メインコンテンツへスキップ

Excelのピボットテーブルで中央値を計算する方法は?

たとえば、以下のスクリーンショットに示すように、飲み物の販売量を統計するためのピボットテーブルを作成しました。 次に、各飲み物の中央値をピボットテーブルに追加しますか? この記事はあなたのための解決策を紹介します。

Excelピボットテーブルで中央値を計算する


Excelピボットテーブルで中央値を計算する

この方法では、ソースデータの中央値に関するヘルパー列を追加してから、中央値フィールドをピボットテーブルに簡単に追加できます。

1。 ソースデータの横に空白の列を挿入し、次のように入力します 中央値 列名として、式を入力します =MEDIAN(IF($B$2:$B$31=B2,$C$2:$C$31)) 中央値列の最初のセルに入力し、を押します Ctrlキー + シフト + 入力します キーを合わせて、最後にオートフィルハンドルをドラッグして列全体に入力します。 スクリーンショットを参照してください:

2。 ピボットテーブルで任意のセルを選択して、 ピボットテーブルツール、[OK]をクリックします 解析 (または オプション)> データソースの変更 > データソースの変更。 スクリーンショットを参照してください:

3。 [ピボットテーブルデータソースの変更]ダイアログボックスで、で新しいソースデータを指定します。 テーブル/範囲 ボックスをクリックし、 OK ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

4。 今すぐ 中央値 に提出された ピボットテーブルフィールド ペイン、ドラッグしてください 中央値 フィールドを 価値観 セクション。 スクリーンショットを参照してください:

5。 の中に 価値観 セクションをクリックしてください 中央値 フィールド、および選択 値フィールド設定 ドロップダウンリストにあります。 スクリーンショットを参照してください:

6。 [値フィールドの設定]ダイアログボックスで、[ 平均 セクションに 値フィールドを次のように要約します 下のリスト 値を要約する タブで、フィールド名の名前を次のように変更します  中央値 (中央値の前にスペースがあります) カスタム名 ボックスをクリックし、 OK ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

これで、各行ラベルの中央値がピボットテーブルに追加されたことがわかります。 スクリーンショットを参照してください:


関連記事:

最高のオフィス生産性向上ツール

人気の機能: 重複を検索、強調表示、または識別する   |  空白行を削除する   |  データを失わずに列またはセルを結合する   |   数式なしのラウンド ...
スーパールックアップ: 複数の基準の VLookup    複数の値の VLookup  |   複数のシートにわたる VLookup   |   ファジールックアップ ....
詳細ドロップダウン リスト: ドロップダウンリストを素早く作成する   |  依存関係のドロップダウン リスト   |  複数選択のドロップダウンリスト ....
列マネージャー: 特定の数の列を追加する  |  列の移動  |  Toggle 非表示列の表示ステータス  |  範囲と列の比較 ...
注目の機能: グリッドフォーカス   |  デザインビュー   |   ビッグフォーミュラバー    ワークブックとシートマネージャー   |  リソースライブラリ (自動テキスト)   |  日付ピッカー   |  ワークシートを組み合わせる   |  セルの暗号化/復号化    リストごとにメールを送信する   |  スーパーフィルター   |   特殊フィルター (太字/斜体/取り消し線をフィルター...) ...
上位 15 のツールセット12 テキスト 工具 (テキストを追加, 文字を削除する、...)   |   50+ チャート 種類 (ガントチャート、...)   |   40+ 実用的 (誕生日に基づいて年齢を計算する、...)   |   19 挿入 工具 (QRコードを挿入, パスから画像を挿入、...)   |   12 変換 工具 (数字から言葉へ, 通貨の換算、...)   |   7 マージ&スプリット 工具 (高度な結合行, 分割セル、...)   |   ... もっと

Kutools for Excel で Excel スキルを強化し、これまでにない効率を体験してください。 Kutools for Excelは、生産性を向上させ、時間を節約するための300以上の高度な機能を提供します。  最も必要な機能を入手するにはここをクリックしてください...

kteタブ201905


Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
Comments (6)
Rated 5 out of 5 · 1 ratings
This comment was minimized by the moderator on the site
Great way to quickly solve it! Thank you so much!!!
Rated 5 out of 5
This comment was minimized by the moderator on the site
HOLA ME SALE #NA, QUE PUEDO HACER
This comment was minimized by the moderator on the site
Sugiro que o próximo tutorial seja sobre a diferença ente média (average) e mediana (median).Sugiro que o autor deste tutorial veja o tutorial que referi acima.
This comment was minimized by the moderator on the site
? you just renamed the column estupido
This comment was minimized by the moderator on the site
Thank you for the tip. Very clear concept - a matrix in each cell. Brillhant.
This comment was minimized by the moderator on the site
HI there!

Thanks for the great tips and ideas. really helpful!
in this line

"1. Insert a blank column beside the source data, type Median as column name, enter the formula =MEDIAN(IF($B$2:$B$31=B2,$C$2:$C$31)) into the first cell of the Median column, and press Ctrl + Shift + End keys together, and finally drag the AutoFill Handle to fill the whole column. See screenshot:"

...didn't you mean Ctrl+Shift+Enter?


thanks again,
Joe
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations