メインコンテンツへスキップ

Excelでアルファベット文字でセルに番号を付ける方法は?

Excelでは、自動入力ハンドルを使用して、1、2、3…などの番号シリーズでセルに番号を付けることができますが、アルファベットのA、B、C…でセルに番号を付けるにはどうすればよいですか? このチュートリアルでは、Excelでこのジョブを処理するいくつかの方法を紹介します。

式を使用したアルファベット文字でセルに番号を付ける

VBAコードを使用したアルファベット文字でセルに番号を付ける

Kutools forExcelを使用したセルの番号付け良いアイデア3


ランに複数の箇条書きまたは番号を挿入するge

Excelでは、箇条書きまたは番号をXNUMXつずつ挿入する必要がありますが、この便利なツールを使用すると、 Kutools for Excel's 箇条書きを挿入 > Nmberingを挿入します ユーティリティ、箇条書きや番号をすばやく挿入できます
選択したセルに一度に。  60日間の無料トライアルをクリックしてください!
doc挿入の箇条書き番号
 
Kutools for Excel:200を超える便利なExcelアドインがあり、60日以内に制限なしで無料で試すことができます。

式を使用したアルファベット文字でセルに番号を付ける

1.番号を付けるセルの横にあるリストに、番号を付けるセルに使用するすべての文字を入力します。
文字1のドキュメント番号

あなたが持っている場合 Kutools for Excel カスタムリストに記入 ユーティリティは、範囲からリストを作成することをサポートします。その後、新しいリストをXNUMXつずつ再入力しなくても、必要に応じてどこにでも挿入できます。  60日間の無料トライアルをクリックしてください!
文字2のドキュメント番号

2.番号を付ける文字とセルの内容に隣接するセルを選択し、この数式を入力します = A1& "。"&B1、塗りつぶしハンドルを下にドラッグして、必要なすべてのセルに数式を入力します。
文字3のドキュメント番号


VBAコードを使用したアルファベット文字でセルに番号を付ける

マクロコードに精通している場合は、次のように実行できます。

1。 押す Altキー+ F11 有効にするキー アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。 クリック インセット > モジュール.

2.以下のコードをコピーして、 モジュール スクリプト。

VBA:Aによるナンバリング

Sub Prefix_A()
'UpdatebyExtendoffice20180828
Dim xRg As Range
Dim xStrPrefix As String
xStrPrefix = "A."
On Error Resume Next
Application.ScreenUpdating = False
For Each xRg In Selection
    If xRg.Value <> "" Then
        xRg.Value = xStrPrefix & xRg.Value
    End If
Next
Application.ScreenUpdating = True
End Sub

3.次に、コードを繰り返し貼り付け、必要に応じてAをBまたはCまたはDに変更します。
文字4のドキュメント番号

4.コードを保存して、 アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

5. Aで番号を付けるセルを選択し、をクリックします Developer > マクロ.
文字5のドキュメント番号

6。 で マクロ ダイアログで、コードを選択します プレフィックス_A をクリックし ラン.
文字6のドキュメント番号

7.選択にはAの番号が付けられています。
文字7のドキュメント番号

8.手順5と6を繰り返して、必要に応じて特定の文字でセルに番号を付けます。


Kutools forExcelを使用したセルの番号付け

Kutools for Excelを使用している場合は、セルにすばやく番号を付けることができます。

Kutools for Excel, 以上で 200 便利な機能で、仕事が楽になります。 

インストールした後 Kutools for Excel、以下のようにしてください:(今すぐExcel用のKutoolsを無料でダウンロードしてください!)

番号を付けるセルを選択し、をクリックします クツール > インセット > ナンバリングを挿入、必要なタイプをXNUMXつ選択してください。
文字8のドキュメント番号

次に、セルに番号が追加されました。
文字9のドキュメント番号

Firefox、Chrome、Internet Explore 10などの複数のExcelワークブック/ Wordドキュメントのタブブラウジングと編集!

Firefox / Chrome / IEで複数のウェブページを表示し、対応するタブをクリックしてそれらを簡単に切り替えることはおなじみかもしれません。 ここで、Officeタブは同様の処理をサポートしており、XNUMXつのExcelウィンドウまたはWordウィンドウで複数のExcelワークブックまたはWord文書を参照し、タブをクリックすることでそれらを簡単に切り替えることができます。 無料でクリック 30-Office TabのXNUMX日トライアル!

エクセル

最高のオフィス生産性向上ツール

人気の機能: 重複を検索、強調表示、または識別する   |  空白行を削除する   |  データを失わずに列またはセルを結合する   |   数式なしのラウンド ...
スーパールックアップ: 複数の基準の VLookup    複数の値の VLookup  |   複数のシートにわたる VLookup   |   ファジールックアップ ....
詳細ドロップダウン リスト: ドロップダウンリストを素早く作成する   |  依存関係のドロップダウン リスト   |  複数選択のドロップダウンリスト ....
列マネージャー: 特定の数の列を追加する  |  列の移動  |  Toggle 非表示列の表示ステータス  |  範囲と列の比較 ...
注目の機能: グリッドフォーカス   |  デザインビュー   |   ビッグフォーミュラバー    ワークブックとシートマネージャー   |  リソースライブラリ (自動テキスト)   |  日付ピッカー   |  ワークシートを組み合わせる   |  セルの暗号化/復号化    リストごとにメールを送信する   |  スーパーフィルター   |   特殊フィルター (太字/斜体/取り消し線をフィルター...) ...
上位 15 のツールセット12 テキスト 工具 (テキストを追加, 文字を削除する、...)   |   50+ チャート 種類 (ガントチャート、...)   |   40+ 実用的 (誕生日に基づいて年齢を計算する、...)   |   19 挿入 工具 (QRコードを挿入, パスから画像を挿入、...)   |   12 変換 工具 (数字から言葉へ, 通貨の換算、...)   |   7 マージ&スプリット 工具 (高度な結合行, 分割セル、...)   |   ... もっと

Kutools for Excel で Excel スキルを強化し、これまでにない効率を体験してください。 Kutools for Excelは、生産性を向上させ、時間を節約するための300以上の高度な機能を提供します。  最も必要な機能を入手するにはここをクリックしてください...

kteタブ201905


Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
Comments (1)
No ratings yet. Be the first to rate!
This comment was minimized by the moderator on the site
Sub Alphabetic_Numbering()
Dim InputRng As Range, Start As Integer, Cell As Range, Start1 As Integer, Rowsx As Integer, Double_Start As Integer
Set InputRng = Application.Selection
Set InputRng = Application.InputBox("Range", xTitleId, InputRng.Address, Type:=8)

Start = 65
Rowsx = InputRng.Rows.Count


For i = 1 To Rowsx
If i < 27 Then
InputRng.Cells(i, 1).Value = Chr(Start) & ". " & InputRng.Cells(i, 1).Value
Start = Start + 1
End If

roundupUnitcount = Application.WorksheetFunction.RoundUp(i / 26, 0) - 1
If Start > 90 Then
Start = Start - 26
End If
Double_Start = 64 + roundupUnitcount
If i > 26 Then
InputRng.Cells(i, 1).Value = Chr(Double_Start) & Chr(Start) & ". " & InputRng.Cells(i, 1).Value
InputRng.Cells(i, 2).Value = Start
Start = Start + 1
End If
Next i
End Sub
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations