メインコンテンツへスキップ

Excel の列比較: 一致点と相違点を見つけよう!

ドキュメントのセルの比較

このガイドでは、多くのユーザーにとって日常的なタスクである Excel の XNUMX つの列を比較するさまざまな方法を詳しく説明します。 あなたがそうであるかどうか 行ごとに比較する, 細胞ごとに, 一致を強調表示するまたは 違いを特定する, このチュートリアルでは、遭遇する可能性のあるさまざまなシナリオに対処します。 Excel エクスペリエンスを向上させることを目的として、ほとんどの状況に対応するソリューションを厳選しました。 注: 適切な表を使用すると、目的のコンテンツにすばやく移動できます👉。


XNUMX つの列を行ごとに比較します

 

以下は、列 B の名前が同じ行内の列 C の名前と同じかどうかを確認する必要があるデータセット (範囲 B2:C8) です。

doc比較列1.1

このパートでは、XNUMX つの列を行ごとに比較する方法を説明する XNUMX つの例を示します。


例 1: 同じ行内のセルを比較する

一般に、XNUMXつの列を行ごとに比較して完全に一致させる場合は、次の式を使用できます。

=B2=C2

doc比較列1.1

イベント Enter キーを押して、塗りつぶしハンドルをセル D8 までドラッグします。 数式が TRUE を返す場合、XNUMX つの列の同じ行の値は完全に同じです。 FALSE が返された場合、値は異なります。

ドキュメント比較列

または、次のように IF 関数を使用して、一致または不一致を示す特定のテキストを表示することもできます。

=IF(B2=C2,"Match","No match")

結果は以下のようになります。

ドキュメント比較列


例 2: 同じ行内のセルを大文字と小文字を区別して比較する

大文字と小文字を区別して XNUMX つの列を行ごとに比較する場合は、IF 関数と EXACT 関数を組み合わせた数式を使用できます。

IF(EXACT(B2,C2), "Match", "Mismatch")

ドキュメント比較列

イベント Enter キーを押して最初の結果を取得し、自動入力ハンドルをセルD8にドラッグします。

ドキュメント比較列

上記の式で、「一致」と「不一致」のテキストを独自の説明に変更できます。


同じ行内の複数の列を比較する

場合によっては、以下のスクリーンショットに示すデータ セット (範囲 B2:D7) など、同じ行内の XNUMX つ以上の列を比較したい場合があります。 このセクションでは、複数の列を比較するさまざまな方法をリストします。

doc比較列1.1

ここでは、同じ行内の複数の列を比較するための詳細な手順を XNUMX つの部分に分割しています。


例1: 複数の列を比較し、同じ行内のすべてのセルで一致を検索します。

同じ行内の列間で完全に一致するものを見つけるには、以下の式が役に立ちます。

=IF(COUNTIF($B2:$D2, $B2)=3, "Full match", "Not")

doc 行ごとに比較 2

イベント Enter キーを押して最初の比較結果を取得し、自動入力ハンドルをセルE7にドラッグします。

同じ行のセルが一致する場合は「完全一致」、一致しない場合は「不一致」が表示されます。
ノート:
  • この式では、大文字と小文字を区別せずに列が比較されます。
  • 式では、3は列の数であり、必要に応じて変更できます。

例 2: 複数の列を比較し、同じ行内の任意の XNUMX つのセルで一致するものを見つける

同じ行のXNUMXつの列が一致するかどうかを確認したい場合は、以下のIF式を使用できます。

=IF(COUNTIF($B2:$D2,$B2)>=2,"Match","No match")

イベント Enter キーを押し、塗りつぶしハンドルをセルE7にドラッグします。

この数式では、同じ行内の任意の XNUMX 組のセルを比較する必要があります。 「一致」は、一致する XNUMX つのセルがあることを示します。一致するセルがない場合、数式には「一致しません」と表示されます。必要に応じてテキストを変更できます。
ノート
  • この数式は大文字と小文字の区別をサポートしていません。
  • 式の 2 は、同じ行の任意の 2 つの列で一致を見つけることを示します。 同じ行の 3 つの列で一致を検索する場合は、XNUMX を XNUMX に変更します。

XNUMX つまたは複数の列を行ごとに比較し、一致または相違点を強調表示します。

 

XNUMX つ以上の列を比較し、一致または相違点を強調表示する場合、このセクションではこれらのジョブを処理する XNUMX つの方法を紹介します。

doc比較列1.1

一致と相違点を比較して強調表示するための XNUMX つの例があります


例 1: XNUMX つの列を比較し、同じ行のすべてのセルまたは同じ行の任意の XNUMX つのセルで完全に一致するものを強調表示します。

すべてのセルまたは同じ行内の任意の XNUMX つのセルの一致を強調表示するには、条件付き書式設定機能が役に立ちます。

1.使用する範囲を選択し、をクリックします ホーム > 条件付き書式 > 新しいルール.

2。 の中に 新しい書式設定規則 対話

  1. 選択する 式を使用して、フォーマットするセルを決定する ルールタイプを選択します
  2. 以下の式を使用してください この数式が真であるときの書式値 テキストボックス。
    =COUNTIF($B2:$D2, $B2)=3
  3. フォーマット.

ドキュメント比較ハイライト 2

3 つの列を比較する場合は、式の 2 を 3 に変更します。 5 つの列を比較する場合は、式の XNUMX を XNUMX に変更します。

3。 の中に セルの書式設定 ダイアログで、行を目立たせるための塗りつぶしの色または他のセルの書式設定を選択します。 クリック OK > OK ダイアログを閉じます。

これで、すべてのセルが一致する行のみが強調表示されます。


例 2: XNUMX つの列を比較し、同じ行の違いを強調表示する

同じ行内の相違点を強調表示する場合、つまり列のセルを XNUMX つずつ比較し、最初の列に従って異なるセルを見つける場合は、Excel の組み込み機能である「特別に移動」を使用できます。

1.行の違いを強調表示する範囲を選択し、をクリックします ホーム > 検索と選択 > 特別に行く.

2.ポッピングで 特別に行く ダイアログで選択 行の違い オプション。 クリック OK.

これで行の違いが選択されました。

3 セルを選択したままにして、 ホーム > 塗りつぶしの色 ドロップダウンメニューからXNUMXつの色を選択します。

Note: この方法では、大文字と小文字を区別せずにセルを比較します。

セル内の XNUMX つの列を比較して、一意のデータと重複したデータを確認します。

 

この部分では、データ セット (範囲 B2:C8) が次のように示されており、列 B と列 C の両方にあるすべての値を同時に検索するか、列 B のみの値を検索します。

このセクションでは、セル内の 4 つの列を比較するための XNUMX つの異なる方法を示します。必要に応じて次のいずれかを選択できます。


例 1: セル内の XNUMX つの列を比較し、比較結果を別の列に表示する

ここでは、IF 関数と COUNTIF 関数を組み合わせた数式を使用して XNUMX つの列を比較し、列 B にはあるが列 C には存在しない値を見つけることができます。

=IF(COUNTIF($C$2:$C$8, $B2)=0, "No in C", "Yes in C")

イベント Enter キーを押して、自動入力ハンドルをセルD8にドラッグします。

ノート
  • この数式は、大文字と小文字を区別せずに XNUMX つの列を比較します。
  • 「C でいいえ」と「C ではい」という説明は、別の説明に変更できます。

例 2: セル内の XNUMX つの列を比較し、便利なツールを使用して重複データまたは一意のデータを選択または強調表示する

XNUMXつの列を比較した後、選択、削除、コピーなど、一致または相違に対して他のアクションを実行する場合があります。 この場合、便利なツール– 同じセルと異なるセルを選択する of Kutools for Excel 次の操作をより適切に行うために、一致または相違を直接選択できます。また、値を直接強調表示することもできます。

後の Kutools forExcelの無料インストール、クリック クツール > 選択 > 同じセルと異なるセルを選択する。 次に、[同じセルと異なるセルを選択]ダイアログで、以下の手順を実行します。

  1. で値を検索 > による セクション、 XNUMX つの列を選択します 別に比較していたもの。
  2. 選択する 各行 オプションを選択します。
  3. 選択する 同じ値 or 異なる値 必要に応じて
  4. 選択した値に色を付けるかどうかを指定し、クリックします OK.

見つかった値の数を通知するダイアログが表示されます。 OK ダイアログを閉じます。 同時に、値が選択されたので、削除、コピー、またはその他の操作を実行できます。

[背景色を塗りつぶす] チェックボックスと [フォント色を塗りつぶす] チェックボックスをオンにすると、結果は次のように表示されます。

ノート


例 3: セル内の XNUMX つの列を比較し、重複データまたは一意のデータを強調表示する

Excel の条件付き書式設定機能は強力です。この機能を使用すると、セル内の XNUMX つの列を比較し、必要に応じて相違点や一致点を強調表示できます。

1.比較するXNUMXつの列を選択し、[ ホーム > 条件付き書式 > ハイライトセルのルール > 重複値.

2. ポップされた重複値ダイアログで、 ハイライト形式を選択する 値のドロップダウン リストから必要な値を選択します。

3。 クリック OK。 次に、XNUMXつの列の重複が強調表示されています。

Note: XNUMX つの列の一意の値 (差異) を強調表示する場合は、 ユニークな 手順 2 の左側のドロップダウン リストにある

例 4: セル内の XNUMX つの列を比較し、別の列の完全な重複をリストする

大文字と小文字を区別して XNUMX つの列をセルごとに比較した後、別の列の一致する値をリストしたい場合は、以下のマクロ コードが役に立ちます。

1. XNUMXつの列を比較するシートを有効にしてから、を押します。 Alt + F11 表示するキー アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2。 クリック インセット > モジュール セクションに アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

3.次に、以下のコードをコピーして、新しい空白のモジュールスクリプトに貼り付けます。

VBA:XNUMXつの列を比較した後、列の横に重複をリストします

Sub ExtendOffice_FindMatches()
'UpdatebyKutools
Dim xRg, xRgC1, xRgC2, xRgF1, xRgF2 As Range
Dim xIntSR, xIntER, xIntSC, xIntEC As Integer
On Error Resume Next
SRg:
Set xRgC1 = Application.InputBox("Select first column:", "Kutools for Excel", , , , , , 8)
If xRgC1 Is Nothing Then Exit Sub
If xRgC1.Columns.Count <> 1 Then
    MsgBox "Please select single column"
    GoTo SRg
End If
SsRg:
Set xRgC2 = Application.InputBox("Select the second column:", "Kutools for Excel", , , , , , 8)
If xRgC2 Is Nothing Then Exit Sub
If xRgC2.Columns.Count <> 1 Then
    MsgBox "Please select single column"
    GoTo SsRg
End If
Set xWs = xRg.Worksheet
For Each xRgF1 In xRgC1
    For Each xRgF2 In xRgC2
        If xRgF1.Value = xRgF2.Value Then xRgF2.Offset(0, 1) = xRgF1.Value
    Next xRgF2
Next xRgF1
End Sub

4。 押す F5 キーを押してコードを実行すると、XNUMX つのダイアログが XNUMX つずつポップアップ表示され、XNUMX つの列を個別に選択できます。 次にクリックします OK > OK.

最初に左の列を選択し、次に XNUMX 番目のダイアログで右の列を選択してください。そうしないと、XNUMX 番目の列の元のデータが重複によって置き換えられます。

一致したものは、XNUMX つの列のうちの右側の列に自動的にリストされます。


XNUMX つのリストを比較し、一致するデータを取得する

ここでは、XNUMX つのリストを比較してデータを取得するための XNUMX つの異なるシナリオを紹介します。


例 1: XNUMX つの列を比較し、完全に一致するデータを取得する

たとえば、XNUMXつのテーブルがあり、列Bと列Eを比較し、列Cから相対価格を見つけて、列Fに返します。

ここでは、このジョブを解決するために役立つ公式をいくつか紹介します。

セルF2(戻り値を配置するセル)で、次の数式のいずれかを使用します。

=VLOOKUP(E2,$B$2:$C$8,2,0)

Or

=INDEX($B$2:$C$8,MATCH(E2,$B$2:$B$8,0),2)

イベント Enter キー、および最初の値が見つかりました。 次に、自動入力ハンドルをセルF6までドラッグすると、すべての値が抽出されます。

ノート
  • 数式では大文字と小文字の区別はサポートされていません。
  • 式内の数字 2 は、テーブル配列の XNUMX 列目に一致する値が見つかることを示します。
  • 数式で相対値が見つからない場合は、エラー値 #N/A が返されます。

数式と混同している場合は、便利なツールを試すことができます– フォーミュラヘルパー of Kutools for Excel、Excelのほとんどの問題を解決するための複数の数式が含まれています。 これを使用すると、範囲を選択するだけで、数式の使用方法を覚えておく必要はありません。 ダウンロードして今すぐ試してみてください!


例 2: XNUMX つの列を比較し、部分的に一致するデータを取得する

以下のスクリーンショットに示すように、比較した XNUMX つの列に若干の違いがある場合、上記の方法は機能しません。

セルF2(戻り値を配置するセル)で、次の数式のいずれかを使用します。

=VLOOKUP("*"&E2&"*",$B$2:$C$8,2,0)

Or

=INDEX($B$2:$C$8,MATCH("*"&E2&"*",$B$2:$B$8,0),2)

イベント Enter キー、および最初の値が見つかりました。 次に、自動入力ハンドルをセルF6までドラッグすると、すべての値が抽出されます。

ノート
  • 数式では大文字と小文字の区別はサポートされていません。
  • 式内の数字 2 は、テーブル配列の XNUMX 列目に一致する値が見つかることを示します。
  • 数式で相対値が見つからない場合は、エラー値 #N/A が返されます。
  • 式内の * は、任意の文字または文字列を示すために使用されるワイルドカードです。

XNUMX つの列を比較し、欠落しているデータ ポイントを見つける

以下のスクリーンショットに示すように、XNUMXつの列があるとすると、列Bは長く、列Cは短くなります。 列Bと比較して、列Cで欠落しているデータを見つける方法は?


例 1: XNUMX つの列を比較し、欠落しているデータ ポイントを見つける

XNUMXつの列を比較した後に欠落しているデータのみを特定する場合は、次のいずれかの式を使用できます。

=ISERROR(VLOOKUP(B2,$C$2:$C$10,1,0))

Or

=NOT(ISNUMBER(MATCH(B2,$C$2:$C$10,0)))

イベント Enter キーを押してから、自動入力ハンドルをセルD10にドラッグします。 ここで、データが列Bと列Cの両方にある場合、数式はFALSEを返します。データが列Bのみにあり、列Cにない場合、数式はTRUEを返します。

Note: 上の XNUMX つの式は、大文字と小文字を区別せずにデータを比較します。

例 2: 欠落しているデータ ポイントを見つけて別の列にリストする (便利なツールを使用)

XNUMXつの列を比較した後、別の列に欠落データを一覧表示したり、短い列の下に欠落データを補足したりするなど、欠落データのフォローアップ操作を実行する場合は、便利なツールを試すことができます-同じセルと異なるセルを選択する of Kutools for Excel.

Kutools for Excelをインストールした後、クリック クツール > 選択 > 同じセルと異なるセルを選択する。 次に、[同じセルと異なるセルを選択] ダイアログで、次の手順を実行します。

  1. 値を見つける セクションで、完全なリストを含む長い列を選択します。
  2. による セクションで、一部のデータが欠落している短い列を選択します。
  3. 選択する 各行 オプションを選択します。
  4. 選択する 異なる値 オプション。 クリック OK.

欠落データの数を通知するダイアログが表示されます。 OK それを閉じるために。 次に、欠落しているデータが選択されています。

今、あなたは押すことができます Ctrl + C キーを押して、選択した欠落データをコピーし、を押して貼り付けます Ctrl + V 必要に応じて、短い列または別の新しい列の下にあるキー。

ノート:

例 3: XNUMX つの列を比較し、欠落しているデータを以下にリストします。

XNUMXつの列を比較した後、短い列の下に欠落しているデータを一覧表示する場合は、INDEX配列式が役立ちます。

短い列の下のセルに、セルC7を想定して、次の数式を入力します。

=INDEX($B$2:$B$10,MATCH(TRUE,ISNA(MATCH($B$2:$B$10,$C$2:C6,0)),0))

イベント Shift + Ctrl + Enter キーを押して最初の欠落データを取得し、エラー値#N / Aが返されるまで自動入力ハンドルを下にドラッグします。

次に、エラー値を削除すると、欠落しているすべてのデータが短い列の下に一覧表示されます。

Note: この数式は、大文字と小文字を区別せずにセルを比較します。

ワイルドカードを使用して XNUMX つの列を比較します

ここに列Bのデータのリストがあり、以下のスクリーンショットに示すように、列Dに「Apple」または「Candy」を含むセルをカウントするとします。

セルにXNUMXつ以上の値が含まれているかどうかをカウントするには、ワイルドカードを使用した数式を使用してこの問題を解決できます。

=SUM(COUNTIF(B2,"*" & $D$2:$D$3 & "*"))

イベント Shift + Ctrl + Enter キーを押して最初のチェックを取得し、自動入力ハンドルをセルF8までドラッグします。

ここで、関連セルの列 D に 1 つ以上の値が含まれている場合、結果には数値 0 が表示されます。 D 列に値が含まれていない場合は、XNUMX を返します。

列Dの値を含むセルの総数をカウントする場合は、以下のセルF8の数式を使用します。

ノート:
  • また、数式を使用して、セルに別の列の値が含まれているかどうかをカウントすることもできます
    =SUMPRODUCT(COUNTIF(B2,"*" &$D$2:$D$3& "*"))
    この数式は Enter キーを押してオートフィルハンドルをドラッグするだけです。
  • 式中の * は、任意の文字または文字列を示すワイルドカードです。

XNUMX つの列 (日付) より大きいか小さいかを比較します。

以下のスクリーンショットに示すように、日付の列がXNUMXつある場合は、同じ行の後半にある日付を比較することをお勧めします。


例 1: XNUMX つの列を比較して、より大きいか小さいかを確認します。

簡単な数式を使用して、各行の日付1が日付2より後かどうかをすばやく見つけることができます。

=IF(B2>C2,"Yes","No")

イベント Enter キーを押して最初に比較した結果を取得し、自動入力ハンドルをセルC6にドラッグしてすべての結果を取得します。

ノート:
  • Excel では、日付は一連の数値として保存されますが、実際には数値です。 したがって、式を適用して日付を直接比較します。
  • 各行の日付 1 が日付 2 よりも古いかどうかを比較する場合は、式内の記号 > を < に変更します。

例 2: XNUMX つの列を比較し、それより大きいか小さい場合はフォーマットします

列日付 1 が日付 2 より大きい場合にそのセルを強調表示する場合は、Excel の条件付き書式設定機能を使用できます。

1.列B(Date1)で日付を選択し、をクリックします ホーム > 条件付き書式 > 新しいルール.

2。 の中に 新しい書式設定規則 ダイアログ、選択 式を使用して、フォーマットするセルを決定する セクションに ルールタイプを選択します セクション、次に数式を入力します

 =$B2>$C2

のテキストボックスに この式が真である場合に値をフォーマットします。

列Cのセルよりも小さい列Bのセルを強調表示する場合は、数式を使用します。
=$B2<$C2.

3。 クリック フォーマット ボタンをクリックして「セルの書式設定」ダイアログを開き、必要に応じて書式タイプを選択します。 クリック OK > OK。

4. 次に、Date1 列のセルよりも大きい Date2 列のセルが強調表示されます。


XNUMX つの列を比較し、一致または相違をカウントします

以下のデータセットは、一致または差異を比較およびカウントするための例です。

SUMPRODUCT式は、XNUMXつの列の一致をすばやくカウントできます。

=SUMPRODUCT(--(ISNUMBER(MATCH(B2:B8,C2:C8,0))))

イベント Enter 結果を得るための鍵。

Note: 数式は大文字と小文字を区別せずにセルをカウントします。

一致と相違をカウントする方法の詳細については、このページを参照してください。 ExcelのXNUMXつの列間のすべての一致/重複をカウントします


XNUMX つの範囲を比較する

これで、上記のメソッドを読んだ後、XNUMXつの列を比較する方法がわかりました。 ただし、場合によっては、XNUMXつの範囲(複数の列を持つXNUMXつのシリーズ)を比較したい場合があります。上記の方法(数式または条件付き書式)を使用して列ごとに比較できますが、ここでは便利なツールを紹介します– Kutools for Excel 数式を使用せずに、さまざまなケースでこのジョブをすばやく解決できます。


例 1: XNUMX つの範囲をセルごとに比較する

セルで比較する必要があるXNUMXつの範囲は次のとおりです。 同じセルと異なるセルを選択する の有用性 Kutools for Excel それを処理するために。

Kutools for Excelを無料でインストールした後、クリック クツール > 選択 > 同じセルと異なるセルを選択する。 次に、表示される「同じセルと異なるセルを選択」ダイアログで、以下の手順を実行します。

  1. で値を検索 セクションで、XNUMXつの範囲を比較した後、一致または相違点を見つけたい範囲を選択します。
  2. による セクションで、範囲の比較に使用される他の範囲を選択します。
  3. In に基づく セクションでは、選択 単細胞.
  4. もう完成させ、ワークスペースに掲示しましたか? セクションで、選択または強調表示するセルのタイプを選択します。
  5. 結果の処理 セクションでは、塗りつぶしの背景色またはフォントの色でセルを強調表示できます。強調表示する必要がない場合は、チェックボックスをオンにしないでください。 クリック OK.

ダイアログが表示され、選択されたセル/行の数が表示されます。 OK それを閉じる。

  • 固有の値を選択して強調表示する
  • 重複する値を選択して強調表示する
ノート

例 2: データが同じ順序である場合に XNUMX つの範囲を比較します。

範囲F2:H7がモデルであるとすると、範囲B2:D7のデータが範囲F2:H7に従って正しい順序であるかどうかを確認する必要があります。

この場合、 セルを比較する of Kutools for Excel あなたを助けることができます。

Kutools for Excelを無料でインストールした後、クリック クツール > セルを比較する。 次に、「セルの比較」ダイアログで、次のように設定します。

  1. XNUMX つの範囲を選択して、 で値を検索 > による 別々に箱。
  2. で強調表示するセルの種類を選択します。 もう完成させ、ワークスペースに掲示しましたか? のセクションから無料でダウンロードできます。
  3. 選択する ハイライトタイプ セクションに 結果の処理 セクション。 「OK」をクリックします。

ダイアログが表示され、選択されているセルの数が表示されます。 OK それを閉じるために。 これで、他の範囲のセルとは異なるセルが選択され、強調表示されました。

ノート

上記の情報では、Excel で列を比較する方法について詳しく説明します。 価値があり有益であると感じていただければ幸いです。 データ処理を変革するための Excel の貴重なヒントとテクニックについては、 ここに飛び込みます.


最高のオフィス生産性向上ツール

人気の機能: 重複を検索、強調表示、または識別する   |  空白行を削除する   |  データを失わずに列またはセルを結合する   |   数式なしのラウンド ...
スーパールックアップ: 複数の基準の VLookup    複数の値の VLookup  |   複数のシートにわたる VLookup   |   ファジールックアップ ....
詳細ドロップダウン リスト: ドロップダウンリストを素早く作成する   |  依存関係のドロップダウン リスト   |  複数選択のドロップダウンリスト ....
列マネージャー: 特定の数の列を追加する  |  列の移動  |  Toggle 非表示列の表示ステータス  |  範囲と列の比較 ...
注目の機能: グリッドフォーカス   |  デザインビュー   |   ビッグフォーミュラバー    ワークブックとシートマネージャー   |  リソースライブラリ (自動テキスト)   |  日付ピッカー   |  ワークシートを組み合わせる   |  セルの暗号化/復号化    リストごとにメールを送信する   |  スーパーフィルター   |   特殊フィルター (太字/斜体/取り消し線をフィルター...) ...
上位 15 のツールセット12 テキスト 工具 (テキストを追加, 文字を削除する、...)   |   50+ チャート 種類 (ガントチャート、...)   |   40+ 実用的 (誕生日に基づいて年齢を計算する、...)   |   19 挿入 工具 (QRコードを挿入, パスから画像を挿入、...)   |   12 変換 工具 (数字から言葉へ, 通貨の換算、...)   |   7 マージ&スプリット 工具 (高度な結合行, 分割セル、...)   |   ... もっと

Kutools for Excel で Excel スキルを強化し、これまでにない効率を体験してください。 Kutools for Excelは、生産性を向上させ、時間を節約するための300以上の高度な機能を提供します。  最も必要な機能を入手するにはここをクリックしてください...

kteタブ201905


Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
Comments (6)
No ratings yet. Be the first to rate!
This comment was minimized by the moderator on the site
Buna ziua,
As dori sa va intreb cum as putea alinia 2 coloane diferite. Spre exemplu daca in coloana A am niste date, iar in Coloana B aceleiasi data dar amestecate, intrebarea mea este cum as putea alinia datele din Coloana B cu datele din Coloana A.
Ex:
Coloana A. Coloana B
Row 1 A2654. B7634
Row 2 B7634. T8902
Row 3 G5r44. A2654
Row 3 T8902. G5r44
Cum as putea aplica o formula in Coloana C in care valorile din Coloana B sa se alinieze cu cele din Coloana A si anume pe Row 1 sa apara aceiasi valoare
This comment was minimized by the moderator on the site
In excel, comparing two columns, compose a typical IF recipe that thinks about the initial two cells.
The outcome might appear to be like this:
=IF(EXACT(A2, B2), "Match", "")
=IF(AND(A2=B2, A2=C2), "Full match", "")
=IF(OR(A2=B2, B2=C2, A2=C2), "Match", "")
This comment was minimized by the moderator on the site
Porfavor indicar como puedo comparar 2 celdas e identificar el porcentaje de exactitud, por ejemplo:

CELDA A : Aurora
CELDA B : Arora
This comment was minimized by the moderator on the site
Hi, Roberto, I do not understand your question clearly, but I think this tutorial may do favor for you How To Compare Two Strings For Similarity Or Highlight Differences In Excel?
This comment was minimized by the moderator on the site
Hallo,
ich hätte eine Frage zu den VBA-Code für:
"2.4 Vergleichen Sie zwei Spalten und listen Sie genaue Duplikate in einer anderen Spalte auf (unter Verwendung von VBA-Code)"
Ich möchte als Output Spalte eine dritte Spalte per VBA markieren und die doppelten Werte von Spalte1/ZelleX in Spalte3/ZelleX kopieren (also in gleiche Zelle wie in Spalte1).
Können Sie mir dabei behilflich sein?
Vielen Dank im Voraus.
Grüße
This comment was minimized by the moderator on the site
Danke für nützliches Teilen!  <a href="https://get-mobdrovip.com">mobdro apk</a>
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations