メインコンテンツへスキップ

Excelで全画面表示に切り替える方法は?

この記事では、Excelで全画面モードを取得するXNUMXつの方法を比較します。これは、作業領域を柔軟に拡張するのに役立ちます。

ドキュメント-フルスクリーン1


矢印青い右バブル Excelのフルスクリーンモード

Excelの全画面モードでは、リボン、ステータスバー、および数式バーが非表示になります。

Excel 2007/2010では、をクリックします。 View タブをクリックして 全画面表示 [ブックビュー]グループ内。 スクリーンショットを参照してください:

ドキュメント-フルスクリーン2

Excel 2013では、をクリックします。 View タブをクリックし、のすべてのタイプのチェックを外します ショー 画面をいっぱいにするグループ。 スクリーンショットを参照してください:

ドキュメント-フルスクリーン3


矢印青い右バブル Kutools for Excelを使用して、全画面表示と他のXNUMX種類の画面表示に切り替えます

サードパーティのアドイン Kutools for Excel Excelの作業領域を最大化するための4つのオプションを取得するのに役立ちます。 オプションは、ウィンドウの右上のスペースにフローティングバーとして表示されます。 オプションは次のとおりです。

Kutools for Excel:300以上の便利なExcelアドインがあり、30日以内に制限なしで無料で試すことができます。 今すぐ入手

インストールした後 Kutools for Excel、を適用することで、すばやく全画面表示に切り替えることができます ワークエリア.

クリックしてユーティリティを適用してください クツール > View > ワークエリア。 スクリーンショットを参照してください:

ドキュメント-フルスクリーン4

クリックするとすぐに ワークエリア、Excelは、数式バー、ステータスバー、リボンを非表示にする全画面表示に切り替わります。スクリーンショットを参照してください。

ドキュメント-フルスクリーン5

Note:最後のアイコンをクリックすることもできます ドキュメント-フルスクリーン6 このタイプの画面ビューに切り替えます。

このタイプの画面ビューに加えて、適用することで他のXNUMXつのタイプの画面ビューに切り替えることもできます ワークエリア of Kutools for Excel.

XNUMX番目のアイコンをクリックしてステータスバーを非表示にします。スクリーンショットを参照してください。

ドキュメント-フルスクリーン7

XNUMX番目のアイコンをクリックして、ステータスバーと数式バーを非表示にします。スクリーンショットを参照してください。

ドキュメント-フルスクリーン8

このユーティリティを停止または終了する場合は、の最初のアイコンをクリックするだけです。 作業領域のサイズ、通常のビューに戻ります。

に関する詳細情報 ワークエリア、に行く 作業領域のサイズ.

最高のオフィス生産性向上ツール

人気の機能: 重複を検索、強調表示、または識別する   |  空白行を削除する   |  データを失わずに列またはセルを結合する   |   数式なしのラウンド ...
スーパールックアップ: 複数の基準の VLookup    複数の値の VLookup  |   複数のシートにわたる VLookup   |   ファジールックアップ ....
詳細ドロップダウン リスト: ドロップダウンリストを素早く作成する   |  依存関係のドロップダウン リスト   |  複数選択のドロップダウンリスト ....
列マネージャー: 特定の数の列を追加する  |  列の移動  |  Toggle 非表示列の表示ステータス  |  範囲と列の比較 ...
注目の機能: グリッドフォーカス   |  デザインビュー   |   ビッグフォーミュラバー    ワークブックとシートマネージャー   |  リソースライブラリ (自動テキスト)   |  日付ピッカー   |  ワークシートを組み合わせる   |  セルの暗号化/復号化    リストごとにメールを送信する   |  スーパーフィルター   |   特殊フィルター (太字/斜体/取り消し線をフィルター...) ...
上位 15 のツールセット12 テキスト 工具 (テキストを追加, 文字を削除する、...)   |   50+ チャート 種類 (ガントチャート、...)   |   40+ 実用的 (誕生日に基づいて年齢を計算する、...)   |   19 挿入 工具 (QRコードを挿入, パスから画像を挿入、...)   |   12 変換 工具 (数字から言葉へ, 通貨の換算、...)   |   7 マージ&スプリット 工具 (高度な結合行, 分割セル、...)   |   ... もっと

Kutools for Excel で Excel スキルを強化し、これまでにない効率を体験してください。 Kutools for Excelは、生産性を向上させ、時間を節約するための300以上の高度な機能を提供します。  最も必要な機能を入手するにはここをクリックしてください...

kteタブ201905


Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
Comments (4)
No ratings yet. Be the first to rate!
This comment was minimized by the moderator on the site
Alternatively, you could use the following code: Application.DisplayFullScreen = True this puts it into the old school full screen size Tie it to a button that floats if you want it everywhere as an option for presentations especially.
This comment was minimized by the moderator on the site
another way to show full screen. Go to File>Options> All commands> Add a new group to the left hand side options, then scroll down in the list on the right to Full Screen. Click add (with your group hi-lighted on the left). I didn't like how the 2013 options above still left the top row of options on the screen when I was presenting. This method removes those. To exit full Screen simply click Exit.
This comment was minimized by the moderator on the site
Office 2013 also has an option to hide the ribbon itself, which isn't mentioned here, there is a new icon in the right hand corner of the window next to the minimize/maximize/close buttons in the title bar for the window
This comment was minimized by the moderator on the site
This was always possible. Office 2013 now just has made an icon for it. Try double clicking on the tabs of the ribbon and watch in collapse :-) I know it also works in Office 2010, presumably even in Office 2007.
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations