メインコンテンツへスキップ

Excelで複数の空白行または空の行をすばやく削除する4つの簡単な方法

ワークシートまたはワークブック全体で何百もの空白行を削除する必要がある場合は、イライラします。 ここでは、このチュートリアルで、このジョブを処理するためのいくつかの迅速な方法を段階的にリストします。


方法A:[特別に移動]コマンドを使用して空白行を削除します

次に、以下の手順に従って、[特別な行に移動]で空の行を削除してください。

1.空白行を削除する範囲を選択し、をクリックします ホーム タブ、次に 編集 グループをクリック 検索と選択 > 特別に行く.
docは空白行2を削除します

2。 の中に 特別に行く ダイアログ、チェック ブランク オプションを選択します。
docは空白行3を削除します

3。 クリック OK、これで、選択範囲内のすべての空白セルが選択されました。
docは空白行4を削除します

4。 クリック ホーム タブの 細胞 グループをクリック 削除 > シートの行を削除する.
docは空白行5を削除します

これで、空白のセルのある行が削除されました。
docは空白行6を削除します

注:

[特別に移動]コマンドを使用して空白行を削除すると、致命的なフローが発生します。
以下のスクリーンショットに示すように、すべての行に空白のセルが含まれています(行に空白のセルがXNUMXつ含まれ、他の列にデータが含まれている場合でも)。

docは空白行1を削除します


あなたは昇給と家族と一緒に多くの時間を過ごしたいですか?

Officeタブは、現在作業中のMicrosoft Officeで効率を50%向上させます

信じられないほど、XNUMXつ以上のドキュメントで作業する方が、XNUMXつで作業するよりも簡単で高速です。

よく知られているブラウザと比較して、Officeタブのタブ付きツールはより強力で効率的です。

毎日何百ものマウスクリックとキーボード入力を減らして、今すぐマウスの手に別れを告げましょう。

通常、複数のドキュメントで作業する場合は、Officeタブを使用すると時間を大幅に節約できます。

30日間の無料トライアル、クレジットカードは必要ありません。

続きを読む今すぐダウンロード


方法B:Kutoolsを使用して範囲/シート/ワークブックの空白行を削除します

選択範囲、アクティブシート、選択したシート、またはブック全体の空白行をすべて間違って削除せずにすばやく簡単に削除したい場合は、 空白行を削除する のツール Kutools for Excel、VBAコードとヘルパー列なしでワンクリックでジョブを処理できます。

ただし、このツールを使用する前に、次のことを行う必要があります。 Kutools forExcelの無料インストール 最初に。

クツール > 削除 > 空白行を削除する、次にサブドロップダウンリストで、必要に応じてXNUMXつの操作を選択します。
docは空白行17を削除します

デモ:ワンクリックですべての空白行を削除します


方法C:VBAコードで空白行を削除する

1。 押す Altキー+ F11 有効にするキー アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2。 クリック インセット > モジュール 新しい モジュール スクリプト、以下のコードをコピーしてスクリプトに貼り付けます。

VBA:空の行を削除します

Sub DeleteBlankRows()
'Update 20190107
Dim Rng As Range
Dim WorkRng As Range
On Error Resume Next
xTitleId = "KutoolsforExcel"
Set WorkRng = Application.Selection
Set WorkRng = Application.InputBox("Range", xTitleId, WorkRng.Address, Type:=8)
xRows = WorkRng.Rows.Count
Application.ScreenUpdating = False
For I = xRows To 1 Step -1
    If Application.WorksheetFunction.CountA(WorkRng.Rows(I)) = 0 Then
        WorkRng.Rows(I).EntireRow.Delete XlDeleteShiftDirection.xlShiftUp
    End If
Next
Application.ScreenUpdating = True
End Sub

docは空白行7を削除します

3。 押す F5 キーを押してコードを実行し、ポップの空白行を削除するために使用する範囲を選択します Kutools for Excel ダイアログ。
docは空白行8を削除します

4。 クリック OK。 これで、選択した空の行が削除されました。
docは空白行9を削除します

注:

このVBAコードを使用すると、ワークシート全体ではなく範囲内の空白行を削除することをお勧めします。そうしないと、MicrosoftExcelが動かなくなる可能性があります。


方法D:ヘルパー列とフィルター機能を使用して空白行を削除します

1.データ範囲の前にXNUMXつの列を挿入し、インスタンスとして列Aを挿入してから、この数式を入力します = B3&C3&D3 row3のデータを結合するためにA3に挿入します。スクリーンショットを参照してください。

先端:列B3から列Nにまたがるデータの場合、数式を= B3&C3&D3&E3&…&N3に調整します。
docは空白行10を削除します

2.次に、自動入力ハンドルを下にドラッグして、数式をセルに入力します。
docは空白行11を削除します

3。 次に、をクリックします 且つ > フィルタ.
docは空白行12を削除します

4.次に、 フィルタアイコン ヘルパー列で、チェックしてください ブランク ドロップダウンリストのオプションのみ。 スクリーンショットを参照してください:
docは空白行13を削除します

5。 クリック OK、すべての空白行が除外されました。
docは空白行14を削除します

6.フィルタリングされた行を選択し、をクリックします ホーム > 削除 > シートの行を削除する 空白行を削除します。
docは空白行15を削除します

7。 次に、をクリックします 且つ > フィルタ 再び無効にする フィルタ 機能。
docは空白行16を削除します

注意:

方法Aおよび方法Cと比較すると、この方法では空白行を正確に削除でき、すべてのExcelユーザーにとって扱いやすいです。 ただし、データに数十の列がある場合、この方法は少し面倒です。


相対操作:XNUMX行おきに空白行を挿入します

以下のスクリーンショットに示すように、場合によっては、範囲のXNUMX行おきに空白行を挿入したいことがあります。
docは空白行18を削除します

この場合、あなたは適用することができます 空白の行と列を挿入する このジョブをすばやく処理するためのKutoolsforExcelのユーティリティ。

1. XNUMX行おきに空白の行または列を挿入する範囲を選択し、[ クツール > インセット > 空白の行と列を挿入する.
docは空白行19を削除します

2。 の中に 空白の行と列を挿入する ダイアログ、チェック 空白行 or 空白の列 必要に応じてオプション 挿入タイプ セクション、その後、 オプション セクションで、 の間隔 > /コラム.
docは空白行20を削除します

3。 クリック Ok、選択範囲のXNUMX行おきに空白行が挿入されています。

デモ:空白の行と列を挿入する


サンプルファイルをダウンロードする

サンプルクリックしてサンプルファイルをダウンロード

最高のオフィス生産性向上ツール

人気の機能: 重複を検索、強調表示、または識別する   |  空白行を削除する   |  データを失わずに列またはセルを結合する   |   数式なしのラウンド ...
スーパールックアップ: 複数の基準の VLookup    複数の値の VLookup  |   複数のシートにわたる VLookup   |   ファジールックアップ ....
詳細ドロップダウン リスト: ドロップダウンリストを素早く作成する   |  依存関係のドロップダウン リスト   |  複数選択のドロップダウンリスト ....
列マネージャー: 特定の数の列を追加する  |  列の移動  |  Toggle 非表示列の表示ステータス  |  範囲と列の比較 ...
注目の機能: グリッドフォーカス   |  デザインビュー   |   ビッグフォーミュラバー    ワークブックとシートマネージャー   |  リソースライブラリ (自動テキスト)   |  日付ピッカー   |  ワークシートを組み合わせる   |  セルの暗号化/復号化    リストごとにメールを送信する   |  スーパーフィルター   |   特殊フィルター (太字/斜体/取り消し線をフィルター...) ...
上位 15 のツールセット12 テキスト 工具 (テキストを追加, 文字を削除する、...)   |   50+ チャート 種類 (ガントチャート、...)   |   40+ 実用的 (誕生日に基づいて年齢を計算する、...)   |   19 挿入 工具 (QRコードを挿入, パスから画像を挿入、...)   |   12 変換 工具 (数字から言葉へ, 通貨の換算、...)   |   7 マージ&スプリット 工具 (高度な結合行, 分割セル、...)   |   ... もっと

Kutools for Excel で Excel スキルを強化し、これまでにない効率を体験してください。 Kutools for Excelは、生産性を向上させ、時間を節約するための300以上の高度な機能を提供します。  最も必要な機能を入手するにはここをクリックしてください...

kteタブ201905


Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
Comments (54)
No ratings yet. Be the first to rate!
This comment was minimized by the moderator on the site
excelente me sirvio el punto uno para 40000 registros en 1 seg
This comment was minimized by the moderator on the site
Great!!! This helps a lot.
This comment was minimized by the moderator on the site
VERY NICE, THANKS
This comment was minimized by the moderator on the site
:lol: Good to share! Thank you!
This comment was minimized by the moderator on the site
Very Helpful :-) it helped me to reconcile big report.
This comment was minimized by the moderator on the site
Guys I recently had this issue. I realised that the F5 special blanks wouldn't work because some of my columns had merged data sharing some rows... I just selected the columns needed and make sure the merge button was unselected. From there, the F5 special blanks select worked! Hope it helps someone.
This comment was minimized by the moderator on the site
This is simple VBA code to delete the entire rows based on particular column:- Sub DeleletBlankrows() Range("A1:A10000").SpecialCells(xlCellTypeBlanks).EntireRow.Delete End Sub
This comment was minimized by the moderator on the site
only usefull if you want to delete ANY row with ONE blank cell, not delete rows with ALL cells being blank. Isn't this titled "How to remove blank or empty rows in Excel?" not "How to remove rows with blank cells?"
This comment was minimized by the moderator on the site
Ah, no, actually. The whole purpose of the sort & filter routine I demonstrated is to take out ONLY rows that are entirely blank across. The inquirer did not want any row removed that had some data in it... only rows that were completely blank. And the problem with the BLANK command was that it took out ANY rows entirely that had even one blank cell, erasing the rest of the data on the same row. Try it. It does the opposite of what you stated in your first sentence.... it takes out only entire blank rows, and leaves ALL the remaining data intact.
This comment was minimized by the moderator on the site
When you select multiple columns, then go to Find & Select -> Go To Special and choose blanks, it will highlight every blank cell within that range. If you then proceed to Delete -> Delete Sheet Rows, it will delete all rows that had a blank cell selected. Go try it.
This comment was minimized by the moderator on the site
oh bro thankyou very very much .....
This comment was minimized by the moderator on the site
thanks a lot, it saved lot of time
There are no comments posted here yet
Load More
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations