Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English
ログイン  \/ 
x
or
x
今すぐ登録  \/ 
x

or

Excelのランダムデータ:Excelで乱数、テキスト、日付、時刻を生成します

一般的に、ランダムデータは、統計的サンプリング、データ暗号化、宝くじ、テストまたはトレーニング、または予測できない結果が望まれるその他の分野で使用される一連の数値、テキスト文字列、またはその他の記号です。 この記事では、通常のExcelおよびExcel 365で乱数、テキスト文字列、日付と時刻を生成するためのさまざまな方法を紹介します。

目次:

1. Excelで乱数、テキスト、日付、時刻を生成します

2. Excel 365/2021で乱数、テキスト、日付を生成します

3.ランダムな結果が変化しないようにします


Excelで乱数、テキスト、日付、時刻を生成します

このセクションでは、Excelワークシートで数値、テキスト文字列、日付と時刻を生成するためのさまざまな種類のソリューションについて説明します。

1.1Excelで乱数を生成する

ワークシートに複数の乱数を生成または挿入するには、通常のRANDまたはRANDBETWEEN関数が非常に役立ちます。 数式のほかに、他のコードや簡単なツールもあります。

 乱数を生成するRAND関数

XNUMXつの数値の間にランダムなXNUMX進数を生成する

RAND関数を使用して、0から1の間、0と他の数値の間、またはXNUMXつの特定の数値の間のランダムなXNUMX進数を生成できます。

製品説明
= RAND() 0から1までのランダムなXNUMX進数を生成します。
= RAND()* N 0からNまでのランダムなXNUMX進数を生成します。
= RAND()*(BA)+ A 指定した任意のXNUMXつの数値の間に乱数を生成します。 ((A は下限値であり、 B は上限値です。)

必要な上記の数式をコピーし、必要な数のセルに数式を適用すると、以下のスクリーンショットのような結果が得られます。

= RAND() = RAND()* 50 = RAND()*(100-50)+50

XNUMXつの数値の間に乱数を生成する

いくつかのランダムな整数を生成するには、以下の表に示すように、RNAD関数とINT関数を組み合わせる必要があります。

製品説明
= INT(RAND()* N) 0からNまでのランダムな整数を生成します。
= INT(RAND()*(BA)+ A) 指定した任意のXNUMXつの数値の間にランダムな整数を生成します。 ((A は下限値であり、 B は上限値です。)

上記の数式を必要に応じて適用し、必要に応じて数式を他のセルにドラッグアンドコピーすると、以下のスクリーンショットのような結果が得られます。

= INT(RAND()* 100) = INT(RAND()*(500-200)+200)

 乱数を生成するRANDBETWEEN関数

Excelには、乱数をすばやく簡単に作成するのに役立つRNDBETWEEN関数があります。

XNUMXつの数値の間に乱数を生成する

=RANDBETWEEN(bottom, top)
  • ボトム, top:取得したい乱数範囲の最小値と最大値。

たとえば、100〜200のランダムな整数を生成する場合は、次の数式を空白のセルに適用してから、数式をドラッグして、必要な他のセルにコピーしてください。スクリーンショットを参照してください。

=RANDBETWEEN(100, 200)

ヒント:このRANDBETWEEN関数は、正の数と負の数の両方を作成することもできます。 -100から100までの乱数を挿入するには、一番下の値を-100に変更する必要があります。以下の式を参照してください。

=RANDBETWEEN(-100, 100)


XNUMXつの数値の間に指定された小数点以下の桁を持つ乱数を生成します

小数点以下の桁数を指定して乱数を作成するには、RANDBETWEEN式を次のように変更する必要があります。

  • 小数点以下XNUMX桁の乱数: = RANDBETWEEN(下* 10、上* 10)/ 10
  • 小数点以下XNUMX桁の乱数: = RANDBETWEEN(下* 100、上* 100)/ 100
  • 小数点以下XNUMX桁の乱数: = RANDBETWEEN(下* 1000、上* 1000)/ 1000
  • ...

ここでは、小数点以下10桁の50からXNUMXまでの乱数のリストを取得したいので、以下の数式を適用してから、必要に応じて数式を他のセルにドラッグアンドコピーしてください。スクリーンショットを参照してください。

=RANDBETWEEN(10*100, 50*100)/100


 XNUMXつの値の間で乱数を生成するユーザー定義関数

次のユーザー定義関数は、ランダムな整数またはワークシートの範囲内の特定の小数点以下の桁数を生成するのにも役立ちます。 次のようにしてください。

1。 押さえつける Alt + F11 キーを押して アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2に設定します。 OK をクリックします。 インセット > モジュール、次のコードをに貼り付けます モジュール 窓。

VBAコード:乱数を生成する

Public Function RandomNumbers(Num1 As Long, Num2 As Long, Optional Decimals As Integer)
'Updateby Extendoffice
Application.Volatile
Randomize
If IsMissing(Decimals) Or Decimals = 0 Then
    RandomNumbers = Int((Num2 + 1 - Num1) * Rnd + Num1)
Else
    RandomNumbers = Round((Num2 - Num1) * Rnd + Num1, Decimals)
End If
End Function

3。 次に、コードを閉じてワークシートに戻り、空白のセルにこの数式を入力します = RandomNumbers(X、Y、Z).

注意:上記の式では、 X 数値の下限を示し、 Y 数値の上限を示し、 Z は指定された乱数の小数点以下の桁数です。必要な数に変更してください。

1.)50から200の間のランダムな整数を生成するには、次の式を使用してください。

=RandomNumbers(50,200,0)

2.)小数点以下50桁の200〜2の乱数を挿入するには、次の式を適用してください。

=RandomNumbers(50,200,2)

4。 最後に、数式を必要に応じて他のセルにドラッグアンドコピーすると、以下のスクリーンショットのような結果が得られます。


 XNUMXつの数値の間で乱数を生成するための便利な機能

数式を覚えて入力するのにうんざりしている場合は、ここで便利な機能をお勧めします– ランダムデータを挿入 of Kutools for Excel。 この機能を使用すると、数式を使用せずに乱数またはXNUMX進数を生成できます。

インストールした後 Kutools for Excel、次のようにしてください。

1。 乱数を生成するセルの範囲を選択し、をクリックします クツール > インセット > ランダムデータを挿入、スクリーンショットを参照してください:

2。 の中に ランダムデータを挿入 ダイアログボックス:

1.)ランダムな整数を生成します。

整数 タブの From 影響により ボックスに、ランダムな整数を生成する数値範囲を入力して、をクリックします Ok or お申し込み 以下のスクリーンショットに示すように、ランダムな整数を取得するためのボタン:

2.)特定の小数点以下の桁数で乱数を生成します。

10進数 タブで、XNUMXつの番号を別々に指定します From 影響により 間にランダムなXNUMX進数を生成するボックス。 そして、小数点以下の桁数を選択します 10進数 テキストボックスを配置し、 Ok or お申し込み ランダムな小数を生成するボタン。 スクリーンショットを参照してください:

ヒント:重複のないランダムな小数を生成するには、 一意の値 オプションを選択します。


1.2重複のない乱数を生成する(一意の乱数)

数式またはコードを使用して乱数を生成すると、いくつかの重複した数値も生成されます。 重複のない乱数のリストを作成する場合は、このセクションでいくつかの方法を説明します。

 配列数式を使用して重複のない乱数を生成する

たとえば、重複する数値なしで100〜200の乱数を生成したい場合、これが役立つ複雑な配列数式です。次の手順で実行してください。

1。 100つのセルに下限値と上限値を指定します。 この例では、セルB200とB2に3とXNUMXを入力します。スクリーンショットを参照してください。

2。 次に、次の数式を空白のセル(たとえば、D3)にコピーし(数式を最初の行のセルに入れないでください)、を押します。 Ctrl + Shift + Enter 最初の数字を取得するために一緒にキーを押します。スクリーンショットを参照してください。

=IFERROR(LARGE(ROW(INDIRECT($B$1&":"&$B$2))*NOT(COUNTIF($D$2:D2,ROW(INDIRECT($B$1&":"&$B$2)))),RANDBETWEEN(1,$B$2-$B$1-ROW(A1)+2)),"")

注意:上記の式では、 B1 は低い値であり、 B2 は、間の乱数を返す上限値です。 D2 数式の上のセルです。

3。 次に、100〜200の乱数を生成するために、この数式を他のセルにドラッグアンドコピーします。


 VBAコードで重複することなく乱数を生成する

上記の式が理解しにくい場合は、以下のVBAコードを適用できます。次のようにしてください。

1。 押さえつける Alt + F11 キーを押して アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2に設定します。 OK をクリックします。 インセット > モジュール、次のコードをに貼り付けます モジュール 窓。

VBAコード:重複のない乱数を生成します

Sub Range_RandomNumber()
'Updateby Extendoffice
Dim xStrRange As String
Dim xRg, xCell, xRg1 As Range
Dim xArs As Areas
Dim xNum_Lowerbound As Integer
Dim xNum_Upperbound  As Integer
Dim xI, xJ, xS, xR As Integer
xStrRange = "A1:B20"
xNum_Lowerbound = 100
xNum_Upperbound = 200
Set xRg = Range(xStrRange)
Set xArs = xRg.Areas
xRgCount = 0
For xI = 1 To xArs.Count
    Set xCell = xArs.Item(xI)
    xRgCount = xCell.Count + xRgCount
Next xI
xS = (xNum_Upperbound - xNum_Lowerbound + 1)
If xRgCount > xS Then
    MsgBox ("Number of cells greater than the number of unique random numbers!")
    Exit Sub
End If
    xRg.Clear
For xI = 1 To xArs.Count
    Set xCell = xArs.Item(xI)
    For xJ = 1 To xCell.Count
        Set xRg1 = xCell.Item(xJ)
        xR = Int(xS * Rnd + xNum_Lowerbound)
        Do While Application.WorksheetFunction.CountIf(xRg, xR) >= 1
            xR = Int(xS * Rnd + xNum_Lowerbound)
        Loop
        xRg1.Value = xR
    Next
Next
End Sub

注意:上記のコードでは、 xStrRange = "A1:B20" A1:B20の範囲の乱数を生成することを示します。 xNum_Lowerbound = 100 影響により xNum_Upperbound = 200 100から200の間の乱数を作成するために、下限値と上限値を示します。必要に応じて変更してください。

3。 次に、 F5 このコードを実行するためのキーを押すと、一意の乱数が指定された範囲に挿入されます。


 強力な機能で重複のない乱数を生成する

複数の一意の乱数をすばやく作成するには、 Kutools for Excelさん ランダムデータを挿入 機能はスマートオプションをサポートします– 一意の値。 この小さなオプションをチェックすることで、このタスクを簡単に解決できます。

インストールした後 Kutools for Excel、次のようにしてください。

1。 乱数を生成するセルの範囲を選択します。

2。 そして、 クツール > インセット > ランダムデータを挿入。 ポップアウトされたダイアログボックスで、以下の操作を行ってください。

  • 整数 タブの From 影響により ボックスに、乱数を生成する番号範囲を入力します。
  • チェック 一意の値 オプション;
  • 次に、をクリックします。 Ok or お申し込み 以下のスクリーンショットに示すように、ボタンをクリックして一意の乱数を取得します。


1.3Excelでランダムな偶数または奇数を生成する

セルの範囲でランダムな偶数または奇数を生成する場合は、RANDBETWEE関数をEVEN関数またはODD関数内に配置する必要があります。一般的な構文は次のとおりです。

製品説明
= EVEN(RANDBETWEEN(bottom、top)) 与えられたXNUMXつの数の間にランダムな偶数を生成します。
= ODD(RANDBETWEEN(bottom、top)) 与えられたXNUMXつの数の間にランダムな奇数を生成します。

たとえば、10から100までのランダムな偶数または奇数を生成するには、次の式を適用してください。

=EVEN(RANDBETWEEN(10,100))             (Generate random even numbers)
=ODD(RANDBETWEEN(10,100))             
 (Generate random odd numbers)

次に、塗りつぶしハンドルをドラッグして数式を他のセルにコピーすると、次のスクリーンショットのような結果が得られます。


1.4指定された値になる乱数を生成する

場合によっては、合計が所定の値になる一連の乱数を作成する必要があります。 たとえば、以下のスクリーンショットに示すように、合計5になる10〜50の100つまたはn個の乱数を生成したいとします。 このパズルをExcelで解くために、XNUMXつの方法を紹介します。

 数式を使用して特定の値になる乱数を生成します

ここでは、次の式が役立ちます。 それらは少し複雑なので、ステップバイステップで指示に従ってください:

1。 まず、必要なデータを作成する必要があります。以下のスクリーンショットに示すように、事前に定義された合計値、開始番号、終了番号、および生成する乱数の数です。

2。 次に、以下の数式を、数値を生成する空白のセルにコピーしてください。 この例では、数式をセルA4に入力し、を押します。 入力します 最初の乱数を取得するためのキー。スクリーンショットを参照してください。

=RANDBETWEEN(MAX($B$2,$A$2-(($D$2-ROWS($A$4:$A4))*$C$2)),MIN($C$2,$A$2-(($D$2-ROWS($A$4:$A4))*$B$2)))

注意:上記の式では: A2 与えられた合計値です。 B2 影響により C2 間で乱数を生成する下限値と上限値です。 D2 生成する乱数の数を示します。 A4 この数式を入力するセルです。

3。 次の数式をセルA5にコピーして、を押します。 入力します XNUMX番目の乱数を取得するためのキー。スクリーンショットを参照してください。

=IF(ROW()=$D$2+3,$A$2-SUM($A$4:$A4),IF(ROW()>$D$2+3,"",RANDBETWEEN(MAX($B$2,$A$2-(SUM($A$4:$A4)+($D$2-ROWS($A$4:$A5))*$C$2)),MIN($C$2,$A$2-(SUM($A$4:$A4)+($D$2-ROWS($A$4:$A5))*$B$2)))))

注意:上記の式では: A2 与えられた合計値です。 B2 影響により C2 間で乱数を生成する下限値と上限値です。 D2 生成する乱数の数を示します。 A4 最初の式を入れるセルです。 A5は、XNUMX番目の数式を入力するセルです。

4。 次に、5番目に生成された数値を選択し、下にドラッグして、この数式を以下のXNUMXつのセルにコピーします。 そして今、あなたは以下のスクリーンショットが示すようにXNUMXつの乱数を得るでしょう:

5。 結果をテストするには、これらの数値を合計して合計が100かどうかを確認し、F9キーを押して乱数を動的に更新すると、合計は常に100になります。


 驚くべき機能を備えた特定の値になる乱数の組み合わせを生成する

上記の式を使用して、ニーズを満たす乱数を生成できます。 ただし、指定した数値と特定の合計で構成されるすべての可能な数値の組み合わせを一覧表示する場合は、ここで簡単なツールをお勧めします– Kutools for Excel。 その 数字を作る 機能では、同じ特定の合計で乱数の組み合わせのすべてのセットを取得できます。

インストールした後 Kutools for Excel、次のようにしてください。

1。 まず、指定した番号をリストする必要があります。 ここでは、以下のスクリーンショットに示すように、10から50までのすべての数値をリストしました。

2。 次に、をクリックします。 クツール > コンテンツ > 数字を作る、スクリーンショットを参照してください:

3。 飛び出した 数字を作る ダイアログボックスで、次の操作を行ってください。

  • メディア 情報元 ボックスで、番号リストを選択して、合計で100になる番号を見つけます。
  • オプション、[合計]テキストボックスに合計値を入力します。 ここに入力しました 100 テキストボックスに;
  • チェック 新しいシートに保存 結果を新しいシートにリストする場合のオプション。
  • ストリーミングを停止する場合は上部の OK ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

4。 処理後、100から10までの数字で構成される合計50の乱数のすべてのセットが次のように表示されます。

ヒント:組み合わせの数と各組み合わせの乱数の数を指定することはオプションです。 たとえば、10個の組み合わせを生成し、各組み合わせに5個の乱数を含めるには、下のダイアログボックスで操作を設定できます。 詳細設定 次のように:

そして、次のような結果が得られます。


1.5数式を使用してランダムな文字とテキスト文字列を生成する

このセクションでは、AからZまでの大文字、aからzまでの小文字、または特殊文字(! "#$%& '()* +、-。/)など、Excelでランダムな文字を生成する方法を示します。

 数式を使用してランダムな文字とテキスト文字列を生成します

Excelでは、CHAR関数とRANDBETWEEN関数をいくつかのANSI文字コードと組み合わせて、次のような数式を作成できます。

製品説明
= CHAR(RANDBETWEEN(65、90)) AとZの間にランダムな大文字を生成します。
= CHAR(RANDBETWEEN(97、122)) aとzの間にランダムな小文字を生成します。
= CHAR(RANDBETWEEN(33、47)) 次のようなランダムな特殊文字を生成します。 "#$%& '()* +、-。/

上記の数式のいずれかを必要に応じて適用し、数式を必要な数のセルにコピーすると、以下のスクリーンショットのような結果が得られます。

= CHAR(RANDBETWEEN(65、90)) = CHAR(RANDBETWEEN(97、122)) = CHAR(RANDBETWEEN(33、47))

ヒント:複数の文字を含むランダムなテキスト文字列を生成する場合は、必要に応じて&文字を使用して文字を結合する必要があります。

1.)XNUMXつの大文字を含むランダムな文字列を生成するには、次の式を適用してください。

=CHAR(RANDBETWEEN(65,90))& CHAR(RANDBETWEEN(65,90)) & CHAR(RANDBETWEEN(65,90)) & CHAR(RANDBETWEEN(65,90))

2.)XNUMXつの小文字を含むランダムな文字列を生成するには、次の式を適用してください。

=CHAR(RANDBETWEEN(97,122))& CHAR(RANDBETWEEN(97,122)) & CHAR(RANDBETWEEN(97,122)) & CHAR(RANDBETWEEN(97,122))

3.)最初のXNUMXつの大文字と最後のXNUMXつの小文字を含むランダムな文字列を生成するには、次の式を使用してください。

=CHAR(RANDBETWEEN(65,90))& CHAR(RANDBETWEEN(65,90)) & CHAR(RANDBETWEEN(97,122)) & CHAR(RANDBETWEEN(97,122))

簡単な数式と&文字を使用して、ニーズに合ったさまざまな組み合わせを作成できます。


 便利な機能でランダムな文字とテキスト文字列を生成する

あなたがインストールしている場合 Kutools for Excel、数式を覚えていなくても、ランダムな文字や文字列をすばやく簡単に生成できます。

インストールした後 Kutools for Excel、次のようにしてください。

1。 文字または文字列を挿入するセルの範囲を選択します。

2。 そして、 クツール > インセット > ランダムデータを挿入、ポップアウトされたダイアログボックスで、次の操作を実行してください。

  • ストリーミングを停止する場合は上部の 文字列 タブ;
  • チェック AZ or AZ または挿入したい両方。
  • 次に、必要な文字列の長さを 文字列の長さ テキストボックス;
  • 最後に、 Ok or お申し込み 以下のスクリーンショットのように文字列を挿入します。


1.6Excelで英数字を使用してランダムなパスワードを生成する

パスワードを作成する場合、パスワードは少なくとも8文字で、大文字、小文字、数字、およびいくつかの特殊文字を組み合わせて使用​​する必要があります。 このセクションでは、Excelでランダムなパスワードを生成するためのいくつかのトリックを紹介します。

 数式を使用して英数字でランダムなパスワードを生成する

たとえば、ここでは、8文字の長さのランダムなパスワードを作成します。 で提供されているXNUMXつの式を組み合わせる必要があります 数式を使用してランダムな文字とテキスト文字列を生成します の項目を検索します。

以下の数式を空白のセルにコピーしてください。

=CHAR(RANDBETWEEN(65,90))&CHAR(RANDBETWEEN(97,122))&CHAR(RANDBETWEEN(97,122))&CHAR(RANDBETWEEN(65,90))&RANDBETWEEN(100,999)&CHAR(RANDBETWEEN(33,47))

注意:上記の式では、最初のCHAR関数とRANDBETWEEN関数はランダムな大文字を生成し、3番目と100番目の式は999つの小文字を生成し、XNUMX番目の式はXNUMXつの大文字を生成し、XNUMX番目の式はXNUMX桁の数字を生成します。 XNUMXからXNUMXの間で、最後の式を使用して特殊文字を生成する場合、必要に応じてそれらの順序を変更または調整できます。


 ユーザー定義関数を使用して、英数字でランダムなパスワードを生成します

Excelにランダムなパスワードを挿入するには、次のユーザー定義関数を使用することもできます。次のようにしてください。

1。 を押し続けます Alt + F11 キー、そしてそれは開きます アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2に設定します。 OK をクリックします。 インセット > モジュール、次のマクロをに貼り付けます モジュール 窓。

VBAコード:Excelでランダムなパスワードを生成する

Function RandomizeF(Num1 As Integer, Num2 As Integer)
'Updateby Extendoffice
Dim Rand As String
Application.Volatile
getLen = Int((Num2 + 1 - Num1) * Rnd + Num1)
Do
    i = i + 1
    Randomize
    Rand = Rand & Chr(Int((85) * Rnd + 38))
Loop Until i = getLen
RandomizeF = Rand
End Function

3。 次に、コードを閉じてワークシートに戻ります。 セルにこの数式を入力します = RandomizeF(8,10) 最小長が8文字、最大長が10文字のランダムなテキスト文字列を生成します。

4。 次に、必要に応じて数式を他のセルにドラッグアンドコピーします。 長さが8〜10の英数字および特定の文字を含むランダムな文字列が作成されます。 スクリーンショットを参照してください:


 簡単な機能を使用して、英数字でランダムなパスワードを生成します

Excelで複数のランダムなパスワードを生成するための迅速で簡単な方法はありますか? Kutools for Excel 優れた機能を提供します- ランダムデータを挿入。 この機能を使用すると、数回クリックするだけでランダムなパスワードを挿入できます。

インストールした後 Kutools for Excel、次のようにしてください。

1。 パスワードを挿入するセルの範囲を選択します。

2。 次に、をクリックします クツール > インセット > ランダムデータを挿入。 ポップアウトされたダイアログボックスで、次の操作を実行してください。

  • ストリーミングを停止する場合は上部の 文字列 タブ;
  • 必要に応じて文字の種類を確認してください。
  • 次に、必要なパスワードの長さを 文字列の長さ テキストボックス;
  • 最後に、 Ok or お申し込み 以下のスクリーンショットのようにパスワードを生成します。


1.7Excelでランダムな特定のテキストを生成する

Excelで特定のテキスト値をランダムに表示または一覧表示しようとしたことがありますか? たとえば、特定のテキスト(item1、itme2、item3、item4、item5)をセルのリストにランダムにリストするには、次のXNUMXつのトリックがこのタスクの解決に役立ちます。

 数式を使用してランダムな特定のテキストを生成する

Excelでは、CHOOSE関数とRANDBETWEEN関数に基づいて数式を作成し、特定のテキストをランダムに一覧表示できます。一般的な構文は次のとおりです。

=CHOOSE(RANDBETWEEN(1,n),"Value_1","Value_2","Value_3",…"Value_n")
  • Value_1、Value_2、Value_3、Value_n :ランダムにリストするテキスト値を表します。
  • n :使用するテキスト値の数。

以下の数式を空白のセルに適用してから、塗りつぶしハンドルを下にドラッグして、特定の値をランダムに一覧表示するセルを塗りつぶしてください。スクリーンショットを参照してください。

=CHOOSE(RANDBETWEEN(1,5),"Chemistry","Physics","Geography","Biology","Economics")


 簡単な方法でランダムな特定のテキストを生成する

あなたが持っている場合 Kutools for Excel、 その ランダムデータを挿入 この機能は、セルの範囲にカスタムテキスト値をランダムに挿入するのにも役立ちます。

インストールした後 Kutools for Excel、次のようにしてください。

1。 特定のテキストを挿入するセルの範囲を選択します。

2。 次に、をクリックします クツール > インセット > ランダムデータを挿入、ポップアウトされたダイアログボックスで、次の操作を実行してください。

  • ストリーミングを停止する場合は上部の カスタムリスト タブ;
  • 次に、をクリックします。 別のボタンを開く Kutools for Excel プロンプトボックスで、ランダムに一覧表示する独自のカスタムテキスト値を入力または選択します。 (手動で入力する場合は、エントリをコンマで区切る必要があります。)

3。 次に、をクリックします。 Ok に戻る ランダムデータを挿入 ダイアログでは、独自のカスタムテキストリストがリストボックスに表示されています。 次に、新しいリストアイテムを選択し、をクリックします Ok or お申し込み ボタンをクリックして、選択したセルに値をランダムに挿入します。

ヒント:指定したテキストを重複せずにランダムに一覧表示するには、チェックしてください 一意の値 オプションを選択します。


1.8Excelのリストからランダムな値を生成または選択します

以下のスクリーンショットに示すように、名前の長いリストがあり、そのリストからいくつかのランダムな名前をラッキーネームまたはリサーチオブジェクトとして取得するとします。 この問題をExcelでどのように解決できますか?

 INDEX、RANDBETWEEN、ROWS関数を使用してリストからランダムな値を生成します

Excelでは、リストからランダムな値を直接引き出す方法はありませんが、INDEX、RANDBETWEEN、およびROWS関数に基づいて数式を作成して、いくつかのランダムな値を抽出することができます。

1。 抽出した値を入力する空白のセルに、次の数式をコピーしてください。

=INDEX($A$2:$A$12,RANDBETWEEN(1,ROWS($A$2:$A$12)),1)

注意:上記の式では、 A2:A12 ランダムな値を取得する値のリストです。

2。 次に、塗りつぶしハンドルをランダムな値を表示するいくつかのセルにドラッグすると、次のスクリーンショットのような結果が得られます。


 INDEX、RANK.EQ関数を使用して、重複のないリストからランダムな値を生成します

上記の式を使用すると、いくつかの重複する値が表示されます。 重複する値をスキップするには、最初にヘルパー列を作成してから、INDEX関数とRANK.EQ関数に基づいて数式を適用する必要があります。 次のようにしてください。

1。 以下の数式を空白のセルに入力して、乱数のリストを取得します。スクリーンショットを参照してください。

=RAND()

2。 次に、ランダムな値を抽出する別の列のセルに以下の数式をコピーし、この数式を下のセルにドラッグしてコピーして、繰り返されないランダムな値を表示します。スクリーンショットを参照してください。

=INDEX($A$2:$A$12,RANK.EQ($B2,$B$2:$B$12))

注意:上記の式では、 A2:A12 ランダムな値を生成する値のリストです。 B2 ヘルパー列の最初のセルです。 B2:B12 手順1で作成したヘルパー数式セルです。


 素晴らしい機能を備えた範囲からランダムなセル、行、列を選択します

ここで私は便利な機能をお勧めします– 範囲をランダムに並べ替え/選択 of Kutools for Excel。 この機能を使用すると、必要に応じていくつかのランダムなセル、行、または列を選択できます。

インストールした後 Kutools for Excel、次のようにしてください。

1。 いくつかのランダムな値を選択するセルのリストを選択します。

2。 次に、をクリックします クツール > 範囲 > 範囲をランダムに並べ替え/選択、スクリーンショットを参照してください:

3。 の中に 範囲をランダムに並べ替え/選択 ダイアログボックスで、次の操作を行ってください。

  • 【送信】ボタンをクリックします。販売者は原則としてXNUMX日以内に回答を返信します。XNUMX日を過ぎても回答がない場合は、Artisanaryまでお問い合わせください。 次の項目を選択します。: タブ;
  • 次に、ランダムに選択するセルの数を セル数 選択する ボックス;
  • メディア タイプを選択 セクションで、必要に応じてXNUMXつの操作を選択します。 この場合、私は選択します ランダムセルを選択 オプションを選択します。
  • 次に、をクリックします Ok or お申し込み ボタンをクリックすると、XNUMXつのセルが一度にランダムに選択されます。スクリーンショットを参照してください。

4。 セルを選択したら、必要に応じてそれらをコピーして他のセルに貼り付けることができます。


1.9Excelでランダムにグループにデータを割り当てる

名前のリストがあると仮定します。次に、以下のスクリーンショットに示すように、名前をXNUMXつのグループ(グループA、グループB、グループC)にランダムに分割します。 このセクションでは、Excelでこのタスクを解決するためのいくつかの式について説明します。

 数式を使用してランダムにグループ化するデータを割り当てます

指定したグループにランダムに人を割り当てるには、CHOOSE関数をRANDBETWEEN関数と組み合わせて使用​​できます。

1。 グループを生成するセルに次の数式をコピーまたは入力してください。

=CHOOSE(RANDBETWEEN(1,3),"Group A","Group B","Group C")

注意:上記の式では、 グループA, グループB, グループC 割り当てるグループ名と番号を指定します 3 配布するグループの数を示します。

2。 次に、塗りつぶしハンドルをドラッグしてこの数式を他のセルに塗りつぶすと、下のスクリーンショットに示すように、名前がXNUMXつのグループに分割されます。


 数式を使用して、同じ数のグループにランダムにデータを割り当てます

すべてのグループに同じ数の名前を付けたい場合、上記の式は正しく機能しません。 この場合、RAND関数を使用してランダムな値でヘルパー列を作成し、INDEX、RANK、およびROUNDUP関数に基づいて数式を適用できます。

たとえば、セルF2:F4に基づいて割り当てるグループ名をリストします。 グループ(グループA、グループB、グループC)に人を割り当て、各グループに4人の参加者がいる場合は、次のようにします。

1。 次の式を入力します。 = RAND() 乱数のリストを取得するには、空白のセルに入力します。スクリーンショットを参照してください。

2。 次に、次の列、たとえばセルD2で、次の数式をコピーまたは入力します。

=INDEX($F$2:$F$4, ROUNDUP(RANK(C2,$C$2:$C$13)/4,0))

注意:上記の式では、 C2 ヘルパー列の最初のセルです。 C2:C13 手順1で作成したヘルパー数式セルです。数字の4は、各グループに含める名前の数を示します。 F2:F4 セルの範囲には、データに割り当てるグループ名が含まれています。

3。 塗りつぶしハンドルを下にドラッグして、データのリストのランダムなグループを生成します。名前は等しいグループに分割されます。スクリーンショットを参照してください。


1.10Excelでランダムな日付を生成する

与えられたXNUMXつの日付の間に任意の日付を作成するために、ここではいくつかの方法を紹介します。

 数式を使用して、指定されたXNUMXつの日付の間にランダムな日付を生成します

たとえば、2021-5-1から2021-10-15までの日付をランダムに生成したいとします。 通常、Excelでは、RANDBETWEEN関数とDATE関数を組み合わせて使用​​してタスクを実行できます。次のようにしてください。

1。 ランダムな日付を挿入するセルを選択し、次の数式を入力します。

=RANDBETWEEN(DATE(2021, 5, 1),DATE(2021, 10, 15))

注意:この式では、 2021、5、1 は開始日であり、 2021、10、15 は終了日です。必要に応じて置き換えることができます。

2。 次に、この数式をドラッグして、この数式に入力する他のセルにコピーします。次のスクリーンショットに示すように、セルにXNUMX桁の数字が表示されます。

3。 次に、数値を日付形式にフォーマットする必要があります。 数式セルを選択し、右クリックして選択してください セルの書式設定 コンテキストメニューから選択します。

4。 の中に セルの書式設定 ダイアログボックスで、をクリックします。 タブ、および選択 日付 から カテゴリー ペインで、必要な日付形式をから選択します 種類 ドロップダウンリスト。 スクリーンショットを参照してください:

5に設定します。 OK をクリックします。 OK ダイアログを閉じます。 これで、数値は通常の日付に変換されました。 スクリーンショットを参照してください:

ヒント:週末を除くランダムな就業日を生成する場合は、次の式が役立ちます。

=WORKDAY(RANDBETWEEN(DATE(2021, 5, 1),DATE(2021, 10, 15))-1,1)

 驚くべき機能を使用して、指定されたXNUMXつの日付の間にランダムな日付を生成します

Kutools for Excelさん ランダムデータを挿入 また、指定されたXNUMXつの日付の間のランダムな日付、平日、週末を生成するのに役立つオプションも提供します。

インストールした後 Kutools for Excel、次のようにしてください。

1.ランダムな日付を挿入するセルの範囲を選択します。

2。 次に、をクリックします クツール > インセット > ランダムデータを挿入、ポップアウトされたダイアログボックスで、次の操作を実行してください。

  • ストリーミングを停止する場合は上部の 日付 タブ;
  • 次に、日付スコープを指定します。 この例では、次の中から選択します 5 / 1 / 2021 〜へ 10 / 15 / 2021.
  • 次に、日付タイプを選択します- 就業日 日付、 週末 必要に応じて日付または両方。
  • 最後に、 Ok or お申し込み 以下のスクリーンショットに示すように、日付をランダムに生成します。

ヒント:ランダムに異なる日付を生成するには、チェックしてください 一意の値 オプションを選択します。


1.11Excelでランダムな時間を生成する

乱数、テキスト文字列、日付を挿入した後、このセクションでは、Excelで乱数を生成するためのいくつかのトリックについて説明します。

 数式でランダムな時間を生成する

数式でランダムな時間を生成する

セルの範囲でランダムな時間を生成するには、TEXT関数とRAND関数に基づく数式を使用すると便利です。

以下の数式を空白のセルに入力してから、数式をドラッグして、時間を取得する他のセルにコピーしてください。スクリーンショットを参照してください。

=TEXT(RAND(),"HH:MM:SS")


式を使用して、指定されたXNUMXつの時間の間にランダムな時間を生成します

10時から18時までのように、XNUMXつの特定の時間の間にランダムに時間を挿入する必要がある場合は、次の式を適用してください。

=TEXT(RAND()*(18-10)/24+10/24,”HH:MM:SS”)

注意:上記の式では、数 18 は終了時間であり、 10 開始時刻を表します。 あなたはあなたの要求を満たすためにそれらを変えることができます。

次に、数式をドラッグして、指定されたXNUMXつの時間範囲の間でランダムな時間を生成する他のセルにコピーします。スクリーンショットを参照してください。


数式を使用して特定の間隔でランダムな時間を生成します

15分間隔でランダムな時間を挿入するなど、Excelで特定の間隔内のランダムな時間を考え出すとします。 このジョブを処理するには、TEXT関数内でRAND関数とFLOOR関数を使用できます。

以下の数式をコピーするか、空白のセルに入力してから、この数式をランダムな時間を取得するセルにドラッグしてコピーします。スクリーンショットを参照してください。

=TEXT(FLOOR(RAND(),"0:15"),"HH:MM:SS")

注意:式では、数 15 は時間間隔です。30分間隔でランダムな時間が必要な場合は、15を30に置き換えてください。


 便利な機能を使用して、指定されたXNUMXつの時間の間にランダムな時間を生成します

あなたが持っている場合 Kutools for Excel、 その ランダムデータを挿入 この機能は、ワークシートの特定の時間の間にランダムな時間を生成するのにも役立ちます。

インストールした後 Kutools for Excel、次のようにしてください。

1。 時間を生成するセルの範囲を選択します。

2. 次に、をクリックします。 クツール > インセット > ランダムデータを挿入、ポップアウトされたダイアログボックスで、次の操作を実行してください。

  • ストリーミングを停止する場合は上部の 時間 タブ;
  • 次に、時間範囲を指定します。 この例では、次の中から選択します 9:00 AM 〜へ 16:30 PM.
  • 最後に、 Ok or お申し込み 以下のスクリーンショットに示すように、ランダムな時間を生成します。


 数式を使用して、XNUMXつの日時の間にランダムな日付と時刻を生成します

ランダムな日付と時刻を一緒に生成する場合は、次の式が役立ちます。

1。 ランダムな日時を生成するセルに次の数式を入力またはコピーします。

=TEXT(RAND()*("2021-10-15 12:00:00"-"2021-1-1 9:00")+"2021-1-1 9:00:00","YYYY-MM-DD HH:MM:SS")

注意:この式では、 2021-10-15 12:00:00 は終了日時であり、 2021-1-1 9:00:00 は開始日時です。必要に応じて変更できます。

2。 次に、この数式をドラッグして、ランダムな日時を表示する他のセルにコピーします。スクリーンショットを参照してください。


Excel 365/2021で乱数、テキスト、日付を生成します

このセクションでは、新しい動的配列関数RANDARRAYを使用して、Excel365またはExcel2021で乱数と日付を生成し、ランダムに選択してデータをグループにランダムに割り当てる方法を示します。

RANDARRAY関数は、指定した任意のXNUMXつの数値の間の乱数の配列を返すために使用されます。

RANDARRAY関数の構文は次のとおりです。

=RANDARRAY([rows],[columns],[min],[max],[integer])
  • (オプション):返す乱数の行数。 (省略した場合、デフォルト= 1)
  • コラム (オプション):返す乱数の列の数。 (省略した場合、デフォルト= 1)
  • (オプション):返される最小数。 (省略した場合、デフォルト= 0)
  • マックス (オプション):返される最大数。 (省略した場合、デフォルト= 1)
  • 整数 (オプション):整数またはXNUMX進値を返します。 整数の場合はTRUE、XNUMX進数の場合はFalse。 (省略した場合、デフォルト= FALSE)
注意:
  • 1. RANDARRAY関数には0つの引数があり、それらはすべてオプションです。引数が指定されていない場合、RANDARRAYは1からXNUMXまでのXNUMX進値を返します。
  • 2.行または列の引数が3.9進数の場合、小数点の前の整数に切り捨てられます(たとえば、3はXNUMXとして扱われます)。
  • 3.最小数は最大数より小さくする必要があります。そうでない場合、#VALUEが返されます。 エラー。
  • 4.このRANDARRAYは配列を返します。RANDARRAYがワークシートに複数の結果を返すと、結果は隣接するセルに波及します。

2.1 Excel365 / 2021で乱数を生成する

Excel365またはExcel2021でランダムな整数または小数を生成するには、この新しいRANDARRAY関数を使用できます。

 数式を使用してXNUMXつの数値の間に乱数を生成する

特定の範囲内の乱数のリストを作成するには、次の式を適用してください。

必要に応じて以下の数式のいずれかを入力し、を押してください 入力します 結果を取得するためのキー。スクリーンショットを参照してください。

=RANDARRAY(6, 4, 50, 200, TRUE)               (Generate random integers between 50 and 200)
=RANDARRAY(6, 4, 50, 200, FALSE)           
 (Generate random decimals between 50 and 200)
注意: 上記の式では:
  • 6:6行の乱数を返すことを示します。
  • 4:4列の乱数を返すことを示します。
  • 50, 200:間に数値を生成する最小値と最大値。
  • TRUE:整数を返すことを示します。
  • 間違った情報:XNUMX進数を返すことを示します。

 数式を使用して重複することなく乱数を生成する

通常のRANDARRAY関数を使用して乱数を生成すると、いくつかの重複した数値も作成されます。 重複を避けるために、ここでは、このタスクを解決するためのいくつかの式について説明します。

繰り返されない乱数のリストを生成する

一意の番号の列またはリストをランダムに生成するための一般的な構文は次のとおりです。

重複のないランダムな整数:

=INDEX(UNIQUE(RANDARRAY(n^2, 1, min, max, TRUE)), SEQUENCE(n))

重複のないランダムな小数:

=INDEX(UNIQUE(RANDARRAY(n^2, 1, min, max, FALSE)), SEQUENCE(n))
  • n:生成する値の数。
  • :最小値;
  • マックス:最大値。

たとえば、ここでは、繰り返しのない8から50までの100つの乱数のリストを挿入します。必要な数式を以下に適用してから、を押してください。 入力します 結果を得るための鍵:

=INDEX(UNIQUE(RANDARRAY(8^2, 1, 50, 100, TRUE)), SEQUENCE(8))          (Unique random integers)
=INDEX(UNIQUE(RANDARRAY(8^2, 1, 50, 100, FALSE)), SEQUENCE(8))         
(Unique random decimals)
注意: 上記の式では:
  • 8:8つの乱数を返すことを示します。
  • 50, 100:間に数値を生成する最小値と最大値。
  • TRUE:整数を返すことを示します。
  • 間違った情報:XNUMX進数を返すことを示します。

繰り返されない乱数の範囲を生成します

セルの範囲で繰り返しのない乱数を生成する場合は、行と列の数をSEQUENCE関数に定義する必要があります。一般的な構文は次のとおりです。

一意の番号の列またはリストをランダムに生成するための一般的な構文は次のとおりです。

重複のないランダムな整数:

=INDEX(UNIQUE(RANDARRAY(n^2, 1, min, max, TRUE)), SEQUENCE(rows, columns))

重複のないランダムな小数:

=INDEX(UNIQUE(RANDARRAY(n^2, 1, min, max, FALSE)), SEQUENCE(rows, columns))
  • n:数値を挿入するセルの数。行数*列数として指定できます。 たとえば、8行3列を埋めるには、24 ^ 2を使用します。
  • :埋める行数。
  • コラム:入力する列の数。
  • :最低値;
  • マックス:最高値。

ここでは、8行3列の範囲に、50から100までの一意の乱数を入力します。必要な以下の数式のいずれかを適用してください。

=INDEX(UNIQUE(RANDARRAY(24^2, 1, 50, 100, TRUE)), SEQUENCE(8,3))          (Unique random integers)
=INDEX(UNIQUE(RANDARRAY(24^2, 1, 50, 100, FALSE)), SEQUENCE(8,3))         
(Unique random decimals)
注意: 上記の式では:
  • 24:24と8(行*列)の積である3個の乱数を返すことを示します。
  • 50, 100:間に数値を生成する最小値と最大値。
  • TRUE:整数を返すことを示します。
  • 間違った情報:XNUMX進数を返すことを示します。

2.2 Excel365 / 2021でランダムな日付を生成する

この新しいRANDARRAY関数を使用すると、Excelで複数のランダムな日付または稼働日をすばやく簡単に生成することもできます。

 数式を使用してXNUMXつの日付の間にランダムな日付を生成します

XNUMXつの特定の日付の間のランダムな日付のリストを作成するには、次の式を適用できます。

1。 空白のセルに次の数式を入力してランダムな日付を生成し、を押します 入力します XNUMX桁の数字のリストを取得するには、キーを押します。スクリーンショットを参照してください。

=RANDARRAY(10, 1, B1, B2, TRUE)
注意: 上記の式では:
  • 10:ランダムな日付の10行を返すことを示します。
  • 1:ランダムな日付の1列を返すことを示します。
  • B1, B2:セルには、日付を生成する開始日と終了日が含まれています。

2。 次に、数値を通常の日付形式にフォーマットする必要があります。数値を選択し、右クリックして、を選択します。 セルの書式設定 コンテキストメニューから。 以下では セルの書式設定 ダイアログボックス、次のようにしてください:

  • 【送信】ボタンをクリックします。販売者は原則としてXNUMX日以内に回答を返信します。XNUMX日を過ぎても回答がない場合は、Artisanaryまでお問い合わせください。 タブ;
  • 次に、をクリックします。 日付 から カテゴリー ペイン;
  • 次に、から好きな日付形式をXNUMXつ選択します。 種類 リストボックス。

3。 次に、をクリックします OK ボタンをクリックすると、数値は指定した日付形式でフォーマットされます。スクリーンショットを参照してください。

ヒント:もちろん、次のように数式に開始日と終了日を直接入力することもできます。

=RANDARRAY(10, 1, "5/1/2021", "12/31/2021", TRUE)

 数式を使用してXNUMXつの日付の間にランダムな就業日を生成します

セルの範囲でランダムな稼働日を生成するには、WORKDAY関数にRANDARRAY関数を埋め込む必要があります。

1。 以下の数式を空白のセルに入力またはコピーして、を押します。 入力します 以下のスクリーンショットに示すように、番号のリストを取得するためのキー:

=WORKDAY(RANDARRAY(10, 1, B1, B2, TRUE), 1)

2。 次に、必要に応じて、数値を特定の日付形式にフォーマットします。 セルの書式設定 ダイアログボックスが表示され、次のスクリーンショットに示すような通常の日付形式が表示されます。

ヒント:次のように、開始日と終了日を数式に直接入力することもできます。

=WORKDAY(RANDARRAY(10, 1, "5/1/2021", "12/31/2021", TRUE), 1)

2.3 Excel365 / 2021のリストからランダムな値を生成または取得します

Excel 365または2021では、セルのリストからランダムな値を生成または返す場合、このセクションではいくつかの数式を紹介します。

 数式を使用してリストからランダムな値を生成または取得します

セルのリストからランダムな値を抽出するために、INDEX関数を備えたこのRANDARRY関数を使用すると便利です。 一般的な構文は次のとおりです。

=INDEX(data, RANDARRAY(n, 1, 1, ROWS(data), TRUE))
  • データ:ランダムなアイテムを抽出する値のリスト。
  • n:抽出したいランダムアイテムの数。

たとえば、名前リストA3:A2から12つの名前を抽出するには、次の式を使用してください。

=INDEX(A2:A12, RANDARRAY(C2, 1, 1, ROWS(A2:A12), TRUE))             (Use a cell reference)
=INDEX(A2:A12, RANDARRAY(3, 1, 1, ROWS(A2:A12), TRUE))                 
(Type a number directly)

その後、プレス 入力します キーを押すと、一度に3つの名前がランダムに取得されます。スクリーンショットを参照してください。


 数式を使用して重複することなくリストからランダムな値を生成または取得します

上記の式を使用すると、結果に重複が見つかる場合があります。 繰り返しのないリストからランダムに選択するための一般的な構文は次のとおりです。

=INDEX(SORTBY(data, RANDARRAY(ROWS(data))), SEQUENCE(n))
  • データ:ランダムなアイテムを抽出する値のリスト。
  • n:抽出したいランダムアイテムの数。

名前リストA5:A2からランダムに12つの名前を返す必要がある場合は、次の式のいずれかを入力またはコピーしてください。

=INDEX(SORTBY(A2:A12, RANDARRAY(ROWS(A2:A12))), SEQUENCE(C2))             (Use a cell reference)
=INDEX(SORTBY(A2:A12, RANDARRAY(ROWS(A2:A12))), SEQUENCE(5))             
(Type a number directly)

その後、プレス 入力します リストA5:A2から繰り返しのない12つのランダムな名前を取得するためのキー。スクリーンショットを参照してください。


2.4 Excel365 / 2021の範囲からランダムな行を生成または選択します

場合によっては、Excelのセルの範囲からランダムな行を選択する必要があります。 このタスクを達成するために、ここでは、いくつかの式について説明します。

 数式を使用して範囲からランダムな行を生成または選択します

セルの範囲からランダムな行を生成するための一般的な構文は次のとおりです。

=INDEX(data, RANDARRAY(n, 1, 1, ROWS(data), TRUE), {1,2,3…})
  • データ:ランダムな行を抽出するセルの範囲。
  • n:抽出するランダムな行の数。
  • {1,2,3…}:抽出する列番号。

A3:C2の範囲から12行のデータを抽出するには、次のいずれかの式を使用してください。

=INDEX(A2:C12, RANDARRAY(E2, 1, 1, ROWS(A2:C12), TRUE), {1,2,3})               (Use a cell reference)
=INDEX(A2:C12, RANDARRAY(3, 1, 1, ROWS(A2:C12), TRUE), {1,2,3})                 
(Type a number directly)

その後、プレス 入力します キーを押して、A3:C2の範囲からランダムな12行のデータを取得します。スクリーンショットを参照してください。


 数式を使用して、重複のない範囲からランダムな行を生成または選択します

同様に、上記の式でも重複データが生成される可能性があります。 行の重複が発生しないようにするには、以下の一般的な構文を使用できます。

=INDEX(SORTBY(data, RANDARRAY(ROWS(data))), SEQUENCE(n), {1,2,3…})
  • データ:ランダムな行を抽出するセルの範囲。
  • n:抽出するランダムな行の数。
  • {1,2,3…}:抽出する列番号。

たとえば、A5:C2の範囲から12行のデータを取得するには、次の数式のいずれかを使用してください。

=INDEX(SORTBY(A2:C12, RANDARRAY(ROWS(A2:C12))), SEQUENCE(E2), {1,2,3})            (Use a cell reference)
=INDEX(SORTBY(A2:C12, RANDARRAY(ROWS(A2:C12))), SEQUENCE(5), {1,2,3})             
(Type a number directly)

そして、を押します 入力します キー、以下のスクリーンショットに示すように、重複のない5つのランダムな行が範囲A2:C12から抽出されます。


ランダムな結果が変化しないようにする

おそらく、RAND、RANDBETWEEN、RANDARRAYなど、この記事のすべてのランダム化関数が揮発性であることに気付いたでしょう。 生成結果は、シートが変更されるたびに再計算され、その後ランダムな新しい値が生成されます。 ランダムな値が自動的に変化するのを防ぐために、ここにXNUMXつの簡単なトリックがあります。

 コピーアンドペーストを使用して、ランダムな結果が変更されないようにします

通常、あなたは適用することができます コピーアンドペースト 動的数式を値としてコピーして貼り付ける機能は、次のようにしてください。

1。 ランダムな数式でセルを選択し、を押します Ctrlキー+ C それらをコピーします。

2。 次に、選択した範囲を右クリックして、 価値観 オプションから 貼り付けオプション セクション、スクリーンショットを参照してください:

ヒント:押すこともできます + F10シフト その後 V このオプションをアクティブにします。

3。 そして、すべての数式セルが値に変換され、ランダムな値はそれ以上変更されません。


 便利な機能を使用して、ランダムな結果が変更されないようにします

あなたがインストールしている場合 Kutools for Excel 実際に この機能を使用すると、選択したすべての数式セルをワンクリックで値に変換できます。

インストールした後 Kutools for Excel、次のようにしてください。

1。 ランダムな数式でセルを選択し、をクリックします クツール > 実際に、スクリーンショットを参照してください:

2。 これで、選択したすべての数式が値に変換されました。



  • スーパーフォーミュラバー (複数行のテキストと数式を簡単に編集できます); 読書レイアウト (多数のセルを簡単に読み取って編集する); フィルター範囲に貼り付け...
  • セル/行/列をマージする およびデータの保持。 分割セルコンテンツ; 重複する行と合計/平均を組み合わせる...重複セルを防止します。 範囲を比較する...
  • [複製]または[一意]を選択します 行; 空白行を選択 (すべてのセルは空です); スーパーファインドとファジーファインド 多くのワークブックで; ランダム選択...
  • 正確なコピー 数式参照を変更せずに複数のセル。 参照の自動作成 複数のシートに; 箇条書きを挿入、チェックボックスなど...
  • お気に入りの数式をすばやく挿入する、範囲、チャート、写真; セルを暗号化する パスワード付き。 メーリングリストを作成する そしてメールを送る...
  • テキストを抽出、テキストの追加、位置による削除、 スペースを削除する; ページング小計の作成と印刷。 セルの内容とコメントを変換する...
  • スーパーフィルター (フィルタースキームを保存して他のシートに適用します); 高度な並べ替え 月/週/日、頻度など。 特殊フィルター 太字、斜体...
  • ワークブックとワークシートを組み合わせる; キー列に基づいてテーブルをマージします。 データを複数のシートに分割; xls、xlsx、PDFをバッチ変換...
  • ピボットテーブルのグループ化 週番号、曜日など... ロック解除された、ロックされたセルを表示する さまざまな色で; 式/名前を持つセルを強調表示する...
kteタブ201905
  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性が50%向上し、毎日何百ものマウスクリックが減ります。
officetab下部
Say something here...
symbols left.
You are guest
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.

Be the first to comment.