Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Excelでインドルピーの数字を単語に変換する方法は?

この記事では、数値のリストをインドルピーの単語またはExcelの米ドルに変換する方法を紹介します。

VBAコードを使用して数値をインドルピーの単語に変換する

驚くべき機能で数字を米ドルの単語に変換する


VBAコードを使用して数値をインドルピーの単語に変換する

次のVBAコードは、数値をルピー単位の単語に変換するのに役立ちます。次のようにしてください。

1。 を押し続けます Alt + F11 キーを押して アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2に設定します。 OK をクリックします。 インセット > モジュール、モジュールウィンドウに次のコードを貼り付けます。

VBAコード:数値をルピーの単語に変換する

Public Function RupeeFormat(SNum As String)
'Updateby Extendoffice
Dim xDPInt As Integer
Dim xArrPlace As Variant
Dim xRStr_Paisas As String
Dim xNumStr As String
Dim xF As Integer
Dim xTemp As String
Dim xStrTemp As String
Dim xRStr As String
Dim xLp As Integer
xArrPlace = Array("", "", " Thousand ", " Lacs ", " Crores ", " Trillion ", "", "", "", "")
On Error Resume Next
If SNum = "" Then
  RupeeFormat = ""
  Exit Function
End If
xNumStr = Trim(str(SNum))
If xNumStr = "" Then
  RupeeFormat = ""
  Exit Function
End If

xRStr = ""
xLp = 0
If (xNumStr > 999999999.99) Then
    RupeeFormat = "Digit excced Maximum limit"
    Exit Function
End If
xDPInt = InStr(xNumStr, ".")
If xDPInt > 0 Then
    If (Len(xNumStr) - xDPInt) = 1 Then
       xRStr_Paisas = RupeeFormat_GetT(Left(Mid(xNumStr, xDPInt + 1) & "0", 2))
    ElseIf (Len(xNumStr) - xDPInt) > 1 Then
       xRStr_Paisas = RupeeFormat_GetT(Left(Mid(xNumStr, xDPInt + 1), 2))
    End If
        xNumStr = Trim(Left(xNumStr, xDPInt - 1))
    End If
    xF = 1
    Do While xNumStr <> ""
        If (xF >= 2) Then
            xTemp = Right(xNumStr, 2)
        Else
            If (Len(xNumStr) = 2) Then
                xTemp = Right(xNumStr, 2)
            ElseIf (Len(xNumStr) = 1) Then
                xTemp = Right(xNumStr, 1)
            Else
                xTemp = Right(xNumStr, 3)
            End If
        End If
        xStrTemp = ""
        If Val(xTemp) > 99 Then
            xStrTemp = RupeeFormat_GetH(Right(xTemp, 3), xLp)
            If Right(Trim(xStrTemp), 3) <> "Lac" Then
            xLp = xLp + 1
            End If
        ElseIf Val(xTemp) <= 99 And Val(xTemp) > 9 Then
            xStrTemp = RupeeFormat_GetT(Right(xTemp, 2))
        ElseIf Val(xTemp) < 10 Then
            xStrTemp = RupeeFormat_GetD(Right(xTemp, 2))
        End If
        If xStrTemp <> "" Then
            xRStr = xStrTemp & xArrPlace(xF) & xRStr
        End If
        If xF = 2 Then
            If Len(xNumStr) = 1 Then
                xNumStr = ""
            Else
                xNumStr = Left(xNumStr, Len(xNumStr) - 2)
            End If
       ElseIf xF = 3 Then
            If Len(xNumStr) >= 3 Then
                 xNumStr = Left(xNumStr, Len(xNumStr) - 2)
            Else
                xNumStr = ""
            End If
        ElseIf xF = 4 Then
          xNumStr = ""
    Else
        If Len(xNumStr) <= 2 Then
        xNumStr = ""
    Else
        xNumStr = Left(xNumStr, Len(xNumStr) - 3)
        End If
    End If
        xF = xF + 1
Loop
    If xRStr = "" Then
       xRStr = "No Rupees"
    Else
       xRStr = " Rupees " & xRStr
    End If
    If xRStr_Paisas <> "" Then
       xRStr_Paisas = " and " & xRStr_Paisas & " Paisas"
    End If
    RupeeFormat = xRStr & xRStr_Paisas & " Only"
    End Function
Function RupeeFormat_GetH(xStrH As String, xLp As Integer)
Dim xRStr As String
If Val(xStrH) < 1 Then
    RupeeFormat_GetH = ""
    Exit Function
Else
   xStrH = Right("000" & xStrH, 3)
   If Mid(xStrH, 1, 1) <> "0" Then
        If (xLp > 0) Then
         xRStr = RupeeFormat_GetD(Mid(xStrH, 1, 1)) & " Lac "
        Else
         xRStr = RupeeFormat_GetD(Mid(xStrH, 1, 1)) & " Hundred "
        End If
    End If
    If Mid(xStrH, 2, 1) <> "0" Then
        xRStr = xRStr & RupeeFormat_GetT(Mid(xStrH, 2))
    Else
        xRStr = xRStr & RupeeFormat_GetD(Mid(xStrH, 3))
    End If
End If
    RupeeFormat_GetH = xRStr
End Function
Function RupeeFormat_GetT(xTStr As String)
    Dim xTArr1 As Variant
    Dim xTArr2 As Variant
    Dim xRStr As String
    xTArr1 = Array("Ten", "Eleven", "Twelve", "Thirteen", "Fourteen", "Fifteen", "Sixteen", "Seventeen", "Eighteen", "Nineteen")
    xTArr2 = Array("", "Twenty", "Thirty", "Forty", "Fifty", "Sixty", "Seventy", "Eighty", "Ninety")
    Result = ""
    If Val(Left(xTStr, 1)) = 1 Then
        xRStr = xTArr1(Val(Mid(xTStr, 2, 1)))
    Else
        If Val(Left(xTStr, 1)) > 0 Then
            xRStr = xTArr2(Val(Left(xTStr, 1)) - 1)
        End If
        xRStr = xRStr & RupeeFormat_GetD(Right(xTStr, 1))
    End If
      RupeeFormat_GetT = xRStr
End Function
Function RupeeFormat_GetD(xDStr As String)
Dim xArr_1() As Variant
    xArr_1 = Array(" One", " Two", " Three", " Four", " Five", " Six", " Seven", " Eight", " Nine", "")
    If Val(xDStr) > 0 Then
        RupeeFormat_GetD = xArr_1(Val(xDStr) - 1)
    Else
        RupeeFormat_GetD = ""
    End If
End Function 

3。 コードを挿入したら、コードウィンドウを保存して閉じ、ワークシートに戻って次の数式を入力します。 = RupeeFormat(A2) 空白のセルに入力し、塗りつぶしハンドルを下にドラッグして、この数式を他のセルに適用します。すべての数値はルピーで綴られています。スクリーンショットを参照してください。


驚くべき機能で数字を米ドルの単語に変換する

数字を英語の単語に変換したい場合は、 Kutools for Excelさん 数字から言葉へ 機能は、このジョブをすばやく簡単に解決するのに役立ちます。

ヒント:これを適用する 言葉への数 機能、まず、ダウンロードする必要があります Kutools for Excel、次に機能をすばやく簡単に適用します。

インストールした後 Kutools for Excel、次のようにしてください。

1。 変換する数値のリストを選択し、をクリックします クツール > コンテンツ > 数字から言葉へ、スクリーンショットを参照してください:

2。 の中に 数字から通貨の単語 ダイアログボックスで 英語 オプションから ESL, ビジネスESL <br> 中国語/フランス語、その他 セクションをクリックし、をクリックします Ok ボタンをクリックすると、選択した数字が英語の通貨の単語に変換されます。スクリーンショットを参照してください。

クリックしてKutoolsfor Excelと無料トライアルを今すぐダウンロードしてください!

 


  • スーパーフォーミュラバー (複数行のテキストと数式を簡単に編集できます); 読書レイアウト (多数のセルを簡単に読み取って編集する); フィルター範囲に貼り付け...
  • セル/行/列をマージする およびデータの保持。 分割セルコンテンツ; 重複する行と合計/平均を組み合わせる...重複セルを防止します。 範囲を比較する...
  • [複製]または[一意]を選択します 行; 空白行を選択 (すべてのセルは空です); スーパーファインドとファジーファインド 多くのワークブックで; ランダム選択...
  • 正確なコピー 数式参照を変更せずに複数のセル。 参照の自動作成 複数のシートに; 箇条書きを挿入、チェックボックスなど...
  • お気に入りの数式をすばやく挿入する、範囲、チャート、写真; セルを暗号化する パスワード付き。 メーリングリストを作成する そしてメールを送る...
  • テキストを抽出、テキストの追加、位置による削除、 スペースを削除する; ページング小計の作成と印刷。 セルの内容とコメントを変換する...
  • スーパーフィルター (フィルタースキームを保存して他のシートに適用します); 高度な並べ替え 月/週/日、頻度など。 特殊フィルター 太字、斜体...
  • ワークブックとワークシートを組み合わせる; キー列に基づいてテーブルをマージします。 データを複数のシートに分割; xls、xlsx、PDFをバッチ変換...
  • ピボットテーブルのグループ化 週番号、曜日など... ロック解除された、ロックされたセルを表示する さまざまな色で; 式/名前を持つセルを強調表示する...
kteタブ201905
  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
officetab下部

 

コメントを並べ替える
コメント (22)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
参照セルにバルブがない場合、Excelがクラッシュします。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、ユーザー、
コメントありがとうございます。この記事のコードが更新されました。もう一度お試しください。ありがとうございます。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
拝啓、

良い一日、

私は上記の式をテストしましたが、ハイフンマイナス値-100 -10,000または(100)(10,000)では機能しません

サー、私は過去1年間以下のコードを使用していますが、今日同じエラーを発見しました。

マイナス-10,000または(10,000)と書くと、「たったXNUMX万」と表示されます。
私がPositive10,000を書くとき、それは「たったXNUMX万」でうまく機能します

以下の例:

(10,000.99)わずか99万リヤルと100/XNUMXリヤル
10,000.99わずか99万リヤルと100/XNUMXリヤル
(10,000,000.99)わずか99億100万リヤルとXNUMX/XNUMXリヤル
10,000,000.99わずか99万リヤルと100/XNUMXリヤル
(10,000,000,000.99)わずか99億リヤルと100/XNUMXリヤル
10,000,000,000.99わずか99億リヤルと100/XNUMXリヤル
(10,000,000,000,000.90)わずか90兆&100/XNUMXリヤル
10,000,000,000,000.90わずか90兆&100/XNUMXリヤル

式=スペルビリング

私のVBAコード:

'主な機能
関数SpellBilling(ByVal MyNumber)
薄暗いリヤル、ハララス、臨時雇用者
Dim DecimalPlace、カウント
ReDim Place(9)As String
Place(2)="千"
Place(3)="ミリオン"
Place(4)= "Billion"
Place(5)="トリリオン"
'金額の文字列表現。
MyNumber = Trim(Str(MyNumber))
'存在しない場合、小数点以下0桁の位置。
DecimalPlace = InStr(MyNumber、 "。")
'ハララスを変換し、MyNumberをリヤル量に設定します。
DecimalPlace>0の場合Then
Halalas = GetTens(Left(Mid(MyNumber、DecimalPlace + 1)&_
「00」、2))
MyNumber = Trim(Left(MyNumber、DecimalPlace-1))
終了する場合
カウント= 1
MyNumber <> ""
Temp = GetHundreds(Right(MyNumber、3))
If Temp <> "" Then Riyals = Temp&Place(Count)&Riyals
Len(MyNumber)>3の場合
MyNumber = Left(MyNumber、Len(MyNumber)-3)

MyNumber = ""
終了する場合
カウント=カウント+1
ループ
ケースリヤルを選択
場合 ""
Riyals="リヤルなし"
ケース「One」
Riyals="XNUMXつのリヤルのみ"
Case Elseの
Riyals = "Only"&Riyals
Riyals = Riyals& ""
選択して終了
ケースハララスを選択
場合 ""
ハララス="&00/00リヤル"
ケース「One」
ハララス="&01/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&02/100リヤル"
ケース「スリー」
ハララス="&03/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&04/100リヤル"
ケース「ファイブ」
ハララス="&05/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&06/100リヤル"
ケース「セブン」
ハララス="&07/100リヤル"
ケース「エイト」
ハララス="&08/100リヤル"
ケース「ナイン」
ハララス="&09/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&10/100リヤル"
ケース「イレブン」
ハララス="&11/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&12/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&13/100リヤル"
ケース「フォーティーン」
ハララス="&14/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&15/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&16/100リヤル"
ケース「セブンティーン」
ハララス="&17/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&18/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&19/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&20/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&21/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&22/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&23/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&24/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&25/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&26/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&27/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&28/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&29/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&30/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&31/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&32/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&33/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&34/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&35/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&36/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&37/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&38/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&39/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&40/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&41/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&42/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&43/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&44/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&45/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&46/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&47/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&48/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&49/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&50/100リヤル"
ケース「フィフティワン」
ハララス="&51/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&52/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&53/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&54/100リヤル"
ケース「フィフティファイブ」
ハララス="&55/100リヤル"
ケース「フィフティシックス」
ハララス="&56/100リヤル"
ケース「フィフティセブン」
ハララス="&57/100リヤル"
ケース「五十八」
ハララス="&58/100リヤル"
ケース「フィフティナイン」
ハララス="&59/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&60/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&61/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&62/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&63/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&64/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&65/100リヤル"
ケース「六十六」
ハララス="&66/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&67/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&68/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&69/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&70/100リヤル"
ケース「セブンティワン」
ハララス="&71/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&72/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&73/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&74/100リヤル"
ケース「セブンティファイブ」
ハララス="&75/100リヤル"
ケース「セブンティシックス」
ハララス="&76/100リヤル"
ケース「セブンティセブン」
ハララス="&77/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&78/100リヤル"
ケース「セブンティナイン」
ハララス="&79/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&80/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&81/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&82/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&83/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&84/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&85/100リヤル"
ケース「エイティシックス」
ハララス="&86/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&87/100リヤル"
ケース「エイトエイト」
ハララス="&88/100リヤル"
ケース「エイティナイン」
ハララス="&89/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&90/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&91/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&92/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&93/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&94/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&95/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&96/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&97/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&98/100リヤル"
ケース「ナインティナイン」
ハララス="&99/100リヤル"


Case Elseの
Halalas = "&"&Halalas& "Halalas"
選択して終了
SpellBilling = Riyals&Halalas
エンド機能


'100〜999の数値をテキストに変換します
関数GetHundreds(ByVal MyNumber)
文字列としての薄暗い結果
Val(MyNumber)= 0の場合、関数を終了します
MyNumber = Right( "000"&MyNumber、3)
'数百の場所を変換します。
If Mid(MyNumber、1、1)<> "0" Then
結果=GetDigit(Mid(MyNumber、1、1))& "Hundred"
終了する場合
'XNUMXとXNUMXの場所を変換します。
If Mid(MyNumber、2、1)<> "0" Then
結果=結果&GetTens(Mid(MyNumber、2))

結果=結果&GetDigit(Mid(MyNumber、3))
終了する場合
GetHundreds=結果
エンド機能

'10から99までの数値をテキストに変換します。
関数GetTens(TensText)
文字列としての薄暗い結果
Result =""'一時関数の値を無効にします。
If Val(Left(TensText、1))= 1Then'10-19の間の値の場合...
Case Val(TensText)を選択します
ケース10:結果=「XNUMX」
ケース11:結果="イレブン"
ケース12:結果="XNUMX"
ケース13:結果="XNUMX"
ケース14:結果=「XNUMX」
ケース15:結果="XNUMX"
ケース16:結果=「XNUMX」
ケース17:結果="Seventeen"
ケース18:結果=「XNUMX」
ケース19:結果=「XNUMX」
Case Elseの
選択して終了
それ以外の場合'値が20〜99の場合..。
Case Val(Left(TensText、1))を選択します
ケース2:結果=「XNUMX」
ケース3:結果="XNUMX"
ケース4:結果=「XNUMX」
ケース5:結果=「XNUMX」
ケース6:結果=「XNUMX」
ケース7:結果=「XNUMX」
ケース8:結果=「XNUMX」
ケース9:結果=「XNUMX」
Case Elseの
選択して終了
結果=結果とGetDigit_
(Right(TensText、1))'場所を取得します。
終了する場合
GetTens=結果
エンド機能

'1から9までの数値をテキストに変換します。
関数GetDigit(Digit)
Case Val(Digit)を選択します
ケース1:GetDigit = "One"
ケース2:GetDigit = "Two"
ケース3:GetDigit = "Three"
ケース4:GetDigit = "Four"
ケース5:GetDigit = "Five"
ケース6:GetDigit = "Six"
ケース7:GetDigit = "Seven"
ケース8:GetDigit = "Eight"
ケース9:GetDigit = "Nine"
その他の場合:GetDigit = ""
選択して終了
エンド機能
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
言うべきことがない! Extremlysuper
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
拝啓、

良い一日、
私はあなたのVBAコードをテストしましたが、残念ながら、-100 -10,000 /(100)(10,000)のような負の/マイナスの値ではうまく機能しません。

サー、私は過去1年間以下のコードを使用していますが、今日、VBAコードにも同じエラーが見つかりました。

マイナス-10,000と書くと、「たったXNUMX万」に表示されます
正の10,000を書くと、「XNUMX万のみ」に表示されます。

以下の例:

(10,000.99)わずか99万リヤルと100/XNUMXリヤル
10,000.99わずか99万リヤルと100/XNUMXリヤル
(10,000,000.99)わずか99億100万リヤルとXNUMX/XNUMXリヤル
10,000,000.99わずか99万リヤルと100/XNUMXリヤル
(10,000,000,000.99)わずか99億リヤルと100/XNUMXリヤル
10,000,000,000.99わずか99億リヤルと100/XNUMXリヤル
(10,000,000,000,000.90)わずか90兆&100/XNUMXリヤル
10,000,000,000,000.90わずか90兆&100/XNUMXリヤル

式=スペルビリング

私のVBAコード:

'主な機能
関数SpellBilling(ByVal MyNumber)
薄暗いリヤル、ハララス、臨時雇用者
Dim DecimalPlace、カウント
ReDim Place(9)As String
Place(2)="千"
Place(3)="ミリオン"
Place(4)= "Billion"
Place(5)="トリリオン"
'金額の文字列表現。
MyNumber = Trim(Str(MyNumber))
'存在しない場合、小数点以下0桁の位置。
DecimalPlace = InStr(MyNumber、 "。")
'ハララスを変換し、MyNumberをリヤル量に設定します。
DecimalPlace>0の場合Then
Halalas = GetTens(Left(Mid(MyNumber、DecimalPlace + 1)&_
「00」、2))
MyNumber = Trim(Left(MyNumber、DecimalPlace-1))
終了する場合
カウント= 1
MyNumber <> ""
Temp = GetHundreds(Right(MyNumber、3))
If Temp <> "" Then Riyals = Temp&Place(Count)&Riyals
Len(MyNumber)>3の場合
MyNumber = Left(MyNumber、Len(MyNumber)-3)

MyNumber = ""
終了する場合
カウント=カウント+1
ループ
ケースリヤルを選択
場合 ""
Riyals="リヤルなし"
ケース「One」
Riyals="XNUMXつのリヤルのみ"
Case Elseの
Riyals = "Only"&Riyals
Riyals = Riyals& ""
選択して終了
ケースハララスを選択
場合 ""
ハララス="&00/00リヤル"
ケース「One」
ハララス="&01/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&02/100リヤル"
ケース「スリー」
ハララス="&03/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&04/100リヤル"
ケース「ファイブ」
ハララス="&05/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&06/100リヤル"
ケース「セブン」
ハララス="&07/100リヤル"
ケース「エイト」
ハララス="&08/100リヤル"
ケース「ナイン」
ハララス="&09/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&10/100リヤル"
ケース「イレブン」
ハララス="&11/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&12/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&13/100リヤル"
ケース「フォーティーン」
ハララス="&14/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&15/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&16/100リヤル"
ケース「セブンティーン」
ハララス="&17/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&18/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&19/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&20/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&21/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&22/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&23/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&24/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&25/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&26/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&27/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&28/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&29/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&30/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&31/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&32/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&33/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&34/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&35/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&36/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&37/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&38/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&39/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&40/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&41/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&42/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&43/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&44/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&45/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&46/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&47/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&48/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&49/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&50/100リヤル"
ケース「フィフティワン」
ハララス="&51/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&52/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&53/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&54/100リヤル"
ケース「フィフティファイブ」
ハララス="&55/100リヤル"
ケース「フィフティシックス」
ハララス="&56/100リヤル"
ケース「フィフティセブン」
ハララス="&57/100リヤル"
ケース「五十八」
ハララス="&58/100リヤル"
ケース「フィフティナイン」
ハララス="&59/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&60/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&61/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&62/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&63/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&64/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&65/100リヤル"
ケース「六十六」
ハララス="&66/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&67/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&68/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&69/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&70/100リヤル"
ケース「セブンティワン」
ハララス="&71/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&72/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&73/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&74/100リヤル"
ケース「セブンティファイブ」
ハララス="&75/100リヤル"
ケース「セブンティシックス」
ハララス="&76/100リヤル"
ケース「セブンティセブン」
ハララス="&77/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&78/100リヤル"
ケース「セブンティナイン」
ハララス="&79/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&80/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&81/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&82/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&83/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&84/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&85/100リヤル"
ケース「エイティシックス」
ハララス="&86/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&87/100リヤル"
ケース「エイトエイト」
ハララス="&88/100リヤル"
ケース「エイティナイン」
ハララス="&89/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&90/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&91/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&92/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&93/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&94/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&95/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&96/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&97/100リヤル"
ケース「XNUMX」
ハララス="&98/100リヤル"
ケース「ナインティナイン」
ハララス="&99/100リヤル"


Case Elseの
Halalas = "&"&Halalas& "Halalas"
選択して終了
SpellBilling = Riyals&Halalas
エンド機能


'100〜999の数値をテキストに変換します
関数GetHundreds(ByVal MyNumber)
文字列としての薄暗い結果
Val(MyNumber)= 0の場合、関数を終了します
MyNumber = Right( "000"&MyNumber、3)
'数百の場所を変換します。
If Mid(MyNumber、1、1)<> "0" Then
結果=GetDigit(Mid(MyNumber、1、1))& "Hundred"
終了する場合
'XNUMXとXNUMXの場所を変換します。
If Mid(MyNumber、2、1)<> "0" Then
結果=結果&GetTens(Mid(MyNumber、2))

結果=結果&GetDigit(Mid(MyNumber、3))
終了する場合
GetHundreds=結果
エンド機能

'10から99までの数値をテキストに変換します。
関数GetTens(TensText)
文字列としての薄暗い結果
Result =""'一時関数の値を無効にします。
If Val(Left(TensText、1))= 1Then'10-19の間の値の場合...
Case Val(TensText)を選択します
ケース10:結果=「XNUMX」
ケース11:結果="イレブン"
ケース12:結果="XNUMX"
ケース13:結果="XNUMX"
ケース14:結果=「XNUMX」
ケース15:結果="XNUMX"
ケース16:結果=「XNUMX」
ケース17:結果="Seventeen"
ケース18:結果=「XNUMX」
ケース19:結果=「XNUMX」
Case Elseの
選択して終了
それ以外の場合'値が20〜99の場合..。
Case Val(Left(TensText、1))を選択します
ケース2:結果=「XNUMX」
ケース3:結果="XNUMX"
ケース4:結果=「XNUMX」
ケース5:結果=「XNUMX」
ケース6:結果=「XNUMX」
ケース7:結果=「XNUMX」
ケース8:結果=「XNUMX」
ケース9:結果=「XNUMX」
Case Elseの
選択して終了
結果=結果とGetDigit_
(Right(TensText、1))'場所を取得します。
終了する場合
GetTens=結果
エンド機能

'1から9までの数値をテキストに変換します。
関数GetDigit(Digit)
Case Val(Digit)を選択します
ケース1:GetDigit = "One"
ケース2:GetDigit = "Two"
ケース3:GetDigit = "Three"
ケース4:GetDigit = "Four"
ケース5:GetDigit = "Five"
ケース6:GetDigit = "Six"
ケース7:GetDigit = "Seven"
ケース8:GetDigit = "Eight"
ケース9:GetDigit = "Nine"
その他の場合:GetDigit = ""
選択して終了
エンド機能
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
すべてのExcellワークブックを適用する必要があります。 このコーディングをすべてのExcelワークブックに適用する方法。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
ルピーXNUMX、XNUMX最後の金額だけに単語と例を含める必要があります
ルピーXNUMX万XNUMXルピーXNUMXのみ
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
10クローレ以上は読めません。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
One Lac XNUMX千XNUMXおよびXNUMXパイサ-正しく変換されていません。また、上の図を四捨五入したときに変換されていません。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
コードをありがとう...
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
コーディングありがとうございます。 私は適用しました&その作業。 ただし、その特定のワークブックにのみ適用されます。 すべてのExcellワークブックを適用する必要があります。 このコーディングをすべてのExcelワークブックに適用する方法。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、SivaG
はい、このコードはユーザー定義関数です。数式をファイルにXNUMXつずつ適用する必要があります。複数のブックに適用するコードが必要な場合は、すべての数値に適用されるため、すべての数値が変更されます。 また、コードは元に戻るをサポートできません。セキュリティ上のリスクがいくつかあります。 これを行うことはお勧めしません。 ありがとうございました!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
「ルピー」という単語を削除するにはどうすればよいですか? 通常、小切手の葉には「ルピー」という言葉がすでに付いています。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
さかりやさん、こんにちは。
問題を解決するには、以下のコードを適用してください。
Public Function RupeeFormat(SNum As String)
'Updateby Extendoffice
Dim xDPInt As Integer
Dim xArrPlace As Variant
Dim xRStr_Paisas As String
Dim xNumStr As String
Dim xF As Integer
Dim xTemp As String
Dim xStrTemp As String
Dim xRStr As String
Dim xLp As Integer
xArrPlace = Array("", "", " Thousand ", " Lacs ", " Crores ", " Trillion ", "", "", "", "")
On Error Resume Next
If SNum = "" Then
  RupeeFormat = ""
  Exit Function
End If
xNumStr = Trim(Str(SNum))
If xNumStr = "" Then
  RupeeFormat = ""
  Exit Function
End If

xRStr = ""
xLp = 0
If (xNumStr > 999999999.99) Then
    RupeeFormat = "Digit excced Maximum limit"
    Exit Function
End If
xDPInt = InStr(xNumStr, ".")
If xDPInt > 0 Then
    If (Len(xNumStr) - xDPInt) = 1 Then
       xRStr_Paisas = RupeeFormat_GetT(Left(Mid(xNumStr, xDPInt + 1) & "0", 2))
    ElseIf (Len(xNumStr) - xDPInt) > 1 Then
       xRStr_Paisas = RupeeFormat_GetT(Left(Mid(xNumStr, xDPInt + 1), 2))
    End If
        xNumStr = Trim(Left(xNumStr, xDPInt - 1))
    End If
    xF = 1
    Do While xNumStr <> ""
        If (xF >= 2) Then
            xTemp = Right(xNumStr, 2)
        Else
            If (Len(xNumStr) = 2) Then
                xTemp = Right(xNumStr, 2)
            ElseIf (Len(xNumStr) = 1) Then
                xTemp = Right(xNumStr, 1)
            Else
                xTemp = Right(xNumStr, 3)
            End If
        End If
        xStrTemp = ""
        If Val(xTemp) > 99 Then
            xStrTemp = RupeeFormat_GetH(Right(xTemp, 3), xLp)
            If Right(Trim(xStrTemp), 3) <> "Lac" Then
            xLp = xLp + 1
            End If
        ElseIf Val(xTemp) <= 99 And Val(xTemp) > 9 Then
            xStrTemp = RupeeFormat_GetT(Right(xTemp, 2))
        ElseIf Val(xTemp) < 10 Then
            xStrTemp = RupeeFormat_GetD(Right(xTemp, 2))
        End If
        If xStrTemp <> "" Then
            xRStr = xStrTemp & xArrPlace(xF) & xRStr
        End If
        If xF = 2 Then
            If Len(xNumStr) = 1 Then
                xNumStr = ""
            Else
                xNumStr = Left(xNumStr, Len(xNumStr) - 2)
            End If
       ElseIf xF = 3 Then
            If Len(xNumStr) >= 3 Then
                 xNumStr = Left(xNumStr, Len(xNumStr) - 2)
            Else
                xNumStr = ""
            End If
        ElseIf xF = 4 Then
          xNumStr = ""
    Else
        If Len(xNumStr) <= 2 Then
        xNumStr = ""
    Else
        xNumStr = Left(xNumStr, Len(xNumStr) - 3)
        End If
    End If
        xF = xF + 1
Loop
    If xRStr = "" Then
       xRStr = "No Rupees"
    Else
       xRStr = xRStr
    End If
    If xRStr_Paisas <> "" Then
       xRStr_Paisas = " and " & xRStr_Paisas & " Paisas"
    End If
    RupeeFormat = xRStr & xRStr_Paisas & " Only"
    End Function
Function RupeeFormat_GetH(xStrH As String, xLp As Integer)
Dim xRStr As String
If Val(xStrH) < 1 Then
    RupeeFormat_GetH = ""
    Exit Function
Else
   xStrH = Right("000" & xStrH, 3)
   If Mid(xStrH, 1, 1) <> "0" Then
        If (xLp > 0) Then
         xRStr = RupeeFormat_GetD(Mid(xStrH, 1, 1)) & " Lac "
        Else
         xRStr = RupeeFormat_GetD(Mid(xStrH, 1, 1)) & " Hundred "
        End If
    End If
    If Mid(xStrH, 2, 1) <> "0" Then
        xRStr = xRStr & RupeeFormat_GetT(Mid(xStrH, 2))
    Else
        xRStr = xRStr & RupeeFormat_GetD(Mid(xStrH, 3))
    End If
End If
    RupeeFormat_GetH = xRStr
End Function
Function RupeeFormat_GetT(xTStr As String)
    Dim xTArr1 As Variant
    Dim xTArr2 As Variant
    Dim xRStr As String
    xTArr1 = Array("Ten", "Eleven", "Twelve", "Thirteen", "Fourteen", "Fifteen", "Sixteen", "Seventeen", "Eighteen", "Nineteen")
    xTArr2 = Array("", "Twenty", "Thirty", "Forty", "Fifty", "Sixty", "Seventy", "Eighty", "Ninety")
    Result = ""
    If Val(Left(xTStr, 1)) = 1 Then
        xRStr = xTArr1(Val(Mid(xTStr, 2, 1)))
    Else
        If Val(Left(xTStr, 1)) > 0 Then
            xRStr = xTArr2(Val(Left(xTStr, 1)) - 1)
        End If
        xRStr = xRStr & RupeeFormat_GetD(Right(xTStr, 1))
    End If
      RupeeFormat_GetT = xRStr
End Function
Function RupeeFormat_GetD(xDStr As String)
Dim xArr_1() As Variant
    xArr_1 = Array(" One", " Two", " Three", " Four", " Five", " Six", " Seven", " Eight", " Nine", "")
    If Val(xDStr) > 0 Then
        RupeeFormat_GetD = xArr_1(Val(xDStr) - 1)
    Else
        RupeeFormat_GetD = ""
    End If
End Function



ぜひお試しください。お役に立てば幸いです。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
どうもありがとう... 🙂
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
ただし、これは XNUMX つの Excel にのみ適用されます。 この数式を他の Excel に入力すると、機能しません
これに対する解決策は何ですか
元に戻してください
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、

複数のワークブックがある場合は、コードを複数のワークブックにコピーする必要があります。
XNUMX つのブックにのみコピーすると、他のブックでは機能しません。 😀
やってみてください、ありがとう!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
どうもありがとうそれは非常に役に立ちます
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、すべての Excel ワークシートに対してデフォルトでこれを設定することは可能ですか?
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、ムケシュ

はい、コードが vba ウィンドウ モジュールにコピーされている限り、式はブック全体に適用できます。
ただし、ワークブックを閉じるときは、次のように保存する必要があります Excelマクロが有効なブック ファイル形式。
試してみてください、ありがとう!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
何度やってもダメ。 助けてください
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
おい、大助かり! 素晴らしいコードを作成していただきありがとうございます。

それは多くの時間を節約しました。 "神のお恵みがありますように!!"
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護