Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English
ログイン  \/ 
x
or
x
今すぐ登録  \/ 
x

or

ExcelCOUNTIFS関数-複数の基準でセルをカウントします-ANDロジックとORロジック

ExcelでのCOUNTIFS関数の構文

ANDロジックのCOUNTIFSを使用して、指定された複数の基準を満たすセルをカウントします

ORロジックで指定された複数の基準を満たすセルをカウントします


ExcelでのCOUNTIFS関数の構文

Excelの統計関数のXNUMXつとして、COUNTIFSは、XNUMXつまたは複数の範囲でXNUMXつまたは複数の指定された基準を満たすセルをカウントします。

COUNTIFS関数の構文
=COUNTIFS(criteria_range1, criteria1, [criteria_range  iteria2]…)

COUNTIFS関数の構文には、次の引数が含まれています。

  • 基準範囲1 (必須)は、適用する最初のセル範囲を指します 基準1.
  • 基準1 (必須)は、どのセルでカウントされるかを定義する条件を指します 基準範囲1.
  • 基準範囲2, 基準2 (オプション)追加の範囲とそれに関連する基準を参照してください。 最大127ペアの範囲と基準が許可されます。

COUNTIF関数は、数値(関連付けられた範囲でXNUMXつ以上の指定された基準を満たすセルの数)を返します。

覚えておくべきこと
  • 追加の各範囲の行と列の数は、 基準範囲1。 範囲は同じでも、隣接していても隣接していなくてもかまいません。
  • ExcelのCOUNTIFS式では、 アスタリスク(*) 任意の数の文字に一致できますが、 疑問符(?) 任意のXNUMX文字に一致します。 実際のワイルドカード文字でセルをカウントする必要がある場合- アスタリスク(*) or 疑問符(?)、入れて チルダ(〜) ワイルドカード文字の前。 たとえば、〜*、〜?。
  • 引用符(“”) 数値以外の基準を囲む必要がありますが、数値の基準は 引用符(“”)。 たとえば、80、「> = 80」、「a」、「インド」。
  • COUNTIFS関数では大文字と小文字は区別されません。 したがって、文字列「India」または「INDIA」は、数式の結果に違いはありません。
  • COUNTIFS関数でセル参照を使用するには 比較演算子、演算子を入力する必要があります 引用符(“”)、および追加します アンパサンド(&) 間に。 たとえば、「>」&B2。
  • の順 比較演算子 は重要: = 単独で、またはその後にのみ機能します > or <.

ANDロジックのCOUNTIFSを使用して、指定された複数の基準を満たすセルをカウントします

デフォルトでは、COUNTIFS関数は複数の基準を次のように評価します。 そして ロジック。 COUNTIFS数式の結果は、指定されたすべての基準を満たすセルの数を示しています。 ANDロジックでセルをカウントするためにCOUNTIFS関数を使用するいくつかの例を次に示します。

XNUMXつの範囲で複数の指定された基準を満たすセルをカウントするCOUNTIFS

countifsおよび/または01
√注:空白のセルは、スコアが何らかの理由で正しく記録されていないことを意味します。 スコア0は、学生が試験を受けなかったことを意味します。

英語のスコアが60から90(60から90を含む)の学生の数を数えるために、ここではXNUMXつの方法をリストしました。

  • COUNTIFS式を使用できます。
    =COUNTIFS(C2:C8,">=60",C2:C8,"<=90") >>>結果は 5
  •  
  • または、あなたが持っている場合 Kutools for Excel インストールされている場合は、 クツール タブ、検索 次の項目を選択します。:、クリック 特定のセルを選択 ドロップダウンリストにあります。 以下のスクリーンショットに示すように設定します。
    countifsおよび/または02

☞タスクを達成するためのその他のアプローチ: ExcelでXNUMXつの値または日付の間のセルの数を数える方法は?

有効なスコアの数を数えるために(セルが0または空白ではない)、ここではXNUMXつの方法もリストしました。

  • 以下の式を使用できます。
    =COUNTIFS(C2:D8,"<>0",C2:D8,"<>") >>>結果は 12
    √注: <> Excelでは等しくないことを意味します。 「<> 0」 0に等しくないことを意味します。 と 「<>」 空白に等しくない、または私たちが言うことができる、空白ではないことを意味します。
  •  
  • Kutools for Excel インストールされている場合は、 クツール タブ、検索 次の項目を選択します。:、クリック 特定のセルを選択 ドロップダウンリストにあります。 以下のスクリーンショットに示すように設定します。
    countifsおよび/または03
    √注:Kutoolsはデフォルトでは空白セルをカウントしないため、 特定のタイプ、基準を「0に等しくない"。

Kutools for Excelがインストールされていない場合は、 30日間の無料トライアルをダウンロードするには、ここをクリックしてください.

COUNTIFSは、異なる範囲で指定された複数の基準を満たすセルをカウントします

countifsおよび/または04

  • ある学生の数を数えるために 文字「a」で終わる国から 影響により それらの名前は「J」で始まります、次の式を使用します。
    = COUNTIFS(A2:A8、 "j *"、B2:B8、 "* a") >>>結果は 2
    √注:ワイルドカード文字 アスタリスク(*) 任意の数の文字に一致します。
  •  
  • 生徒の数を数えるには 英語のスコアと数学のスコアはどちらもエディのスコアを上回っています(等しくありません)(C4とD4の値)、次の式を使用します。
    =COUNTIFS(C2:C8,">60",D2:D8,">80") OR =COUNTIFS(C2:C8,">"&C4,D2:D8,">"&D4 >>>結果は 3
  •  
  • ある学生の数を数えるために インドから(B2の値), グレードA(E2の値)、次の式を使用します。
    = COUNTIFS(B2:B8、 "インド"、E2:E8、 "a") OR =COUNTIFS(B2:B8,B2,E2:E8,E2) >>>結果は 2

ORロジックで指定された複数の基準を満たすセルをカウントします

で指定された複数の基準を満たすセルをカウントするには ORロジック 基準1を満たすセル、基準2を満たすセル、および…を満たすセルの総数をカウントすることを意味します。言い換えると、(少なくとも2つの)基準のいずれかを満たすセルをカウントします。 そのために、以下のXNUMXつの方法をリストしました。

COUNTIFまたはCOUNTIFSの結果を合計して、指定された基準のいずれかを満たすセルをカウントします

指定した少なくともXNUMXつの基準を満たすセルの数を合計すると、セルの総数を簡単に生成できます。 したがって、必要に応じていくつかのCOUNTIF(S)式を記述してから、算術演算を実行する必要があります。

countifsおよび/または05

  • ある学生の数を数えるために インドから(B2の値) or イングランド(B3の値)、次の式を使用します。
    = COUNTIF(B2:B8、 "インド")+ COUNTIF(B2:B8、 "イングランド") OR =COUNTIF(B2:B8,B2)+COUNTIF(B2:B8,B3) >>>結果は 4
    √注:使用できます Kutools for Excel プロフェッショナルアドインをインストールした場合: クツール > 次の項目を選択します。: > 特定のセルを選択選択 OR特定のタイプ.
  •  
  • 学生の数を数えるには 英語のスコアまたは80を超える数学のスコア(80を含む)、次の式を使用します。
    =COUNTIF(C2:C8,">=80")+COUNTIF(D2:D8,">=80")-COUNTIFS(C2:C8,">=80", D2:D8,">=80") >>>結果は 5
    √注:COUNTIFS(C2:C8、 "> = 80"、D2:D8、 "> = 80")を引くには、重複を削除します。これは、英語と数学のスコアが両方とも80を超える生徒です。
指定された基準のいずれかを満たすセルをカウントするための配列定数を持つCOUNTIFS

COUNTIFまたはCOUNTIFSの結果を合計すると、フォーマットのサイズが大きすぎる可能性がありますが、SUM関数とCOUNTIFS関数の使用を配列定数と組み合わせて、関連する基準を満たすさまざまなセルの数をカウントできます。 以下の例を確認してください。

countifsおよび/または06

  • ある学生の数を数えるために インドまたはイギリスから、次の式を使用します(XNUMXつの範囲):
    = SUM(COUNTIF(B2:B8、{"india"、 "england"})) >>>結果は 4
  •  
  • ある学生の数を数えるために グレードA、B、またはCのインドまたはアメリカから、次の式を使用します。
    = SUM(COUNTIFS(B2:B8、{"india"、 "america"}、E2:E8、{"a"; "b"; "c"})) >>>結果は 4
    √注:使用する必要があります セミコロン(;) XNUMX番目の配列定数。 より多くの基準がある場合は、 SUMPRODUCT 式。


  • スーパーフォーミュラバー (複数行のテキストと数式を簡単に編集できます); 読書レイアウト (多数のセルを簡単に読み取って編集する); フィルター範囲に貼り付け...
  • セル/行/列をマージする およびデータの保持。 分割セルコンテンツ; 重複する行と合計/平均を組み合わせる...重複セルを防止します。 範囲を比較する...
  • [複製]または[一意]を選択します 行; 空白行を選択 (すべてのセルは空です); スーパーファインドとファジーファインド 多くのワークブックで; ランダム選択...
  • 正確なコピー 数式参照を変更せずに複数のセル。 参照の自動作成 複数のシートに; 箇条書きを挿入、チェックボックスなど...
  • お気に入りの数式をすばやく挿入する、範囲、チャート、写真; セルを暗号化する パスワード付き。 メーリングリストを作成する そしてメールを送る...
  • テキストを抽出、テキストの追加、位置による削除、 スペースを削除する; ページング小計の作成と印刷。 セルの内容とコメントを変換する...
  • スーパーフィルター (フィルタースキームを保存して他のシートに適用します); 高度な並べ替え 月/週/日、頻度など。 特殊フィルター 太字、斜体...
  • ワークブックとワークシートを組み合わせる; キー列に基づいてテーブルをマージします。 データを複数のシートに分割; xls、xlsx、PDFをバッチ変換...
  • ピボットテーブルのグループ化 週番号、曜日など... ロック解除された、ロックされたセルを表示する さまざまな色で; 式/名前を持つセルを強調表示する...
kteタブ201905
  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性が50%向上し、毎日何百ものマウスクリックが減ります。
officetab下部
Say something here...
symbols left.
You are guest
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.

Be the first to comment.