Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English
ログイン  \/ 
x
or
x
今すぐ登録  \/ 
x

or

Excelデータ検証:Excelでのデータ検証の追加、使用、コピー、削除

Excelでは、データ検証は、ユーザーがセルに入力できる内容を制限するために使用できる便利な機能です。 たとえば、データ検証機能を使用すると、テキスト文字列の長さ、特定の文字で開始/終了するテキスト、入力する一意の値などを制限できます。

このチュートリアルでは、Excelでデータ検証を追加、使用、および削除する方法について説明します。この機能の基本的な操作と高度な操作についても詳しく説明します。

目次:

1. Excelでのデータ検証とは何ですか?

2. Excelでデータ検証を追加するにはどうすればよいですか?

3.データ検証の基本的な例

4.データ検証のための高度なカスタムルール

5. Excelでデータ検証を編集するにはどうすればよいですか?

6. Excelでデータ検証を使用してセルを検索および選択するにはどうすればよいですか?

7.データ検証ルールを他のセルにコピーするにはどうすればよいですか?

8.データ検証を使用してExcelの無効なエントリを丸で囲むにはどうすればよいですか?

9. Excelでデータ検証を削除するにはどうすればよいですか?


1. Excelでのデータ検証とは何ですか?

世界 データ検証 この機能は、ワークシートの入力コンテンツを制限するのに役立ちます。 通常、選択したセルのリストに特定の種類のデータのみを入力することを防止または許可するための検証ルールを作成できます。

データ検証機能のいくつかの基本的な使用法:

  • 1.任意の値:検証は実行されません。指定されたセルに何でも入力できます。
  • 2.全体の価値:整数のみが許可されます。
  • 3. XNUMX進数:整数と小数の入力を許可します。
  • 4リスト:事前定義されたリストの値のみを入力または選択できます。 値はドロップダウンリストに表示されます。
  • 5.日付:日付のみが許可されます。
  • 6。 時間:時間のみ許可されます。
  • 7.テキストの長さ:指定された長さのテキストのみを入力できます。
  • 8。 カスタム:ユーザーの入力を検証するためのカスタム数式ルールを作成します。

2. Excelでデータ検証を追加するにはどうすればよいですか?

Excelワークシートでは、次の手順でデータ検証を追加できます。

1。 データ検証を設定するセルのリストを選択し、をクリックします 且つ > データ検証 > データ検証、スクリーンショットを参照してください:

2。 の中に データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブで、独自の検証ルールを作成してください。 基準ボックスでは、次のタイプのいずれかを指定できます。

  • 価値観:基準ボックスに直接番号を入力します。
  • セル参照:ワークシートまたは別のワークシートのセルを参照します。
  • :条件としてより複雑な数式を作成します。

例として、100から1000までの整数のみを入力できるルールを作成します。ここでは、以下のスクリーンショットのように基準を設定します。

3。 条件を設定した後、次の場所に移動できます。 入力メッセージ or エラーアラート タブを使用して、検証セルの入力メッセージまたはエラーアラートを必要に応じて設定します。 (アラートを設定したくない場合は、をクリックしてください OK 直接終了します。)

3.1)入力メッセージの追加(オプション):

データ検証を含むセルを選択したときに表示されるメッセージを作成できます。 このメッセージは、セルに何を入力できるかをユーザーに思い出させるのに役立ちます。

に行きます 入力メッセージ タブをクリックして、次の手順を実行します。

  • チェック セルが選択されたときに入力メッセージを表示する オプション;
  • 必要なタイトルとリマインダーメッセージを対応するフィールドに入力します。
  • ナビゲーションヘッダーの OK このダイアログボックスを閉じます。

これで、検証済みのセルを選択すると、メッセージボックスが次のように表示されます。

3.2)意味のあるエラーメッセージを作成する(オプション):

入力メッセージの作成に加えて、データ検証を使用して無効なデータがセルに入力されたときにエラーアラートを表示することもできます。

に行きます エラーアラート タブ データ検証 ダイアログボックス、次のようにしてください:

  • チェック 無効なデータが入力された後にエラーアラートを表示する オプション;
  • メディア スタイル ドロップダウンリストで、必要なアラートタイプをXNUMXつ選択します。
    • 停止(デフォルト):このアラートタイプは、ユーザーが無効なデータを入力するのを防ぎます。
    • 警告:データが無効であることをユーザーに警告しますが、データの入力を妨げることはありません。
    • インフォメーション:無効なデータ入力についてのみユーザーに通知します。
  • 必要なタイトルとアラートメッセージを対応するフィールドに入力します。
  • ナビゲーションヘッダーの OK ダイアログボックスを閉じます。

そして今、無効な値を入力すると、以下のスクリーンショットに示すようにメッセージアラートボックスがポップアップ表示されます。

停止 オプション:クリックできます リトライ 別の値を入力するか キャンセル エントリを削除します。

警告 オプション:クリック あり 無効なエントリを入力するには、 いいえ それを変更するには、または キャンセル エントリを削除します。

インフォメーション オプション:クリック OK 無効なエントリを入力するか、 キャンセル エントリを削除します。

注意:独自のカスタムメッセージを設定しない場合 エラーアラート ボックス、デフォルト 停止 アラートプロンプトボックスは、次のように表示されます。


3.データ検証の基本的な例

このデータ検証機能を使用する場合、データ検証を設定するために提供される8つの組み込みオプションがあります。 例:任意の値、整数と小数、日付と時刻、リスト、テキストの長さ、カスタム数式。 このセクションでは、Excelの組み込みオプションのいくつかを使用する方法について説明します。

3.1整数と小数のデータ検証

1。 整数または小数のみを許可するセルのリストを選択し、をクリックします 且つ > データ検証 > データ検証.

2。 の中に データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブで、次の操作を実行します。

  • 対応するアイテムを選択してください 整数 or 10進数 許可する ドロップダウンボックス。
  • 次に、必要な基準のXNUMXつを選択します。 且つ ボックス(この例では、 の間に オプション)。
  • ヒント:基準には次のものが含まれます:間、間ではない、等しい、等しくない、より大きい、より小さい、以上、以下。
  • 次に、 最小 影響により 溶解度 必要な値(0から1までの数値が必要です)。
  • 最後に、 OK ボタン。

3。 これで、0から100までの整数のみを選択したセルに入力できます。


3.2。XNUMX日付と時刻のデータ検証

入力する特定の日付または時刻を検証するには、これを使用することで簡単です データ検証、次のようにしてください。

1。 特定の日付または時刻のみを許可するセルのリストを選択し、をクリックします 且つ > データ検証 > データ検証.

2。 の中に データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブで、次の操作を実行します。

  • 対応するアイテムを選択してください 日付 or 時間 許可する ドロップダウンボックス。
  • 次に、必要な基準のXNUMXつを選択します。 且つ ボックス(ここで選択します 越える オプション)。
  • ヒント:基準には次のものが含まれます:間、間ではない、等しい、等しくない、より大きい、より小さい、以上、以下。
  • 次に、 開始日 必要です(8年20月2021日よりも大きい日付が必要です)。
  • 最後に、 OK ボタン。

3。 現在、選択したセルに入力できるのは、8年20月2021日を超える日付のみです。


3.3テキスト長のデータ検証

セルに入力できる文字数を制限する必要がある場合。 たとえば、特定の範囲でコンテンツを10文字以下に制限するには、これ データ検証 また、あなたに恩恵を与えることができます。

1。 テキストの長さを制限するセルのリストを選択し、をクリックします 且つ > データ検証 > データ検証.

2。 の中に データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブで、次の操作を実行します。

  • 次の項目を選択します。: テキストの長さ から 許可する ドロップダウンボックス。
  • 次に、必要な基準のXNUMXつを選択します。 且つ ボックス(この例では、 未満 オプション)。
  • ヒント:基準には次のものが含まれます:間、間ではない、等しい、等しくない、より大きい、より小さい、以上、以下。
  • 次に、 溶解度 制限する必要のある数(テキストの長さは10文字以内にします)。
  • 最後に、 OK ボタン。

3。 現在、選択したセルでは、10文字未満のテキスト文字列しか入力できません。


3.4データ検証リスト(ドロップダウンリスト)

この強力な データ検証 機能として、セル内にドロップダウンリストをすばやく簡単に作成することもできます。 このようにしてください:

1。 ドロップダウンリストを挿入するターゲットセルを選択し、[ 且つ > データ検証 > データ検証.

2。 の中に データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブで、次の操作を実行します。

  • 次の項目を選択します。: リスト から 許可する ドロップダウンリスト。
  • メディア ソース テキストボックスに、リスト項目をカンマで直接入力します。 たとえば、ユーザー入力をXNUMXつの選択肢に制限するには、「未開始」、「進行中」、「完了」と入力するか、ドロップダウンを挿入する値を含むセルのリストを選択します。
  • 最後に、 OK ボタン。

3。 これで、以下のスクリーンショットに示すように、ドロップダウンリストがセルに作成されました。

ドロップダウンリストの詳細については、クリックしてください…


4.データ検証のための高度なカスタムルール

このセクションでは、次のような問題を解決するための高度なカスタムデータ検証ルールを作成する方法を紹介します。数値またはテキスト文字列のみ、一意の値のみ、指定された電話番号、電子メールアドレスのみを許可する検証式を作成する。

4.1データ検証では、数字またはテキストのみが許可されます

 データ検証機能で入力できるのは数字のみです

セルの範囲内の数値のみを許可するには、次のようにします。

1。 数字のみを入力するセルの範囲を選択します。

2に設定します。 OK をクリックします。 且つ > データ検証 > データ検証、飛び出した データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブで、次の操作を行ってください。

  • 次の項目を選択します。: カスタム から 許可する ドロップダウンリスト。
  • 次に、次の式を入力します。 = ISNUMBER(A2) テキストボックス。 ((A2 制限する選択範囲の最初のセルです)
  • ナビゲーションヘッダーの OK ボタンをクリックして、このダイアログを閉じます。

3。 これ以降、選択したセルに入力できるのは数字のみです。

注意:これ ISNUMBER 関数は、整数、小数、分数、日付、時刻など、検証済みのセルに任意の数値を許可します。


 データ検証機能で入力できるのはテキスト文字列のみです

セルエントリをテキストのみに制限するには、 データ検証 に基づくカスタム式を使用した機能 ISTEXT 機能、次のようにしてください:

1。 テキスト文字列のみを入力するセルの範囲を選択します。

2に設定します。 OK をクリックします。 且つ > データ検証 > データ検証、飛び出した データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブで、次の操作を行ってください。

  • 次の項目を選択します。: カスタム から 許可する ドロップダウンリスト。
  • 次に、次の式を入力します。 = ISTEXT(A2) テキストボックス。 ((A2 制限する選択範囲の最初のセルです)
  • ナビゲーションヘッダーの OK ボタンをクリックして、このダイアログを閉じます。

3。 現在、特定のセルにデータを入力する場合、テキスト形式のデータのみを許可できます。


4.2データ検証では英数字値のみが許可されます

目的によっては、アルファベットと数値の入力を許可し、〜、%、$、スペースなどの特殊文字を制限したい場合があります。このセクションでは、いくつかのトリックを紹介します。

 データ検証機能で英数字値のみを許可する

特殊文字を防止し、英数字値のみを許可するには、カスタム数式を作成する必要があります データ検証 機能、次のようにしてください:

1。 英数字のみを入力するセルの範囲を選択します。

2に設定します。 OK をクリックします。 且つ > データ検証 > データ検証、飛び出した データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブで、次の操作を行ってください。

  • 次の項目を選択します。: カスタム から 許可する ドロップダウンリスト。
  • 次に、以下の式をに入力します テキストボックス。
  • =IF(A2="",TRUE,IF(ISERROR(SUMPRODUCT(SEARCH(MID(A2,ROW(INDIRECT("1:"&LEN(A2))),1),"0123456789abcdefghijklmnopqrstuvwxyz"))),FALSE,TRUE))
  • ナビゲーションヘッダーの OK ボタンをクリックして、このダイアログを閉じます。

注意:上記の式では、 A2 制限する選択範囲の最初のセルです。

3。 現在、アルファベットと数値のみの入力が許可されており、以下のスクリーンショットに示すように、入力時に特殊文字が制限されます。


 驚くべき機能を備えた英数字の値のみを許可する

上記の式は、私たちが理解して覚えるには複雑かもしれません。ここでは、便利な機能を紹介します– 入力を防ぐ of Kutools for Excel、この機能を使用すると、このジョブを簡単にすばやく解決できます。

インストールした後 Kutools for Excel、次のようにしてください。

1。 英数字のみを入力するセルの範囲を選択します。

2。 次に、をクリックします。 クツール > 入力を防ぐ > 入力を防ぐ、スクリーンショットを参照してください:

3。 飛び出した 入力を防ぐ ダイアログボックスで 特殊文字の入力を防止する オプション、スクリーンショットを参照してください:

4。 次に、をクリックします。 Ok ボタンをクリックし、次のプロンプトボックスでをクリックします あり > OK 操作を終了します。 これで、選択したセルで、アルファベットと数値のみが許可されます。スクリーンショットを参照してください。


4.3データ検証により、テキストは特定の文字で開始または終了できます

特定の範囲内のすべての値が特定の文字または部分文字列で開始または終了する必要がある場合は、EXACT、LEFT、RIGHT、またはCOUNTIF関数に基づくカスタム数式でデータ検証を使用できます。

 テキストをXNUMXつの条件のみで特定の文字で開始または終了することを許可する

たとえば、特定のセルにテキスト文字列を入力するときは、テキストを「CN」で開始または終了する必要があります。次のようにしてください。

1。 特定の文字で開始または終了するテキストのみを許可するセルの範囲を選択します。

2。 次に、をクリックします。 且つ > データ検証 > データ検証、飛び出した データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブで、次の操作を行ってください。

  • 次の項目を選択します。: カスタム から 許可する ドロップダウンリスト。
  • 次に、以下の式をに入力します テキストボックス。
  • Begin with: =EXACT(LEFT(A2,2),"CN")
    End with: =EXACT(RIGHT(A2,2),"CN")
  • ナビゲーションヘッダーの OK ボタンをクリックして、このダイアログを閉じます。

注意:上記の式では、 A2 選択した範囲の最初のセルである番号 2 指定した文字数です。 CN 開始または終了するテキストです。

3。 これ以降、選択したセルに入力できるのは、指定した文字で始まるまたは終わるテキスト文字列のみです。 それ以外の場合は、以下のスクリーンショットに示すように、警告アラートがポップアップ表示されます。

ヒント: 上記の数式では大文字と小文字が区別されます。大文字と小文字を区別する必要がない場合は、以下のCONTIF数式を適用してください。

Begin with (non case sensitive): =COUNTIF(A2,"CN*")
End with (non case sensitive): =COUNTIF(A2,"*CN")

注意:アスタリスク*は、XNUMXつ以上の文字に一致するワイルドカードです。


 テキストが複数の基準(ORロジック)を持つ特定の文字で開始または終了することを許可する

たとえば、以下のスクリーンショットに示すように、テキストを「CN」または「UK」で開始または終了する必要がある場合は、プラス(+)記号を使用してEXACTの別のインスタンスを追加する必要があります。 次の手順で実行してください。

1。 複数の基準で開始または終了するテキストのみを許可するセルの範囲を選択します。

2。 次に、をクリックします。 且つ > データ検証 > データ検証、飛び出した データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブで、次の操作を行ってください。

  • 次の項目を選択します。: カスタム から 許可する ドロップダウンリスト。
  • 次に、以下の式をに入力します テキストボックス。
  • Begin with: =EXACT(LEFT(A2,2),"CN")+EXACT(LEFT(A2,2),"UK")
    End with: =EXACT(RIGHT(A2,2),"CN")+EXACT(RIGHT(A2,2),"UK")
  • ナビゲーションヘッダーの OK ボタンをクリックして、このダイアログを閉じます。

注意:上記の式では、 A2 選択した範囲の最初のセルである番号 2 指定した文字数です。 CN 影響により UK 開始または終了する特定のテキストです。

3。 これで、選択したセルに入力できるのは、指定した文字で始まるまたは終わるテキスト文字列のみです。

ヒント: 大文字と小文字を区別しない場合は、以下のCONTIF式を適用してください。

Begin with (non case sensitive): =COUNTIF(A2,"CN*")+COUNTIF(A2,"UK*")
End with (non case sensitive): =COUNTIF(A2,"*CN")+COUNTIF(A2,"*UK")

注意:アスタリスク*は、XNUMXつ以上の文字に一致するワイルドカードです。


4.4データ検証許可エントリには、特定のテキストが含まれている必要があります/含まれていてはなりません

このセクションでは、データ検証を適用して、値にXNUMXつの特定の部分文字列またはExcelの多くの部分文字列のXNUMXつを含めるか含めないようにする方法について説明します。

 許可エントリには、多くの特定のテキストのXNUMXつまたはXNUMXつが含まれている必要があります

エントリを許可するには、特定のテキストをXNUMXつ含める必要があります

たとえば、特定のテキスト文字列を含むエントリを許可するには、以下のスクリーンショットに示すように、入力したすべての値にテキスト「KTE」を含める必要があります。FIND関数とISNUMBER関数に基づくカスタム数式を使用してデータ検証を適用できます。 このようにしてください:

1。 特定のテキストを含むテキストのみを許可するセルの範囲を選択します。

2。 次に、をクリックします。 且つ > データ検証 > データ検証、飛び出した データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブで、次の操作を行ってください。

  • 次の項目を選択します。: カスタム [許可]ドロップダウンリストから。
  • 次に、以下の式のいずれかをに入力します テキストボックス。
  • =ISNUMBER(FIND("KTE",A2))             (Case sensitive)
    =ISNUMBER(SEARCH("KTE",A2))         (Non case sensitive)
  • ナビゲーションヘッダーの OK ボタンをクリックして、このダイアログを閉じます。

注意:上記の式では、 A2 選択した範囲の最初のセルであるテキスト KTE エントリに含める必要のあるテキスト文字列です。

3。 これで、入力した値にデザインしたテキストが含まれていない場合、警告プロンプトボックスが表示されます。


許可エントリには、多くの特定のテキストのXNUMXつが含まれている必要があります

上記の数式はXNUMXつのテキスト文字列に対してのみ機能します。次のスクリーンショットのようにセルで許可される多くのテキスト文字列のいずれかが必要な場合は、SUMPRODUCT、FIND、およびISNUMBER関数を一緒に使用して数式を作成する必要があります。

1。 多くの項目のいずれかを含むテキストのみを許可するセルの範囲を選択します。

2。 次に、をクリックします。 且つ > データ検証 > データ検証、飛び出した データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブで、次の操作を行ってください。

  • 次の項目を選択します。: カスタム から 許可する ドロップダウンリスト。
  • 次に、必要に応じて以下の数式のいずれかを入力します。 テキストボックス。
  • =SUMPRODUCT(--ISNUMBER(FIND($C$2:$C$4,A2)))>0                        (Case sensitive)
    =SUMPRODUCT(--ISNUMBER(SEARCH($C$2:$C$4,A2)))>0                   (Non case sensitive)
  • 次に、をクリックします OK ダイアログボックスを閉じます。

注意:上記の式では、 A2 選択した範囲の最初のセルです。 C2:C4 エントリに許可する値のリストには、それらのいずれかが含まれます。

3。 そして今、特定のリストの値のいずれかを含むエントリのみを入力できます。


 許可エントリには、多くの特定のテキストのXNUMXつまたはXNUMXつを含めることはできません

許可エントリには、特定のテキストをXNUMXつ含めることはできません

エントリに特定のテキストを含めることはできません。たとえば、セルにテキスト「KTE」を含めることのできない値を許可するには、ISERROR関数とFIND関数を使用してデータ検証ルールを作成できます。 このようにしてください:

1。 特定のテキストを含まないテキストのみを許可するセルの範囲を選択します。

2。 次に、をクリックします。 且つ > データ検証 > データ検証、飛び出した データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブで、次の操作を行ってください。

  • 次の項目を選択します。: カスタム から 許可する ドロップダウンリスト。
  • 次に、以下の式のいずれかをに入力します テキストボックス。
  • =ISERROR(FIND("KTE",A2))                  (Case sensitive)
    =ISERROR(SEARCH("KTE",A2))                  (Non case sensitive)
  • ナビゲーションヘッダーの OK ボタンをクリックして、このダイアログを閉じます。

注意:上記の式では、 A2 選択した範囲の最初のセルであるテキスト KTE エントリに含めることのできないテキスト文字列です。

3。 これで、特定のテキストを含むエントリは入力できなくなります。


許可エントリには、多くの特定のテキストのXNUMXつを含めることはできません

以下のスクリーンショットに示すように、リスト内の多くのテキスト文字列のXNUMXつが入力されないようにするには、次のようにする必要があります。

1。 一部のテキストを禁止するセルの範囲を選択します。

2。 次に、をクリックします。 且つ > データ検証 > データ検証、飛び出した データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブで、次の操作を行ってください。

  • 次の項目を選択します。: カスタム から 許可する ドロップダウンリスト。
  • 次に、以下の式をに入力します テキストボックス。
  • =SUMPRODUCT(--ISNUMBER(FIND($C$2:$C$4,A2)))=0                     (Case sensitive)
    =SUMPRODUCT(--ISNUMBER(SEARCH($C$2:$C$4,A2)))=0                 (Non case sensitive)
  • 次に、をクリックします OK ダイアログボックスを閉じます。

注意:上記の式では、 A2 選択した範囲の最初のセルです。 C2:C4 エントリに値のいずれかが含まれている場合に防止する値のリストです。

3. 今後、特定のテキストのいずれかを含むエントリは入力できなくなります。


4.5データ検証では一意の値のみが許可されます

セルの範囲に重複データが入力されないようにする場合、このセクションでは、Excelでこのタスクを解決するための簡単な方法をいくつか紹介します。

 データ検証機能で一意の値のみを許可する

通常、COUNTIF関数に基づくカスタム数式を使用したデータ検証機能が役立ちます。次の手順を実行してください。

1。 一意の値のみを入力するセルまたは列を選択します。

2。 次に、をクリックします。 且つ > データ検証 > データ検証、飛び出した データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブで、次の操作を実行します。

  • 次の項目を選択します。: カスタム から 許可する ドロップダウンリスト。
  • 次に、以下の式をに入力します テキストボックス。
  • =COUNTIF($A$2:$A$9,A2)=1
  • ナビゲーションヘッダーの OK ボタンをクリックして、このダイアログを閉じます。

注意:上記の式では、 A2:A9 一意の値のみを許可するセルの範囲であり、 A2 選択した範囲の最初のセルです。

3。 現在、一意の値のみを入力でき、重複データが入力されると警告メッセージが表示されます。スクリーンショットを参照してください。


 VBAコードで一意の値のみを許可する

次のVBAコードも、重複する値が入力されないようにするのに役立ちます。次のようにしてください。

1。 一意の値のみを許可するシートタブを右クリックして、 コードを表示 コンテキストメニューから、ポップアウトで アプリケーション向け Microsoft Visual Basic ウィンドウで、次のコードをコピーして空のモジュールに貼り付けてください。

VBAコード:セルの範囲内で一意の値のみを許可します。

Private Sub Worksheet_Change(ByVal Target As Range)
'Updateby Extendoffice
  Dim xRg As Range, iLong, fLong As Long
  If Not Intersect(Target, Me.[A1:A100]) Is Nothing Then
     Application.EnableEvents = False
     For Each xRg In Target
     With xRg
         If (.Value <> "") Then
          If WorksheetFunction.CountIf(Me.[A:A], .Value) > 1 Then
            iLong = .Interior.ColorIndex
            fLong = .Font.ColorIndex
            .Interior.ColorIndex = 3
            .Font.ColorIndex = 6
            MsgBox "Duplicate Entry !", vbCritical, "Kutools for Excel"
            .ClearContents
            .Interior.ColorIndex = iLong
            .Font.ColorIndex = fLong
          End If
       End If
     End With
     Next
     Application.EnableEvents = True
  End If
End Sub

注意:上記のコードでは、 A1:A100 影響により A:A 重複を防ぎたい列のセルは、必要に応じて変更してください。

2。 次に、このコードを保存して閉じます。セルA1:A100に重複する値を入力すると、次のスクリーンショットに示すように警告プロンプトボックスが表示されます。


 便利な機能を備えた一意の値のみを許可する

あなたが持っている場合 Kutools for Excelそのと 重複を防ぐ この機能では、データ検証を設定して、数回クリックするだけでセル範囲の重複を防ぐことができます。

インストールした後 Kutools for Excel、次のようにしてください。

1。 値の重複を防ぎ、一意のデータのみを許可するセルの範囲を選択します。

2。 次に、をクリックします。 クツール > 入力を防ぐ > 重複を防ぐ、スクリーンショットを参照してください:

3。 また、この機能を適用するとデータ検証が削除されることを通知する警告メッセージが表示されます。クリックしてください あり 次のプロンプトボックスで、をクリックします OK、スクリーンショットを参照してください:

4。 これで、指定したセルに重複データを入力すると、重複データが無効であることを通知するプロンプトボックスが表示されます。スクリーンショットを参照してください。


4.6データ検証では、大文字/小文字/大文字のみが許可されます

このデータ検証は強力な機能であり、ユーザーがセルの範囲に大文字、小文字、または適切な大文字のエントリのみを入力できるようにするのにも役立ちます。 次の手順で実行してください。

1。 大文字、小文字、または適切な大文字のテキストのみを入力するセルの範囲を選択します。

2。 次に、をクリックします。 且つ > データ検証 > データ検証、飛び出した データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブで、次の操作を実行します。

  • 次の項目を選択します。: カスタム から 許可する ドロップダウンリスト。
  • 次に、必要な次の数式のいずれかを入力します。 テキストボックス。
  • =AND(EXACT(A2,UPPER(A2)),ISTEXT(A2))                   (only allow uppercase text)
    =AND(EXACT(A2,LOWER(A2)),ISTEXT(A2))                 (only allow lowercase text)
    =AND(EXACT(A2,PROPER(A2)),ISTEXT(A2))               (only allow proper case text)
  • ナビゲーションヘッダーの OK ボタンをクリックして、このダイアログを閉じます。

注意:上記の式では、 A2 使用する列の最初のセルです。

3。 これで、作成したルールに準拠するエントリのみが受け入れられます。


4.7データ検証では、別のリストに存在する/存在しない値を許可します

値が別のリストに存在するか存在しないかをセルの範囲に入力できるようにすることは、私たちのほとんどにとって苦痛な問題かもしれません。 実際、COUNTIF関数に基づく単純な式でデータ検証機能を使用して処理できます。

たとえば、以下のスクリーンショットに示すように、C2:C4の範囲の値のみをセルの範囲に入力する必要があります。このジョブを解決するには、次のようにしてください。

1。 データ検証を適用するセルの範囲を選択します。

2。 次に、をクリックします。 且つ > データ検証 > データ検証、飛び出した データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブで、次の操作を実行します。

  • 次の項目を選択します。: カスタム から 許可する ドロップダウンリスト。
  • 次に、必要な次の数式のいずれかを入力します。 テキストボックス。
  • =COUNTIF($C$2:$C$4,A2)>0                (only allow values exist in another column)
    =COUNTIF($C$2:$C$4,A2)=0                (prevent values exist in another column)
  • ナビゲーションヘッダーの OK ボタンをクリックして、このダイアログを閉じます。

注意:上記の式では、 A2 使用する列の最初のセルです。 C2:C4 エントリがそれらのXNUMXつである場合に、防止または許可する値のリストです。

3.これで、エントリは作成したルールにのみ準拠し、他のエントリは入力できなくなります。


4.8データ検証では、電話番号形式のみを強制的に入力します

会社の従業員の情報を入力する場合、電話番号をすばやく正確に入力するために、123つの列に電話番号を入力する必要があります。この場合、電話番号のデータ検証を設定できます。 たとえば、この形式(456)7890-XNUMXの電話番号をワークシートに入力できるようにしたい場合、このセクションでは、このタスクを解決するためのXNUMXつの簡単なトリックを紹介します。

 データ検証機能を使用して電話番号形式のみを強制する

特定の電話番号形式のみを入力できるようにするには、次のようにしてください。

1。 特定の電話番号形式を入力するセルのリストを選択し、右クリックして、を選択します。 セルの書式設定 コンテキストメニューから、スクリーンショットを参照してください。

2。 の中に セルの書式設定 ダイアログボックス、下 タブ、選択 カスタム 左側で カテゴリー リストボックスに入力し、必要な電話番号の形式を[タイプ]テキストボックスに入力します。たとえば、これを使用します (###)### - #### フォーマット、スクリーンショットを参照してください:

3。 次に、をクリックします。 OK ダイアログボックスを閉じます。

4. セルをフォーマットした後、セルの選択に進み、次に データ検証 クリックによるダイアログボックス 且つ > データ検証 > データ検証、ポップアウトされたダイアログで、 設定 タブで、次の操作を実行します。

  • 次の項目を選択します。: カスタム から 許可する ドロップダウンリスト。
  • そして、この式を入力します = AND(ISNUMBER(A2)、LEN(A2)= 10) [数式]テキストボックスに入力します。
  • ナビゲーションヘッダーの OK ボタンをクリックして、このダイアログを閉じます。

注意:上記の式では、 A2 電話番号を検証する列の最初のセルです。

5。 これで、10桁の番号を入力すると、必要に応じて特定の電話番号形式に自動的に変換されます。スクリーンショットを参照してください。

注意:入力した数字が10桁でない場合は、警告メッセージボックスが表示されます。スクリーンショットを参照してください。


 便利な機能を備えた電話番号形式のみを強制する

Kutools for Excelさん 電話番号を検証する この機能は、数回クリックするだけで電話番号形式のみを強制的に入力するのにも役立ちます。

インストールした後 Kutools for Excel、次のようにしてください。

1。 特定の電話番号のみを許可するセルのリストを選択し、をクリックします クツール > 入力を防ぐ > 電話番号を検証する、スクリーンショットを参照してください:

2。 の中に お電話番号 ダイアログボックスで、必要な特定の電話番号の形式を選択するか、をクリックして独自の形式を作成できます。 追加 ボタン、スクリーンショットを参照してください:

3。 電話番号のフォーマットを選択または設定した後、をクリックします OK、現在、特定の形式の電話番号のみを入力できます。入力できない場合は、警告メッセージが表示されて通知されます。スクリーンショットを参照してください。


4.9データ検証では、電子メールアドレスのみを強制的に入力します

ワークシートの列に複数の電子メールアドレスを入力して、誤った電子メールアドレスのフォーマットが入力されないようにする必要がある場合、通常は、電子メールアドレスのフォーマットのみを許可するデータ検証ルールを設定できます。

 データ検証機能を使用してメールアドレス形式のみを強制する

カスタム式でデータ検証機能を使用することにより、無効な電子メールアドレスがすぐに入力されないようにするためのルールを作成できます。次のようにしてください。

1。 メールアドレスのみを入力するセルを選択し、をクリックします 且つ > データ検証 > データ検証.

2。 飛び出した データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブで、次の操作を実行します。

  • 次の項目を選択します。: カスタム から 許可する ドロップダウンリスト。
  • そして、この式を入力します = ISNUMBER(MATCH( "* @ *。?*"、A2,0)) テキストボックス。
  • ナビゲーションヘッダーの OK ボタンをクリックして、このダイアログを閉じます。

注意:上記の式では、 A2 使用する列の最初のセルです。

3。 これで、入力したテキストが電子メールアドレス形式でない場合、警告メッセージボックスが表示され、通知が表示されます。スクリーンショットを参照してください。


 便利な機能を備えたメールアドレス形式のみを強制する

Kutools for Excel 驚くべき機能をサポート– メールアドレスを検証する、このユーティリティを使用すると、ワンクリックで無効な電子メールアドレスを防ぐことができます。

インストールした後 Kutools for Excel、次のようにしてください。

1。 メールアドレスのみの入力を許可するセルを選択し、をクリックします クツール > 入力を防ぐ > メールアドレスを検証する。 スクリーンショットを参照してください:

2。 次に、電子メールアドレスのフォーマットのみを入力できます。入力できない場合は、警告メッセージボックスが表示され、通知が表示されます。スクリーンショットを参照してください。


4.10データ検証では、IPアドレスのみを強制的に入力します

このセクションでは、セルの範囲内のIPアドレスのみを受け入れるようにデータ検証を設定するための簡単なトリックをいくつか紹介します。

 データ検証機能を使用してIPアドレス形式のみを強制する

特定の範囲のセルに入力できるのはIPアドレスのみです。次のようにしてください。

1。 IPアドレスのみを入力するセルを選択し、をクリックします 且つ > データ検証 > データ検証.

2。 飛び出した データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブで、次の操作を実行します。

  • 次の項目を選択します。: カスタム から 許可する ドロップダウンリスト。
  • 次に、以下の式をに入力します テキストボックス。
  • =AND((LEN(A2)-LEN(SUBSTITUTE(A2,".","")))=3,ISNUMBER(SUBSTITUTE(A2,".","")+0))
  • ナビゲーションヘッダーの OK ボタンをクリックして、このダイアログを閉じます。

注意: 上記の式では、 A2 使用する列の最初のセルです。

3。 これで、セルに無効なIPアドレスを入力すると、次のスクリーンショットに示すように、警告メッセージボックスが表示されて通知されます。


 VBAコードを使用してIPアドレス形式のみを強制する

ここで、次のVBAコードは、IPアドレスのみの入力を許可し、他の入力を制限するのにも役立ちます。次のようにしてください。

1。 シートタブを右クリックして、 コードを表示 コンテキストメニューから、オープニングで アプリケーション向け Microsoft Visual Basic ウィンドウで、以下のVBAコードをコピーします。

VBAコード:IPアドレスのみを受け入れるようにセルを検証します

Private Sub Worksheet_Change(ByVal Target As Range)
'Update by ExtendOffice
Dim xArrIp() As String
Dim xIntIP1, xIntIP2, xIntIP3, xIntIP4 As Integer
If Intersect(Target, Range("A2:A10")) Is Nothing Then
    Exit Sub
Else
    If Target = "" Then
        Exit Sub
    End If
    xArrIp = Split(Target.Text, ".")
    If UBound(xArrIp) <> 3 Then
        GoTo EIP
    Else
    xIntIP1 = CInt(xArrIp(0))
    xIntIP2 = CInt(xArrIp(1))
    xIntIP3 = CInt(xArrIp(2))
    xIntIP4 = CInt(xArrIp(3))
    If (xIntIP1 < 1) Or (xIntIP1 > 255) _
    Or (xIntIP2 < 1) Or (xIntIP2 > 255) _
    Or (xIntIP3 < 1) Or (xIntIP3 > 255) _
    Or (xIntIP4 < 1) Or (xIntIP4 > 255) Then
    GoTo EIP
     End If
    End If
End If
Exit Sub
EIP:
    MsgBox "Please enter correct IP address"
    Target = ""
End Sub

注意:上記のコードでは、 A2:A10 IPアドレスのみを受け入れるセル範囲です。

2。 次に、このコードを保存して閉じます。これで、正しいIPアドレスのみを特定のセルに入力できます。


 簡単な機能でIPアドレスのみのフォーマットを強制する

あなたが持っている場合 Kutools for Excel ブックにインストールされている IPアドレスを検証する 機能は、このタスクの解決にも役立ちます。

インストールした後 Kutools for Excel、次のようにしてください。

1。 IPアドレスのみの入力を許可するセルを選択し、をクリックします クツール > 入力を防ぐ > IPアドレスを検証する。 スクリーンショットを参照してください:

2。 この機能を適用した後、IPアドレスのみを入力できるようになりました。それ以外の場合は、警告メッセージボックスが表示され、通知が表示されます。スクリーンショットを参照してください。


4.11データ検証は、合計値を超える値を制限します

毎月の経費報告書があり、予算の合計が$ 18000であるとすると、以下のスクリーンショットに示すように、経費リストの合計金額が事前設定された合計$ 18000を超えないようにする必要があります。 この場合、SUM関数を使用してデータ検証ルールを作成し、値の合計が事前設定された合計を超えないようにすることができます。

1。 値を制限するセルのリストを選択します。

2。 次に、をクリックします 且つ > データ検証 > データ検証、飛び出した データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブで、次の操作を実行します。

  • 次の項目を選択します。: カスタム から 許可する ドロップダウンリスト。
  • 次に、以下の式をに入力します テキストボックス。
  • =SUM($B$2:$B$7)<=18000
  • ナビゲーションヘッダーの OK ボタンをクリックして、このダイアログを閉じます。

注意:上記の式では、 B2:B7 エントリを制限するセルの範囲です。

3。 ここで、B2:B7の範囲の値を入力するときに、値の合計が$ 18000未満の場合、検証に合格します。 いずれかの値で合計が$ 18000を超えると、警告メッセージボックスが表示されて通知されます。


4.12データ検証は、別のセルに基づいてセルエントリを制限します

別のセルの値に基づいてセルのリストのデータエントリを制限する場合は、データ検証機能もこのジョブの解決に役立ちます。 たとえば、セルC1がテキスト「はい」の場合、範囲A2:A9は何でも入力できますが、セルC1が別のテキストの場合、以下のスクリーンショットに示すように、範囲A2:A9には何も入力できません。 :

この解決策を解決するには、次のようにしてください。

1。 値を制限するセルのリストを選択します。

2。 次に、をクリックします 且つ > データ検証 > データ検証、飛び出した データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブで、次の操作を実行します。

  • 次の項目を選択します。: カスタム から 許可する ドロップダウンリスト。
  • 次に、以下の式をに入力します テキストボックス。
  • =$C$1="Yes"
  • ナビゲーションヘッダーの OK ボタンをクリックして、このダイアログを閉じます。

注意:上記の式では、 C1 セルには、使用する特定のテキストと「あり」は、セルを制限するテキストです。必要に応じて変更してください。

3。 これで、セルC1に「はい」というテキストが含まれている場合、A2:A9の範囲に何でも入力できます。セルC1に他のテキストがある場合、値を入力することはできません。以下のデモを参照してください。


4.13データ検証では、平日または週末のみを入力できます

セルのリストに入力する必要があるのが平日(月曜日から金曜日)または週末(土曜日と日曜日)のみの場合、 データ検証 また、あなたを助けることができます、次のステップで行ってください:

1。 平日または平日を入力するセルのリストを選択します。

2。 次に、をクリックします 且つ > データ検証 > データ検証、飛び出した データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブで、次の操作を実行します。

  • 次の項目を選択します。: カスタム から 許可する ドロップダウンリスト。
  • 次に、以下の式のいずれかをに入力します 必要に応じてテキストボックス。
  • =WEEKDAY(A2,2)<6                      (allow only weekdays)
    =WEEKDAY(A2,2)>5                      (allow only weekends)
  • ナビゲーションヘッダーの OK ボタンをクリックして、このダイアログを閉じます。

注意:上記の式では、 A2 使用する列の最初のセルです。

3。 現在、必要に応じて特定のセルに平日または週末の日付のみを入力できます。


4.14データ検証により、今日の日付に基づいて日付を入力できます

場合によっては、今日よりも大きいまたは小さい日付のみをセルのリストに入力できるようにする必要があります。 NS データ検証 の機能 TODAY 機能はあなたに有利に働くことができます。 このようにしてください:

1。 将来の日付(今日よりも大きい日付)のみを入力するセルのリストを選択します。

2。 次に、をクリックします 且つ > データ検証 > データ検証、飛び出した データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブで、次の操作を実行します。

  • 次の項目を選択します。: カスタム から 許可する ドロップダウンリスト。
  • 次に、以下の式をに入力します テキストボックス。
  • =A2>Today()
  • ナビゲーションヘッダーの OK ボタンをクリックして、このダイアログを閉じます。

注意:上記の式では、 A2 使用する列の最初のセルです。

3.これで、今日の日付よりも大きい日付のみをセルに入力できます。入力できない場合は、警告メッセージボックスが表示され、通知が表示されます。スクリーンショットを参照してください。

ヒント:

1.過去の日付(今日より前の日付)を入力できるようにするには、次の式をデータ検証に適用してください。

=A2<Today()

2.次の30日間の日付など、特定の日付範囲内の日付の入力を許可します。データ検証に次の式を入力してください。

=AND(A2>TODAY(),A2<=(TODAY()+30))


4.15データ検証により、現在の時刻に基づいて入力時刻が許可されます

たとえば、現在の時刻に基づいてデータを検証する場合は、現在の時刻の前後の時刻のみをセルに入力できます。 独自のデータ検証式を作成できます。次のようにしてください。

1.現在の時刻の前後の時刻のみを入力するセルのリストを選択します。

2。 次に、をクリックします 且つ > データ検証 > データ検証、飛び出した データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブで、次の操作を実行します。

  • 次の項目を選択します。: 時間 から 許可する ドロップダウンリスト。
  • それから、 未満 現在の時刻より前の時刻のみを許可する、または 越える 必要に応じて、現在の時刻より後の時刻を許可します。 且つ 落ちる。
  • そして、 終了時間 or 開始時刻 ボックスに、次の式を入力します。
  • =TIME(HOUR(NOW()),MINUTE(NOW()),SECOND(NOW()))
  • ナビゲーションヘッダーの OK ボタンをクリックして、このダイアログを閉じます。

注意:上記の式では、 A2 使用する列の最初のセルです。

3。 これで、現在の時刻の前後の時刻のみを特定のセルに入力できます。


4.16データ検証特定の年または現在の年の日付

特定の年または現在の年の日付のみを入力できるようにするには、YEAR関数に基づくカスタム数式でデータ検証を使用できます。

1。 特定の年の日付のみを入力するセルのリストを選択します。

2。 次に、をクリックします 且つ > データ検証 > データ検証、飛び出した データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブで、次の操作を実行します。

  • 次の項目を選択します。: カスタム から 許可する ドロップダウンリスト。
  • 次に、以下の式をに入力します テキストボックス。
  • =YEAR(A2)=2020
  • ナビゲーションヘッダーの OK ボタンをクリックして、このダイアログを閉じます。

注意:上記の式では、 A2 使用する列の最初のセルです。 2020 制限する年番号です。

3。 次に、2020年の日付のみを入力できます。入力できない場合は、次のスクリーンショットに示すように警告メッセージボックスが表示されます。

ヒント:

現在の年の日付のみを許可するには、次の式をデータ検証に適用できます。

=YEAR(A2)=YEAR(TODAY())


4.17データ検証現在の週または月の日付

ユーザーが特定のセルに現在の週または月の日付を入力できるようにする場合、このセクションでは、Excelでこのタスクを処理するための数式をいくつか紹介します。

 今週の日付を入力できる

1。 今週の日付のみを入力するセルのリストを選択します。

2。 次に、をクリックします 且つ > データ検証 > データ検証、飛び出した データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブで、次の操作を実行します。

  • 次の項目を選択します。: 日付 から 許可する ドロップダウンリスト。
  • そして、 の間に から 且つ 落ちる。
  • メディア 開始日 テキストボックスに、次の数式を入力します。 = TODAY()-WEEKDAY(TODAY()、3)
  • メディア 終了日 テキストボックスに、次の数式を入力します。 = TODAY()-WEEKDAY(TODAY()、3)+6
  • 最後に、 OK ボタン。

3。 次に、現在の週内の日付のみを入力できます。以下のスクリーンショットに示すように、他の日付は禁止されます。


 今月の日付を入力できる

当月の日付のみを入力できるようにするには、次のようにしてください。

1。 今月の日付のみを入力するセルのリストを選択します。

2。 次に、をクリックします 且つ > データ検証 > データ検証、飛び出した データ検証 ダイアログボックス、下 設定 タブで、次の操作を実行します。

  • 次の項目を選択します。: 日付 から 許可する ドロップダウンリスト。
  • そして、から選択します 且つ 落ちる。
  • メディア 開始日 テキストボックスに、次の数式を入力します。 = DATE(YEAR(TODAY())、MONTH(TODAY())、1)
  • メディア 終了日 テキストボックスに、次の数式を入力します。 = DATE(YEAR(TODAY())、MONTH(TODAY())、DAY(DATE(YEAR(TODAY())、MONTH(TODAY())+ 1,1)-1))
  • 最後に、 OK ボタン。

3。 今後は、選択したセルに入力できるのは当月の日付のみです。


5. Excelでデータ検証を編集するにはどうすればよいですか?

データ検証の既存のルールを編集または変更するには、以下の手順に従ってください。

1。 データ検証ルールのあるセルのいずれかを選択します。

2。 次に、をクリックします。 且つ > データ検証 > データ検証 に移動します データ検証 ダイアログボックスのボックスで、必要に応じてルールを編集または変更してから、チェックボックスをオンにします。 これらの変更を同じ設定の他のすべてのセルに適用します この新しいルールを元の検証基準を持つ他のすべてのセルに適用するオプション。 スクリーンショットを参照してください:

3に設定します。 OK をクリックします。 OK 変更を保存します。


6. Excelでデータ検証を使用してセルを検索および選択するにはどうすればよいですか?

ワークシートに複数のデータ検証ルールを作成した場合は、データ検証ルールを適用したセルを見つけて選択する必要があります。 特別に行く コマンドは、すべての種類のデータ検証または特定のタイプのデータ検証を選択するのに役立ちます。

1。 検索するワークシートをアクティブにして、データ検証のあるセルを選択します。

2。 次に、をクリックします。 ホーム > 検索と選択 > 特別に行く、スクリーンショットを参照してください:

3。 の中に 特別に行く ダイアログボックスで データ検証 > 全て、スクリーンショットを参照してください:

4。 また、現在のワークシートでは、データ検証のあるすべてのセルが一度に選択されています。

ヒント:特定の種類のデータ検証をXNUMXつだけ選択する場合は、最初に、調べたい特定のデータ検証を含むセルをXNUMXつ選択してから、に移動します。 特別に行く ダイアログボックスをクリックし、 データ検証 > 同じ.


7.データ検証ルールを他のセルにコピーするにはどうすればよいですか?

セルのリストのデータ検証ルールを作成し、同じデータ検証ルールを他のセルに適用する必要があるとします。 ルールを再度作成する代わりに、既存のルールをコピーして他のセルにすばやく簡単に貼り付けることができます。

1。 使用する検証ルールを含むセルをXNUMXつクリックして選択し、を押します。 Ctrlキー+ C それをコピーする。

2。 次に、検証するセルを選択し、隣接していない複数のセルを選択するには、を押し続けます。 Ctrlキー セルを選択しながらキーを押します。

3。 次に、選択範囲を右クリックして、 貼り付け オプション、スクリーンショットを参照してください:

4。 の中に 貼り付け ダイアログボックスで 検証 オプション、スクリーンショットを参照してください:

5に設定します。 OK をクリックします。 OK ボタンをクリックすると、検証ルールが新しいセルにコピーされます。


8.データ検証を使用してExcelの無効なエントリを丸で囲むにはどうすればよいですか?

場合によっては、既存のデータのデータ検証ルールを作成する必要があります。この場合、セルの範囲に無効なデータが表示されることがあります。 無効なデータをチェックして変更するにはどうすればよいですか? Excelでは、 サークル無効データ 無効なデータを赤い円で強調表示する機能。

必要な無効なデータを丸で囲むには、 データ検証 データ範囲のルールを設定する機能。 次の手順で実行してください。

1。 無効なデータを丸で囲むデータ範囲を選択します。

2。 次に、をクリックします。 且つ > データ検証 > データ検証、で データ検証 ダイアログボックスで、必要に応じて検証ルールを設定します。たとえば、ここでは、500より大きい値を検証します。スクリーンショットを参照してください。

3。 次に、をクリックします。 OK ダイアログボックスを閉じます。 データ検証ルールを設定したら、をクリックします 且つ > データ検証 > サークル無効データ、500未満のすべての無効な値は、赤い楕円で囲まれています。 スクリーンショットを参照してください:

注意:

  • 1.無効なデータを修正するとすぐに、赤い円は自動的に消えます。
  • 2。 この サークル無効データ 機能は最大255個のセルのみを丸で囲むことができます。 現在のブックを保存すると、すべての赤い円が削除されます。
  • 3.これらの円は印刷できません。
  • 4.をクリックして、赤い円を削除することもできます 且つ > データ検証 > 検証サークルをクリアする.

9. Excelでデータ検証を削除するにはどうすればよいですか?

セルの範囲、現在のワークシート、またはワークブック全体からデータ検証ルールを削除するには、次の方法が役立ちます。

 データ検証機能を使用して、選択した範囲のデータ検証を削除します

1。 削除するデータ検証のあるセルを選択します。

2。 次に、をクリックします 且つ > データ検証 > データ検証、ポップアウトされたダイアログボックスの 設定 タブをクリックします。 すべてをクリア ボタン、スクリーンショットを参照してください:

3。 次に、をクリックします。 OK ボタンをクリックして、このダイアログボックスを閉じます。 また、選択した範囲に適用されていたデータ検証ルールが一度に削除されました。

ヒント:現在のワークシートからデータ検証を削除するには、最初にシート全体を選択してから、上記の手順を適用してください。


 便利な機能を使用して、選択した範囲のデータ検証を削除します

あなたが持っている場合 Kutools for Excel、 その データ検証の制限をクリアする この機能は、選択した範囲またはワークシート全体からデータ検証ルールを削除するのにも役立ちます。

インストールした後 Kutools for Excel、次のようにしてください。

1。 セルの範囲を選択するか、ワークシート全体に削除するデータ検証が含まれています。

2。 次に、をクリックします。 クツール > 入力を防ぐ > データ検証の制限をクリアする、スクリーンショットを参照してください:

3。 ポップアウトされたプロンプトボックスで、をクリックします OK、およびデータ検証ルールは必要に応じてクリアされています。


 VBAコードを使用してすべてのワークシートからデータ検証を削除します

ワークブック全体からデータ検証ルールを削除するために、ワークシートがたくさんある場合、上記の方法は時間がかかります。ここでは、以下のコードがこのタスクをすばやく処理するのに役立ちます。

1。 を押し続けます Alt + F11 キーを押して アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2。 次に、をクリックします インセット > モジュール、次のマクロをに貼り付けます モジュール 窓。

VBAコード:すべてのワークシートのデータ検証ルールを削除します。

Sub RemoveDataValidation() 'Updateby Extendoffice
  ActiveWorkbook.Worksheetsxwsh.Cells.Validation.Deleteの各xwshのワークシートとしてxwshを薄暗くします次のxwshEndSubを削除します

3。 次に、 F5 このコードを実行するためのキー。すべてのデータ検証ルールがワークブック全体からすぐに削除されました。



  • スーパーフォーミュラバー (複数行のテキストと数式を簡単に編集できます); 読書レイアウト (多数のセルを簡単に読み取って編集する); フィルター範囲に貼り付け...
  • セル/行/列をマージする およびデータの保持。 分割セルコンテンツ; 重複する行と合計/平均を組み合わせる...重複セルを防止します。 範囲を比較する...
  • [複製]または[一意]を選択します 行; 空白行を選択 (すべてのセルは空です); スーパーファインドとファジーファインド 多くのワークブックで; ランダム選択...
  • 正確なコピー 数式参照を変更せずに複数のセル。 参照の自動作成 複数のシートに; 箇条書きを挿入、チェックボックスなど...
  • お気に入りの数式をすばやく挿入する、範囲、チャート、写真; セルを暗号化する パスワード付き。 メーリングリストを作成する そしてメールを送る...
  • テキストを抽出、テキストの追加、位置による削除、 スペースを削除する; ページング小計の作成と印刷。 セルの内容とコメントを変換する...
  • スーパーフィルター (フィルタースキームを保存して他のシートに適用します); 高度な並べ替え 月/週/日、頻度など。 特殊フィルター 太字、斜体...
  • ワークブックとワークシートを組み合わせる; キー列に基づいてテーブルをマージします。 データを複数のシートに分割; xls、xlsx、PDFをバッチ変換...
  • ピボットテーブルのグループ化 週番号、曜日など... ロック解除された、ロックされたセルを表示する さまざまな色で; 式/名前を持つセルを強調表示する...
kteタブ201905
  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性が50%向上し、毎日何百ものマウスクリックが減ります。
officetab下部
Say something here...
symbols left.
You are guest
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    Ghomergher · 10 days ago
    Thanks For Sharing this Great Information. I loved it.