Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English
ログイン  \/ 
x
or
x
今すぐ登録  \/ 
x

or

Excelの一致と相違についてXNUMXつの列を比較します

このチュートリアルでは、ExcelのXNUMXつの列を比較する方法について説明します。これは、日常業務における通常のExcelの仕事です。 XNUMXつの列の比較は、Excelでさまざまな方法で実行できます。たとえば、XNUMXつの列を行ごとまたはセルごとに比較したり、XNUMXつの列を比較して一致または相違点を強調したりします。この記事では、XNUMXつの列を比較する可能性のある最も可能性の高いシナリオについて説明します。会って、それがあなたを助けることができることを願っています。

このチュートリアルはカバーします

1つの列を行ごとに比較します

1.1同じ行のセルを比較して完全に一致する

1.2同じ行のセルを比較して、完全一致または大文字と小文字を区別しない一致(IF式を使用)

1.3同じ行のセルを比較し、一致または不一致のデータを強調表示します(条件付き書式を使用)

1.4 XNUMXつの列を行ごとに比較し、不一致値を強調表示します(VBAを使用)

2.セル内のXNUMXつの列を比較し、重複データまたは一意のデータを選択または強調表示します

2.1 XNUMXつの列をセルごとに比較し、比較結果を別の列に表示します(数式を使用)

2.2重複データまたは一意のデータを比較して強調表示する(条件付き書式を使用)

2.3重複データまたは一意のデータを比較して選択または強調表示する(便利なツールを使用)

2.4 XNUMXつの列を比較し、別の列に正確な重複をリストします(VBAコードを使用)

2.5 XNUMXつの列を比較し、重複を強調表示します(VBAコードを使用)

3.同じ行の複数の列を比較する

3.1同じ行のすべてのセルで完全一致を検索する(IF式を使用)

3.2同じ行の任意のXNUMXつのセルで一致するものを見つける(IF式を使用)

3.3同じ行のすべてのセルで完全一致を検索し、強調表示します(条件付き書式を使用)

3.4複数の列を比較し、行の違いを強調表示する

4. XNUMXつの列を比較して、欠落しているデータポイントを見つけます

4.1欠落しているデータポイントを比較して見つけます(VLOOKUPまたはMATCH式を使用)

4.2 XNUMXつの列を比較し、不足しているデータを以下にリストします(INDEX式を使用)

4.3欠落しているデータポイントを比較して見つけ、それらを別の列にリストします(便利なツールを使用)

4.4 XNUMXつの列を比較し、不足しているデータを以下にリストします(VBAを使用)

5。 より大きいまたはより小さい場合は、XNUMXつの列(日付)を比較します

5.1より大きいか小さい場合、XNUMXつの列を比較します(式を使用)

5.2フォーマットよりも大きいか小さい場合はXNUMXつの列を比較します(条件付きフォーマットを使用)

6。 XNUMXつの列を比較し、別の列の戻り値

6.1完全に一致するデータをプルします(数式または便利なツールを使用)

6.2部分一致データをプルします(式を使用)

7. XNUMXつの列を比較し、一致または差異をカウントします

7.1 XNUMXつの列を比較し、一致をカウントします(SUMPRODUCT式を使用)

7.2 XNUMXつの列を比較し、一致または相違をカウントします(便利なツールを使用)

8つの列をワイルドカードと比較します

9.相違点または一致を削除します

10. XNUMXつの列を比較し、間の変化率を計算します

11つの範囲を比較します

11.1セルごとにXNUMXつの範囲を比較する

11.2データが同じ順序である場合、XNUMXつの範囲を比較します

注意

このチュートリアルでは、さまざまなケースでXNUMXつの列を比較する方法をよりよく説明するためのサンプルデータをいくつか提供します。 データセットに基づいて、一部のコンテンツ(参照)を変更または調整する必要がある場合がありますが、基本的な原則は同じです。 または、メソッドが機能するかどうかを確認するだけの場合は、各ケースのサンプルを直接ダウンロードします。


1つの列を行ごとに比較します

以下は、列Aの名前が列Bの名前と同じであるかどうかを同じ行でチェックする必要があるデータセットです。
doc比較列1.1

ドキュメントサンプルクリックしてサンプルファイルをダウンロードします

1.1同じ行のセルを比較して完全に一致する


一般に、XNUMXつの列を行ごとに比較して完全に一致させる場合は、次の式を使用できます。

= B2 = C2

doc比較列1.1

メディア情報 入力します キーを押し、塗りつぶしハンドルをセルD8までドラッグします。 数式がTRUEを返す場合、XNUMXつの列の値は完全に同じであり、FALSEを返す場合、それらは異なります。
doc比較列1.1

1.2同じ行のセルを比較して、完全一致または大文字と小文字を区別しない一致(IF式を使用)


大文字と小文字を区別しないようにXNUMXつの列を行ごとに比較する場合、または一致、不一致などの詳細を取得する場合は、IF関数を使用できます。

同じ行のセルを比較して完全に一致させる

「一致」と「不一致」というテキストを使用して比較結果を説明する場合は、次の式を使用してください。

=IF(EXACT(B2,C2),"Match","Mismatch")

doc比較列1.1

メディア情報 入力します キーを押して最初の結果を取得し、自動入力ハンドルをセルD8にドラッグします。
doc比較列1.1

大文字と小文字を区別しない一致について同じ行のセルを比較する

大文字と小文字を区別しないセルを比較する場合は、次の数式を使用できます。

=IF(B2=C2,"Match","Mismatch")

doc比較列1.1

メディア情報 入力します キーを押して最初の結果を取得し、自動入力ハンドルをセルE8にドラッグします。
doc比較列1.1

リマーク

上記の式では、「一致」と「不一致」のテキストを独自の説明に変更できます。

1.3同じ行のセルを比較し、一致または不一致のデータを強調表示します(条件付き書式を使用)


一致する値または異なる値を強調表示する場合は、 条件付き書式 機能はあなたを助けることができます。

1.比較に使用する2つの列(B8:CXNUMX、列ヘッダーを除く)を選択し、[ ホーム > 条件付き書式 > 新しいルール.
doc比較列1.1

2.ポッピングで 新しい書式設定規則 ダイアログで、クリックして選択します 式を使用して、フォーマットするセルを決定する ルールタイプを選択します セクション、次に入力します = $ B2 = $ C2 のテキストボックスに この数式が真であるときの書式値.
doc比較列1.1

3.次にクリックします フォーマット を表示する セルの書式設定 ダイアログ、次に下 埋める タブで、一致を強調表示するために必要な色をXNUMXつ選択します。

または、他のタブで必要に応じて、フォントサイズ、フォントサイズ、セルの境界線、または数値形式を変更して、一致を際立たせることができます。
doc比較列1.1

4。 クリック OK > OK ダイアログを閉じると、同じ行のセルが同じ場合は強調表示されます。
doc比較列1.1

不一致値を強調表示する場合は、 = $ B2 <> $ C2この数式が真であるときの書式値 のテキストボックス 書式設定ルールの編集 ダイアログ。
doc比較列1.1

次に、同じ行のXNUMXつの列の違いが、指定された色で強調表示されます。
doc比較列1.1

1.4 XNUMXつの列を行ごとに比較し、不一致値を強調表示します(VBAを使用)


XNUMXつの列を行ごとにVBAコードと比較したい場合は、このチュートリアルで十分です。

1.比較に使用するXNUMXつの列を含むワークシートを有効にし、を押します。 Altキー+ F11 を有効にするためのキー アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2.ポップダイアログで、をクリックします インセット > モジュール.
doc比較列1.1

3.次に、新しいモジュールスクリプトのマクロの下にコピーして貼り付けます。

VBA:XNUMXつの列を行ごとに比較し、違いを強調します

Sub ExtendOffice_HighlightColumnDifferences()
'UpdatebyKutools20201016
Dim xRg As Range

Dim xWs As Worksheet

Dim xFI As Integer

On Error Resume Next

SRg:

Set xRg = Application.InputBox("Select two columns:", "Kutools for Excel", , , , , , 8)

If xRg Is Nothing Then Exit Sub

 

If xRg.Columns.Count <> 2 Then

    MsgBox "Please select two columns"

    GoTo SRg

End If

 

Set xWs = xRg.Worksheet

For xFI = 1 To xRg.Rows.Count

    If Not StrComp(xRg.Cells(xFI, 1), xRg.Cells(xFI, 2), vbBinaryCompare) = 0 Then

        xWs.Range(xRg.Cells(xFI, 1), xRg.Cells(xFI, 2)).Interior.ColorIndex = 7 'you can change the color index as you need.

End If

Next xFI

End Sub

doc比較列1.1

4.を押します F5 キーを押してコードを実行すると、XNUMXつの列を選択するためのダイアログが表示されます。
doc比較列1.1

5。 クリック OK。 次に、XNUMXつの列の違いが背景色で強調表示されています。
doc比較列1.1

リマーク

コード内のカラーインデックス、カラーインデックスリファレンスを変更することにより、必要に応じて強調表示の色を変更できます。
doc比較列1.1


2。 セル内のXNUMXつの列を比較し、重複データまたは一意のデータを選択または強調表示します

この部分では、データセットを次のように示します。列Bと列Cの両方に同時にあるすべての値を検索するか、列Bのみにある値を検索します。
doc比較列1.1

ドキュメントサンプルクリックしてサンプルファイルをダウンロードします

2.1 XNUMXつの列をセルごとに比較し、比較結果を別の列に表示します(数式を使用)


ここでは、IFおよびCOUNTIF関数と組み合わせた数式を使用して、XNUMXつの列を比較し、列Bにはあるが列Cにはない値を見つけることができます。

=IF(COUNTIF($C$2:$C$8, $B2)=0, "No in C", "Yes in C")

doc比較列1.1

メディア情報 入力します キーを押して、自動入力ハンドルをセルD8にドラッグします。
doc比較列1.1

リマーク

1.この式では、大文字と小文字を区別せずにXNUMXつの列を比較します。

2.「NoinC」および「YesinC」の説明を他の人に変更できます。

3. 2つの列全体を比較する場合は、固定範囲$ C $ 8:$ C $ XNUMXを$ C:$ Cに変更します。

2.2重複データまたは一意のデータを比較して強調表示する(条件付き書式を使用)


世界 条件付き書式 Excelの機能は強力です。ここでは、これを使用してXNUMXつの列をセルごとに比較し、必要に応じて相違点または一致点を強調表示できます。

XNUMXつの列ですべての重複または一意の値を強調表示します

1.比較するXNUMXつの列を選択し、[ ホーム > 条件付き書式 > ハイライトセルのルール > 重複値.
doc比較列1.1

2.ポッピングで 重複値 ダイアログで、値のドロップダウンリストから必要な強調表示形式を選択します。
doc比較列1.1

3。 クリック OK。 次に、XNUMXつの列の重複が強調表示されています。
doc比較列1.1

リマーク

XNUMXつの列で一意の値(違い)を強調表示する場合は、[ ホーム > 条件付き書式 > ハイライトセルのルール > 重複値 を表示する 重複値 ダイアログ、変更 重複ファイル 〜へ 独自の 左側のドロップダウンリストで、ドロップダウンリストの値から別の形式を選択し、をクリックします OK.
doc比較列1.1

一意の値が強調表示されます。
doc比較列1.1

列Cにもある場合は、列Bの値を見つけて強調表示します

列Cにもある列Bの値を強調表示する場合は、C従来のフォーマット 機能もあなたに有利になります。

1.列B2:B8を選択し、をクリックします ホーム > 条件付き書式 > 新しいルール.
doc比較列1.1

2。 の中に 新しい書式設定規則 ダイアログで選択 式を使用して、フォーマットするセルを決定する から ルールタイプを選択します セクション、次に入力します = COUNTIF($ C $ 2:$ C $ 8、$ B2)> 0 のテキストボックスに この数式が真であるときの書式値.
doc比較列1.1

3。 クリック フォーマット に移動します セルの書式設定 ダイアログ 埋める タブで、一致を強調するためにXNUMXつの色を選択します。

他の形式を使用して、[フォント]、[数値]、[境界線]タブの値を強調表示できます。
doc比較列1.1

4。 クリック OK > OK。 次に、列Cにも存在する列Bの値が、指定された色で強調表示されています。
doc比較列1.1

列Bのみにあり、列Cにはない値を強調表示する場合は、上記の手順を繰り返しますが、手順2の式を次のように変更します。 = COUNTIF($ C $ 2:$ C $ 8、$ B2)= 0 新しい書式設定規則 ダイアログ。
doc比較列1.1

次に、別の色を選択して値をフォーマットします。
doc比較列1.1

リマーク

ここで、条件付き書式は大文字と小文字を区別せずにXNUMXつの列を比較します。

2.3重複データまたは一意のデータを比較して選択または強調表示する(便利なツールを使用)


XNUMXつの列を比較した後、選択、削除、コピーなど、一致または相違に対して他のアクションを実行する場合があります。 この場合、便利なツール– 同じセルと異なるセルを選択する of Kutools for Excel 次の操作をより適切に行うために、一致または相違を直接選択できます。また、値を直接強調表示することもできます。
doc比較列1.1

後の 無料インストール Kutools for Excel、以下のようにしてください:

1。 クリック クツール > 次の項目を選択します。: > 同じセルと異なるセルを選択する.
doc比較列1.1

2.次に、 同じセルと異なるセルを選択する ダイアログ、以下のようにしてください:

1) 値を見つけるによる セクションで、比較するXNUMXつの列を選択します。

2)選択 各行 オプション;

3)選択 同じ値 or 異なる値 必要に応じて;

4)値を強調表示する場合は、必要な色を選択します。
doc比較列1.1

3。 クリック Ok、見つかった値の数を通知するダイアログが表示されたら、をクリックします OK ダイアログを閉じます。 同時に、値が選択されたので、削除、コピー、またはその他の操作を実行できます。
doc比較列1.1

あなたがチェックした場合 バックカラーを塗りつぶす 影響により フォントの色を塗りつぶす チェックボックスをオンにすると、結果は次のように表示されます。
doc比較列1.1

リマーク

大文字と小文字を区別して比較する場合は、 大文字と小文字を区別 オプションを選択します。

このツールは、異なるワークシートのXNUMXつの列の比較をサポートしています。

2.4 XNUMXつの列を比較し、別の列に正確な重複をリストします(VBAコードを使用)


XNUMXつの列をセルごとに比較した後、一致する値を別の列に一覧表示する場合は、以下のマクロコードが役立ちます。

1. XNUMXつの列を比較するシートを有効にしてから、を押します。 Altキー+ F11 表示するキー アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2。 クリック インセット > モジュール アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。
doc比較列1.1

3.次に、以下のコードをコピーして、新しい空白のモジュールスクリプトに貼り付けます。

VBA:XNUMXつの列を比較した後、列の横に重複をリストします

Sub ExtendOffice_FindMatches()
'UpdatebyKutools20201019
Dim xRg, xRgC1, xRgC2, xRgF1, xRgF2 As Range

Dim xIntSR, xIntER, xIntSC, xIntEC As Integer

On Error Resume Next

SRg:

Set xRgC1 = Application.InputBox("Select first column:", "Kutools for Excel", , , , , , 8)

If xRgC1 Is Nothing Then Exit Sub

If xRgC1.Columns.Count <> 1 Then

    MsgBox "Please select single column"

    GoTo SRg

End If

SsRg:

Set xRgC2 = Application.InputBox("Select the second column:", "Kutools for Excel", , , , , , 8)

If xRgC2 Is Nothing Then Exit Sub

If xRgC2.Columns.Count <> 1 Then

    MsgBox "Please select single column"

    GoTo SsRg

End If

Set xWs = xRg.Worksheet

 

For Each xRgF1 In xRgC1

    For Each xRgF2 In xRgC2

        If xRgF1.Value = xRgF2.Value Then xRgF2.Offset(0, 1) = xRgF1.Value

    Next xRgF2

Next xRgF1

End Sub

doc比較列1.1

4。 押す F5 コードを実行するためのキーを押すと、XNUMXつの列を別々に選択するためのXNUMXつのダイアログがXNUMXつずつ表示されます。

注意:最初に左側の列を選択してから、XNUMX番目のダイアログで右側の列を選択してください。そうしないと、重複してXNUMX番目の列の元のデータが置き換えられます。
doc比較列1.1doc比較列1.1

5。 クリック OK > OKの場合、一致はXNUMXつの列の右側の列に自動的にリストされます。
doc比較列1.1

リマーク

VBAコードは、大文字と小文字を区別してXNUMXつの列を比較します。

2.5 XNUMXつの列を比較し、重複を強調表示します(VBAコードを使用)


XNUMXつの列をセルごとに比較してから、一致するものを強調表示する場合は、以下のコードを試すことができます。

1. XNUMXつの列を比較するシートを有効にしてから、を押します。 Altキー+ F11 表示するキー アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2。 クリック インセット > モジュール アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。
doc比較列1.1

3.以下のマクロコードをコピーして、新しい空白に貼り付けます モジュール スクリプト。

VBA:XNUMXつの列を比較し、重複を強調表示します

Sub ExtendOffice_CompareTwoRanges()
'UpdatebyKutools20201019

Dim xRg, xRgC1, xRgC2, xRgF1, xRgF2 As Range

SRg:

Set xRgC1 = Application.InputBox("Select the column you want compare according to", "Kutools for Excel", , , , , , 8)

If xRgC1 Is Nothing Then Exit Sub

If xRgC1.Columns.Count <> 1 Then

    MsgBox "Please select a single column"

    GoTo SRg

End If

SsRg:

Set xRgC2 = Application.InputBox("Select the column you want to highlight duplicates in:", "Kutools for Excel", , , , , , 8)

If xRgC2 Is Nothing Then Exit Sub

If xRgC2.Columns.Count <> 1 Then

    MsgBox "Please select a single column"

    GoTo SsRg

End If

 

    For Each xRgF1 In xRgC1

        For Each xRgF2 In xRgC2

            If xRgF1.Value = xRgF2.Value Then

               xRgF2.Interior.ColorIndex = 38 '(you can change the color index as you need)

            End If

        Next

    Next

End Sub

doc比較列1.1

4。 押す F5 コードを実行するためのキー。 最初のポップアウトダイアログで、重複する値を比較する列を選択します。
doc比較列1.1

5。 クリック OK。 XNUMX番目のダイアログで、重複する値を強調表示する列を選択します。
doc比較列1.1

6。 クリック OK。 これで、最初の列と比較した後、XNUMX番目の列の重複が背景色で強調表示されました。
doc比較列1.1

リマーク

1.コードでは、列と大文字と小文字が区別されます。

2.コードのカラーインデックス、カラーインデックスリファレンスを変更することにより、必要に応じてハイライトカラーを変更できます。
doc比較列1.1


3。 同じ行の複数の列を比較する

以下のスクリーンショットに示すようなデータセットのように、同じ行のXNUMXつ以上の列を比較したい場合があります。 このセクションでは、複数の列を比較するためのさまざまな方法を示します。
doc比較列1.1

ドキュメントサンプルクリックしてサンプルファイルをダウンロードします

3.1同じ行のすべてのセルで完全一致を検索する(IF式を使用)


同じ行の列間で完全に一致するものを見つけるには、以下のIF式が役立ちます。

=IF(AND(B2=C2, B2=D2), "Full match", "Not")

 doc比較列1.1

同じ行のセルが一致する場合は、「完全一致」が表示されるか、「不一致」が表示されます。

メディア情報 入力します キーを押して最初の比較結果を取得し、自動入力ハンドルをセルE7にドラッグします。
doc比較列1.1

リマーク

1.数式では、大文字と小文字を区別せずに列を比較します。

2. XNUMXつ以上の列を比較する必要がある場合は、次の式を使用できます。

=IF(COUNTIF($B2:$D2, $B2)=3, "Full match", "Not")

 doc比較列1.1

式では、3は列の数であり、必要に応じて変更できます。

3.2同じ行の任意のXNUMXつのセルで一致するものを見つける(IF式を使用)


同じ行のXNUMXつの列が一致するかどうかを確認したい場合は、以下のIF式を使用できます。

=IF(OR(B2=C2, C2=D2, B2=D2), "Match", "Not")

 doc比較列1.1

この数式では、同じ行のセルの任意のXNUMXつのペアを比較する必要があります。 「一致」は、一致するセルがXNUMXつあることを示します。一致するセルがない場合、数式には「不一致」と表示されます。必要に応じてテキストを変更できます。

メディア情報 入力します キーを押し、塗りつぶしハンドルをセルE7にドラッグします。
doc比較列1.1

リマーク

1.この式では、大文字と小文字は区別されません。

2.比較する必要のある列が多い場合、数式内のセルのXNUMXつのペアを比較するには長すぎる可能性があります。 この場合、IF関数とCOUNTIF関数を組み合わせた以下の式の使用を検討できます。

=IF(COUNTIF(C11:E11,B11)+COUNTIF(D11:E11,C11)+(D11=E11)=0,"Not","Match")

 doc比較列1.1

3.3同じ行のすべてのセルで完全一致を検索し、強調表示します(条件付き書式を使用)


すべてのセルが互いに一致している行を強調表示する場合は、 条件付き書式 Excelの機能。

1.使用する範囲を選択し、をクリックします ホーム > 条件付き書式 > 新しいルール.
doc比較列1.1

2。 の中に 新しい書式設定規則 ダイアログで選択 式を使用して、フォーマットするセルを決定する から ルールタイプを選択します セクションでは、以下の式のいずれかを使用できます。 この数式が真であるときの書式値 テキストボックス。

=AND($B2=$C2, $B2=$D2)

Or

=COUNTIF($B2:$D2, $B2)=3

 doc比較列1.1

注意:列数が5を超える場合、XNUMXと仮定すると、式は次のように変更する必要があります。

=AND($B2=$C2, $B2=$D2, $B2=$E2, $B2=$F2)

Or

=COUNTIF($B2:$F2, $B2)=5

3。 クリック フォーマット ボタンをクリックして[セルの書式設定]ダイアログに移動し、XNUMXつの塗りつぶし色または他のセルの書式設定を選択して行を目立たせます。
doc比較列1.1

4。 クリック OK > OK、すべてのセルが一致する行のみが強調表示されます。
doc比較列1.1

リマーク

上記の数式では、大文字と小文字は区別されません。

3.4複数の列を比較し、行の違いを強調表示する


行の違いを強調表示する場合、つまり列のセルをXNUMXつずつ比較し、最初の列に従って異なるセルを見つける場合は、Excelの組み込み機能を使用できます-特別に行く.

1.行の違いを強調表示する範囲を選択し、をクリックします ホーム > 検索と選択 > 特別に行く.
doc比較列1.1

2.ポッピングで 特別に行く ダイアログ、チェック 行の違い オプションを選択します。
doc比較列1.1

3。 クリック OK。 これで、行の違いが選択されました。
doc比較列1.1

4.セルを選択したままにして、クリックします ホーム > 塗りつぶしの色 ドロップダウンメニューからXNUMXつの色を選択します。
doc比較列1.1

リマーク

この方法では、大文字と小文字を区別せずにセルを比較します。


4. XNUMXつの列を比較して、欠落しているデータポイントを見つけます

以下のスクリーンショットに示すように、XNUMXつの列があるとすると、列Bは長く、列Cは短くなります。 列Bと比較して、列Cで欠落しているデータを見つける方法は?
doc比較列1.1

ドキュメントサンプルクリックしてサンプルファイルをダウンロードします

4.1欠落しているデータポイントを比較して見つけます(VLOOKUPまたはMATCH式を使用)


XNUMXつの列を比較した後に欠落しているデータのみを特定する場合は、次のいずれかの式を使用できます。

=ISERROR(VLOOKUP(B2,$C$2:$C$10,1,0))

Or

=NOT(ISNUMBER(MATCH(B2,$C$2:$C$10,0)))

 doc比較列1.1

メディア情報 入力します キーを押してから、自動入力ハンドルをセルD10にドラッグします。 ここで、データが列Bと列Cの両方にある場合、数式はFALSEを返します。データが列Bのみにあり、列Cにない場合、数式はTRUEを返します。
doc比較列1.1

リマーク

上記のXNUMXつの式では、大文字と小文字を区別せずにデータを比較しています。

4.2 XNUMXつの列を比較し、不足しているデータを以下にリストします(INDEX式を使用)


XNUMXつの列を比較した後、短い列の下に欠落しているデータを一覧表示する場合は、INDEX配列式が役立ちます。

短い列の下のセルに、セルC7を想定して、次の数式を入力します。

=INDEX($B$2:$B$10,MATCH(TRUE,ISNA(MATCH($B$2:$B$10,$C$2:C6,0)),0))

 doc比較列1.1

メディア情報 Shift + Ctrl + Enter キーを押して最初の欠落データを取得し、エラー値#N / Aが返されるまで自動入力ハンドルを下にドラッグします。
doc比較列1.1

次に、エラー値を削除すると、欠落しているすべてのデータが短い列の下に一覧表示されます。

リマーク

この数式では、大文字と小文字を区別せずにセルを比較します。

4.3欠落しているデータポイントを比較して見つけ、それらを別の列にリストします(便利なツールを使用)


XNUMXつの列を比較した後、別の列に欠落データを一覧表示したり、短い列の下に欠落データを補足したりするなど、欠落データのフォローアップ操作を実行する場合は、便利なツールを試すことができます-同じセルと異なるセルを選択する of Kutools for Excel.

1。 クリック クツール > 次の項目を選択します。: > 同じセルと異なるセルを選択する.
doc比較列1.1

2。 の中に 同じセルと異なるセルを選択する ダイアログ、以下のようにします:

1)で で値を見つける セクションで、完全なリストを含む長い列を選択します。
In による セクションで、一部のデータが欠落している短い列を選択します。

2)選択 各行 オプションを選択します。

3)選択 異なる値 オプションを選択します。
doc比較列1.1

3。 クリック Ok、欠落しているデータの数を通知するダイアログが表示されたら、をクリックします OK それを閉じるために。 次に、欠落しているデータが選択されています。
doc比較列1.1

今、あなたは押すことができます Ctrlキー+ C キーを押して、選択した欠落データをコピーし、を押して貼り付けます Ctrlキー+ V 必要に応じて、短い列または別の新しい列の下にあるキー。
doc比較列1.1doc比較列1.1

リマーク

カチカチ音をたてる 大文字小文字を区別しません [同じセルと異なるセルを選択]ダイアログのオプションは、大文字と小文字を区別してXNUMXつの列を比較します。

4.4 XNUMXつの列を比較し、不足しているデータを以下にリストします(VBAを使用)


これは、XNUMXつの列の下にある欠落データを埋めることができるマクロコードです。

1.使用するシートを開き、を押します Altキー+ F11 キーを押して アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2。 クリック インセット > モジュール VBAコードの下に配置する新しいモジュールを作成します。
doc比較列1.1

VBA:XNUMXつの列を比較し、不足しているデータを埋めます

Sub ExtendOffice_PullUniques()
'UpdatebyKutools20201021

Dim xRg, xRgC1, xRgC2, xFRg1, xFRg2 As Range

Dim xIntR, xIntSR, xIntER, xIntSC, xIntEC As Integer

Dim xWs As Worksheet

On Error Resume Next

SRg:

Set xRg = Application.InputBox("Select two columns:", "Kutools for Excel", , , , , , 8)

If xRg Is Nothing Then Exit Sub

If xRg.Columns.Count <> 2 Then

    MsgBox "Please select two columns as a range"

    GoTo SRg

End If

Set xWs = xRg.Worksheet

 

xIntSC = xRg.Column

xIntEC = xRg.Columns.Count + xIntSC - 1

xIntSR = xRg.Row

xIntER = xRg.Rows.Count + xIntSR - 1

 

Set xRg = xRg.Columns

Set xRgC1 = xWs.Range(xWs.Cells(xIntSR, xIntSC), xWs.Cells(xIntER, xIntSC))

Set xRgC2 = xWs.Range(xWs.Cells(xIntSR, xIntEC), xWs.Cells(xIntER, xIntEC))

xIntR = 1

For Each xFRg In xRgC1

    If WorksheetFunction.CountIf(xRgC2, xFRg.Value) = 0 Then

        xWs.Cells(xIntER, xIntEC).Offset(xIntR) = xFRg

        xIntR = xIntR + 1

    End If

Next

xIntR = 1

For Each xFRg In xRgC2

    If WorksheetFunction.CountIf(xRgC1, xFRg) = 0 Then

        xWs.Cells(xIntER, xIntSC).Offset(xIntR) = xFRg

        xIntR = xIntR + 1

    End If

Next

End Sub

doc比較列1.1

3.次にを押します F5 コードを実行するためのキーを押すと、XNUMXつの比較列を選択するためのダイアログが表示されます。
doc比較列1.1

4。 クリック OK。 これで、欠落しているデータがXNUMXつの列の下にリストされました。
doc比較列1.1

リマーク

このコードでは、大文字と小文字を区別せずにセルを比較します。


5。 より大きいまたはより小さい場合は、XNUMXつの列(日付)を比較します

以下のスクリーンショットに示すように、日付の列がXNUMXつある場合は、同じ行の後半にある日付を比較することをお勧めします。
doc比較列1.1

ドキュメントサンプルクリックしてサンプルファイルをダウンロードします

5.1より大きいか小さい場合、XNUMXつの列を比較します(式を使用)


簡単な数式を使用して、各行の日付1が日付2より後かどうかをすばやく見つけることができます。

=IF(B2>C2,"Yes","No")

 doc比較列1.1

メディア情報 入力します キーを押して最初に比較した結果を取得し、自動入力ハンドルをセルC6にドラッグしてすべての結果を取得します。
doc比較列1.1

リマーク

1. Excelでは、日付は数値シリーズとして保存されますが、実際には数値です。 したがって、式を適用して日付を直接比較します。

2.各行の日付1が日付2より前であるかどうかを比較する場合は、記号を変更します > 〜へ < 数式中にある。

5.2フォーマットよりも大きいか小さい場合はXNUMXつの列を比較します(条件付きフォーマットを使用)


日付1より大きい場合に日付2列のセルを強調表示する場合は、 条件付き書式 Excelの機能。

1.列B(Date1)で日付を選択し、をクリックします ホーム > 条件付き書式 > 新しいルール.
doc比較列1.1

2。 の中に 新しい書式設定規則 ダイアログ、選択 式を使用して、フォーマットするセルを決定する ルールタイプを選択します セクション、次に数式を入力します = $ B2> $ C2 のテキストボックスに この数式が真であるときの書式値.
doc比較列1.1

列Cのセルよりも小さい列Bのセルを強調表示する場合は、数式を使用します。 = $ B2 <$ C2.

3。 クリック フォーマット ボタンを押して セルの書式設定 ダイアログで、必要に応じてフォーマットタイプを選択します。
doc比較列1.1

4。 クリック OK > OK。 次に、Date1列のセルよりも大きいDate2列のセルが強調表示されています。
doc比較列1.1


6。 XNUMXつの列を比較し、別の列の戻り値

たとえば、XNUMXつのテーブルがあり、列Bと列Eを比較し、列Cから相対価格を見つけて、列Fに返します。
doc比較列1.1

ドキュメントサンプルクリックしてサンプルファイルをダウンロードします

6.1完全に一致するデータをプルします(数式または便利なツールを使用)


ここでは、この仕事を解決するためのいくつかの役立つ式とツールを紹介します。

数式法

セルF2(戻り値を配置するセル)で、次の数式のいずれかを使用します。

=VLOOKUP(E2,$B$2:$C$8,2,0)

Or

=INDEX($B$2:$C$8,MATCH(E2,$B$2:$B$8,0),2)

 doc比較列1.1

メディア情報 入力します キー、および最初の値が見つかりました。 次に、自動入力ハンドルをセルF6までドラッグすると、すべての値が抽出されます。
doc比較列1.1

リマーク

1.数式では、大文字と小文字は区別されません。

2.式の数値2は、テーブル配列のXNUMX番目の列に一致する値があることを示しています。

3.数式で相対値が見つからない場合は、エラー値#N / Aが返されます。
doc比較列1.1

便利なツール方式

数式と混同している場合は、便利なツールを試すことができます– フォーミュラヘルパー of Kutools for Excel、Excelのほとんどの問題を解決するための複数の数式が含まれています。 これを使用すると、範囲を選択するだけで、数式の使用方法を覚えておく必要はありません。

後の 無料インストール Kutools for Excel、以下のようにしてください:

1.セルF2(戻り値を配置するセル)を選択し、をクリックします クツール > フォーミュラヘルパー > ルックアップとリファレンス > リストで値を探す.
doc比較列1.1

2。 の中に 数式ヘルパー ダイアログ、右側 引数入力 セクションで、テーブル配列の範囲、ルックアップ値を選択し、戻り値を検索する列を指定します。

先端:の絶対参照を変更することを忘れないでください 参照値 ボックスを相対、または最初のXNUMXつの値のみを見つけることができます。
doc比較列1.1

3。 クリック Ok、最初の値が見つかりました。次に、自動入力ハンドルをセルF6までドラッグします。
doc比較列1.1

6.2部分一致データをプルします(式を使用)


以下のスクリーンショットに示すように、比較したXNUMXつの列の間にわずかな違いがある場合、上記の方法は機能しません。
doc比較列1.1

この仕事を解決するには、以下の式のいずれかを選択してください。

=VLOOKUP("*"&E2&"*",$B$2:$C$8,2,0)

Or

=INDEX($B$2:$C$8,MATCH("*"&E2&"*",$B$2:$B$8,0),2)

 doc比較列1.1

メディア情報 入力します キーを押してから、自動入力ハンドルをセルF5までドラッグすると、すべての値が見つかりました。
doc比較列1.1

リマーク

1.数式では、大文字と小文字は区別されません。

2.式の数値2は、テーブル配列のXNUMX番目の列に戻り値があることを示しています。

3.数式で相対値が見つからない場合は、エラー値#N / Aが返されます。

4.式の*は、任意の文字または文字列を示すために使用されるワイルドカードです。


7。 XNUMXつの列を比較し、一致または差異をカウントします

以下のデータセットは、一致または差異を比較およびカウントするための例です。
doc比較列1.1

ドキュメントサンプルクリックしてサンプルファイルをダウンロードします

7.1 XNUMXつの列を比較し、一致をカウントします(SUMPRODUCT式を使用)


SUMPRODUCT式は、XNUMXつの列の一致をすばやくカウントできます。

=SUMPRODUCT(--(ISNUMBER(MATCH(B2:B8,C2:C8,0))))

 doc比較列1.1

メディア情報 入力します 結果を得るための鍵。
doc比較列1.1

リマーク

この数式では、大文字と小文字を区別せずにセルがカウントされます。

7.2 XNUMXつの列を比較し、一致または相違をカウントします(便利なツールを使用)


XNUMXつの列間の一致または差異をカウントする場合は、便利なツール– 同じセルと異なるセルを選択する.

後の 無料インストール Kutools for Excel、以下のようにしてください:

1。 クリック クツール > 次の項目を選択します。: > 同じセルと異なるセルを選択する.
doc比較列1.1

2。 の中に 同じセルと異なるセルを選択 ダイアログで、XNUMXつの列の範囲を選択します で値を見つける 影響により による セクションを個別に選択し、 各行、選択して 同じ値 or 異なる値 必要に応じてオプション。
doc比較列1.1

3。 クリック Ok。 一致するセルまたは異なるセルがいくつ選択されているかを示すダイアログが表示されます。

一致するセル
doc比較列1.1

異なるセル
doc比較列1.1


8 .. XNUMXつの列をワイルドカードで比較します

ここに列Bのデータのリストがあり、以下のスクリーンショットに示すように、列Dに「Apple」または「Candy」を含むセルをカウントするとします。
doc比較列1.1

ドキュメントサンプルクリックしてサンプルファイルをダウンロードします

セルにXNUMXつ以上の値が含まれているかどうかをカウントするには、ワイルドカードを使用した数式を使用してこの問題を解決できます。

=SUM(COUNTIF(B2,"*" & $D$2:$D$3 & "*"))

 doc比較列1.1

メディア情報 Shift + Ctrl + Enter キーを押して最初のチェックを取得し、自動入力ハンドルをセルF8までドラッグします。
doc比較列1.1

これで、関連するセルの列Dに0つ以上の値が含まれている場合、結果には0より大きい数値が表示され、列Dに値が含まれていない場合、結果はXNUMXを返します。

列Dの値を含むセルの総数をカウントする場合は、以下のセルF8の数式を使用します。
doc比較列1.1

リマーク

1.また、数式を使用して、セルに別の列の値が含まれているかどうかをカウントすることもできます

=SUMPRODUCT(COUNTIF(B2,"*" &$D$2:$D$3& "*"))

この式は押すだけです 入力します キーを押してから、自動入力ハンドルをドラッグします。

2.式で、*は任意の文字または文字列を示すワイルドカードです。


9.相違点または一致を削除します

以下のスクリーンショットのようにXNUMXつの列を比較した後、相違点または一致を削除する場合:
doc比較列1.1

ドキュメントサンプルクリックしてサンプルファイルをダウンロードします

式を使用して、最初に違いまたは一致を見つけることができます。

=IF(ISERROR(MATCH(B2,$D$2:$D$8,0)),"Difference","Match")

doc比較列1.1

メディア情報 入力します キーを押し、自動入力ハンドルをセルD8までドラッグします。
doc比較列1.1

次に、 フィルタ 機能で Excel 差異または一致値を除外します。

数式列を選択し、をクリックします 且つ > フィルタ.
doc比較列1.1

次に、フィルターボタンが列Cに表示されます。フィルターボタンをクリックしてドロップダウンメニューを展開し、を選択します。 差異 or 一致 必要に応じて。 次に、をクリックします OK 終わる。
doc比較列1.1

これで、相違点または一致のみが除外されました。 それらを選択して押すことができます 削除 それらを削除するためのキー。
doc比較列1.1doc比較列1.1

今すぐクリック 且つ > フィルタ もう一度フィルターをクリアします。
doc比較列1.1

不要になった場合は、数式列を削除します。
doc比較列1.1


10. XNUMXつの列を比較し、間の変化率を計算します

XNUMXつの列があり、XNUMXつには元の価格が含まれ、もうXNUMXつには販売価格が含まれます。 ここで、このパートでは、これらXNUMXつの列を比較し、XNUMXつの列間の変化率を計算する式を紹介します。
doc比較列1.1

ドキュメントサンプルクリックしてサンプルファイルをダウンロードします

以下の式を使用して、同じ行のXNUMXつの価格間の変化率を計算できます。

=(C2-B2)/B2

 doc比較列1.1

メディア情報 入力します キーを押して数値を取得し、自動入力ハンドルをセルD7までドラッグします。
doc比較列1.1

次に、数式の結果をパーセンテージでフォーマットします。 結果を選択し、をクリックします ホーム タブをクリックして移動します クリックするグループ パーセントスタイル.
doc比較列1.1

数式の結果はパーセンテージでフォーマットされています。
doc比較列1.1


11つの範囲を比較します

これで、上記のメソッドを読んだ後、XNUMXつの列を比較する方法がわかりました。 ただし、場合によっては、XNUMXつの範囲(複数の列を持つXNUMXつのシリーズ)を比較したい場合があります。上記の方法(数式または条件付き書式)を使用して列ごとに比較できますが、ここでは便利なツールを紹介します– Kutools for Excel 数式を使用せずに、さまざまなケースでこのジョブをすばやく解決できます。

ドキュメントサンプルクリックしてサンプルファイルをダウンロードします

11.1セルごとにXNUMXつの範囲を比較する


セルで比較する必要があるXNUMXつの範囲は次のとおりです。 同じセルと異なるセルを選択する それを処理するためのExcel用Kutoolsのユーティリティ。
doc比較列1.1

後の 無料インストール Kutools for Excel、以下のようにしてください:

1。 クリック クツール > 次の項目を選択します。: > 同じセルと異なるセルを選択する.
doc比較列1.1

2.ポッピングで 同じセルと異なるセルを選択する ダイアログ、以下のようにします:

1) で値を見つける セクションで、XNUMXつの範囲を比較した後、一致または相違点を見つけたい範囲を選択します。

2) による セクションで、範囲の比較に使用される他の範囲を選択します。

3)で に基づく セクションでは、選択 単細胞.

4)次に 見つけます セクションで、選択または強調表示するセルのタイプを選択します。

5) 結果の処理 セクションでは、背景色またはフォントの色を塗りつぶしてセルを強調表示できます。強調表示する必要がない場合は、チェックボックスをオンにしないでください。
doc比較列1.1

3。 クリック Ok。 ダイアログがポップアップし、選択されたセル/行の数を通知します。をクリックします。 OK それを閉じるために。 これで、他の範囲のセルとは異なるセルが選択され、強調表示されました。
doc比較列1.1

同じ値を強調表示する
doc比較列1.1

リマーク

行ごとにXNUMXつの範囲を比較する場合は、 同じセルと異なるセルを選択する 機能ですが、この場合は、 各行 オプションを選択します。
doc比較列1.1doc比較列1.1

11.2データが同じ順序である場合、XNUMXつの範囲を比較します


行ごとにXNUMXつの範囲を比較する場合は、 セルの比較機能 のKutoolsforExcelが役に立ちます。

後の 無料インストール Kutools for Excel、以下のようにしてください:

範囲F2:H7がモデルであるとすると、範囲B2:D7のデータが範囲F2:H7に従って正しい順序であるかどうかを確認する必要があります。
doc比較列1.1

1。 クリック クツール > セルを比較する.
doc比較列1.1

2。 の中に セルを比較する ダイアログ、以下のように設定:

1)XNUMXつの範囲を選択して で値を見つける 影響により による 別々に箱。

2)強調表示するセルタイプを選択します 見つけます の項目を検索します。

3)で強調表示の種類を選択します 結果の処理 の項目を検索します。
doc比較列1.1

3。 クリック Ok。 ダイアログがポップアップし、選択されたセルの数を通知します。クリックします。 OK それを閉じるために。 これで、他の範囲のセルとは異なるセルが選択され、強調表示されました。
doc比較列1.1


また、に興味がある可能性があります

Excelで別の日付よりも大きい場合は日付を比較する
XNUMXつの日付を比較し、日付が別の日付よりも大きいかどうかを確認するための数式と便利なツールを提供します。

XNUMX枚のシートを並べて比較する
この記事では、XNUMXつのシートをすばやく比較して、一致と相違点を見つけるのに役立ちます。

別々のワークシートのXNUMXつのリストを比較するVlookup
ここでは、異なるXNUMXつのシートのXNUMXつのリストを比較するVLOOKUP関数を紹介します。

Excelで重複を検索、強調表示、フィルタリング、カウント、削除
これは、重複の検索、強調表示、フィルタリング、カウント、および削除に関するさまざまな方法を提供する、長く詳細なチュートリアルです。



  • スーパーフォーミュラバー (複数行のテキストと数式を簡単に編集できます); 読書レイアウト (多数のセルを簡単に読み取って編集する); フィルター範囲に貼り付け...
  • セル/行/列をマージする およびデータの保持。 分割セルコンテンツ; 重複する行と合計/平均を組み合わせる...重複セルを防止します。 範囲を比較する...
  • [複製]または[一意]を選択します 行; 空白行を選択 (すべてのセルは空です); スーパーファインドとファジーファインド 多くのワークブックで; ランダム選択...
  • 正確なコピー 数式参照を変更せずに複数のセル。 参照の自動作成 複数のシートに; 箇条書きを挿入、チェックボックスなど...
  • お気に入りの数式をすばやく挿入する、範囲、チャート、写真; セルを暗号化する パスワード付き。 メーリングリストを作成する そしてメールを送る...
  • テキストを抽出、テキストの追加、位置による削除、 スペースを削除する; ページング小計の作成と印刷。 セルの内容とコメントを変換する...
  • スーパーフィルター (フィルタースキームを保存して他のシートに適用します); 高度な並べ替え 月/週/日、頻度など。 特殊フィルター 太字、斜体...
  • ワークブックとワークシートを組み合わせる; キー列に基づいてテーブルをマージします。 データを複数のシートに分割; xls、xlsx、PDFをバッチ変換...
  • ピボットテーブルのグループ化 週番号、曜日など... ロック解除された、ロックされたセルを表示する さまざまな色で; 式/名前を持つセルを強調表示する...
kteタブ201905
  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性が50%向上し、毎日何百ものマウスクリックが減ります。
officetab下部
Say something here...
symbols left.
You are guest
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    Dario Bartelmeß · 1 months ago
    Hallo,

    ich hätte eine Frage zu den VBA-Code für:

    "2.4 Vergleichen Sie zwei Spalten und listen Sie genaue Duplikate in einer anderen Spalte auf (unter Verwendung von VBA-Code)"

    Ich möchte als Output Spalte eine dritte Spalte per VBA markieren und die doppelten Werte von Spalte1/ZelleX in Spalte3/ZelleX kopieren (also in gleiche Zelle wie in Spalte1).

    Können Sie mir dabei behilflich sein?

    Vielen Dank im Voraus.

    Grüße