。
doc追加時間分秒
 
Kutools for Excel:300を超える便利なExcelアドインがあり、30日以内に制限なしで無料で試すことができます。

関連記事:

最高のオフィス生産性向上ツール

🤖 Kutools AI アシスタント: 以下に基づいてデータ分析に革命をもたらします。 インテリジェントな実行   |  コードを生成  |  カスタム数式の作成  |  データを分析してグラフを生成する  |  Kutools関数を呼び出す...
人気の機能: 重複を検索、強調表示、または識別する   |  空白行を削除する   |  データを失わずに列またはセルを結合する   |   数式なしのラウンド ...
スーパールックアップ: 複数の基準の VLookup    複数の値の VLookup  |   複数のシートにわたる VLookup   |   ファジールックアップ ....
詳細ドロップダウン リスト: ドロップダウンリストを素早く作成する   |  依存関係のドロップダウン リスト   |  複数選択のドロップダウンリスト ....
列マネージャー: 特定の数の列を追加する  |  列の移動  |  Toggle 非表示列の表示ステータス  |  範囲と列の比較 ...
注目の機能: グリッドフォーカス   |  デザインビュー   |   ビッグフォーミュラバー    ワークブックとシートマネージャー   |  リソースライブラリ (自動テキスト)   |  日付ピッカー   |  ワークシートを組み合わせる   |  セルの暗号化/復号化    リストごとにメールを送信する   |  スーパーフィルター   |   特殊フィルター (太字/斜体/取り消し線をフィルター...) ...
上位 15 のツールセット12 テキスト ツール (テキストを追加, 文字を削除する、...)   |   50+ チャート 種類 (ガントチャート、...)   |   40+ 実用的 (誕生日に基づいて年齢を計算する、...)   |   19 挿入 ツール (QRコードを挿入, パスから画像を挿入、...)   |   12 変換 ツール (数字から言葉へ, 通貨の換算、...)   |   7 マージ&スプリット ツール (高度な結合行, 分割セル、...)   |   ... もっと

Kutools for Excel で Excel スキルを強化し、これまでにない効率を体験してください。 Kutools for Excelは、生産性を向上させ、時間を節約するための300以上の高度な機能を提供します。  最も必要な機能を入手するにはここをクリックしてください...

Description


Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
Comments (3)
Rated 5 out of 5 · 1 ratings
This comment was minimized by the moderator on the site
Ola, fiquei muito contente ao encontrar seu conteudo, mesmo com o seu passo a passo sobre milesimos de segundos nao consegui o resultado desejado, entao decidi fazer uma experiencia com seu proprio exemplo e pra minha surpresa o resultado tambem nao foi satisfatorio. Usei este exemplo existente na parte superior deste conteudo: = B2-A2 + (A2> B2). O que estou buscando saber, qual o tempo decorrido entre 58.343 e 1:22.738. Aguardo, agradeço por qualquer informaçao e desejo sucesso em seus eventos.
Rated 5 out of 5
This comment was minimized by the moderator on the site
Hi, Jorge Costa, I have tested the formula for your provided data, it works correctly(please make sure that the format of the data you entered is correctly hh:mm:ss.000), please see the screenshot:
https://www.extendoffice.com/images/stories/comments/sun-comment/doc-difference-between-milliseconds.png

Note: If you are in Portuguese Excel version, the cell format maybe in somewhat different.
This comment was minimized by the moderator on the site
Thankyou for this article!
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations