メインコンテンツへスキップ

選択範囲を個別のファイルとしてExcelに保存するにはどうすればよいですか?

長いワークシートを扱う場合、ワークシートのさまざまな選択をさまざまな人に送信するなど、ワークブック全体ではなく、選択した範囲のみを新しいExcelファイルとして保存したい場合があります。 ワークシートの選択内容を個別のExcelファイルとして保存する方法を紹介します。

コピーと貼り付けを使用して、選択内容を個別のExcelファイルとして保存します

VBマクロを使用して選択内容を個別のExcelファイルとして保存する

Kutools forExcelを使用して選択範囲を個別のExcelファイルとして保存する


矢印青い右バブル コピーと貼り付けを使用して、選択内容を個別のファイルとして保存します

最も一般的な方法は、Excelで個別のファイルとして保存する選択範囲をコピーし、新しいブックを作成し、コピーした選択範囲をその上に貼り付けてから保存することです。

ただし、行の高さなど、コピーおよび貼り付け中に選択範囲の一部のフォーマットスタイルが失われる場合があります。


矢印青い右バブル VBマクロを使用して選択内容を個別のファイルとして保存する

マクロの使用は、新しいブックにコピーして貼り付けることなく、選択内容を個別のファイルとして保存する簡単な方法です。

1。 を押し続けます Alt + F11 キーを押して アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2に設定します。 OK をクリックします。 インセット > Moudle、次のコードをMoudleウィンドウに貼り付けます。

VBA:範囲をExcelファイルにエクスポート

Sub ExportRangetoExcel()
'Update 20130916
Dim wb As Workbook
Dim saveFile As String
Dim WorkRng As Range
Dim address As String
Dim defult As Integer
On Error Resume Next
xTitleId = "KutoolsforExcel"
Set WorkRng = Application.Selection
Set WorkRng = Application.InputBox("Range", xTitleId, WorkRng.address, Type:=8)
Application.ScreenUpdating = False
Application.DisplayAlerts = False
defult = Application.SheetsInNewWorkbook
Application.SheetsInNewWorkbook = 1
Set wb = Application.Workbooks.Add
Application.SheetsInNewWorkbook = defult
WorkRng.Copy
wb.Worksheets(1).Paste
address = Replace(WorkRng.address, ":", "-")
address = Replace(address, "$", "")
address = Replace(address, ".", "")
saveFile = Application.GetSaveAsFilename(InitialFileName:=address, fileFilter:="Excel Workbooks (*.xlsx),*.xlsx")
wb.SaveAs Filename:=saveFile
wb.Close
Application.CutCopyMode = False
Application.DisplayAlerts = True
Application.ScreenUpdating = True
End Sub

3。 次に、 F5 キーを押して操作を実行すると、個別のExcelファイルとして保存する範囲を選択するように促すプロンプトボックスが表示されます。 スクリーンショットを参照してください:

ドキュメント保存選択-1

4。 次に、をクリックします OK、この新しいファイルを見つけるためのフォルダを指定してから、ファイルの名前をに入力します 名前を付けて保存 ダイアログボックス、スクリーンショットを参照してください:

ドキュメント保存選択-2

5。 そして、 Save ボタンをクリックすると、選択した範囲が新しいExcelブックとして保存されます。

マクロの使用は、Microsoft Excelの初心者にとっては少し難しいかもしれません。ここでは、Kutools forExcelで提供されるもうXNUMXつの簡単で便利な方法を紹介します。


矢印青い右バブル Kutools forExcelを使用して選択範囲を個別のファイルとして保存する

Kutools for Excel's 範囲をファイルにエクスポート ツールを使用すると、選択範囲を個別のファイルとしてすばやく保存できます。

Kutools for Excel 300以上の便利なExcelツールが含まれています。 30日以内に制限なしで無料でお試しいただけます。 今すぐ入手.

Kutools for Excelをインストールしている場合は、次のようにしてください。

1に設定します。 OK をクリックします。 Enterprise > インポート・エクスポート > 範囲をファイルにエクスポート、スクリーンショットを参照してください:

ドキュメント保存選択-4

2。 の中に 範囲をファイルにエクスポート ダイアログボックスで doc-data-to-csv-6ボタンをクリックして、個別のファイルとして保存する範囲を選択し、チェックします。 Excelワークブック 内のオプション ファイル形式 セクションでは、最後に、必要に応じてワークブックのオプションを確認できます。

ドキュメント保存選択-5

3に設定します。 OK をクリックします。 OK、それからそれはポップアップします エクスポートされた範囲の名前と場所を選択します ダイアログボックスで、この新しいファイルの名前を入力し、ファイルを保存するフォルダを選択します。次に、 Save

ノート:

1。 ザ 範囲をファイルにエクスポート Kutools for Excelのツールは、選択範囲のすべての書式を保存できます。

2.Excel用のKutools 範囲をファイルにエクスポート このツールを使用すると、Excelブック、CSV、単純なHTML、またはすべての書式設定HTMLのいずれかのファイルに日付の範囲を簡単にエクスポートできます。

3.チェックした場合 エクスポート後にファイルを開く ダイアログボックスのオプションを選択すると、新しいファイルは正常にエクスポートされた後に自動的に起動されます。

この機能の詳細については、をクリックしてください 範囲をファイルにエクスポート.


矢印青い右バブル関連記事

最高のオフィス生産性向上ツール

人気の機能: 重複を検索、強調表示、または識別する   |  空白行を削除する   |  データを失わずに列またはセルを結合する   |   数式なしのラウンド ...
スーパールックアップ: 複数の基準の VLookup    複数の値の VLookup  |   複数のシートにわたる VLookup   |   ファジールックアップ ....
詳細ドロップダウン リスト: ドロップダウンリストを素早く作成する   |  依存関係のドロップダウン リスト   |  複数選択のドロップダウンリスト ....
列マネージャー: 特定の数の列を追加する  |  列の移動  |  Toggle 非表示列の表示ステータス  |  範囲と列の比較 ...
注目の機能: グリッドフォーカス   |  デザインビュー   |   ビッグフォーミュラバー    ワークブックとシートマネージャー   |  リソースライブラリ (自動テキスト)   |  日付ピッカー   |  ワークシートを組み合わせる   |  セルの暗号化/復号化    リストごとにメールを送信する   |  スーパーフィルター   |   特殊フィルター (太字/斜体/取り消し線をフィルター...) ...
上位 15 のツールセット12 テキスト 工具 (テキストを追加, 文字を削除する、...)   |   50+ チャート 種類 (ガントチャート、...)   |   40+ 実用的 (誕生日に基づいて年齢を計算する、...)   |   19 挿入 工具 (QRコードを挿入, パスから画像を挿入、...)   |   12 変換 工具 (数字から言葉へ, 通貨の換算、...)   |   7 マージ&スプリット 工具 (高度な結合行, 分割セル、...)   |   ... もっと

Kutools for Excel で Excel スキルを強化し、これまでにない効率を体験してください。 Kutools for Excelは、生産性を向上させ、時間を節約するための300以上の高度な機能を提供します。  最も必要な機能を入手するにはここをクリックしてください...

kteタブ201905


Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
Comments (6)
No ratings yet. Be the first to rate!
This comment was minimized by the moderator on the site
Hi,


Liked the VBA option. Is there a way to retain formulas in new file? The data in new file is automatically pasted s 'values' and does not have the formulas.
This comment was minimized by the moderator on the site
Do you know how I can do this on a default custom template? I have a lot of data in one book/sheet that I have to save only a selection to a new file. Option 2 works great. But, I need to have some information on the top for each new file I make (Copying and pasting is very tedious so I am looking for a quicker and more effective option). So would it be possible to first use the file with lots of data and select certain cells to save ON the default custom template I made, specifically underneath the header of the default template (the template is integrated into Excel to automatically open when I open Excel). Please help, thanks!!
This comment was minimized by the moderator on the site
i have tried different things to make it copy+paste value, i dont know where i go wrong. How do i change the VBA: export range to Excel file to just copy paste value? TIA
This comment was minimized by the moderator on the site
This VB macro is great! However, I was wondering if there was a way to keep the source formatting when the selected range gets saved to a new workbook. Thanks!
This comment was minimized by the moderator on the site
Hi, I am use the above VB macro, and works great. The only thing is that the range i select has a results from a formula and when i open the text file i get #REF. Could you please help out. cheer
This comment was minimized by the moderator on the site
Double click on #REF cell and will get it right
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations