Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English
ログイン  \/ 
x
or
x
今すぐ登録  \/ 
x

or

Excelのドロップダウンリスト:作成、編集、削除、およびより高度な操作

ドロップダウンリストは、ユーザーが選択リストからXNUMXつの値を選択できるリストボックスに似ています。 このチュートリアルでは、ドロップダウンリストの基本的な操作(Excelでのドロップダウンリストの作成、編集、削除)について説明します。 それとは別に、このチュートリアルでは、ドロップダウンリストの高度な操作を提供して、Excelの問題をさらに解決する機能を強化します。

このチュートリアルの主な内容は次のとおりです。 (下または右側の目次の見出しをクリックして、対応するコンテンツに移動します。)


簡単なドロップダウンリストを作成する

ドロップダウンリストを使用するには、最初にドロップダウンリストを作成する方法を学ぶ必要があります。 このセクションでは、Excelでドロップダウンリストを作成するのに役立つ6つの方法を提供します。

セルの範囲からドロップダウンリストを作成する

ここでは、Excelのセル範囲からドロップダウンリストを作成する手順を示します。 次のようにしてください

1.ドロップダウンリストを見つけるためのセル範囲を選択します。

ヒント:を押し続けると、複数の非連続セルのドロップダウンリストを同時に作成できます。 Ctrlキー セルをXNUMXつずつ選択しながらキーを押します。

2。 クリック データ > データ検証 > データ検証.

3。 の中に データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブは、次のように構成してください。

3.1) 許可する ドロップダウンリスト、リストを選択します。
3.2) ソース ボックスで、ドロップダウンリストに表示する値のセル範囲を選択します。
3.3)をクリックします OK ボタン。

ノート:

1)チェックをオンまたはオフにすることができます 空白を無視する 選択した範囲の空白セルをどのように処理するかによって異なります。
2) セル内ドロップダウン ボックスがチェックされています。 このボックスがオフの場合、セルを選択するときにドロップダウン矢印は表示されません。
3) ソース ボックスでは、以下のスクリーンショットに示すように、カンマ区切りの値を手動で入力できます。

これで、ドロップダウンリストが作成されます。 ドロップダウンリストセルをクリックすると、その横に矢印が表示されます。矢印をクリックしてリストを展開すると、そこからアイテムを選択できます。

テーブルから動的ドロップダウンリストを作成する

データ範囲をExcelテーブルに変換してから、テーブル範囲に基づいて動的なドロップダウンリストを作成できます。

1.元のデータ範囲を選択し、を押します Ctrlキー + T キー。

2。 クリック OK ポップアップで テーブルの作成 ダイアログボックス。 次に、データ範囲がテーブルに変換されます。

3.ドロップダウンリストを配置するセル範囲を選択し、をクリックします データ > データ検証 > データ検証.

4。 の中に データ検証 ダイアログボックスでは、次のことを行う必要があります。

4.1)選択 リスト 許可する ドロップダウンリスト;
4.2)でテーブル範囲(ヘッダーを除く)を選択します ソース ボックス;
4.3)をクリックします OK ボタン。

次に、動的ドロップダウンリストが作成されます。 テーブル範囲にデータを追加または削除すると、ドロップダウンリストの値が自動的に更新されます。

数式を使用して動的なドロップダウンリストを作成する

テーブル範囲から動的ドロップダウンリストを作成する以外に、数式を使用してExcelで動的ドロップダウンリストを作成することもできます。

1.ドロップダウンリストを出力するセルを選択します。

2。 クリック データ > データ検証 > データ検証.

3。 の中に データ検証 ダイアログボックスで、次のように構成してください。

3.1) 許可する ボックス、選択 リスト;
3.2) ソース ボックスに、以下の式を入力します。
= OFFSET($ A $ 13,0,0、COUNTA($ A $ 13:$ A $ 24)、1)
ノート:この数式では、$ A $ 13がデータ範囲の最初のセルであり、$ A $ 13:$ A $ 24がドロップダウンリストを作成するデータ範囲です。
3.3)をクリックします OK ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

次に、動的ドロップダウンリストが作成されます。 特定の範囲からデータを追加または削除すると、ドロップダウンリストの値が自動的に更新されます。

名前付き範囲からドロップダウンリストを作成する

Excelの名前付き範囲からドロップダウンリストを作成することもできます。

1.まず、名前付き範囲を作成します。 名前付き範囲を作成するセル範囲を選択し、範囲名をに入力します。 お名前 ボックス、プレス 入力します キー。

2。 クリック データ > データ検証 > データ検証.

3。 の中に データ検証 ダイアログボックスで、次のように構成してください。

3.1) 許可する ボックス、選択 リスト;
3.2)をクリックします ソース ボックスをクリックし、を押します F3 キー。
3.3) 名前を貼り付け ダイアログボックスで、今作成した範囲名を選択し、[ OK ボタン;
ヒント:手動で入力することもできます =範囲名ソース ボックス。 この場合、私は入ります =都市.
3.4)をクリック OK に戻ったとき データ検証 ダイアログボックス。 スクリーンショットを参照してください:

これで、名前付き範囲のデータを使用したドロップダウンリストが作成されます。

別のブックからドロップダウンリストを作成する

「」という名前のワークブックがあるとします。SourceData」であり、この「」のデータに基づいて別のブックにドロップダウンリストを作成するSourceData」ワークブックは、次のようにしてください。

1.「SourceData」ワークブックを開きます。 このワークブックで、作成するデータをドロップダウンリストに基づいて選択し、範囲名を入力します。 お名前 ボックスをクリックし、を押します 入力します キー。

ここでは、範囲をCityと名付けています。

2.ドロップダウンリストを挿入するワークシートを開きます。 クリック > 名前を定義する.

3。 の中に 新しい名前 ダイアログボックスでは、ワークブック「SourceData」で作成した範囲名に基づいて名前付き範囲を作成する必要があります。次のように構成してください。

3.1)に名前を入力します お名前 ボックス;
3.2) を参照する ボックスに、以下の式を入力します。
= SourceData.xlsx!City
3.3)をクリック OK それを保存する

ノート:

1)。 式では、 SourceData ドロップダウンリストを作成するデータを含むブックの名前です。 都市 SourceDataワークブックで指定した範囲名です。
2)。 ソースデータワークブックの名前にスペースまたは-、#…などの他の文字が含まれている場合は、ワークブック名​​を次のような一重引用符で囲む必要があります。 = 'ソースData.xlsx'! 市.

4.ドロップダウンリストを挿入するブックを開き、ドロップダウンリストのセルを選択して、[ データ > データ検証 > データ検証.

5。 の中に データ検証 ダイアログボックスで、次のように構成してください。

5.1) 許可する ボックス、選択 リスト;
5.2)をクリックします ソース ボックスをクリックし、を押します F3 キー。
5.3) 名前を貼り付け ダイアログボックスで、今作成した範囲名を選択し、[ OK ボタン;
ヒント:手動で入力することもできます =範囲名ソース ボックス。 この場合、私は入ります =テスト.
5.4)をクリック OK に戻ったとき データ検証 ダイアログボックス。

これで、ドロップダウンリストが選択した範囲に挿入されました。 また、ドロップダウン値は別のブックからのものです。

素晴らしいツールでドロップダウンリストを簡単に作成

ここで強くお勧めします 簡単なドロップダウンリストを作成する の有用性 Kutools for Excel。 この機能を使用すると、特定のセル値を使用してドロップダウンリストを簡単に作成したり、Excelで事前設定されたカスタムリストを使用してドロップダウンリストを作成したりできます。

1.挿入するセルのドロップダウンリストを選択し、[ クツール > ドロップダウンリスト > 簡単なドロップダウンリストを作成する.

2。 の中に 簡単なドロップダウンリストを作成する ダイアログボックスで、次のように構成してください。

3.1) 適用する ボックスをクリックすると、選択した範囲がここに表示されます。 適用されるセル範囲は必要に応じて変更できます。
3.2) ソース セル範囲のデータに基づいてドロップダウンリストを作成する場合、または値を手動で入力する必要がある場合は、セクションを選択してください。 値を入力するか、セル値を参照してください オプション。 テキストボックスで、セル範囲を選択するか、値を入力します(コンマで区切ります)。これに基づいてドロップダウンリストを作成します。
3.3)をクリック OK.

ノート:Excelでプリセットされたカスタムリストに基づいてドロップダウンリストを作成する場合は、 カスタムリスト 内のオプション ソース セクションで、カスタムリストを選択します カスタムリスト ボックスをクリックし、 OK ボタン。

これで、ドロップダウンリストが選択した範囲に挿入されました。


ドロップダウンリストを編集する

ドロップダウンリストを編集したい場合は、このセクションのメソッドを使用すると便利です。

セル範囲に基づいてドロップダウンリストを編集する

セル範囲に基づいてドロップダウンリストを編集するには、次のようにします。

1.編集するドロップダウンリストを含むセルを選択し、をクリックします データ > データ検証 > データ検証.

2。 の中に データ検証 ダイアログボックスで、セル参照を変更します ソース ボックスをクリックし、 OK ボタン。

名前付き範囲に基づいてドロップダウンリストを編集する

名前付き範囲の値を追加または削除し、この名前付き範囲に基づいてドロップダウンリストが作成されるとします。 ドロップダウンリストに更新された値を表示するには、次のようにしてください。

1。 クリック > 名前管理者.

ヒント:開くことができます 名前管理者 を押してウィンドウ Ctrlキー + F3 キー。

2。 の中に 名前管理者 ウィンドウでは、次のように構成する必要があります。

2.1) お名前 ボックスで、更新する名前付き範囲を選択します。
2.2) を参照する セクション、ボタンをクリックします ドロップダウンリストの更新された範囲を選択します。
2.3)をクリックします 閉じる ボタン。

3.次に、 Microsoft Excelの ダイアログボックスが表示されたら、をクリックします はい ボタンをクリックして変更を保存します。

次に、この名前付き範囲に基づくドロップダウンリストが更新されます。


ドロップダウンリストを削除する

このセクションでは、Excelでドロップダウンリストを削除する方法について説明します。

Excelビルトインでドロップダウンリストを削除する

Excelには、ワークシートからドロップダウンリストを削除するのに役立つ組み込み機能があります。 次のようにしてください。

1.削除するドロップダウンリストを含むセル範囲を選択します。

2。 クリック データ > データ検証 > データ検証.

3。 の中に データ検証 ダイアログボックスで すべてをクリア ボタンをクリックし、次にをクリックします。 OK 変更を保存します。

これで、ドロップダウンリストが選択した範囲から削除されます。

素晴らしいツールでドロップダウンリストを簡単に削除

Kutools for Excel 便利なツールを提供します- データ検証の制限をクリアするs XNUMXつまたは複数の選択した範囲からドロップダウンリストを一度に簡単に削除できるようにします。 次のようにしてください。

1.削除するドロップダウンリストを含むセル範囲を選択します。

2。 クリック クツール > 入力を防ぐ > データ検証の制限をクリアする。 スクリーンショットを参照してください:

3.次に、 Kutools for Excel ドロップダウンリストをクリアするかどうかを尋ねるダイアログボックスがポップアップします。クリックしてください OK ボタン。

次に、この選択した範囲のドロップダウンリストがすぐに削除されます。


ドロップダウンリストに色を追加

場合によっては、ドロップダウンリストセルのデータを一目で区別するために、色分けされたドロップダウンリストを作成する必要があります。 このセクションでは、問題を詳細に解決するのに役立つXNUMXつの方法を提供します。

条件付き書式を使用してドロップダウンリストに色を追加する

ドロップダウンリストを含むセルに条件付きルールを作成して、色分けすることができます。 次のようにしてください。

1.色分けするドロップダウンリストを含むセルを選択します。

2。 クリック ホーム > 条件付き書式 > ルールの管理.

3。 の中に 条件付きフォーマットRuesManager ダイアログボックスで 新しいルール ボタン。

4。 の中に 新しい書式設定規則 ダイアログボックスで、次のように構成してください。

4.1) ルールタイプを選択します ボックスで、 を含むセルのみをフォーマットします オプション;
4.2) セルのみをフォーマットする セクション、選択 特定のテキスト 最初のドロップダウンリストから、 含む XNUMX番目のドロップダウンリストから、XNUMX番目のボックスでソースリストの最初の項目を選択します。
ヒント:ここでは、16番目のテキストボックスでセルA16を選択します。 AXNUMXは、ドロップダウンリストを作成したソースリストの最初の項目です。
4.3)をクリックします フォーマット ボタン。
4.4) セルの書式設定 ダイアログボックスで 埋める タブで、指定したテキストの背景色を選択し、[ OK ボタン。 または、必要に応じてテキストの特定のフォントの色を選択できます。
4.5)をクリックします OK に戻ったときのボタン 新しい書式設定規則 ダイアログボックス。

5.に戻ったとき 条件付き書式ルールマネージャー ダイアログボックスで、上記の手順3と4を繰り返して、他のドロップダウンアイテムの色を指定します。 色の指定が終了したら、をクリックします OK 変更を保存します。

これ以降、ドロップダウンリストからアイテムを選択すると、選択したテキストに基づいて指定した背景色でセルが強調表示されます。

素晴らしいツールでドロップダウンリストに色を簡単に追加

ここで紹介します 色付きのドロップダウンリスト の特徴 Kutools for Excel Excelのドロップダウンリストに色を簡単に追加できるようにします。

1.色を追加するドロップダウンリストを含むセルを選択します。

2。 クリック クツール > ドロップダウンリスト > 色付きのドロップダウンリスト.

3。 の中に 色付きのドロップダウンリスト ダイアログボックスは、次のようにしてください。

3.1) 適用する セクションで、 ドロップダウンリストのセル オプション;
3.2) データ検証(ドロップダウンリスト)範囲 ボックスをクリックすると、選択したセル参照が内部に表示されます。 必要に応じてセル範囲を変更できます。
3.3) リストアイテム ボックス(選択した範囲のすべてのドロップダウンアイテムがここに表示されます)で、色を指定するアイテムを選択します。
3.4) 色を選択 セクションで、背景色を選択します。
ノート:他のアイテムに異なる色を指定するには、手順3.3と3.4を繰り返す必要があります。
3.5)をクリックします OK ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

ヒント:ドロップダウンリストの選択に基づいて行を強調表示する場合は、 データ範囲の行 内のオプション 適用する セクションをクリックし、で強調表示する行を選択します 行を強調表示 ボックス。

これで、ドロップダウンリストは以下のスクリーンショットのように色分けされます。

ドロップダウンリストの選択に基づいてセルを強調表示する

ドロップダウンリストの選択に基づいて行を強調表示する


ExcelまたはGoogleシートで依存ドロップダウンリストを作成する

依存ドロップダウンリストは、最初のドロップダウンリストで選択された値に応じて選択肢を表示するのに役立ちます。 ExcelワークシートまたはGoogleスプレッドシートで依存(カスケード)ドロップダウンリストを作成する必要がある場合は、このセクションの方法を参考にしてください。

Excelワークシートに依存するドロップダウンリストを作成する

以下のデモは、Excelワークシートに依存するドロップダウンリストを表示します。

大きな地図は Excelで依存カスケードドロップダウンリストを作成するにはどうすればよいですか? ステップバイステップガイドチュートリアルについては。

Googleスプレッドシートに依存するドロップダウンリストを作成する

グーグルシートで依存ドロップダウンリストを作成したい場合は、を参照してください Googleスプレッドシートで依存ドロップダウンリストを作成するにはどうすればよいですか?


検索可能なドロップダウンリストを作成する

ワークシート内のアイテムの長いリストを含むドロップダウンリストの場合、リストから特定のアイテムを選択するのは簡単ではありません。 アイテムの最初の文字または複数の連続した文字を覚えている場合は、ドロップダウンリストで検索機能を実行して簡単にフィルタリングできます。 このセクションでは、Excelで検索可能なドロップダウンリストを作成する方法を示します。

以下のスクリーンショットに示すように、Sheet1の列Aの場所に基づいてドロップダウンリストを作成するソースデータを想定します。 これらのデータを使用してExcelで検索可能なドロップダウンリストを作成するには、次の手順を実行してください。

1.まず、配列数式を使用して、ソースデータリストの横にヘルパー列を作成します。

この場合、セルB2を選択し、以下の数式を入力して、を押します。 Ctrlキー + シフト + 入力します 最初の結果を得るためのキー。

=IFERROR(INDEX($A$2:$A$50,SMALL(IFERROR(MATCH(IF(FIND(CELL("contents"),$A$2:$A$50)>0,$A$2:$A$50,""),$A$2:$A$50,0),""),ROW(A1))),"")

最初の結果セルを選択し、そのセルをドラッグします フィルハンドル リストの最後に到達するまでずっと下に移動します。

ノート:この配列数式では、$ A $ 2:$ A $ 50は、ドロップダウンリストを作成するソースデータ範囲です。 データ範囲に応じて変更してください。

2。 クリック > 名前を定義する.

3。 の中に 名前の編集 ダイアログボックスで、次のように構成してください。

3.1) お名前 ボックスに、名前付き範囲の名前を入力します。
3.2) を参照する ボックスに、以下の式を入力します。
=OFFSET(Sheet1!$B$2,0,0,COUNTA(Sheet1!$B$2:$B$50)-COUNTIF(Sheet1!$B$2:$B$50,""),1)
3.3)をクリックします OK ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

次に、名前付き範囲に基づいてドロップダウンリストを作成する必要があります。 この場合、Sheet2に検索可能なドロップダウンリストを作成します。

4. Sheet2を開き、ドロップダウンリストのセル範囲を選択して、[ データ > データ検証 > データ検証.

5。 の中に データ検証 ダイアログボックスは、次のようにしてください。

5.1) 許可する ボックス、選択 リスト;
5.2)をクリックします ソース ボックスをクリックし、を押します F3 キー;
5.3)ポップアップで 名前を貼り付け ダイアログで、手順3で作成した名前付き範囲を選択し、[ OK;
ヒント:名前付き範囲は次のように直接入力できます =名前付き範囲ソース ボックス。
5.4)をクリックします エラーアラート タブをクリックし、 無効なデータが入力された後にエラーアラートを表示する ボックスをクリックし、最後に OK ボタン。

6.シートタブ(シート2)を右クリックして、 コードを表示 右クリックメニューから。

7.オープニングで Microsoft Visual Basic for Applications ウィンドウで、以下のVBAコードをコードエディタにコピーします。

VBAコード:Excelで検索可能なドロップダウンリストを作成する

Private Sub Worksheet_SelectionChange(ByVal Target As Range)
Application.Calculate
End Sub

8。 プレス 他の + Q を閉じるためのキー アプリケーション用のMicrosoftVisual Basic 窓。

これで、検索可能なドロップダウンリストが作成されます。 アイテムをピックアップする場合は、このアイテムのXNUMXつまたは複数の連続する文字をドロップダウンセルに入力し、ドロップダウン矢印をクリックすると、入力したコンテンツに基づくアイテムがドロップダウンリストに一覧表示されます。 スクリーンショットを参照してください:

ノート:この方法では大文字と小文字が区別されます。


ドロップダウンリストを作成しますが、異なる値を表示します

ドロップダウンリストを作成したとすると、そこからアイテムを選択するときに、セルに他の何かを表示する必要があります。 以下のデモに示すように、国名リストに基づいてドロップダウンリストを作成しました。ドロップダウンから国名を選択するときに、選択した国名の省略形をドロップダウンセルに表示します。 このセクションでは、問題の解決に役立つVBAメソッドを提供します。

1.ソースデータの右側(国名列)に、ドロップダウンセルに表示する国名の略語を含む新しい列を作成します。

2.国名リストと略語リストの両方を選択し、に名前を入力します お名前 ボックスを押してから 入力します キー。

3.ドロップダウンリストのセルを選択し(ここではD2:D8を選択)、[ データ > データ検証 > データ検証.

4。 の中に データ検証 ダイアログボックスで、次のように構成してください。

4.1) 許可する ボックス、選択 リスト;
4.2) ソース ボックスで、ソースデータ範囲(この場合は国名リスト)を選択します。
4.3)をクリック OK.

5.ドロップダウンリストを作成したら、シートタブを右クリックして、[ コードを表示 右クリックメニューから。

6.オープニングで Microsoft Visual Basic for Applications ウィンドウで、以下のVBAコードをコードエディタにコピーします。

VBAコード:ドロップダウンリストにさまざまな値を表示する

Private Sub Worksheet_Change(ByVal Target As Range)
'Updateby Extendoffice 20201027
    selectedNa = Target.Value
    If Target.Column = 4 Then
        selectedNum = Application.VLookup(selectedNa, ActiveSheet.Range("dropdown"), 2, False)
        If Not IsError(selectedNum) Then
            Target.Value = selectedNum
        End If
    End If
End Sub

ノート:

1)コードでは、行の番号4 Target.Column = 4の場合 次に、手順3と4で作成したドロップダウンリストの列番号を表します。ドロップダウンリストが列Fにある場合は、番号4を6に置き換えてください。
2)「落ちる2行目の「」は、手順XNUMXで作成した範囲名です。必要に応じて変更できます。

7。 プレス 他の + Q を閉じるためのキー Microsoft Visual Basic for Applications 窓。

これ以降、ドロップダウンリストから特定の国名を選択すると、選択した国名の対応する略語がセルに表示されます。


チェックボックス付きのドロップダウンリストを作成する

多くのExcelユーザーは、チェックボックスをオンにするだけでリストから複数のアイテムを選択できるように、複数のチェックボックスを備えたドロップダウンリストを作成する傾向があります。

以下のデモに示すように、ドロップダウンリストを含むセルをクリックすると、リストボックスが表示されます。 リストボックスでは、各項目の前にチェックボックスがあります。 チェックボックスをオンにすると、対応する項目がセルに表示されます。

Excelでチェックボックス付きのドロップダウンリストを作成する場合は、を参照してください。 Excelで複数のチェックボックスを使用してドロップダウンリストを作成するにはどうすればよいですか?.


ドロップダウンリストにオートコンプリートを追加

大きなアイテムを含むデータ検証ドロップダウンリストがある場合は、リストを上下にスクロールして適切なアイテムを見つけるか、リストボックスに単語全体を直接入力する必要があります。 ドロップダウンリストに最初の文字を入力するときにオートコンプリートできる場合は、すべてが簡単になります。

Excelのワークシートでドロップダウンリストをオートコンプリートする方法については、を参照してください。 Excelのドロップダウンリストに入力するときにオートコンプリートする方法は?.


ドロップダウンリストの選択に基づいてデータをフィルタリングする

このセクションでは、数式を適用してドロップダウンリストフィルターを作成し、ドロップダウンリストからの選択に基づいてデータを抽出する方法を示します。

1.まず、データを抽出する特定の値を使用してドロップダウンリストを作成する必要があります。

ヒント:上記の手順に従ってください Excelでドロップダウンリストを作成する.

アイテムの一意のリストを使用してドロップダウンリストを作成します

範囲内に重複があり、アイテムの繰り返しを含むドロップダウンリストを作成したくない場合は、次のようにアイテムの一意のリストを作成できます。

1)作成するセルをコピーしてドロップダウンリストを作成します Ctrlキー + C キーを押してから、新しい範囲に貼り付けます。

2)新しい範囲のセルを選択し、をクリックします データ > 重複を削除する.

3) 重複を削除する ダイアログボックスで OK ボタン。

4)次に Microsoft Excelの 削除された重複の数を示すポップアップが表示されたら、をクリックします OK.

これで、アイテムの一意のリストを取得できました。この一意のリストに基づいてドロップダウンリストを作成できます。

2.次に、次のようにXNUMXつのヘルパー列を作成する必要があります。

2.1)最初のヘルパー列(ここでは最初のヘルパー列として列Dを選択)の場合、最初のセル(列ヘッダーを除く)に次の数式を入力し、を押します。 入力します キー。 結果セルを選択し、ドラッグします フィルハンドル 範囲の下限に達するまでずっと下に移動します。
= ROWS($ A $ 2:A2)
2.2)2番目のヘルパー列(E列)の場合、セルEXNUMXに次の数式を入力し、を押します。 入力します キー。 E2を選択し、ドラッグします フィルハンドル 範囲の一番下に。
注:ドロップダウンリストで値が選択されていない場合、ここでは数式の結果が空白で表示されます。
= IF(A2 = $ H $ 2、D2、 "")
2.3)2番目のヘルパー列(F列)の場合、FXNUMXに次の式を入力し、を押します。 入力します キー。 F2を選択し、ドラッグします フィルハンドル 範囲の一番下に。
ノート:ドロップダウンリストで値が選択されていない場合、数式の結果は空白で表示されます。
= IFERROR(SMALL($ E $ 2:$ E $ 17、D2)、 "")

3.元のデータ範囲に基づいて範囲を作成し、以下の式で抽出データを出力します。

3.1)最初の出力セルを選択し(ここではJ2を選択)、以下の数式を入力して、を押します。 入力します キー。
=IFERROR(INDEX($A$2:$C$17,$F2,COLUMNS($J$2:J2)),"")
3.2)結果セルを選択し、ドラッグします フィルハンドル 右のXNUMXつのセルに渡って。
3.3)範囲J2:l2を選択したまま、範囲の下限に達するまでフィルハンドルを完全に下にドラッグします。

ノート:

1)ドロップダウンリストで値が選択されていない場合、数式の結果は空白で表示されます。
2)必要に応じて、XNUMXつのヘルパー列を非表示にできます。

これでドロップダウンリストフィルターが作成され、ドロップダウンリストの選択に基づいて元のデータ範囲からデータを簡単に抽出できます。


ドロップダウンリストから複数のアイテムを選択します

デフォルトでは、ドロップダウンリストでは、ユーザーはセル内で一度にXNUMXつのアイテムのみを選択できます。 ドロップダウンリストでアイテムを再選択すると、以前に選択したアイテムが上書きされます。 ただし、以下のデモに示すように、ドロップダウンリストから複数のアイテムを選択し、それらすべてをドロップダウンセルに表示するように求められた場合、どうすればよいでしょうか。

Excelのドロップダウンリストから複数のアイテムを選択するには、を参照してください。 Excelで複数の選択または値を使用してドロップダウンリストを作成するにはどうすればよいですか?。 このチュートリアルでは、問題の解決に役立つXNUMXつの方法を詳しく説明します。


ドロップダウンリストのデフォルト(事前選択)値を設定します

デフォルトでは、ドロップダウンリストのセルは空白で表示され、ドロップダウン矢印はセルをクリックしたときにのみ表示されます。 ワークシートのドロップダウンリストがどのセルに含まれているかを一目で把握するにはどうすればよいですか?

このセクションでは、Excelのドロップダウンリストにデフォルトの(事前に選択された)値を設定する方法を示します。 次のようにしてください。

以下のXNUMXつの方法を適用する前に、ドロップダウンリストを作成し、次のようにいくつかの構成を行う必要があります。

1.ドロップダウンリストのセルを選択し、をクリックします データ > データ検証 > データ検証.

ヒント:ドロップダウンリストを既に作成している場合は、ドロップダウンリストを含むセルを選択して、をクリックしてください。 データ > データ検証 > データ検証.

2。 の中に データ検証 ダイアログボックスで、次のように構成してください。

2.1) 許可する ボックス、選択 リスト;
2.2) ソース ボックスで、ドロップダウンリストに表示するソースデータを選択します。
ヒント:作成済みのドロップダウンリストについては、次のXNUMXつの手順をスキップしてください。
2.3)次に、 エラーアラート タブをクリックし、 無効なデータが入力された後にエラーアラートを表示する ボックス;
2.4)をクリックします OK ボタン。

ドロップダウンリストを作成した後、以下のいずれかの方法を適用してデフォルト値を設定してください。

式を使用してドロップダウンリストのデフォルト値を設定します

以下の式を適用して、上記の手順で作成したドロップダウンリストのデフォルト値を設定できます。

1.ドロップダウンリストセルを選択し、以下の数式を入力して、を押します。 入力します キーを押してデフォルト値を表示します。 ドロップダウンリストのセルが連続している場合は、 フィルハンドル 結果セルの数式を他のセルに適用します。

= IF(C2 = ""、 "-リストからアイテムを選択-")

ノート:

1)式では、 C2 ドロップダウンリストセルの横にある空白のセルです。必要に応じて任意の空白のセルを指定できます。
2) -リストからアイテムを選択してください- ドロップダウンリストセルに表示するデフォルト値です。 必要に応じてデフォルト値を変更することもできます。
3)数式は、ドロップダウンからアイテムを選択する前にのみ機能します。ドロップダウンからアイテムを選択した後、デフォルト値が上書きされ、数式が消えます。
ワークシート内のすべてのドロップダウンリストのデフォルト値をVBAコードで一度に設定します

ワークシートのさまざまな範囲にドロップダウンリストが多数あるとすると、それらすべてにデフォルト値を設定するには、数式を繰り返し適用する必要があります。 それは時間がかかります。 このセクションでは、ワークシート内のすべてのドロップダウンリストのデフォルト値を一度に設定するための便利なVBAコードを提供します。

1.デフォルト値を設定するドロップダウンリストを含むワークシートを開き、を押します。 他の + F11 キーを押して Microsoft Visual Basic for Applications 窓。

2。 の中に Microsoft Visual Basic for Applications ウィンドウ、クリック インセット > モジュール、次に、以下のVBAコードをコードウィンドウに貼り付けます。

VBAコード:ワークシート内のすべてのドロップダウンリストのデフォルト値を一度に設定します

Sub SetDropDownListToDefaultValue()
'Updated by Extendoffice 20201026
Dim xWs As Worksheet
Dim xRg, xFRg As Range
Dim xET: xET = Null
Dim xStr As String
xStr = "- Choose from the list -"
Set xWs = Application.ActiveSheet
Set xRg = xWs.UsedRange.Cells
    On Error Resume Next
    For Each xFRg In xRg
    xET = Null
    xET = xFRg.Validation.Type
    If Not IsNull(xET) Then
        If xFRg.Validation.Type = 3 Then
            xFRg.Value = "'" & xStr
        End If
    End If
    Next
End Sub

ノート:上記のコードでは、 -リストから選択します- ドロップダウンリストセルに表示するデフォルト値です。 必要に応じてデフォルト値を変更することもできます。

3。 プレス F5 キーを押すと、[マクロ]ダイアログボックスが表示されます。 DropDownListToDefault で選択されている マクロ名 ボックスをクリックし、 ラン ボタンを押してコードを実行します。

次に、指定したデフォルト値がドロップダウンリストのセルにすぐに入力されます。


ドロップダウンリストのフォントサイズを大きくする

通常、ドロップダウンリストのフォントサイズは固定されています。フォントサイズが小さすぎて読みにくい場合は、以下のVBAメソッドを試して拡大できます。

1.フォントサイズを拡大するドロップダウンリストを含むワークシートを開き、シートタブを右クリックして、を選択します。 コードを表示 右クリックメニューから。

2。 の中に Microsoft Visual Basic for Applications ウィンドウで、以下のVBAコードをコードエディタにコピーします。

VBAコード:ワークシートのドロップダウンリストのフォントサイズを拡大します

Private Sub Worksheet_SelectionChange(ByVal Target As Range)
'updateby Extendoffice 20201027
    On Error GoTo LZoom
    Dim xZoom As Long
    xZoom = 100
    If Target.Validation.Type = xlValidateList Then xZoom = 130
LZoom:
    ActiveWindow.Zoom = xZoom
End Sub

ノート: ここに xZoom = 130 コード内では、現在のワークシートのすべてのドロップダウンリストのフォントサイズを130に拡大することを意味します。必要に応じて変更できます。

3。 プレス 他の + Q を閉じるためのキー Microsoft Visual Basic for Applications 窓。

これ以降、ドロップダウンセルをクリックすると、現在のワークシートのズームレベルが拡大され、ドロップダウン矢印をクリックすると、すべてのドロップダウンアイテムのフォントサイズも拡大されます。

ドロップダウンリストから項目を選択した後、ドロップダウンセルの外側のセルをクリックして、元のズームレベルに戻ることができます。


最高のオフィス生産性ツール

Kutools for Excelはほとんどの問題を解決し、生産性を80%向上させます

  • 再利用: すばやく挿入 複雑な数式、チャート および以前に使用したものすべて。 セルを暗号化する パスワード付き。 メーリングリストを作成する そしてメールを送る...
  • スーパーフォーミュラバー (複数行のテキストと数式を簡単に編集できます); 読書レイアウト (多数のセルを簡単に読み取って編集する); フィルター範囲に貼り付け...
  • セル/行/列をマージする データを失うことなく; 分割セルコンテンツ; 重複する行/列を組み合わせる...重複セルを防止します。 範囲を比較する...
  • [複製]または[一意]を選択します 行; 空白行を選択 (すべてのセルは空です); スーパーファインドとファジーファインド 多くのワークブックで; ランダム選択...
  • 正確なコピー 数式参照を変更せずに複数のセル。 参照の自動作成 複数のシートに; 箇条書きを挿入、チェックボックスなど...
  • テキストを抽出、テキストの追加、位置による削除、 スペースを削除する; ページング小計の作成と印刷。 セルの内容とコメントを変換する...
  • スーパーフィルター (フィルタースキームを保存して他のシートに適用します); 高度な並べ替え 月/週/日、頻度など。 特殊フィルター 太字、斜体...
  • ワークブックとワークシートを組み合わせる; キー列に基づいてテーブルをマージします。 データを複数のシートに分割; xls、xlsx、PDFをバッチ変換...
  • 300以上の強力な機能。 Office / Excel2007-2019および365をサポートします。すべての言語をサポートします。 企業や組織に簡単に導入できます。 全機能30日間の無料トライアル。 60日間の返金保証。
kteタブ201905

Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性が50%向上し、毎日何百ものマウスクリックが減ります。
officetab下部
Say something here...
symbols left.
You are guest
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    通りすがりのわんこ · 1 months ago
    こちらはOffice365ですが、どうやらそのコーディングでは動作しないようです。
    代わりに初歩的ですが、以下にて動作を確認出来ました。

    Private Sub Worksheet_SelectionChange(ByVal Target As Range)

    Dim xZoom As Variant
    If (Target.Row >= 11 And Target.Row <= 35 And Target.Column >= 3 And Target.Column <= 6) Then
    ActiveWindow.zoom = 150
    Else
    ActiveWindow.zoom = 60
    End If
    End Sub