Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English
ログイン  \/ 
x
or
x
今すぐ登録  \/ 
x

or

Excelは、セルの指定された位置にテキストと数値を追加します

Excelでは、セルにテキストや数字を追加することは非常に一般的な作業です。 名前の間にスペースを追加する、セルにプレフィックスまたはサフィックスを追加する、ソーシャル番号にダッシュを追加するなど。 このチュートリアルでは、Excelでのシナリオの追加のほとんどすべてをリストし、対応する方法を提供します。

このチュートリアルのナビゲーション

1.各セルの先頭に追加

1.1数式を使用してセルの先頭に追加

1.2フラッシュフィルでセルの先頭に追加

1.3VBAコードを使用してセルの先頭に追加

2.各セルの最後に追加します

2.1数式を使用してセルの最後に追加

2.2フラッシュフィルでセルの最後に追加

2.3VBAコードを使用してセルの最後に追加

3.文字列の中央に追加します

3.1式で文字列のn番目の文字の後に追加

3.2フラッシュフィルによる文字列のn番目の文字の後に追加

3.3 VBAコードを使用して、文字列のn番目の文字の後に追加します

4. Kutools for Excelを使用してテキストを追加します(必要に応じて特定の位置に文字を追加します)

4.1最初の文字の前または最後の文字の後にテキストを追加する

4.2指定された位置にテキストを追加します

4.3テキストの追加ユーティリティの拡張

5.最初の特定のテキストの前または後にテキストを追加します

5.1最初の特定のテキストの前にテキストを追加する

5.2最初の特定のテキストの後にテキストを追加する

6.各単語の前または後に文字を追加します

6.1数式で各単語の前後に文字を追加する

6.2検索と置換により、各単語の前後に文字を追加します

6.3VBAコードで各単語の前後に文字を追加する

7.文字の間にテキストを追加します

7.1ユーザー定義機能を使用して、すべての文字/桁の間にテキストを追加します

7.2数式ですべての数値の間にスペースを追加する

8.すべての単語の間に文字を追加します

9.テキストと数字の間に文字を追加します

9.1数式を使用してテキストと数字の間に文字を追加する

9.2フラッシュフィルを使用してテキストと数字の間に文字を追加する

10.電話番号/ソーシャル番号にダッシュを追加します

10.1数式で数字にダッシュを追加する

10.2フォーマットセルで数値にダッシュを追加する

10.3 Excel用のKutoolsのテキストを追加して、電話番号にダッシュを追加します

11.セルに先行ゼロを追加して、長さを固定します

11.1セルのフォーマット機能を使用してセルに先行ゼロを追加する

11.2数式を使用してセルに先行ゼロを追加する

12.末尾のゼロを数値に追加して、長さを固定します

13.テキストに末尾のスペースを追加します

14.テキストまたは数字の前後に引用符/括弧を追加します

14.1フォーマットセルで引用符/括弧を追加します

14.2数式で引用符/括弧を追加します

14.3VBAで引用符/括弧を追加します

15.数式結果に直接テキストを追加します

注意

このチュートリアルでは、メソッドを説明するための例をいくつか作成します。以下のVBAコードまたは式を使用するときに必要に応じて参照を変更したり、メソッドを直接試すためのサンプルをダウンロードしたりできます。

ドキュメントサンプルクリックしてサンプルファイルをダウンロードします


1.各セルの先頭に追加

このパートでは、以下のスクリーンショットに示すように、各セルの先頭に文字を追加するさまざまな方法を示します。
開始時にドキュメントを追加1

1.1数式を使用してセルの先頭に追加


ここでは、以下のXNUMXつの式のいずれかを選択できます。

Formula1連結演算子「&」

アンパサンド文字「&」で複数のテキストを結合します。

「テキスト」&セル

Formula2CONCATENATE関数

CONCATENATE関数は、テキストを結合するために使用されます。

CONCATENATE( "text"、cell)

Formula3CONCAT関数

これは、Excel 2019、Office 365、およびExcelオンラインでのみ表示される新機能です。

CONCAT( "テキスト"、セル)

一般的な数式では、セルはプレフィックスを追加するテキストへのセル参照であり、テキストはセルに追加するために使用されたテキストです。

上記の例を使用すると、数式バーの数式を次のように使用できます。

「&」

= $ E $ 3&B3 or = "iPhone"&B3

CONCATENATE関数

= CONCATENATE($ E $ 3、B3) or = CONCATENATE( "iPhone"、B3)

CONCAT関数

= CONCAT($ E $ 3、B3) or = CONCAT( "iPhone"、B3)

メディア情報 入力します キーを押して結果を取得し、オートフィルハンドルを下にドラッグして、範囲B3:B6の各セルにテキストを追加します。
開始時にドキュメントを追加1

 注目:テキストは二重引用符で囲む必要があります。そうでない場合、数式はエラー値#NAME?を返します。 テキストへのセル参照を使用する場合は、絶対参照を使用することを忘れないでください。F4キーを押すと、相対参照を絶対参照に変更できます。

1.2フラッシュフィルでセルの先頭に追加


Excel 2013以降のバージョンを使用している場合、強力な新機能、 フラッシュフィル、自動的に入力した上記のセルに基づいてセルを埋めることができます。

最初の元のデータの横にあるセルを選択し、次に示すように、プレフィックステキストを使用して最初のデータを手動で入力します。
開始時にドキュメントを追加1

次に、下のセルで、プレフィックステキストを使用してXNUMX番目のデータを入力し続けます。入力中に、灰色のリストが表示されます。を押します。 入力します キーを押すと、フラッシュフィルがデータを自動的に埋めることができます。
開始時にドキュメントを追加1開始時にドキュメントを追加1

プレビューリストが生成されない場合は、[ホーム]タブに移動し、[ 埋める > フラッシュフィル 手動で実行します。

1.3VBAコードを使用してセルの先頭に追加


VBAコードに精通している場合は、ここでVBAコードを紹介して、範囲内の各セルの先頭にテキストを追加します。

1.プレフィックステキストを追加するセルの範囲を選択し、を押します 他の + F11 を有効にするためのキー アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2.次に、ポップウィンドウで、をクリックします インセット > モジュール 空白の新しいモジュールを挿入します。
開始時にドキュメントを追加1

3.以下のVBAコードをコピーして新しいモジュールに貼り付けます。

VBA:セルの先頭に追加

Sub AppendToExistingOnLeft()Dim c As Range For Each c In Selection If c.Value <> "" Then c.Value = "iPhone"&c.Value Next End Sub
 注目:コードスクリプトでは、 iphone 選択したセルの先頭に追加するテキストです。必要に応じて変更してください。

開始時にドキュメントを追加1

4。 押す F5 キーまたはクリック ラン ボタンを放します。 開始時にドキュメントを追加1ウィンドウでVBAコードをアクティブにします。

これで、選択したすべてのセルの先頭に「iPhone」というテキストが追加されました。
開始時にドキュメントを追加1


2.各セルの最後に追加します

セルの先頭にテキストを追加することを除いて、セルの末尾にテキストを追加することも一般的です。 ここでは、以下のスクリーンショットに示すように、例として各セルの最後にユニットを追加します。
doc add at end 1

2.1数式を使用してセルの最後に追加


ここでは、以下のXNUMXつの式のいずれかを選択できます。

Formula1連結演算子「&」

アンパサンド文字「&」で複数のテキストを結合します。

セルと「テキスト」

Formula2CONCATENATE関数

CONCATENATE関数は、テキストを結合するために使用されます。

CONCATENATE(セル、 "テキスト")

Formula3CONCAT関数

これは、Excel 2019、Office 365、およびExcelオンラインでのみ表示される新機能です。

CONCAT(セル、 "テキスト")

一般的な数式では、セルは接尾辞を追加するテキストへのセル参照であり、テキストはセルに追加するために使用されたテキストです。

上記の例を使用すると、数式バーの数式を次のように使用できます。

「&」

= B3&$ E $ 3 or = B3& "Kg"

CONCATENATE関数

= CONCATENATE(B3、$ E $ 3) or = CONCATENATE(B3、 "Kg")

CONCAT関数

= CONCAT(B3、$ E $ 3) or = CONCAT(B3、 "Kg")

メディア情報 入力します キーを押して結果を取得し、オートフィルハンドルを下にドラッグして、範囲B3:B6の各セルの最後にテキストを追加します。
doc add at end 1

 注目:テキストは二重引用符で囲む必要があります。そうでない場合、数式はエラー値#NAME?を返します。 テキストへのセル参照を使用する場合は、絶対参照を使用することを忘れないでください。F4キーを押すと、相対参照を絶対参照に変更できます。

2.2フラッシュフィルでセルの最後に追加


Excel 2013以降のバージョンを使用している場合、強力な新機能、 フラッシュフィル、自動的に入力した上記のセルに基づいてセルを埋めることができます。

最初の元のデータの横にあるセルを選択し、次に示すように、サフィックステキストを含む最初のデータを手動で入力します。
doc add at end 1

次に、最初の結果の下のセルをアクティブにし、クリックします 且つ > フラッシュフィル、アクティブセルを含む以下のすべてのセルが自動的に入力されます。
doc add at end 1
doc add at end 1

2.3VBAコードを使用してセルの最後に追加


これは、範囲内の各セルの最後にテキストを追加できるVBAコードです。

1.接尾辞テキストを追加するセルの範囲を選択し、を押します 他の + F11 を有効にするためのキー アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2.次に、ポップウィンドウで、をクリックします インセット > モジュール 空白の新しいモジュールを挿入します。
開始時にドキュメントを追加1

3.以下のVBAコードをコピーして新しいモジュールに貼り付けます。

VBA:セルの最後に追加

Sub AppendToExistingOnRight()Dim c As Range For Each c In Selection If c.Value <> "" Then c.Value = c.Value& "Kg" Next End Sub
注目:コードスクリプトでは、 Kg 選択したセルの最後に追加するテキストです。必要に応じて変更してください。 

開始時にドキュメントを追加1

4。 押す F5 キーまたはクリック ラン ボタンを放します。 開始時にドキュメントを追加1ウィンドウでVBAコードをアクティブにします。

これで、各セルの最後に「Kg」というテキストが追加されました。
開始時にドキュメントを追加1


3.文字列の中央に追加します

ほとんどの場合、セルの最初または最後にテキストを追加するのは簡単ですが、セルの中央にテキストを追加するのは少し難しいかもしれません。 たとえば、以下のスクリーンショットに示すように、範囲B3:B7の各セルのXNUMX番目の文字の末尾にコロンなどの区切り文字を追加します。
docはミドル1に追加します

3.1式で文字列のn番目の文字の後に追加


このジョブを処理するために提供されているXNUMXつの式を次に示します。使用する式をXNUMXつ選択してください。

Formula1LEFT関数とRIGHT関数を組み合わせる

LEFT(セル、n)& "テキスト"&RIGHT(セル、LEN(セル)-n)

Formula2 COMBINE CONCATENATE(CONCAT)、RIGHTおよびLEN関数

CONCATENATE(LEFT(cell、n)、 "text"、RIGHT(cell、LEN(cell)-n))

Or

CONCAT(LEFT(セル、n)、 "テキスト"、RIGHT(セル、LEN(セル)-n))

Formula3REPLACE関数

REPLACE(セル、n + 1、0、 "テキスト")

一般的な式では、セルは中央にテキストを追加するテキストへのセル参照であり、テキストはセルに追加するために使用されるテキストです。nは、テキスト文字列のどの文字の後に追加するかを定義する数値です。テキストを追加。

上記の仕事を解決するために、これらの式を使用してください:

LEFT関数とRIGHT関数を組み合わせる

= LEFT(B3、2)& ":"&RIGHT(B3、LEN(B3)-2) or = LEFT(B3、2)&$ E $ 3&RIGHT(B3、LEN(B3)-2)

CONCATENATE(CONCAT)、RIGHTおよびLEN関数を組み合わせる

= CONCATENATE(LEFT(B3、2)、 ":"、RIGHT(B3、LEN(B3)-2)) or = CONCAT(LEFT(B3、2)、 ":"、RIGHT(B3、LEN(B3)-2))

REPLACE機能

= REPLACE(B3、2 + 1、0、 ":") or = REPLACE(B3、2 + 1、0、$ E $ 3)

メディア情報 入力します キーを押して結果を取得し、オートフィルハンドルを下にドラッグして、範囲B3:B7の各セルのXNUMX番目の文字の後にテキストを追加します。
docはミドル1に追加します

 注目:テキストは二重引用符で囲む必要があります。そうでない場合、数式はエラー値#NAME?を返します。 テキストへのセル参照を使用する場合は、絶対参照を使用することを忘れないでください。F4キーを押すと、相対参照を絶対参照に変更できます。

3.2フラッシュフィルによる文字列のn番目の文字の後に追加


Excel 2013以降のバージョンを使用している場合は、 フラッシュフィル、自動的に入力した上記のセルに基づいてセルを埋めることができます。

以下に示すように、最初の元のデータの横にあるセルを選択し、XNUMX番目の文字の後にコロンを付けて最初のデータを手動で入力します。
docはミドル1に追加します

次に、最初の結果の下でセルをアクティブにし、を押します Ctrlキー + E 有効にするキー フラッシュフィル コマンドを実行すると、アクティブセルを含む以下のすべてのセルが自動的に入力されます。
docはミドル1に追加します

注目:MACシステムを使用している場合は、Command + Eキーを押します。 

3.3 VBAコードを使用して、文字列のn番目の文字の後に追加します


VBAコードもこの仕事をすることができます。

1。 押す 他の + F11 を有効にするためのキー アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2.次に、ポップウィンドウで、をクリックします インセット > モジュール 空白の新しいモジュールを挿入します。
開始時にドキュメントを追加1

3.以下のVBAコードをコピーして新しいモジュールに貼り付けます。

VBA:セルの中央に追加

Sub AddToMidduleOfString()Dim Rng As Range Dim WorkRng As Range On Error Resume Next xTitleId = "KutoolsforExcel" Set WorkRng = Application.Selection Set WorkRng = Application.InputBox( "Range"、xTitleId、WorkRng.Address、Type:= 8)For WorkRngの各RngRng.Value = VBA.Left(Rng.Value、2& ":"&VBA.Mid(Rng.Value、3、VBA.Len(Rng.Value)-1)Next End Sub
注目:コードスクリプトでは、 2 数字は、後にテキストを追加する位置を定義します。 : 追加するテキストです、 3 2と追加するテキストの長さの合計です。 別の例として、文字列「AB」の最初の文字の後に「and」を追加するには、スクリプトはRng.Value = VBA.Left(Rng.Value、 1)& "影響により"&VBA.Mid(Rng.Value、 4、VBA.Len(Rng.Value)-1) 

開始時にドキュメントを追加1

4。 押す F5 キーまたはクリック ラン ボタンを放します。 開始時にドキュメントを追加1ウィンドウでVBAコードをアクティブにします。 テキストを追加するセルを選択するためのダイアログがポップアップ表示されます。
開始時にドキュメントを追加1

5。 クリック OK。 これで、範囲B19:B23の各セルのXNUMX番目の文字の後にテキスト「:」が追加されました。
開始時にドキュメントを追加1


4. Kutools for Excelを使用してテキストを追加します(必要に応じて特定の位置に文字を追加します)

数式やVBAにうんざりしている場合は、強力で便利なツールを試すことができます。 Kutools for Excel、それはあなたを助けることができます テキストを追加 特徴。
docテキストを追加1

このテキストの追加機能は次のことができます。

  • 最初の文字の前にテキストを追加する
  • 最後の文字の後にテキストを追加する
  • 指定された位置にテキストを追加します
  • 拡張
    大文字の前にテキストを追加する
    小文字の前にテキストを追加する
    大文字/小文字の前にテキストを追加する
    数字の前にテキストを追加する

クリックして30日間の無料トライアルを今すぐ入手してください。

テキストを追加するセルを選択し、[テキストの追加]をクリックして適用します クツール > テキスト > テキストを追加.
docテキストを追加1
4.1最初の文字の前または最後の文字の後にテキストを追加する


メディア テキストを追加 ダイアログで、セルに追加するテキストを入力します。 テキスト テキストボックス、次にチェック 最初の文字の前 ポジション の項目を検索します。
docテキストを追加1

【送信】ボタンをクリックします。販売者は原則としてXNUMX日以内に回答を返信します。XNUMX日を過ぎても回答がない場合は、Artisanaryまでお問い合わせください。 お申し込み or Ok 追加を終了します。
docテキストを追加1

最後の文字の後にテキストを追加するには、セルに追加するテキストを入力します。 テキスト テキストボックス、次にチェック 最後の文字の後 ポジション の項目を検索します。
docテキストを追加1

【送信】ボタンをクリックします。販売者は原則としてXNUMX日以内に回答を返信します。XNUMX日を過ぎても回答がない場合は、Artisanaryまでお問い合わせください。 お申し込み or Ok 追加を終了します。
docテキストを追加1

4.2指定された位置にテキストを追加します


セルの中央にテキストを追加したり、セルのいくつかの位置にテキストを追加したりする場合があります。 以下のスクリーンショットのように、ソーシャル番号のXNUMX桁目とXNUMX桁目の後に区切り文字「-」を追加するとします。
docテキストを追加1

メディア テキストを追加 ダイアログで、テキストを入力します テキスト テキストボックス、およびチェック 指定 オプションをクリックし、カンマを使用して位置を入力してテキストボックスに区切り、クリックします Ok or お申し込み.
docテキストを追加1

4.3テキストの追加ユーティリティの拡張


通常の位置(開始、終了、指定された位置)にテキストを追加する以外に、 テキストを追加 ユーティリティはテキストの追加もサポートしています

  • 大文字の前
  • 小文字の前
  • 大文字/小文字の前
  • 数字の前

メディア テキストを追加 ダイアログで、テキストを入力します テキスト テキストボックス、およびチェック に追加するだけ オプションをクリックし、下のドロップダウンメニューをクリックして、必要に応じて操作を選択します。
docテキストを追加1
docテキストを追加1

テキストの追加機能を除いて、Kutools for Excelには他の300以上の便利な機能があり、Excelのさまざまなジョブで有利になります。今すぐ無料でダウンロードしてください。


5.最初の特定のテキストの前または後にテキストを追加します

このパートでは、Excelで最初に表示される特定のテキストの前後にテキストを追加するための数式を提供します。

5.1最初の特定のテキストの前にテキストを追加する


たとえば、次のスクリーンショットに示すように、セルの最初のテキスト「price」の前にテキスト「(sale)」を追加するとします。
docテキストを追加1

Excelでは、REPLACE関数とSUBSTITUTE関数でこのジョブを解決できます。

REPLACE機能

REPLACE(cell、FIND( "find_text"、cell)、0、 "add_text")

SUBSTITUTE関数

SUBSTITUTE(cell、 "find_text"、 "replace_text"、1)

この場合、上記の式を次のように使用してください。

= REPLACE(B4、FIND( "price"、B4)、0、 "(sale)")

Or

= SUBSTITUTE(B4、 "price"、 "(sale)price"、1)

この場合の式の引数は次のとおりです。

セル:B4、

Find_text:価格、

Add_text :(販売)、

Replace_text :(販売)価格。

メディア情報 入力します キーを押して最初の加算結果を取得し、オートフィルハンドルをこの数式が必要なセルにドラッグします。
docテキストを追加1

5.2最初の特定のテキストの後にテキストを追加する


たとえば、次のスクリーンショットに示すように、セルの最初のコロン「:」の後に通貨記号「$」を追加するとします。
docテキストを追加1

Excelでは、REPLACE関数とSUBSTITUTE関数でこのジョブを解決できます。

REPLACE機能

REPLACE(cell、FIND( "find_text"、cell)、find_text_length、 "replace_text")

SUBSTITUTE関数

SUBSTITUTE(cell、 "find_text"、 "replace_text")

この場合、上記の式を次のように使用してください。

= REPLACE(B12、FIND( ":"、B12)、1、 ":$")

Or

= SUBSTITUTE(B12、 ":"、 ":$")

この場合の式の引数は次のとおりです。

セル:B12、

Find_text ::、

Replace_text :: $。

Find_text_length:1

メディア情報 入力します キーを押して最初の加算結果を取得し、オートフィルハンドルをこの数式が必要なセルにドラッグします。
docテキストを追加1


6.各単語の前または後に文字を追加します

チュートリアルのこの部分では、セルの各単語の前後に文字を追加するのに役立つXNUMXつの異なる方法(数式、検索と置換、VBA)を紹介します。

各単語の前に文字を追加します 
docは各単語の前に追加します1
各単語の後に文字を追加します
docは各単語の前に追加します1

6.1数式で各単語の前後に文字を追加する


SUBSTITUTE関数を使用して、このジョブを解決できます。一般式は次のとおりです。

各単語の前に追加

"文字"&SUBSTITUTE(文字列、 ""、 "文字")

各単語の後に追加

SUBSTITUTE(文字列、 ""、 "文字")& "文字"

B3:B6のリストのすべての単語の前に「+」を追加すると仮定すると、次の式を使用してください。

= "+"&SUBSTITUTE(B3、 ""、 "+")

メディア情報 入力します キーを押して最初の結果を取得し、オートフィルハンドルを下にドラッグしてすべての結果を取得します。
docは各単語の前に追加します1

リストB11:B14の各単語の後に($)を追加すると、次の式を使用してください。

= SUBSTITUTE(B11、 ""、 "($)")& "($)"

メディア情報 入力します キーを押して最初の結果を取得し、オートフィルハンドルを下にドラッグしてすべての結果を取得します。
docは各単語の前に追加します1

6.2検索と置換により、各単語の前後に文字を追加します


以下のスクリーンショットのように、最初の単語を除く各単語の前に文字を追加する場合、または最後の単語を除く各単語の後に文字を追加する場合は、Excelの組み込み 検索および置換 ユーティリティはこのジョブを処理できます。

最初の単語を除く各単語の前に追加
docは各単語の前に追加します1

最後の単語を除く各単語の後に追加します
docは各単語の前に追加します1

1.各単語の前後に文字を追加するセルを選択し、を押します。 Ctrlキー + H を有効にするためのキー 検索および置換 ダイアログ。

2.にスペースを入力します 見つける テキストボックスに入力し、スペースを入れて新しい文字を入力します と交換 テキストボックスをクリックし、最後に すべて置換 ボタン。

操作 全般
各単語の前に文字を追加します スペースの後に新しい文字を追加する すべての単語の前に追加(販売)

docは各単語の前に追加します1docは各単語の前に追加します1

操作 全般
各単語の後に文字を追加します スペースが続く新しい文字 追加-すべての単語の後に

docは各単語の前に追加します1docは各単語の前に追加します1

6.3VBAコードで各単語の前後に文字を追加する

ここでは、各単語の前後に文字を追加するためのXNUMXつのVBAコードを示します。以下の手順に従って、コードを実行してください。

1。 押す 他の + F11 を有効にするためのキー アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2.ポップウィンドウで、をクリックします インセット > モジュール 新しい空のモジュールを挿入します。
docは各単語の前に追加します1

3.以下のVBAコードをコピーしてモジュールに貼り付けます。

すべての単語の前に追加

Sub InsertCharBeforeWord() 'UpdateByExtendOffice
Dim ws As Worksheet Dim xRg As Range Dim xSRg As Range Dim xCell As Range Dim xInStr As String Dim xArr As Variant Dim xValue As String On Error Resume Next Set xSRg = Application.Selection Set xRg = Application.InputBox( "Select cells(continuous ): "、" Kutools for Excel "、xSRg.Address 、、、、、、 8)xRgが何もない場合は終了Sub xInStr = Application.InputBox("追加する文字を入力してください: "、" Kutools for Excel "、" "、、、、、、 2)If StrPtr(xInStr)= 0 Then Exit Sub Application.ScreenUpdating = False For Each xCell In xRg xArr = Split(xCell.Text、" ")xValue =" "For Each xStr In xArr If Trim (xStr)<> "" Then If xValue = "" Then xValue = xInStr&Trim(xStr)Else xValue = xValue& ""&xInStr&Trim(xStr)End If End If Next xCell.Value = xValue Next Application.ScreenUpdating = True End Sub

すべての単語の後に追加

Sub InsertCharAfterWord() 'UpdateByExtendOffice
Dim ws As Worksheet Dim xRg As Range Dim xSRg As Range Dim xCell As Range Dim xInStr As String Dim xArr As Variant Dim xValue As String On Error Resume Next Set xSRg = Application.Selection Set xRg = Application.InputBox( "Select cells(continuous ): "、" Kutools for Excel "、xSRg.Address 、、、、、、 8)xRgが何もない場合は終了Sub xInStr = Application.InputBox("追加する文字を入力してください: "、" Kutools for Excel "、" "、、、、、、 2)If StrPtr(xInStr)= 0 Then Exit Sub Application.ScreenUpdating = False For Each xCell In xRg xArr = Split(xCell.Text、" ")xValue =" "For Each xStr In xArr If Trim (xStr)<> "" Then If xValue = "" Then xValue = Trim(xStr)&xInStr Else xValue = xValue& ""&Trim(xStr)&xInStr End If End If Next xCell.Value = xValue Next Application.ScreenUpdating = True End Sub

4。 押す F5 コードを実行するためのキー(またはクリックすることができます ラン ボタンを放します。  開始時にドキュメントを追加1 )、作業する連続セルを選択するように求めるダイアログが表示されたら、をクリックします OK.
docは各単語の前に追加します1

5. XNUMX番目のポップアウトダイアログで、追加する文字を入力し、をクリックします OK.
docは各単語の前に追加します1

次に、各単語の先頭または末尾に文字が追加されます。


7.文字の間にテキストを追加します

すべての文字の間にテキストを追加したい場合があります。 このパートでは、XNUMXつのシナリオをリストします。XNUMXつはすべての文字の間にテキストを追加すること、もうXNUMXつは各数字の間にスペースを追加することです。

7.1ユーザー定義機能を使用して、すべての文字/桁の間にテキストを追加します


文字列内のすべての文字の間に文字を追加するには、User-Defined関数が役立ちます。

この場合、すべての文字の間にスペースを追加します。

1。 押す 他の + F11 を有効にするためのキー アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2.ポップウィンドウで、をクリックします インセット > モジュール 新しい空のモジュールを挿入します。
docは各単語の前に追加します1

3.以下のVBAコードをコピーしてモジュールに貼り付けます。

文字の間にテキストを追加する

関数AddText(Str As String)As String Dim i As Long For i = 1 To Len(Str)AddText = AddText&Mid(Str、i、1)& "" Next i AddSpace = Trim(AddSpace)End Function

4.コードを保存し、ウィンドウを閉じてワークシートに戻り、追加結果を配置するセルに以下の数式を入力します。

= AddText(B3)

B3は、文字間にスペースを追加する文字列を含むセルです。

5。 押す 入力します キーを押して結果を取得し、オートフィルハンドルをセル上にドラッグして、必要に応じて他の結果を取得します。
docは各単語の前に追加します1

 

注目:

1)VBAコードでは、 "" 必要に応じて他のテキストに変更します。 「 - 」 追加する-文字の間に。

2)コードは、すべての文字の後に新しいテキストを追加します。 必要がない場合は、以下の式を使用して、最後に追加されたテキストを削除できます。 式の詳細については、次のWebサイトをご覧ください。

Excのセルまたは文字列から最初または最後のN文字を削除する方法エル?

LEFT(セル、LEN(セル)-text_length)

7.2数式ですべての数値の間にスペースを追加する


数値である文字列の数字の間にスペースを追加したい場合は、TEXT関数を使用できます。

注目:間にスペースを追加する範囲の数は同じ長さである必要があります。そうでない場合、一部の結果が正しくない可能性があります。 

ここにB8:B10の範囲の12桁の数字のリストがあるとすると、結果を配置するセルを選択して、数式の下に入力してください。

= TEXT(B10、 "########")

メディア情報 入力します キーを押してから、オートフィルハンドルを他のセルにドラッグします。
docは各単語の前に追加します1

数値の長さが5の場合、数式は次のように変更されます。 = TEXT(B10、 "#####").


8.すべての単語の間に文字を追加します

以下のスクリーンショットのように、名前、ミドルネーム、ラストネームの間にスペースを追加すると仮定して、すべての単語の間に文字を追加する場合は、ユーザー定義関数を使用できます。
docは各単語の前に追加します1

1。 押す 他の + F11 を有効にするためのキー アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2.ポップウィンドウで、をクリックします インセット > モジュール 新しい空のモジュールを挿入します。

3.以下のVBAコードをコピーしてモジュールに貼り付けます。

単語の間に文字を追加する

関数AddCharacters(pValue As String)As String'UpdatebyExtendoffice20160908 Dim xOut As String xOut = VBA.Left(pValue、1)For i = 2 To VBA.Len(pValue)xAsc = VBA.Asc(VBA.Mid(pValue、i、1))If xAsc> = 65 And xAsc <= 90 Then xOut = xOut& ""&VBA.Mid(pValue、i、1)Else xOut = xOut&VBA.Mid(pValue、i、1)End If Next AddCharacters = xOut End Function

4.コードを保存し、ウィンドウを閉じてワークシートに戻り、追加結果を配置するセルに以下の数式を入力します。

= AddCharacters(B3)

B3は、単語間にスペースを追加する文字列を含むセルです。

5。 押す 入力します キーを押して結果を取得し、オートフィルハンドルをセル上にドラッグして、必要に応じて他の結果を取得します。
docは各単語の前に追加します1

 注目:VBAコードでは、 "" 必要に応じて他のテキストに変更します。 「 - 」 追加する-単語の間に。

9.テキストと数字の間に文字を追加します

以下のスクリーンショットに示すように、テキストと数字の間に特定の文字を追加するには、XNUMXつの方法を示します。
docはテキストと番号1の間に追加します

9.1数式を使用してテキストと数字の間に文字を追加する


テキストが数字の前にある場合、一般的な式は次のようになります。

TRIM(REPLACE(string、MIN(FIND({1,2,3,4,5,6,7,8,9,0}、string& "1234567890"))、0、 "-"))

上記のケースを例として使用すると、次の式を使用してください。

=TRIM(REPLACE(B4,MIN(FIND({1,2,3,4,5,6,7,8,9,0},B4&"1234567890")),0,"-"))

メディア情報 入力します キーを押して最初の結果を取得し、自動入力ハンドルを他のセルにドラッグしてこの数式を入力します。
docはテキストと番号1の間に追加します

数字がテキストの前にある場合、一般的な式は次のようになります。

LEFT(string、SUM(LEN(string)-LEN(SUBSTITUTE(string、{0,1,2,3,4,5,6,7,8,9}、 ""))))& "。"&RIGHT (string、LEN(B13)-SUM(LEN(string)-LEN(SUBSTITUTE(string、{0,1,2,3,4,5,6,7,8,9}、 ""))))

上記のケースを例として使用すると、次の式を使用してください。

=LEFT(B13,SUM(LEN(B13)-LEN(SUBSTITUTE(B13,{0,1,2,3,4,5,6,7,8,9},""))))&"."&RIGHT(B13,LEN(B13)- SUM(LEN(B13)-LEN(SUBSTITUTE(B13, {0,1,2,3,4,5,6,7,8,9}, ""))))

メディア情報 入力します キーを押して最初の結果を取得し、自動入力ハンドルを他のセルにドラッグしてこの数式を入力します。
docはテキストと番号1の間に追加します

9.2フラッシュフィルを使用してテキストと数字の間に文字を追加する


Excel 2013以降のバージョンを使用している場合は、 フラッシュフィル また、テキストと数字の間に文字を追加するのにも役立ちます。

元のデータの横に、テキストと数字の間に文字を追加した新しいデータを入力します。 次に、Enterキーを押して、最初の結果の次のセルに移動します。
docはテキストと番号1の間に追加します

そしてを押します Ctrlキー + E フラッシュフィルを有効にするキー。
docはテキストと番号1の間に追加します

拡張

このチュートリアルでは、日常生活や仕事で出会う可能性のあるテキストの追加に関するいくつかのシナリオもリストしています。


10.電話番号/ソーシャル番号にダッシュを追加します

以下のスクリーンショットに示すように、電話番号やソーシャル番号のシリアル番号にダッシュなどの区切り文字を追加する必要がある場合があります。 数百の数字を追加する必要がある場合は、手動で入力してみます。 このパートでは、このジョブをすばやく処理するためのXNUMXつのトリック方法を紹介します。
docは数字にダッシュを追加します1

10.1数式で数字にダッシュを追加する


数字にダッシュをすばやく追加できる3つの数式を次に示します。 セルBXNUMXのXNUMX番目とXNUMX番目の数字の後にダッシュを追加するには、次の数式を使用してください。

REPLACE機能

= REPLACE(REPLACE(B3,4,0、 "-")、8,0、 "-")

TEXT関数

= TEXT(B3、 "???-???-???")

メディア情報 入力します キーを押して最初の結果を取得し、オートフィルハンドルを他のセルにドラッグします。
docは数字にダッシュを追加します1

注目:

上記の数式の引数は、必要に応じて変更できます。 追加すると仮定します 「 - 」 XNUMX桁目、XNUMX桁目、XNUMX桁目以降は、次のように数式を使用できます。

= REPLACE(REPLACE(REPLACE(B3,3,0、 "-")、6,0、 "-")、9,0、 "-")

= TEXT(B3、 "??-??-??-???")

 

10.2フォーマットセルで数値にダッシュを追加する


元のセルの数値にダッシュを直接追加するには、 セルの書式設定 特徴。

1.ダッシュを追加する番号を選択し、を押します Ctrlキー + 1 を有効にするためのキー セルの書式設定 ダイアログ。

2。 の中に セルの書式設定 ダイアログ、下 タブを選択 カスタム から カテゴリー の項目を検索します。

3.次に右側 種類 セクション、タイプ ###-###-### テキストボックスで、をクリックします OK.
docは数字にダッシュを追加します1

これで、選択した番号にダッシュが追加されました。
docは数字にダッシュを追加します1

10.3 Excel用のKutoolsのテキストを追加して、電話番号にダッシュを追加します


あなたが持っている場合 Kutools for Excel Excelにインストールされ、 テキストを追加 機能もあなたに有利になります。

1.ダッシュを追加する必要のある番号を含むセルを選択し、をクリックします クツール > テキスト > テキストを追加。
docは数字にダッシュを追加します1

2。 の中に テキストを追加 ダイアログで、ダッシュまたはその他の区切り文字をに入力します テキスト テキストボックス、選択 指定 オプションを選択し、ダッシュを追加する位置を入力して、下のテキストボックスにカンマで区切ります。
docは数字にダッシュを追加します1

3。 クリック Ok または適用します。 次に、選択した番号にダッシュが追加されています。

無料ダウンロード30日間の試用版のテキストを追加。


11.セルに先行ゼロを追加して、長さを固定します

異なる長さの数値のリストがあると仮定すると、以下のスクリーンショットに示すように、先行ゼロを追加して同じ長さにし、見栄えを良くしたいとします。 これがあなたが仕事を処理するために提供されるXNUMXつの方法です。
docは先行ゼロを追加します1

11.1セルのフォーマット機能を使用してセルに先行ゼロを追加する


あなたが使用することができます セルの書式設定 先行ゼロを追加してセルの長さを修正するカスタム形式を設定する機能。

1.先行ゼロを追加するセルを選択し、を押します Ctrlキー + 1 有効にするキー セルの書式設定 ダイアログ。

2。 の中に セルの書式設定 ダイアログ、下 タブを選択 カスタム から カテゴリー の項目を検索します。

3.次に右側 種類 セクション、タイプ 0000 テキストボックスに入力し(数値の長さを4倍に固定するには、0000と入力します。これを、5倍、00000と入力するなど、他の長さに変更できます)、をクリックします。 OK.
docは先行ゼロを追加します1

次に、数字に先行ゼロが同じ長さで追加されています。
docは先行ゼロを追加します1

注目:元のデータの長さが設定された長さを超える場合、先行ゼロなしで元のデータを表示します。


11.2数式を使用してセルに先行ゼロを追加する


元のデータを変更したくない場合は、数式を使用して、他の場所の数値に先行ゼロを追加できます。

ここにあなたを助けることができるXNUMXつの機能があります。

Formula1TEXT関数

TEXT(number、 "00…")

Formula2RIGHT関数

RIGHT( "00…"&number、length)

Formula3BASE関数

BASE(数値、10、長さ)

数式のゼロの数は、数の長さと同じです。

ここでは、数字の長さとして4桁を設定します。次の式を使用してください。

= TEXT(B10、 "0000")

= RIGHT( "0000"&B10,4)

= BASE(B10,10,4)

メディア情報 入力します キーを押して、オートフィルハンドルを下にドラッグします。
docは先行ゼロを追加します1

注目:元のデータの長さが設定された長さを超える場合、先行ゼロなしで元のデータを表示します。


12.末尾のゼロを数値に追加して、長さを固定します

以下のスクリーンショットのように、セルB3:B7の数値に末尾のゼロを追加して5桁の長さにすると仮定して、固定長を作成するために末尾のゼロを数値に追加する場合は、数式を適用してジョブを処理できます。 。
doc末尾のゼロを追加1

REPT機能

number&REPT( "0"、length-LEN(number))

数式で、引数「number」は末尾のゼロを追加する数値またはセル参照を表し、引数「length」は必要な固定長です。

次の式を使用してください。

= B3&REPT( "0"、5-LEN(B3))

メディア情報 入力します キーを押して、オートフィルハンドルをこの数式が必要なセルまでドラッグします。
doc末尾のゼロを追加1


13.テキストに末尾のスペースを追加します

ワークシートからメモ帳にデータをエクスポートまたはコピーする場合は、セルの値の長さが異なるため、テキストが乱雑に配置される可能性があります。下のスクリーンショットのように見栄えを良くするには、末尾にスペースを追加する必要があります。
doc末尾のスペースを追加1

この仕事を解決するために、REPT関数はあなたに有利に働くことができます。

LEFT(text&REPT( ""、max_length)、max_length)

数式で、引数「text」は末尾のスペースを追加するテキストまたはセル参照であり、引数「max_length」はテキストを作成する固定長であり、使用されるテキストの最大長。

セルB3:C6のテキストに末尾のスペースを追加するには、次の数式を使用してください。

= LEFT(B3&REPT( ""、10)、10)

メディア情報 入力します キーを押してから、オートフィルハンドルをこの数式が必要なすべてのセルにドラッグします。

この場合、使用されるテキストの最長は9文字であるため、ここでは10を使用します。
doc末尾のスペースを追加1


14.テキストまたは数字の前後に引用符/括弧を追加します

以下のスクリーンショットのように、セル内のテキストまたは数字を引用符または角かっこで囲む必要がある場合があります。ただし、手動でXNUMXつずつ入力する場合を除き、ExcelのXNUMXつの方法ですばやく解決できます。
docは引用符を追加します1

14.1フォーマットセルで引用符/括弧を追加します


元のデータのテキストを引用符で囲む場合は、Excelのセルの書式設定機能が役立ちます。

1.引用符を追加するセルを選択し、を押します Ctrlキー + 1 を有効にするためのキー セルの書式設定 ダイアログ。

2。 の中に セルの書式設定 ダイアログ タブを選択 カスタム リストから カテゴリー、次に右のセクションに移動して入力します "''" @ "''"種類 テキストボックス。 クリック OK.
docは引用符を追加します1

選択したセルのテキストが引用符で囲まれて追加されました。

テキストの前後に角かっこを追加する場合は、[セルの書式設定]ダイアログの[タイプ]テキストボックスで、次のコマンドを使用します。 (@).

14.2数式で引用符/括弧を追加します


数式を使用して、他のセルのテキストに引用符を追加することもできます。

&コネクタの使用

""""&文章&""""

Or

char(34)&text&char(34)

この場合、セルB11のテキストは、次の数式を使用してください。

= "" ""&B11& "" ""

Or

= char(34)&B11&char(34)

メディア情報 入力します キーを押しながらオートフィルハンドルを下にドラッグして、セルを塗りつぶします。
docは引用符を追加します1

テキストの前後に角かっこを追加する場合は、次の式を使用します。 "("&文章&")".

14.3VBAで引用符/括弧を追加します


このジョブを解決するためにVBAコードが必要な場合は、ここにVBAがあります。

1。 押す 他の + F11 を有効にするためのキー アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2.次に、ポップウィンドウで、をクリックします インセット > モジュール 空白の新しいモジュールを挿入します。

3.以下のVBAコードをコピーして新しいモジュールに貼り付けます。

VBA:テキストの前後に引用符を追加します

Sub addquotationmarksorbrackets() 'UpdatebyExtendOffice
Dim Rng As Range Dim WorkRng As Range On Error Resume Next xTitleId = "KutoolsforExcel" Set WorkRng = Application.Selection Set WorkRng = Application.InputBox( "Range"、xTitleId、WorkRng.Address、Type:= 8)For Each Rng In WorkRng Rng.Value = "" ""&Rng.Value& "" "" Next End Sub
 注目:コードスクリプトでは、 "" ""&Rng.Value& "" "" テキストの前後に「」を追加することを示します。テキストの前後に角かっこ()を追加する場合は、次のように変更します。 "("&Rng.Value& ")".

docは引用符を追加します1

4。 押す F5 キーまたはクリック ラン ボタンを放します。 docは引用符を追加します1ウィンドウでVBAコードをアクティブにします。 引用符を追加するセルを選択するためのダイアログがポップアップ表示されます。
docは引用符を追加します1

5。 クリック OK。 これで、選択したセルのテキストの前後に引用符が追加されました。


15.数式結果に直接テキストを追加します

他のユーザーがデータをよりよく理解できるようにするために、以下のスクリーンショットに示すように、数式の結果にテキストを追加する必要がある場合があります。 数式にテキストを含めるには、テキストを囲む引用符を使用し、&コネクタを追加してテキストと数式を組み合わせることができます。
doc式1にテキストを追加

ケース1数式の前にテキストを追加

"今日は"&TEXT(TODAY()、 "dddd、mmmm dd。")
doc式1にテキストを追加

ケース2の後にテキストを追加

TEXT(NOW()、 "HH:MM:SS")& "は現在の時刻です。"
doc式1にテキストを追加

ケース3は式の両側にテキストを追加します

「本日は「&data&」kgを販売しました。」
doc式1にテキストを追加


その他のExcelチュートリアル:

複数のワークブック/ワークシートをXNUMXつにまとめる
このチュートリアルでは、直面する可能性のあるほぼすべての組み合わせシナリオをリストし、比較的専門的なソリューションを提供します。

テキスト、数値、および日付のセルを分割します(複数の列に分割します)
このチュートリアルは、テキストセルの分割、数値セルの分割、日付セルの分割のXNUMXつの部分に分かれています。 各パートには、同じ問題が発生したときに分割ジョブを処理する方法を理解するのに役立つさまざまな例が用意されています。

Excelでデータを失うことなく複数のセルの内容を組み合わせる
このチュートリアルでは、セル内の特定の位置に抽出を絞り込み、Excelの特定の位置によってセルからテキストまたは数値を抽出するのに役立つさまざまな方法を収集します。

Excelでの一致と相違についてXNUMXつの列を比較する
この記事では、遭遇する可能性のあるXNUMXつの列を比較する可能性のある最も可能性の高いシナリオについて説明し、それが役立つことを願っています。



  • スーパーフォーミュラバー (複数行のテキストと数式を簡単に編集できます); 読書レイアウト (多数のセルを簡単に読み取って編集する); フィルター範囲に貼り付け...
  • セル/行/列をマージする およびデータの保持。 分割セルコンテンツ; 重複する行と合計/平均を組み合わせる...重複セルを防止します。 範囲を比較する...
  • [複製]または[一意]を選択します 行; 空白行を選択 (すべてのセルは空です); スーパーファインドとファジーファインド 多くのワークブックで; ランダム選択...
  • 正確なコピー 数式参照を変更せずに複数のセル。 参照の自動作成 複数のシートに; 箇条書きを挿入、チェックボックスなど...
  • お気に入りの数式をすばやく挿入する、範囲、チャート、写真; セルを暗号化する パスワード付き。 メーリングリストを作成する そしてメールを送る...
  • テキストを抽出、テキストの追加、位置による削除、 スペースを削除する; ページング小計の作成と印刷。 セルの内容とコメントを変換する...
  • スーパーフィルター (フィルタースキームを保存して他のシートに適用します); 高度な並べ替え 月/週/日、頻度など。 特殊フィルター 太字、斜体...
  • ワークブックとワークシートを組み合わせる; キー列に基づいてテーブルをマージします。 データを複数のシートに分割; xls、xlsx、PDFをバッチ変換...
  • ピボットテーブルのグループ化 週番号、曜日など... ロック解除された、ロックされたセルを表示する さまざまな色で; 式/名前を持つセルを強調表示する...
kteタブ201905
  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性が50%向上し、毎日何百ものマウスクリックが減ります。
officetab下部
Say something here...
symbols left.
You are guest
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.

Be the first to comment.