メインコンテンツへスキップ

Excelで展開データを自動更新する動的ピボットテーブルを作成するにはどうすればよいですか?

通常、ピボットテーブルは、ソースデータ範囲の更新されたデータで更新できます。 ただし、ソース範囲の下部または右側に新しい行または列のデータを追加するなど、ソース範囲に新しいデータを追加する場合、ピボットテーブルを手動で更新しても、展開するデータをピボットテーブルに追加することはできません。 Excelでデータを展開してピボットテーブルを更新するにはどうすればよいですか? この記事の方法はあなたに有利に働くことができます。

ソース範囲をテーブル範囲に変換して、動的なピボットテーブルを作成します
OFFSET式を使用して動的ピボットテーブルを作成します


ソース範囲をテーブル範囲に変換して、動的なピボットテーブルを作成します

ソースデータをテーブルに変換すると、Excelの展開データでピボットテーブルを更新するのに役立ちます。 次のようにしてください。

1.データ範囲を選択し、を押します Ctrlキー + T 同時にキー。 オープニングで テーブルの作成 ダイアログで、 OK

2.次に、ソースデータがテーブル範囲に変換されました。 テーブル範囲を選択し続け、クリックします インセット > ピボットテーブル。

3。 の中に ピボットテーブルを作成する ウィンドウで、ピボットテーブルを配置する場所を選択し、をクリックします OK (この場合、ピボットテーブルを現在のワークシートに配置します)。

4。 の中に ピボットテーブルフィールド ペインで、フィールドを対応する領域にドラッグします。

5.ソース範囲の下部または右側に新しいデータを追加する場合は、ピボットテーブルに移動して右クリックし、[ Refresh コンテキストメニューから選択します。

次に、以下のスクリーンショットに示すように、ピボットテーブルが展開データで更新されていることがわかります。


OFFSET関数を使用して動的ピボットテーブルを作成します

このセクションでは、OFFSET関数を使用して動的ピボットテーブルを作成する方法を示します。

1.ソースデータ範囲を選択し、をクリックします > ネームマネージャー。 スクリーンショットを参照してください:

2。 の中に 名前管理者 ウィンドウをクリックします。 NEW ボタンを押して 名前の編集 ダイアログ。 このダイアログでは、次のことを行う必要があります。

  • 範囲の名前を お名前 ボックス;
  • 以下の式をにコピーします を参照する ボックス;
    =OFFSET('dynamic pivot with table'!$A$1,0,0,COUNTA('dynamic pivot with table'!$A:$A),COUNTA('dynamic pivot with table'!$1:$1))
  • OK

注: 式中、 「テーブル付きの動的ピボット」 ソース範囲を含むワークシートの名前です。 $A$1 範囲の最初のセルです。 $ A $ A 範囲の最初の列です。 $ $ 1 1 範囲の最初の行です。 独自のソースデータ範囲に基づいて変更してください。

3.次に、に戻ります。 名前管理者 ウィンドウでは、新しく作成された名前の範囲がウィンドウに表示されていることがわかります。閉じてください。

4。 クリック インセット > ピボットテーブル。

5。 の中に ピボットテーブルを作成する ウィンドウで、手順2で指定した範囲名を入力し、ピボットテーブルを配置する場所を選択して、[ OK

6。 の中に ピボットテーブルフィールド ペインで、フィールドを対応する領域にドラッグします。

7.ソース範囲に新しいデータを追加した後、ピボットテーブルのデータは[ Refresh オプションを選択します。


関連記事

ピボットテーブルの一意の値を数える
デフォルトでは、重複する値を含むデータの範囲に基づいてピボットテーブルを作成すると、すべてのレコードもカウントされますが、場合によっては、XNUMXつの列に基づいて一意の値をカウントして適切な値を取得する必要があります。スクリーンショットの結果。 この記事では、ピボットテーブルの一意の値をカウントする方法を示すいくつかの方法を提供します。

ピボットテーブルの同じ行に行ラベルを作成する
Excelでピボットテーブルを作成すると、行ラベルがXNUMXつの列にのみ表示されます。 しかし、データをより直感的かつ明確に表示するために行ラベルを同じ行に配置する必要がある場合、Excelで必要に応じてピボットテーブルのレイアウトをどのように設定できますか? この記事の方法はあなたに有利になります。

ピボットテーブルのゼロ値の行を非表示にする
ピボットテーブルでゼロ値を含む行を非表示にすることは、ユーザーが頻繁に遭遇する一般的なニーズである可能性があります。ゼロ値行を非表示にすると、ピボットテーブルはきれいに見え、データも抑制されます。 メソッドについてはチュートリアルをお読みください。

最高のオフィス生産性向上ツール

人気の機能: 重複を検索、強調表示、または識別する   |  空白行を削除する   |  データを失わずに列またはセルを結合する   |   数式なしのラウンド ...
スーパールックアップ: 複数の基準の VLookup    複数の値の VLookup  |   複数のシートにわたる VLookup   |   ファジールックアップ ....
詳細ドロップダウン リスト: ドロップダウンリストを素早く作成する   |  依存関係のドロップダウン リスト   |  複数選択のドロップダウンリスト ....
列マネージャー: 特定の数の列を追加する  |  列の移動  |  Toggle 非表示列の表示ステータス  |  範囲と列の比較 ...
注目の機能: グリッドフォーカス   |  デザインビュー   |   ビッグフォーミュラバー    ワークブックとシートマネージャー   |  リソースライブラリ (自動テキスト)   |  日付ピッカー   |  ワークシートを組み合わせる   |  セルの暗号化/復号化    リストごとにメールを送信する   |  スーパーフィルター   |   特殊フィルター (太字/斜体/取り消し線をフィルター...) ...
上位 15 のツールセット12 テキスト 工具 (テキストを追加, 文字を削除する、...)   |   50+ チャート 種類 (ガントチャート、...)   |   40+ 実用的 (誕生日に基づいて年齢を計算する、...)   |   19 挿入 工具 (QRコードを挿入, パスから画像を挿入、...)   |   12 変換 工具 (数字から言葉へ, 通貨の換算、...)   |   7 マージ&スプリット 工具 (高度な結合行, 分割セル、...)   |   ... もっと

Kutools for Excel で Excel スキルを強化し、これまでにない効率を体験してください。 Kutools for Excelは、生産性を向上させ、時間を節約するための300以上の高度な機能を提供します。  最も必要な機能を入手するにはここをクリックしてください...

kteタブ201905


Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
Comments (5)
No ratings yet. Be the first to rate!
This comment was minimized by the moderator on the site
Hello,

In the formula you provide (=OFFSET('dynamic pivot with table'!$A$1,0,0,COUNTA('dynamic pivot with table'!$A:$A),COUNTA('dynamic pivot with table'!$1:$1)), MUST we update this text (dynamic pivot with table) with the name of the new range we just created? I see that yours is called Salary, but the formula remains the same without updating the words 'dynamic pivot with table'. When I leave the formula as is, I receive this error:

Data source reference is not valid.

Please advise! Thank you!
This comment was minimized by the moderator on the site
Hi Silv,

In this formula, "dynamic pivot with table" is the name of the worksheet that contains the source data. You need to match this to your actual sheet name.
This comment was minimized by the moderator on the site
On "Create a dynamic Pivot Table by using the OFFSET function", I got up to step 5 (successfully created the named offset range), but when creating the Pivot Table, on selecting the range and using the name I assigned before, it returns an error "Data source is not valid". What am I doing wrong?
This comment was minimized by the moderator on the site
Hi Jose, I receive the same error and the names are the same. What else could we be doing wrong? I tried about 10 times for one of my tables (of many), and it didn't work either time. Thanks!
This comment was minimized by the moderator on the site
Hi Jose,

Make sure that the range name you specify in the Create Pivot Table dialog box is the same as the range name you specified in Step 3.
https://www.extendoffice.com/images/stories/comments/comment-picture-zxm/pivot-table2.png
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations