Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

複数のブックファイル間で同時にマクロを実行するにはどうすればよいですか?

この記事では、複数のブックファイルを開かずに同時にマクロを実行する方法について説明します。 次の方法は、Excelでこのタスクを解決するのに役立ちます。

VBAコードを使用して複数のブックで同時にマクロを実行する


VBAコードを使用して複数のブックで同時にマクロを実行する

複数のブックを開かずにマクロを実行するには、次のVBAコードを適用してください。

1。 を押し続けます Alt + F11 キーを押して アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2に設定します。 OK をクリックします。 インセット > モジュール、次のマクロをに貼り付けます モジュール 窓。

VBAコード:複数のブックで同じマクロを同時に実行します。

Sub LoopThroughFiles()
    Dim xFd As FileDialog
    Dim xFdItem As Variant
    Dim xFileName As String
    Set xFd = Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker)
    If xFd.Show = -1 Then
        xFdItem = xFd.SelectedItems(1) & Application.PathSeparator
        xFileName = Dir(xFdItem & "*.xls*")
        Do While xFileName <> ""
            With Workbooks.Open(xFdItem & xFileName)
                'your code here
            End With
            xFileName = Dir
        Loop
    End If
End Sub

注意:上記のコードでは、独自のコードをコピーして貼り付けてください。 サブ 見出しと End Subの 間のフッター Workbooks.Open(xFdItem&xFileName)を使用 及び 最後に スクリプト。 スクリーンショットを参照してください:

docrunマクロ複数ファイル1

3。 次に、 F5 このコードを実行するためのキー、および ブラウズ ウィンドウが表示されたら、このマクロをすべて適用するワークブックを含むフォルダーを選択してください。スクリーンショットを参照してください。

docrunマクロ複数ファイル2

4. そして、 OK ボタンをクリックすると、目的のマクロがXNUMXつのワークブックから別のワークブックに一度に実行されます。

 


最高のオフィス生産性ツール

Kutools for Excelはほとんどの問題を解決し、生産性を80%向上させます

  • 再利用: すばやく挿入 複雑な数式、チャート および以前に使用したものすべて。 セルを暗号化する パスワード付き。 メーリングリストを作成する そしてメールを送る...
  • スーパーフォーミュラバー (複数行のテキストと数式を簡単に編集できます); 読書レイアウト (多数のセルを簡単に読み取って編集する); フィルター範囲に貼り付け...
  • セル/行/列をマージする データを失うことなく; 分割セルコンテンツ; 重複する行/列を組み合わせる...重複セルを防止します。 範囲を比較する...
  • [複製]または[一意]を選択します 行; 空白行を選択 (すべてのセルは空です); スーパーファインドとファジーファインド 多くのワークブックで; ランダム選択...
  • 正確なコピー 数式参照を変更せずに複数のセル。 参照の自動作成 複数のシートに; 箇条書きを挿入、チェックボックスなど...
  • テキストを抽出、テキストの追加、位置による削除、 スペースを削除する; ページング小計の作成と印刷。 セルの内容とコメントを変換する...
  • スーパーフィルター (フィルタースキームを保存して他のシートに適用します); 高度な並べ替え 月/週/日、頻度など。 特殊フィルター 太字、斜体...
  • ワークブックとワークシートを組み合わせる; キー列に基づいてテーブルをマージします。 データを複数のシートに分割; xls、xlsx、PDFをバッチ変換...
  • 300 以上の強力な機能. Office / Excel 2007-2021 および 365 をサポートします。すべての言語をサポートします。 企業や組織に簡単に導入できます。 フル機能の 30 日間無料トライアル。 60日間の返金保証。
kteタブ201905

Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
officetab下部

 

コメントを並べ替える
コメント (43)
4.5の5を評価 · 1の評価
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
非常に便利なマクロで、正常に動作しますが、そのフォルダーからマクロを実行するファイルを選択できるようにしたいですか? ファイルは別のフォルダーに自動的に生成されないため、そのフォルダーのファイルのセットごとに異なるマクロを実行してから、それらを最初のフォルダーに戻す必要があります。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
指示に従いましたが、コンパイルエラー「LoopwihtoutDo」が発生します。 私は何が欠けていますか? 私のマクロコードは非常に単純で、指定した行のフォントサイズを変更するだけです。 それ自体で動作します。 これが私が持っているものです...助けてください

サブLoopThroughFiles()
Dim xFd As FileDialog
バリアントとしての薄暗いxFdItem
Dim xFileName As String
xFd = Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker)を設定します
xFd.Show=-1の場合
xFdItem = xFd.SelectedItems(1)&Application.PathSeparator
xFileName = Dir(xFdItem& "* .xls *")
xFileName <> ""
Workbooks.Open(xFdItem&xFileName)を使用
'ここにあなたのコード
Rows( "2:8")。Select
Selection.Fontを使用
.Name ="Arial"
.サイズ = 12
.取り消し線 = False
.上付き文字 = False
.下付き文字 = False
.OutlineFont = False
.Shadow = False
.Underline = xlUnderlineStyleNone
.Color = -11518420
.TintAndShade = 0
.ThemeFont = xlThemeFontNone
最後に
xFileName = ディレクトリ
ループ
終了する場合
End Subの
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、ヤルト、
コードの最後にある「Endwith」スクリプトを見逃した場合、正しいスクリプトは次のようになります。
サブLoopThroughFiles()
Dim xFd As FileDialog
バリアントとしての薄暗いxFdItem
Dim xFileName As String
xFd = Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker)を設定します
xFd.Show=-1の場合
xFdItem = xFd.SelectedItems(1)&Application.PathSeparator
xFileName = Dir(xFdItem& "* .xls *")
xFileName <> ""
Workbooks.Open(xFdItem&xFileName)を使用
'ここにあなたのコード
Rows( "2:8")。Select
Selection.Fontを使用
.Name ="Arial"
.サイズ = 16
.取り消し線 = False
.上付き文字 = False
.下付き文字 = False
.OutlineFont = False
.Shadow = False
.Underline = xlUnderlineStyleNone
.Color = -11518420
.TintAndShade = 0
.ThemeFont = xlThemeFontNone
最後に
最後に
xFileName = ディレクトリ
ループ
終了する場合
End Subの

それを試してみてください、それがあなたを助けることができることを願っています!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
非常に便利なマクロで、うまく機能しますが、そのフォルダーからマクロを実行するファイルを選択できるようにしたいですか? たとえば、他のExcelファイルと一緒にフォルダに4つのファイルがあり、それらの4つの特定のファイルでのみ実行したいとします。 マクロを微調整して、そのフォルダーから4つのファイルを選択できるようにするにはどうすればよいですか?
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、ジョエル、
特定のワークブックで同じコードをトリガーするには、次のコードを適用する必要があります。

サブLoopThroughFiles()
Dim xFd As FileDialog
バリアントとしての薄暗いxFdItem
Dim xFileName As String
文字列としての薄暗いxFB
Application.FileDialog(msoFileDialogOpen)を使用
.AllowMultiSelect = True
.フィルター.クリア
.Filters.Add "excel"、 "* .xls *"
。見せる
.SelectedItems.Count <1の場合、Subを終了します
lngCount=1の場合.SelectedItems.Countへ
xFileName = .SelectedItems(lngCount)
If xFileName <> "" Then
Workbooks.Open(Filename:= xFileName)を使用
'あなたのコード
最後に
終了する場合
次のlngCount
最後に
End Subの

それを試してみてください、それがあなたを助けることができることを願っています!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
ありがとう、本当に役に立ちました
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは!

コードを自分のコードに挿入しようとすると、マクロを実行すると、次のメッセージが表示されます。実行時エラー「429」:ActiveXはオブジェクトを作成できません。 修正方法を教えてください。 ありがとうございました!

私のコード:

RInput = Range( "A2:A21")を設定します
ROutput = Range( "D2:D22")を設定します

バリアントとしての薄暗いA()
ReDim A(1 To RInput.Rows.Count、0)
A = RInput.Value2

Set d = CreateObject( "Scripsting.Dictionary")

i = 1の場合UBound(A)へ
d.Exists(A(i、1))の場合
d(A(i、1))= d(A(i、1))+ 1

d.A(i、1)、1を追加します
終了する場合
次へ
i = 1の場合UBound(A)へ
A(i、1)= d(A(i、1))
次へ

R 出力 = A
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、最初にこのマクロをありがとう、それはまさに私が探していたものでした。 ただし、問題がXNUMXつあります。ウィンドウが完了するたびに、ウィンドウを閉じて保存する方法があります。 大量のファイルがあり、実行が完了する前にRAMが不足しています。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
はい、同じ名前でファイルを保存したい場合は、以下のコードを追加してください。

'ワークブックの保存
ActiveWorkbook.Save
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、ケイトリン、
以下のコードが役立つかもしれません。特定のコードを実行した後、ファイルの保存プロンプトボックスが表示され、ブックを保存するように通知されます。

サブLoopThroughFiles()
Dim xFd As FileDialog
バリアントとしての薄暗いxFdItem
Dim xFileName As String
ワークブックとしての薄暗いxWB
xFd = Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker)を設定します
xFd.Show=-1の場合
xFdItem = xFd.SelectedItems(1)&Application.PathSeparator
xFileName = Dir(xFdItem& "* .xls *")
エラーで次の再開
xFileName <> ""
xWB = Workbooks.Open(xFdItem&xFileName)を設定します
xWBを使用
'ここにあなたのコード
最後に
xWB.閉じる
xFileName = ディレクトリ
ループ
終了する場合
End Subの
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは!

コードを自分のコードに挿入しようとすると、マクロを実行すると、次のメッセージが表示されます。実行時エラー「429」:ActiveXはオブジェクトを作成できません。 修正方法を教えてください。 ありがとうございました!

私のコード:

RInput = Range( "A2:A21")を設定します
ROutput = Range( "D2:D22")を設定します

バリアントとしての薄暗いA()
ReDim A(1 To RInput.Rows.Count、0)
A = RInput.Value2

Set d = CreateObject( "Scripsting.Dictionary")

i = 1の場合UBound(A)へ
d.Exists(A(i、1))の場合
d(A(i、1))= d(A(i、1))+ 1

d.A(i、1)、1を追加します
終了する場合
次へ
i = 1の場合UBound(A)へ
A(i、1)= d(A(i、1))
次へ

R 出力 = A
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、

私はこのマクロをうまく使用して、それぞれが独自の本を持っている30チームのNBAファイルをフォーマットしました。 昨日、モジュール(マクロ)を完了、削除、編集(保存)できないというエラーメッセージが表示されました。 それは私の個人的なマクロワークブックを破壊し、Excelを事実上使用できなくしました。 任意のファイルからマクロにアクセスしようとするたびにアプリがクラッシュします。 ExcelサポートとWindowsサポートは問題を修正することができませんでした。 手伝ってくれますか?
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、スクリプト自体でファイルの宛先を定義する方法はありますか? 特定のフォルダを参照する必要があるプロセス3をスキップしたいと思います。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、このコードをありがとう。 すべてのワークブックをXNUMX枚のシートで開いたマクロの結果(各ワークブックを続けて実行した結果)を取得するにはどうすればよいですか? 前の手順のデータを使用して、各ワークブックの名前を行に追加する方法はありますか?
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
Hi

1004ランタイムエラーが発生しました:次のコードを実行したときに構文が正しくありません。ExtendOfficeVBAは、ExtendOfficeVBAで「すべての名前付き範囲を削除する」を使用して「VBAコードを使用して複数のワークブック間でマクロを同時に実行する」コードスロットを挿入する「VBAコード付き」:

サブLoopThroughFiles()

Dim xFd As FileDialog

バリアントとしての薄暗いxFdItem

Dim xFileName As String

xFd = Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker)を設定します

xFd.Show=-1の場合

xFdItem = xFd.SelectedItems(1)&Application.PathSeparator

xFileName = Dir(xFdItem& "* .xls *")

xFileName <> ""

Workbooks.Open(xFdItem&xFileName)を使用

'サブDeleteNames()

'更新20140314

名前としての薄暗いxName

Application.ActiveWorkbook.Namesの各xNameについて

xName.Delete

次へ


最後に

xFileName = ディレクトリ

ループ

終了する場合

End Subの

私がやろうとしているのは、同じフォルダーに含まれているXNUMXつのブックの名前付き範囲を削除するマクロを実行することです。

ところで、Extend Officeの何かを使用したのはこれが初めてで、機能しません。 このウェブサイトは私にとって非常に役に立ちました。

提案/コメントをいただければ幸いです。

アルド
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、aldc、
あなたのコードは私のワークブックでうまく機能しますが、どのExcelバージョンを使用していますか?
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、このコードはとても良くて便利です。 よく使う!

現在、私の組織では、SharePointを使用してファイルを保存しています。 このコードをSharePointフォルダー内のすべてのファイルで機能させる方法はありますか?
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、このコードをありがとうございます。
サブフォルダもループする方法はありますか? たとえば、XNUMXつのフォルダーがあり、そのフォルダー内にさらにXNUMX個のフォルダーがあり、それぞれにExcelファイルが含まれているとします。

コードがすべてのサブフォルダーを通過するように、プライマリフォルダーを選択する方法はありますか?

ありがとうございました。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、Darko、サブフォルダーのあるフォルダーからコードを実行するには、次のコードを適用してください。 Sub LoopThroughFiles_Subfolders(xStrPath As String)
薄暗いxSFolderName
Dim xFileName
Dim xArrSFPath()As String
Dim xI As Integer
xStrPath = ""の場合、Subを終了します
xFileName = Dir(xStrPath& "* .xls *")
xFileName <> ""
Workbooks.Open(xStrPath&xFileName)を使用
'ここにあなたのコード
最後に
xFileName = ディレクトリ
ループ
xSFolderName = Dir(xStrPath、vbDirectory)
xI = 0
ReDim xArrSFPath(0)
xSFolderName <> ""
xSFolderName<>"。"の場合そしてxSFolderName<>".."次に
If(GetAttr(xStrPath&xSFolderName)And vbDirectory)= vbDirectory Then
xI = xI + 1
ReDim Preserve xArrSFPath(xI)
xArrSFPath(xI --1)= xStrPath&xSFolderName& "\"
終了する場合
終了する場合
xSFolderName = Dir
ループ
UBound(xArrSFPath)>0の場合
xI = 0の場合UBound(xArrSFPath)へ
LoopThroughFiles_Subfolders(xArrSFPath(xI))
次のxI
終了する場合
End Subの
サブLoopThroughFiles()
Dim xFd As FileDialog
バリアントとしての薄暗いxFdItem
Dim xFileName As String
xFd = Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker)を設定します
xFd.Show=-1の場合
xFdItem = xFd.SelectedItems(1)&Application.PathSeparator
LoopThroughFiles_Subfolders(xFdItem)
終了する場合
終了サブ試してみてください、それがあなたを助けることができることを願っています!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
上記のコードに加えて、私が望む時系列でExcelファイルを開くことは可能ですか?
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、マクロをありがとうございました。操作するのにとても便利です。 マクロを介してonedriveのフォルダーを更新する方法があるかどうか疑問に思っていました。 はいの場合、マクロスクリプトを使用してonedriveのファイルを更新するためにここで何ができるか教えてください。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、このスクリプトに感謝します。私は非常にうまく機能しますが、特別なニーズがあります。ファイル名条件とサブフォルダーにコードを適用するようにスクリプトを変更する方法はありますか?
説明:私は教師であり、生徒の結果を保存し、教師が生徒に相談できるようにするためのExcelソリューションを作成しました。そのために、学校のサブジェットごとにXNUMXつ、担当するクラスごとにXNUMXつのファイルを、すべてクラスごとのフォルダに入れています。
したがって、バグや最適化を見つけたら、すべてのサブフォルダー内のすべてのファイルの変更を報告する必要があります。
しかし、すべてのファイルが同じではないため(異なるサブジェット組織)、すべてのサブフォルダー内の「maths class」という名前のすべてのファイルに、例としてコードを適用する方法、または逆に、すべてのファイルにコードを適用する方法が必要です。 「xyz」という名前のすべてのファイルを除くサブフォルダー内。ありがとう!Fabrice
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
指定されたコードが次のVBAで機能していません。helpSubBundles()を使用してください。

ワークシートとしての薄暗いvWS
薄暗いvA、vA2()
Dim vR As Long、vSum As Long、vC As Long
VN As Long、vN2 As Long、vN3AsLongを暗くします

vWS=ActiveSheetを設定します
vWSを使用
vR = .Cells(Rows.Count、4).End(xlUp).Row
vSum = Application.Sum(.Range( "D2:D"&vR))
ReDim Preserve vA2(1からvSum、1から4)
vA = .Range( "A2:D"&vR)
vN=1からvR-1の場合
vN2 = 1の場合vA(vN、4)へ
vC = vC + 1
vN3の場合=1から4
vA2(vC、vN3)= vA(vN、vN3)
次のvN3
次のvN2
次のvN
最後に
vC = 1
vN=1からvSum-2の場合
vA2(vN、4)= vC
vA2(vN + 1、2)= vA2(vN、2)の場合
vC = vC + 1
vA2(vN + 1、4)= vC

vA2(vN + 1、4)= 1
vC = 1
終了する場合
次のvN
Application.ScreenUpdating = False
Sheets.Add
ActiveSheetを使用
vWS.Range( "A1:D1")。Copy .Range( "A1:D1")
.Cells(2、1).Resize(vSum、4)= vA2
最後に
Application.ScreenUpdating = True

End Subの
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
このVBAを一度にフォルダ内の複数のシートに実行したいのですが、helpSub Bundles()をお願いします。

ワークシートとしての薄暗いvWS
薄暗いvA、vA2()
Dim vR As Long、vSum As Long、vC As Long
VN As Long、vN2 As Long、vN3AsLongを暗くします

vWS=ActiveSheetを設定します
vWSを使用
vR = .Cells(Rows.Count、4).End(xlUp).Row
vSum = Application.Sum(.Range( "D2:D"&vR))
ReDim Preserve vA2(1からvSum、1から4)
vA = .Range( "A2:D"&vR)
vN=1からvR-1の場合
vN2 = 1の場合vA(vN、4)へ
vC = vC + 1
vN3の場合=1から4
vA2(vC、vN3)= vA(vN、vN3)
次のvN3
次のvN2
次のvN
最後に
vC = 1
vN=1からvSum-2の場合
vA2(vN、4)= vC
vA2(vN + 1、2)= vA2(vN、2)の場合
vC = vC + 1
vA2(vN + 1、4)= vC

vA2(vN + 1、4)= 1
vC = 1
終了する場合
次のvN
Application.ScreenUpdating = False
Sheets.Add
ActiveSheetを使用
vWS.Range( "A1:D1")。Copy .Range( "A1:D1")
.Cells(2、1).Resize(vSum、4)= vA2
最後に
Application.ScreenUpdating = True

End Subの
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
コードを実行しようとしましたが、「With Workbooks.Open(xFdItem&xFileName)」の行に「424:ObjectRequired」というエラーが表示されます。 深く見ると、目的のフォルダに保存されている優れたブックが表示/存在しないように見えます(コード表示でウィンドウを開いたときに、フォルダを選択せず​​に開こうとすると、空になります)。 どうして?
サブLoopThroughFiles()
Dim xFd As FileDialog
バリアントとしての薄暗いxFdItem
Dim xFileName As String
xFd = Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker)を設定します
xFd.Show=-1の場合
xFdItem = xFd.SelectedItems(1)&Application.PathSeparator
xFileName = Dir(xFdItem& "* .xls *")
xFileName <> ""
Workbooks.Open(xFdItem&xFileName)を使用
Sheets.Add After:= ActiveSheet
Sheets( "Sheet2")。Select
Sheets( "Sheet2")。Name="マスター"
Sheets( "Master")。Select
Sheets( "Master")。Move Before:= Sheets(1)
最後に
xFileName = ディレクトリ
ループ
終了する場合
End Subの


この問題の解決を手伝ってもらえますか?
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
これは私のお気に入りのウェブサイトであり、(どのYouTubeビデオよりも)最も明確な指示があり、何度も何度も戻ってきます。 これらのチュートリアルをどうもありがとう-あなたは悲しい大学院生の命の恩人です。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
サブLoopThroughFiles()
Dim xFd As FileDialog
バリアントとしての薄暗いxFdItem
Dim xFileName As String
xFd = Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker)を設定します
xFd.Show=-1の場合
xFdItem = xFd.SelectedItems(1)&Application.PathSeparator
xFileName = Dir(xFdItem& "* .xls *")
xFileName <> ""
Workbooks.Open(xFdItem&xFileName)を使用
'ActiveCell.Offset(0、1).Columns( "A:A")。EntireColumn.Select
Selection.Insert Shift:= xlToRight
ActiveCell.Select
最後に
xFileName = ディレクトリ
ループ
終了する場合
サブを終了、助けてください。 ところで、私のExcelファイル拡張子は(.csv-「カンマ区切り」)です。 500つのフォルダに500000個のExcelファイルがあり、各行の平均行数は約XNUMX行です。ヘルプを表示してください。 各ワークブックに列を挿入したいだけです
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
あなたはあなたの質問に対する答えを得たことがありますか? 私は3700以上のcsvファイルに同じことをしようとしています。 1列(A)を追加するだけです。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、貧しい人々とカーリー、あなたの問題を解決するために、複数のCSVファイルのコードを実行するには、以下のコードに示すように、.xlsファイル拡張子を.csvに変更する必要があります。 サブLoopThroughFiles()
Dim xFd As FileDialog
バリアントとしての薄暗いxFdItem
Dim xFileName As String
xFd = Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker)を設定します
xFd.Show=-1の場合
xFdItem = xFd.SelectedItems(1)&Application.PathSeparator
xFileName = Dir(xFdItem& "* .csv *")
xFileName <> ""
Workbooks.Open(xFdItem&xFileName)を使用
ActiveCell.Offset(0、1).Columns( "A:A")。EntireColumn.Select
Selection.Insert Shift:= xlToRight
ActiveCell.Select
最後に
xFileName = ディレクトリ
ループ
終了する場合
終了サブ試してみてください、それがあなたを助けることができることを願っています!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、特定の名前の異なるワークブックのシートでのみマクロを実行することは可能ですか? ありがとう!!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、サラ、
申し訳ありませんが、あなたが提起した問題に対する良い解決策はありません。
ありがとうございました!
ここにはまだコメントが投稿されていません
もっと読む
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護