Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Excelチュートリアル:列、行、セルを組み合わせる

列、行、またはセルの組み合わせは、通常、日常のExcelジョブで使用されます。たとえば、XNUMXつの列の名前と名前をXNUMXつの列に組み合わせてフルネームを取得したり、同じIDに基づいて行を組み合わせたり、対応する値を合計したり、組み合わせたりします。セルの範囲をXNUMXつのセルにまとめます。 このチュートリアルでは、Excelでの列/行/セルの組み合わせに関するすべてのシナリオを一覧表示し、さまざまなソリューションを提供します。

このチュートリアルのナビゲーション

1列/行をXNUMXつのセルに結合します

1.1列/行をスペース/コンマまたは他の区切り文字を使用してXNUMXつのセルに結合します

1.11アンパサンド記号(&)の使用

1.12 CONCATENATE関数の使用(Excel 2016以前のバージョン)

1.13 CONCAT関数またはTEXTJOIN関数の使用(Excel2019またはExcel365)

1.14メモ帳の使用(列の結合のみ)

拡張:区切り文字として改行を使用して、列/行をXNUMXつのセルに結合します

1.2列/行を空白なしでXNUMXつのセルに結合します

1.21 TEXTJOIN関数の使用(Excel2019またはExcel365)

1.22アンパサンド記号(&)の使用

1.23VBAコードを使用してセルの最後に追加

1.3データを失うことなく、列/行/セルをXNUMXつのセルに結合します

1.4空白の場合はXNUMXつの列を組み合わせる

1.41IF関数の使用

1.42VBAの使用

2.同じIDの行を結合します

2.1同じIDで、コンマまたは他の区切り文字で区切られた行を結合します

2.11VBAの使用

2.12IF関数を使用してヘルパー列を追加する

2.13便利なツールの使用–高度な行の結合

2.2同じIDの行を組み合わせて、いくつかの計算を行います

2.21統合機能の使用

2.22VBAの使用

2.23便利なツールの使用–高度な行の結合

2.3隣接する行を同じ値で組み合わせる

2.31VBAの使用

2.32便利なツールの使用–同じセルをマージする

3.セルを組み合わせる

3.1。 複数の行と列をXNUMXつのセルに結合します

3.11アンパサンド記号(&)の使用

3.12 CONCATENATE関数の使用(Excel 2016以前のバージョン)

3. 13 CONCAT関数またはTEXTJOIN関数の使用(Excel2019またはExcel365)

3.14データを失うことなく列/行/セルをXNUMXつのセルに結合する

3.2。 セルを単一の列/単一の行に結合します

3.21範囲に名前を付け、INDEX関数を使用します(単一の列に対してのみ)

3.22 VBA(単一列のみ)

3.23便利なツールの使用–変換範囲

3.3列を重複せずにXNUMXつの列にスタックします

3.31重複をコピーして貼り付け、削除する

3.32VBAの使用

3.4。 セルを組み合わせて書式設定を続ける

3.41数式にTEXT関数を埋め込む

3.42MicrosoftWordの使用

3.43便利なツールの使用–データを失うことなく組み合わせる

3.5セルを組み合わせて日付を作成する

3.51DATE関数の使用

 

このチュートリアルでは、メソッドを説明するための例をいくつか作成します。以下のVBAコードまたは式を使用するときに必要に応じて参照を変更したり、メソッドを直接試すためのサンプルをダウンロードしたりできます。

ドキュメントサンプルクリックしてサンプルファイルをダウンロードします


1列/行をXNUMXつのセルに結合します

1.1列/行をスペース/コンマまたは他の区切り文字を使用してXNUMXつのセルに結合します

以下のスクリーンショットのように、列または行をXNUMXつのセルに結合し、結果をコンマ、スペース、またはその他の区切り文字で区切ることは、Excelで最も広く使用されています。

列をXNUMXつのセルに結合する
docは列の行を1つに結合しますXNUMX
行をXNUMXつのセルに結合する
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

1.11アンパサンド記号(&)の使用

Excelでは、アンパサンド記号&は通常、テキストを結合するために使用されます。

例:名(列A)と姓(列B)をフルネームに結合します

結合した結果を配置するセルを選択し、次のような数式を入力します。

=A2&" "&B2

docは列の行を1つに結合しますXNUMX 数式では、&を使用してテキストを結合します。A2とB2は、組み合わせる必要のあるXNUMXつのテキストです。 ""は、コンマを使用する場合に、結果セル内のXNUMXつのテキストを区切る区切り文字(スペース)です。区切り文字として、二重引用符「、」で囲まれたコンマを入力するだけです。

メディア情報 入力します キーを押して結合結果を取得し、自動入力ハンドルを下にドラッグして結合結果を取得します。

例:番号(行15)と名前(行16)をXNUMXつのセルに結合します

行をXNUMXつのセルに結合する場合は、必要に応じて数式のセル参照と区切り文字を変更し、自動入力ハンドルを右にドラッグして、結合された結果を取得します。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

1.12 CONCATENATE関数の使用(Excel 2016以前のバージョン)

Excel 2016以前のバージョンを使用している場合は、CONCATENATE関数が役立ちます。

CONCATENATEに関する構文
CONCATENATE (text1,[text2],…)

CONCATENATE関数の詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 連結.

例:名前(列F)と住所(列G)をXNUMXつの列に結合します

結合した結果を配置するセルを選択し、次のような数式を入力します。

= CONCATENATE(F2、 "、"、G2)

docは列の行を1つに結合しますXNUMX 式では、F2とG2は組み合わせる必要のあるXNUMXつのテキストです。「、」は結果セルのXNUMXつのテキストを区切る区切り文字(コンマ)です。区切り文字としてスペースを使用する場合は、スペースを入力するだけです。二重引用符""で囲まれています。

メディア情報 入力します キーを押して結合結果を取得し、自動入力ハンドルを下にドラッグして結合結果を取得します。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

行を結合するには、必要に応じてセル参照と区切り文字を変更し、自動入力ハンドルを右にドラッグします。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

1.13 CONCAT関数またはTEXTJOIN関数の使用(Excel2019またはExcel365)

Excel2019またはExcel365を使用する場合は、CONCAT関数とTEXTJOIN関数の方が適している場合があります。

CONCATに関する構文
CONCAT (text1,[text2],…)

CONCAT機能の詳細については、以下をご覧ください。 コンカット.

CONCAT関数の使用法はCONCATENATE関数と同じで、XNUMXつの列の名と姓を別々にXNUMXつの列に結合するために、式は次のように使用されます。

= CONCAT(A21、 ""、B21)

docは列の行を1つに結合しますXNUMX 式では、A21とB21は組み合わせる必要のあるXNUMXつのテキストです。 ""は、結果セル内のXNUMXつのテキストを区切る区切り文字(スペース)です。他の区切り文字を使用する場合は、doubleで囲まれた区切り文字を入力するだけです。引用符""。

Enterキーを押して結合結果を取得し、自動入力ハンドルを下にドラッグして結合結果を取得します。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

列の結合とは異なり、行の結合中に、最初の数式を入力した後、すべての結合された結果が得られるまで、自動入力ハンドルを右にドラッグする必要があります。

TEXTJOINTに関する構文
TEXTJOIN (delimiter, ignore_empty, text1, [text2], ...)

TEXTJOIN関数の詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 TEXTJOIN.

TEXTJOINを使用して列または行を組み合わせるには:

= TEXTJOIN( "、"、TRUE、E21:G21))

docは列の行を1つに結合しますXNUMX  式では、E21:G21は組み合わせる必要のある連続範囲です。 ""は、結果セル内のXNUMXつのテキストを区切る区切り文字(スペース)です。他の区切り文字を使用する場合は、二重引用符で囲まれた区切り文字を入力するだけです""。 論理テキスト「TRUE」は、結合時に空のセルを無視することを示します。空白と結合する場合は、TRUEをFALSEに置き換えます。

Enterキーを押して結合結果を取得し、自動入力ハンドルを下にドラッグして結合結果を取得します。

空白を無視する
docは列の行を1つに結合しますXNUMX
空白を含める
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

1.14メモ帳の使用(列の結合のみ)

1.メモ帳を使用すると、列の結合も実現できます(行の結合には影響しません)。

列をXNUMXつに結合する範囲を選択し、を押します Ctrlキー + C 範囲をコピーするためのキー。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

2。 aを開く メモ帳、プレス Ctrlキー + V コピーした範囲を貼り付けます。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

3.メモ帳のXNUMXつのテキストの間のタブを選択し、を押します Ctrlキー + H 有効にする 交換します 機能、タブ記号が配置されています 見つける テキストボックス。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

4。 の中に と交換 テキストボックスに、結合されたテキストを区切る区切り文字を入力し、[ すべて置換。 次に、を閉じます 交換します ダイアログ。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

5.ここで、メモ帳でテキストを選択し、を押します Ctrlキー + C それらをコピーしてExcelに移動し、セルを選択してを押します Ctrlキー + V 結合した結果を貼り付けます。
docは列の行を1つに結合しますXNUMXdocは列の行を1つに結合しますXNUMX

拡張:区切り文字として改行を使用して、列/行をXNUMXつのセルに結合します

以下のスクリーンショットのように、列または行を改行してXNUMXつのセルに結合する場合:
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

まず、Excelでそれを理解する必要があります。 CHAR() 関数を使用して、数式に入力しにくい文字を指定できます。 CHAR(10) 改行を返します。

次に、上記の数式にCHAR(10)を使用して、区切り文字として改行を使用して列または行を結合します。

アンパサンド記号:

=A49&CHAR(10)&B49

CONCATENATE関数:

=CONCATENATE(A49,CHAR(10),B49)

CONCAT関数

=CONCAT(A49,CHAR(10),B49)

TEXTJOIN関数

=TEXTJOIN(CHAR(10),TRUE,A49:B49)

上記の数式を入力した後、結果を選択して、をクリックします ホーム > テキストを折り返す.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

これで、列がXNUMXつに結合され、改行で区切られます。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

docは列の行を1つに結合しますXNUMX XNUMXつの列の行をXNUMXつのセルに結合するだけの場合は、Excelの位置揃え機能が役立ちます。 複数行の列を選択し、をクリックします ホーム > 埋める > 正当化する、次に、行は、区切り文字としてスペースを使用して範囲の一番上のセルに結合されます。

docは列の行を1つに結合しますXNUMX docは列の行を1つに結合しますXNUMX

1.2列/行を空白なしでXNUMXつのセルに結合します

このパートでは、チュートリアルで、以下のスクリーンショットに示すように、列または行をXNUMXつのセルに結合し、空のセルをスキップする方法を紹介します。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

1.21 TEXTJOIN関数の使用(Excel2019またはExcel365)

幸い、Excel2019またはExcel365を使用している場合、新しい関数TEXTJOINを使用するとこの作業を簡単に解決できます。

CONCATENATEに関する構文
TEXTJOIN (delimiter, ignore_empty, text1, [text2], ...)

TEXTJOIN関数の詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 TEXTJOIN.

例:名前(列A)と番号(列B)およびドメイン(列C)をXNUMXつのセルに結合して、電子メールアドレスを生成します。一部の番号は空白の場合があります。

結合された結果を配置するために使用されたセルを選択し、次のように数式を入力します。

= TEXTJOIN( ""、TRUE、A2:C2)

docは列の行を1つに結合しますXNUMX 数式で、A2:C2は、組み合わせる必要のあるテキストを含む範囲です。 ""は、結果セル内のXNUMXつのテキストを区切る区切り文字(なし)です。区切り文字を使用してテキストを区切る場合は、 「、」のように、二重引用符「」で囲まれた区切り文字を入力します。 論理テキスト「TRUE」は、結合時に空のセルを無視することを示します。空白と結合する場合は、TRUEをFALSEに置き換えます。

メディア情報 入力します キーを押して最初の結果を取得し、すべての結果を生成する必要があるため、自動入力ハンドルを下または右にドラッグします。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

1.22アンパサンド記号(&)の使用

Excel 2016以前のバージョンのExcelを使用している場合は、アンパサンド記号&を使用してテキストをXNUMXつずつ接続し、手動で空白をスキップします。

結合した結果を配置するセルを選択し、次のような数式を入力します。

= A10&C10

docは列の行を1つに結合しますXNUMX 数式では、&を使用してテキストを結合します。A10とC10は、組み合わせる必要のあるXNUMXつのテキストです。区切り文字としてカンマを使用する場合は、「、」のように二重引用符で囲まれたカンマを入力して、 &XNUMXつのテキストを接続します。

メディア情報 入力します 結合された結果を取得するためのキー。 次に、数式の参照を変更して、次の結合された結果を取得します。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

1.23定義された関数の使用

Excel 2016以前のExcelバージョンのユーザーの場合、空白をスキップしながら複数の列または行を組み合わせる必要がある場合は、VBAを使用して定義済み関数を作成し、このジョブをすばやく解決できます。

1。 押す 他の + F11 を有効にするためのキー アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2。 クリック インセット > モジュール 新しいモジュールを挿入します。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

3.以下のコードをコピーして新しいモジュールに貼り付け、保存します。

VBA:セルを結合して空のセルをスキップする

Function Concatenatecells(ConcatArea As Range) As String
'updateby Extendoffice
  For Each n In ConcatArea: nn = IIf(n = "", nn & "", nn & n & "_"): Next
  Concatenatecells = Left(nn, Len(nn) - 1)
End Function

docは列の行を1つに結合しますXNUMX

4.ワークシートに戻り、結合された結果を配置するセルを選択し、数式を入力します

=Concatenatecells(A15:C15)

docは列の行を1つに結合しますXNUMX 式で、A15:C15は、組み合わせる必要のあるテキストが含まれる範囲です。 VBAコードで、「_」は結合された結果のテキストを区切るために使用された区切り文字を示します。必要に応じて区切り文字を変更できます。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX


1.3データを失うことなく、列/行/セルをXNUMXつのセルに結合します

あなたがインストールしている場合 Kutools for Excel Excelでは、 データを失うことなく行、列、またはセルを組み合わせる 機能は、ジョブを組み合わせる種類の非常に役立ちます。

1.結合するセルと、結合した結果を配置するセルを選択します。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

2。 クリック クツール > マージ&スプリット > データを失うことなく行、列、またはセルを組み合わせる.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

3.ポップダイアログで、次のようにオプションを指定します。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

1)列を結合するか、行を結合するか、すべてのセルをXNUMXつに結合するかを指定します。

列を結合します。 行を結合します。 単一のセルに結合します。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX docは列の行を1つに結合しますXNUMX docは列の行を1つに結合しますXNUMX

2)結合された結果のテキストの区切り文字を指定します。

3)結合された結果の場所を指定します([単一セルに結合]オプションを選択した場合は無効になります)

[列の結合]オプションを選択すると、選択した範囲の左側のセル、または選択した範囲の右側のセルに結果を配置するように指定できます。

左セル例: 右セル例:
docは列の行を1つに結合しますXNUMX docは列の行を1つに結合しますXNUMX

あなたが 行を組み合わせる オプションで、選択した範囲の一番上のセル、または選択した範囲の一番下のセルに結果を配置するように指定できます。

トップセル例: 下部セル例: 
docは列の行を1つに結合しますXNUMX docは列の行を1つに結合しますXNUMX

4)結合結果に関する操作を指定します。

4。 クリック Ok or お申し込み 組み合わせを終了します。

結合されたセルの内容を保持する
docは列の行を1つに結合しますXNUMX
結合されたセルの内容を削除する
docは列の行を1つに結合しますXNUMX
;結合されたセルをマージします
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

この機能の詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 データを失うことなく、列、行、セルを組み合わせる.

Kutools for Excelの詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 Kutools for Excel.

Kutools for Excelの30日間の無料トライアルについては、 download 今それ。


1.4空白の場合はXNUMXつの列を組み合わせる

列のXNUMXつに空白のセルが含まれている場合は、XNUMXつの列を結合したい場合があります。 XNUMXつの列があり、列Aにユーザー名といくつかの空白セルが含まれ、列Bに名前が含まれているとすると、次のスクリーンショットに示すように、XNUMXつの列を組み合わせるときに、列Aの空白セルに列Bの対応する内容を入力します。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

1.41IF関数の使用

IF関数は、特定の条件をテストするために使用されます。 ここでは、IF関数を使用してセルが空白かどうかをテストし、空白を別の列の内容で埋めることができます。

IF関数に関する構文
IF (logical_test, [value_if_true], [value_if_false])

IF関数の詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 IF

結合した結果を配置する列の一番上のセルを選択し、以下の数式をコピーまたは入力します。

= IF(A2 = ""、B2、A2)

次に、 入力します キーを押して最初の結果を取得し、自動入力ハンドルを下にドラッグしてすべての結果を取得します。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

これで、列Aの空白のセルだけが列Bの内容で埋められました。

1.42VBAの使用

これがVBAコードで、このジョブも処理できます。

1。 押す 他の + F11 を有効にするためのキー アプリケーション向け Microsoft Visual Basic ウィンドウをクリックし、 インセット > モジュール 新しい空のモジュールを作成します。

2.以下のコードをコピーして新しいモジュールに貼り付けます。

VBA:空白の場合はXNUMXつの列をマージします

Sub MergebyBlank()
'UpdatebyExtendoffice20220506
Dim xRg1, xRg2, xRgUser As Range
Dim xRg As Range
Dim xWsh As Worksheet
Dim xCount, xFNum  As Integer
Set xRg1 = Range("A:A")
Set xRg2 = Range("B:B")
Set xWsh = xRg1.Worksheet
Set xRgUser = xWsh.UsedRange
Set xRg1 = Intersect(xRgUser, xRg1)
Set xWsh = xRg2.Worksheet
Set xRgUser = xWsh.UsedRange
Set xRg2 = Intersect(xRgUser, xRg2)
xCount = xRg1.Count
If (xCount > xRg2.Count) Then
    xCount = xRg2.Count
End If
For xFNum = 1 To xCount
    If (xRg1.Item(xFNum).Value = "") Then
        If (xRg2.Item(xFNum).Value <> "") Then
            xRg1.Item(xFNum).Value = xRg2.Item(xFNum).Value
        End If
    ElseIf (xRg2.Item(xFNum).Value = "") Then
            If (xRg1.Item(xFNum).Value <> "") Then
            xRg2.Item(xFNum).Value = xRg1.Item(xFNum).Value
        End If
    End If
Next
End Sub

docは列の行を1つに結合しますXNUMX

docは列の行を1つに結合しますXNUMX コードでは、A:AとB:BはマージされるXNUMXつの列であり、必要に応じて変更するだけです。

3.次にを押します F5 キーまたはクリック ラン docは列の行を1つに結合しますXNUMX  ボタンをクリックすると、列Aの値が空の場合、列Aは列Bの値で埋められます。


2同じIDの行を結合します

複数の列を持つテーブルがあるとすると、XNUMXつの列には重複するアイテムを持つID値が含まれます。 ここで、チュートリアルでは、同じIDに基づいてテーブルの行を結合し、いくつかの計算を行う方法を提供します。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

2.1同じIDで、コンマまたは他の区切り文字で区切られた行を結合します

このパートでは、以下のスクリーンショットに示すように、同じIDを持ち、コンマで区切られた行を組み合わせる方法を提供します。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

2.11VBAの使用

ここでは、このジョブを処理できるVBAコードを提供します

1。 押す 他の + F11 を有効にするためのキー アプリケーション向け Microsoft Visual Basic ウィンドウをクリックし、 インセット > モジュール 新しい空のモジュールを作成します。

2.以下のコードをコピーして新しいモジュールに貼り付けます。

VBA:同じIDの行を組み合わせる

Sub Combine_Rows()
'UpdatebyExtendoffice20220506
Dim xRg As Range
Dim xRows As Long
Dim I As Long, J As Long, K As Long
On Error Resume Next
Set xRg = Application.InputBox("Select Range:", "Kutools For Excel", Selection.Address, , , , , 8)
Set xRg = Range(Intersect(xRg, ActiveSheet.UsedRange).Address)
If xRg Is Nothing Then Exit Sub
xRows = xRg.Rows.Count
For I = xRows To 2 Step -1
For J = 1 To I - 1
If xRg(I, 1).Value = xRg(J, 1).Value And J <> I Then
For K = 2 To xRg.Columns.Count
If xRg(J, K).Value <> "" Then
If xRg(I, K).Value = "" Then
xRg(I, K) = xRg(J, K).Text
Else
xRg(I, K) = xRg(I, K).Text & "," & xRg(J, K).Text 'here uses comma as separator, you can change it to others as you need
End If
End If
Next
xRg(J, 1).EntireRow.Delete
I = I - 1
J = J - 1
End If
Next
Next
ActiveSheet.UsedRange.Columns.AutoFit
End Sub

docは列の行を1つに結合しますXNUMX

3.次にを押します F5 キーまたはクリック ラン docは列の行を1つに結合しますXNUMX  ボタンをクリックすると、Kutools for Excelダイアログがポップアップ表示され、同じIDの行を組み合わせる必要があるテーブルを選択できます。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

4。 クリック OK。 これで、選択したテーブルが同じIDに基づいて行を結合しました。

2.12IF関数を使用してヘルパー列を追加する

次のスクリーンショットに示すように、列がXNUMXつだけで、同じIDの行を結合し、別の列の値をコンマで区切った場合は、IF関数を使用すると便利です。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

1. IDをAからZに並べ替えます。[ID]列を選択し、[ 且つ > ZをZにソートする.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

2.次に、 ソート警告 ダイアログ、チェック 展開 選択オプションをクリックします 並び替え.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

これで、同じIDが一緒にソートされました。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

3.隣接する列で、IF関数を次のように使用します。

=IF(A17=A18,C17&", "&B18,B18)

docは列の行を1つに結合しますXNUMX 式では、A17とA18はID列の17つの隣接するセルであり(A18はID列のヘッダーです)、B18はセルAXNUMXの対応するセルです。 「、」は、値をコンマで区切ることを示します。 必要に応じて、参照とセパレータを変更できます。

4。 押す 入力します キーを押して最初の結果を取得し、自動入力ハンドルを下にドラッグしてすべての結果を取得します。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

5.隣接する列に移動し、次のように数式を入力します。

= IF(A18 <> A19、 "Merged"、 "")

docは列の行を1つに結合しますXNUMX 式では、A18とA19はID列のXNUMXつの隣接するセルであり、隣接するセルが等しくない場合は「マージ済み」に戻り、そうでない場合は空になります。

6。 押す 入力します キーを押して最初の結果を取得し、自動入力ハンドルを下にドラッグしてすべての結果を取得します。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

7.ヘッダーを含む最後の数式列を選択し、をクリックします 且つ > フィルタ.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

8。 クリック フィルタ ボタンとチェックマーク 合併 ドロップダウンメニューのチェックボックスをクリックし、 OK.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

これで、マージされた行のみがフィルターで除外されました。フィルターされたデータをコピーして、別の場所に貼り付けてください。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

IF関数の詳細。 来てください: IF.

2.13便利なツールの使用–高度な行の結合

あなたがインストールしている場合 Kutools for Excel Excelでは、 高度な結合行 この仕事を簡単に行うことができます。

1.テーブルを選択し、をクリックします クツール > マージ&スプリット > 高度な結合行.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

2。 の中に 高度な結合行 ダイアログ、次のようにしてください:

1)ID列を選択し、次のように設定します 主キー;

2)値を区切り文字と組み合わせる列を選択し、をクリックします 組み合わせる セパレータをXNUMXつ選択します。

3)クリック Ok.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

これで、行は同じIDで結合されました。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

Advanced Combine Rows機能は元のデータを壊します。使用する前に、データをコピーとして保存してください。

この機能の詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 高度な結合行.

Kutools for Excelの詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 Kutools for Excel.

Kutools for Excelの30日間の無料トライアルについては、 download 今それ。

2.2同じIDの行を組み合わせて、いくつかの計算を行います

同じIDの行を結合してから、値を合計するか、以下のスクリーンショットに示すように他の計算を実行する場合は、以下の方法が役立ちます。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

2.21統合機能の使用

列がXNUMXつしかない場合、XNUMXつの列にはテキスト(ID)が含まれ、もうXNUMXつの列には、Excelの組み込み機能であるsumなどの計算が必要な値が含まれます。 統合する あなたに好意を与えることができます。

1.結合した結果を配置するセルを選択し、をクリックします 且つ > 統合する.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

2。 の中に 統合する ダイアログ、次のようにします。

1)を選択します 機能 必要に応じて;

2)矢印をクリックしてテーブルを選択します。

3)をクリック 追加 選択した範囲をに追加するには すべての参照 リスト。

4)のチェックボックスにチェックを入れます 上段 及び 左の列;

5)をクリック OK.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

これで、同じIDに基づいてテーブルが合計されました。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

2.22VBAの使用

これは、同じIDの行を組み合わせて値を合計することもできるVBAです。

1。 押す 他の + F11 を有効にするためのキー アプリケーション向け Microsoft Visual Basic ウィンドウをクリックし、 インセット > モジュール 新しい空のモジュールを作成します。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

2.新しいモジュールで、以下のVBAコードをコピーして貼り付けます。

VBA:重複する行を組み合わせて合計

Sub CombineRows()
'Updateby Extendoffice
Dim WorkRng As Range
Dim Dic As Variant
Dim arr As Variant
On Error Resume Next
xTitleId = "KutoolsforExcel"
Set WorkRng = Application.Selection
Set WorkRng = Application.InputBox("Range", xTitleId, WorkRng.Address, Type:=8)
Set Dic = CreateObject("Scripting.Dictionary")
arr = WorkRng.Value
For i = 1 To UBound(arr, 1)
    Dic(arr(i, 1)) = Dic(arr(i, 1)) + arr(i, 2)
Next
Application.ScreenUpdating = False
WorkRng.ClearContents
WorkRng.Range("A1").Resize(Dic.Count, 1) = Application.WorksheetFunction.Transpose(Dic.keys)
WorkRng.Range("B1").Resize(Dic.Count, 1) = Application.WorksheetFunction.Transpose(Dic.items)
Application.ScreenUpdating = True
End Sub

3.次にを押します F5 キーまたはクリック ラン docは列の行を1つに結合しますXNUMX  ボタンをクリックすると、使用するテーブルを選択するためのダイアログが表示され、[ OK.

これで、選択した範囲が同じ値と組み合わされて合計されました。

docは列の行を1つに結合しますXNUMX  VBAは元のデータを壊します。VBAを使用する前に、データをコピーとして保存してください。

2.23便利なツールの使用–高度な行の結合

結合して計算を行うテーブルにXNUMXつ以上の列がある場合、たとえばXNUMXつの列があり、最初の列には結合する必要のある重複する商品名が含まれ、XNUMX番目の列には結合する必要のある店舗名が含まれます。結合してコンマで区切ると、最後の列には、最初の列の重複行に基づいて合計する必要のある数値が含まれます。下のスクリーンショットに示すように、KutoolsforExcelの高度な結合行が役立ちます。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

1.テーブルを選択し、をクリックします クツール > マージ&スプリット > 高度な結合行.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

2。 の中に 高度な結合行 ダイアログ、次のようにしてください:

1)ID列を選択し、次のように設定します 主キー;

2)値を区切り文字と組み合わせる列を選択し、をクリックします 組み合わせる セパレータをXNUMXつ選択します。

3)計算を実行する列を選択し、をクリックします 計算 計算をXNUMXつ選択します。

4)クリック Ok.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

これで、行が同じ行と結合されて計算されました。

docは列の行を1つに結合しますXNUMX Advanced Combine Rows機能は元のデータを壊します。使用する前に、データをコピーとして保存してください。

この機能の詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 高度な結合行.

Kutools for Excelの詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 Kutools for Excel.

Kutools for Excelの30日間の無料トライアルについては、 download 今それ。

2.3隣接する行を同じ値で組み合わせる

複数の列を持つテーブルがあり、XNUMXつの列にいくつかの重複する値が含まれている場合、次のスクリーンショットに示すように、この列の隣接する行を同じ値と組み合わせることが仕事になります。 どうすればそれを解決できますか?
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

2.31VBAの使用

Excelには、このジョブを直接解決できる組み込み機能はありませんが、ここではそれを処理できるVBAを提供します。

1。 押す 他の + F11 を有効にするためのキー アプリケーション向け Microsoft Visual Basic ウィンドウをクリックし、 インセット > モジュール 新しい空のモジュールを作成します。

2.新しいモジュールで、以下のVBAコードをコピーして貼り付けます。

VBA:隣接する行を同じ値で結合します

Sub MergeSameCell()
'Updateby Extendoffice
Dim Rng As Range, xCell As Range
Dim xRows As Integer
xTitleId = "KutoolsforExcel"
Set WorkRng = Application.Selection
Set WorkRng = Application.InputBox("Range", xTitleId, WorkRng.Address, Type:=8)
Application.ScreenUpdating = False
Application.DisplayAlerts = False
xRows = WorkRng.Rows.Count
For Each Rng In WorkRng.Columns
    For i = 1 To xRows - 1
        For j = i + 1 To xRows
            If Rng.Cells(i, 1).Value <> Rng.Cells(j, 1).Value Then
                Exit For
            End If
        Next
        WorkRng.Parent.Range(Rng.Cells(i, 1), Rng.Cells(j - 1, 1)).Merge
        i = j - 1
    Next
Next
Application.DisplayAlerts = True
Application.ScreenUpdating = True
End Sub

docは列の行を1つに結合しますXNUMX

3.次にを押します F5 キーまたはクリック ラン docは列の行を1つに結合しますXNUMX  ボタンをクリックしてこのVBAを有効にすると、使用するテーブルを選択するためのダイアログが表示され、[ OK.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

これで、最初の列に同じ値を持つ隣接する行が、選択した範囲で結合されます。

docは列の行を1つに結合しますXNUMX  VBAは元のデータを壊します。VBAを使用する前に、データをコピーとして保存してください。 そして、このVBAは、選択したテーブルの最初の列の同じ値をマージします。

2.32便利なツールの使用–同じセルをマージする

あなたが持っている場合 Kutools for Excel Excelにインストールされ、 同じセルをマージする Kutools for Excelの機能は、この仕事をXNUMXつのステップで解決できます。

同じ値を組み合わせる列を選択し、をクリックします クツール > マージ&スプリット > 同じセルをマージする.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

これで、同じ値を持つ隣接するセルがマージされました。

docは列の行を1つに結合しますXNUMXI結合されたセルを結合解除して値を埋め戻したい場合は、 セルの結合を解除して値を塗りつぶす 特徴。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

この機能の詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 同じセルをマージする.

この機能の詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 セルのマージを解除.

Kutools for Excelの詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 Kutools for Excel.

Kutools for Excelの30日間の無料トライアルについては、 download 今。


3セルを組み合わせる

3.1。 複数の行と列をXNUMXつのセルに結合します

複数の行と列を持つ範囲をXNUMXつのセルに結合するために、ここではXNUMXつの方法を提供します。

例:範囲A1:C3を組み合わせる
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

3.11アンパサンド記号(&)の使用

Excelでは、アンパサンド記号&は通常、テキストを結合するために使用されます。

結合した結果を配置するセルを選択し、次のような数式を入力します。

= A1& "、"&B1& "、"&C1& "、"&A2& "、"&B2& "、"&C2& "、"&A3& "、"&B3& "、"&C3

docは列の行を1つに結合しますXNUMX 数式では、&を使用してテキストを結合します。 "、"は、結果セル内のXNUMXつのテキストを区切る区切り文字(コンマ+スペース)です。他の区切り文字を使用する場合は、二重引用符で囲まれた区切り文字を入力するだけです。

メディア情報 入力します 結合された結果を取得するためのキー。

3.12 CONCATENATE関数の使用(Excel 2016以前のバージョン)

Excel 2016以前のバージョンを使用している場合は、CONCATENATE関数が役立ちます。

CONCATENATEに関する構文
CONCATENATE (text1,[text2],…)

CONCATENATE関数の詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 連結

結合した結果を配置するセルを選択し、次のような数式を入力します。

= CONCATENATE(A1、 "、"、B1、 "、"、C1、 "、"、A2、 "、"、B2、 "、"、C2、 "、"、A3、 "、"、B3、 "、" 、C3)

docは列の行を1つに結合しますXNUMX 式では、A1、B1…、C3が結合するテキストです。 "、"は、結果セル内のXNUMXつのテキストを区切る区切り文字(コンマ+スペース)です。他の区切り文字を使用する場合は、二重引用符で囲まれた区切り文字を入力するだけです。

次に、 入力します 結合された結果を取得するためのキー。

3. 13 CONCAT関数またはTEXTJOIN関数の使用(Excel2019またはExcel365)

Excel2019またはExcel365を使用する場合は、CONCAT関数とTEXTJOIN関数の方が適している場合があります。

CONCATに関する構文
CONCAT (text1,[text2],…)

CONCAT機能の詳細については、以下をご覧ください。 コンカット.

CONCAT関数の使用法はCONCATENATE関数と同じで、名前と名前をXNUMXつの列で別々にXNUMXつの列に結合するために、式は次のように使用されます。

= CONCAT(A1、 "、"、B1、 "、"、C1、 "、"、A2、 "、"、B2、 "、"、C2、 "、"、A3、 "、"、B3、 "、" 、C3)

docは列の行を1つに結合しますXNUMX 式では、A1、B1…、C3が結合するテキストです。 "、"は、結果セル内のXNUMXつのテキストを区切る区切り文字(コンマ+スペース)です。他の区切り文字を使用する場合は、二重引用符で囲まれた区切り文字を入力するだけです。

次に、 入力します 結合された結果を取得するためのキー。

TEXTJOINに関する構文
TEXTJOIN (delimiter, ignore_empty, text1, [text2], ...)

TEXTJOIN関数の詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 TEXTJOIN.

TEXTJOINを使用して列または行を組み合わせるには:

= TEXTJOIN( "、"、TRUE、A1:C3)

docは列の行を1つに結合しますXNUMX 式では、A1:C3は組み合わせる必要のある連続範囲です。 "、"は、結果セル内のXNUMXつのテキストを区切る区切り文字(コンマ+スペース)です。他の区切り文字を使用する場合は、二重引用符で囲まれた区切り文字を入力するだけです""。 論理テキスト「TRUE」は、結合時に空のセルを無視することを示します。空白と結合する場合は、TRUEをFALSEに置き換えます。

次に、 入力します 結合された結果を取得するためのキー。

docは列の行を1つに結合しますXNUMX 改行を区切り文字として使用する場合は、数式でCHAR(10)(= TEXTJOIN(CHAR(10)、TRUE、A1:C3)など)を使用して、結果セルを「テキストを折り返す」としてフォーマットします。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

3.14データを失うことなく列/行/セルをXNUMXつのセルに結合する

Kutools for ExcelがExcelにインストールされている場合、 データを失うことなく行、列、またはセルを組み合わせる 機能はこのジョブをすばやく処理できます。

1. XNUMXつのセルに結合するセルの範囲を選択し、[ クツール > マージ&スプリット > データを失うことなく行、列、またはセルを組み合わせる.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

2.ポップダイアログで、チェックします 単一のセルに結合 必要に応じてセパレータを指定し、をクリックします Ok.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

これで、セルは特定の区切り文字を使用してXNUMXつのセルにマージされます。 セルの内容が多すぎて結合されたセルに表示できない場合は、をクリックしてください テキストを折り返すホーム それらを表示するタブ。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

この機能の詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 データを失うことなく、列、行、セルを組み合わせる.

Kutools for Excelの詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 Kutools for Excel.

Kutools for Excelの30日間の無料トライアルについては、 download 今それ。

3.2複数の行と列をXNUMXつのセルに結合する

 セルをXNUMXつの単一の列に転置します
 docは列の行を1つに結合しますXNUMX
 セルをXNUMXつの行に転置します
 docは列の行を1つに結合しますXNUMX
 

3.21範囲に名前を付け、INDEX関数を使用します(単一の列に対してのみ)

セルの範囲をXNUMXつの列に転置する場合は、範囲に名前を付けてから、INDEX関数を使用できます。

1.セルの範囲を選択し、右クリックしてコンテキストメニューを有効にし、[ 名前を定義する.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

2.ポッピングで 新しい名前 ダイアログで、名前を入力します お名前 テキストボックスをクリックします OK.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

3.範囲に名前を付けた後、転置されたデータを配置するセルを選択し、次のようにINDEX関数を使用します。

=INDEX(MyData,1+INT((ROW(A1)-1)/COLUMNS(MyData)),MOD(ROW(A1)-1+COLUMNS(MyData),COLUMNS(MyData))+1)

INDEX機能の詳細については、以下をご覧ください。 詳細を見る.

4。 押す 入力します キーを押してから、自動入力ハンドルを下にドラッグして、#REF!までこの数式を入力します。 エラー値が表示されます。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

5.エラー値を削除すると、セルの範囲がXNUMXつの列に結合されます。

3.22 VBA(単一列のみ)

セルをXNUMXつの列に結合するために、これも機能するVBAです。

1。 押す 他の + F11 を有効にするためのキー アプリケーション向け Microsoft Visual Basic ウィンドウをクリックし、 インセット > モジュール 新しい空のモジュールを作成します。

2.以下のVBAコードをコピーして空のモジュールに貼り付けます。

VBA:範囲を列に変換する

Sub ConvertRangeToColumn()
'UpdatebyExtendoffice
Dim Range1 As Range, Range2 As Range, Rng As Range
Dim rowIndex As Integer
xTitleId = "KutoolsforExcel"
Set Range1 = Application.Selection
Set Range1 = Application.InputBox("Source Ranges:", xTitleId, Range1.Address, Type:=8)
Set Range2 = Application.InputBox("Convert to (single cell):", xTitleId, Type:=8)
rowIndex = 0
Application.ScreenUpdating = False
For Each Rng In Range1.Rows
    Rng.Copy
    Range2.Offset(rowIndex, 0).PasteSpecial Paste:=xlPasteAll, Transpose:=True
    rowIndex = rowIndex + Rng.Columns.Count
Next
Application.CutCopyMode = False
Application.ScreenUpdating = True
End Sub

docは列の行を1つに結合しますXNUMX

3.次にを押します F5 キーまたはクリック ラン docは列の行を1つに結合しますXNUMX  ボタンをクリックすると、セルの範囲を選択するためのダイアログがポップアップ表示され、クリックします OK.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

4.結果を配置するセルを選択するための別のダイアログがポップアップし、クリックします OK.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

3.23便利なツールの使用–変換範囲

セルをXNUMXつの行に結合する場合、Excelにはそれをサポートする組み込み機能はありません。 ただし、 Kutools for Excel インストール、その 変換範囲 この機能は、範囲を単一の列または行に変換することをサポートし、行または列を範囲に変換することもサポートします。

1.セルの範囲を選択し、をクリックします クツール > レンジ > 変換範囲.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

2。 の中に 変換範囲 ダイアログ、チェック 単一列までの範囲 or 単一行までの範囲 必要に応じてオプション。 クリック OK.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

3.結果を配置するセルを選択するためのダイアログがポップアップし、クリックします OK.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

これで、セルの範囲が行または列に変換されました。

この機能の詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 変換範囲.

Kutools for Excelの詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 Kutools for Excel.

Kutools for Excelの30日間の無料トライアルについては、 download 今それ。

3.3列を重複せずにXNUMXつの列にスタックします

複数の列を持つテーブルに重複がある場合、次のスクリーンショットに示すように、重複なしで列をXNUMXつの列にスタックするにはどうすればよいですか?
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

このパートでは、このジョブを処理するXNUMXつの異なる方法を提供します。

3.31重複をコピーして貼り付け、削除する

Excelでは、このジョブを解決する一般的な方法は、列をXNUMXつずつコピーして貼り付けてから、重複する値を削除することです。

1.最初の列を選択し、を押します Ctrlキー + C キーを押してコピーし、宛先セルを選択してを押します Ctrlキー + V キー。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

2.次に、手順1を繰り返して他の列をコピーし、最初の列の下に貼り付けます。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

3.次に、スタックされた列を選択し、をクリックします 且つ > 重複を削除する、次に 重複を削除 ダイアログで、列名を確認し、をクリックします OK.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

4.これで、重複する値が削除されたことを通知するダイアログがポップアップ表示されます。 クリック OK それを閉じると、スタックされた列は一意の値のみを保持します。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

docは列の行を1つに結合しますXNUMX 数百の列がある場合、XNUMXつずつコピーして貼り付けるのは時間がかかります。 ただし、 Kutools for Excel Excelにインストールされ、 変換範囲 機能は、範囲を列にすばやく変換してから、 重複を削除する Excelの機能。

列の範囲を選択し、をクリックします クツール > レンジ > 変換範囲.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

次に、 単一列までの範囲 オプションをクリックして OK 積み上げ列を配置するセルを選択します。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

次に、[重複の削除]を適用して、重複する値を削除します。

この機能の詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 変換範囲.

Kutools for Excelの詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 Kutools for Excel.

Kutools for Excelの30日間の無料トライアルについては、 download 今それ。

3.32VBAの使用

さらに、これがこの仕事を解決できるVBAコードです。

1。 押す 他の + F11 を有効にするためのキー アプリケーション向け Microsoft Visual Basic ウィンドウをクリックし、 インセット > モジュール 新しい空のモジュールを作成します。

2.以下のコードをコピーして新しいモジュールに貼り付けます。

VBA:列を重複せずにXNUMXつにスタックします

Sub FindUniques()
'UpdatebyExtendoffice
Dim rng As Range
Dim InputRng As Range, OutRng As Range
xTitleId = "KutoolsforExcel"
Set InputRng = Application.Selection
Set InputRng = Application.InputBox("Range :", xTitleId, InputRng.Address, Type:=8)
Set OutRng = Application.InputBox("Out put to (single cell):", xTitleId, Type:=8)
Set dic = CreateObject("Scripting.Dictionary")
For j = 1 To InputRng.Columns.Count
    For i = 1 To InputRng.Rows.Count
        xValue = InputRng.Cells(i, j).Value
        If xValue <> "" And Not dic.Exists(xValue) Then
            OutRng.Value = xValue
            dic(xValue) = ""
            Set OutRng = OutRng.Offset(1, 0)
        End If
    Next
Next
End Sub

docは列の行を1つに結合しますXNUMX

3.次にを押します F5 キーまたはクリック ラン docは列の行を1つに結合しますXNUMX  ボタンをクリックすると、必要な列を選択するためのダイアログがポップアップ表示されます。スタックするには、[OK]をクリックします。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

4.次に、XNUMX番目のポップアウトダイアログで、スタックされた列を配置する宛先セルを選択し、をクリックします OK.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

これで、列は一意の値のみを持つXNUMXつの列にスタックされました。

3.4。 セルを組み合わせて書式設定を続ける

XNUMXつの列がある場合、XNUMXつはカスタムDateTimemm / dd / yyyyなどの特別なフォーマットとしてフォーマットされ、これらXNUMXつの列を通常のメソッドでXNUMXつに結合すると、次のスクリーンショットに示すようにカスタムフォーマットが削除されます。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

このパートでは、セルを結合してフォーマットを維持するためのいくつかの方法を提供します。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

3.41数式にTEXT関数を埋め込む

TEXT関数は、数値を特定の形式のテキストに変換するために使用されます。 ここでは、最初にセル(数値を含む)をフォーマットに変換してから、「&」、CONCATENATE関数、CONCAT関数、またはTEXTJOIN関数を使用して他のセルと組み合わせることができます。

一般的なセルのXNUMXつへの結合の詳細については、に戻ってください。 1.1.

TEXT関数に関する構文
TEXT (value, format_text)

TEXT関数の詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 TEXT 機能。

ここでは、インスタンスとしてCONCAT関数にTEXT関数を埋め込みます。

以下の数式をコピーして、結合した結果を配置するセルに貼り付けてください。

=CONCAT(TEXT(A2,"mm/dd/yyyy hh:mm")," ",B2)

docは列の行を1つに結合しますXNUMX 数式で、A2は書​​式を保持するセル、「mm / dd / yyyy hh:mm」は使用する書式、B2は結合に使用されるもうXNUMXつのセルです。 「」は、値をスペースで区切ることを示します。 必要に応じて、参照、フォーマット、および区切り文字を変更できます。

メディア情報 入力します キーを押しながら自動入力ハンドルを下にドラッグして、セルにこの数式を入力します。

3.42MicrosoftWordの使用

1.セルをXNUMXつに結合するテーブルを選択し、を押します Ctrlキー + C それらをコピーします。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

2.空白を開きます Word ドキュメント、を押します Ctrlキー + V それらを配置するには、ドキュメント内のテーブルをクリックします。これで、テーブルの右上に十字アイコンが表示されます。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

3。 クリック レイアウト タブ、[OK]をクリックします テキストに変換する 且つ グループ、ポッピングで 表をテキストに変換 ダイアログで、列の区切り文字を指定します。 クリック OK.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

これで、Wordのテーブルの内容がテキストに変換されました。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

4.変換されたテキストを選択し、を押します Ctrlキー + C それらをコピーするには、Excelに戻り、空白のセルを選択して、を押します。 Ctrlキー + V 結合した結果を貼り付けます。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

3.43便利なツールの使用–データを失うことなく組み合わせる

最も効率的な方法は、Kを使用することです。Excel用のutoolsさん データを失うことなく行、列、またはセルを組み合わせる 機能、それはただチェックする必要があります フォーマットされた値を使用する 機能を適用しているときにチェックボックスをオンにすると、結合された結果はデー​​タのフォーマットを維持します。

1.結果を配置するセルを含むテーブルを選択し、をクリックします クツール > マージ&スプリット > データを失うことなく行、列、またはセルを組み合わせる.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

2.ポップダイアログで、必要に応じて結合操作を指定し、チェックを外します フォーマットされた値を使用する チェックボックス(デフォルトでは、このオプションはチェックされています)。 クリック Ok.
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

これでデータが結合され、フォーマットが保持されます。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

この機能の詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 データを失うことなく、列、行、セルを組み合わせる.

Kutools for Excelの詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 Kutools for Excel.

Kutools for Excelの{module745}日間の無料トライアルについては、 download 今それ。

3.5セルを組み合わせて日付を作成する

別々の列に年、月、日を含むテーブルがあるとすると、次のスクリーンショットに示すように、列を組み合わせて日付を生成する必要があります。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX

3.51DATE関数の使用

DATE関数は、年、月、日で日付を作成するために使用されます。

DATE関数に関する構文
DATE( year, month, day )

DATE関数の詳細については、DATE関数をご覧ください。

以下の数式をコピーして、日付を配置するセルに貼り付けます。

=DATE(A2,B2,C2)

docは列の行を1つに結合しますXNUMX 式で、A2、B2、およびC2は、年、月、日の値を含むセルです。

メディア情報 入力します キーを押して最初の日付を取得し、自動入力ハンドルを下にドラッグしてすべての日付を取得します。
docは列の行を1つに結合しますXNUMX


その他のExcelチュートリアル:

複数のワークブック/ワークシートをXNUMXつにまとめる
このチュートリアルでは、直面する可能性のあるほぼすべての組み合わせシナリオをリストし、比較的専門的なソリューションを提供します。

テキスト、数値、および日付のセルを分割します(複数の列に分割します)
このチュートリアルは、テキストセルの分割、数値セルの分割、日付セルの分割のXNUMXつの部分に分かれています。 各パートには、同じ問題が発生したときに分割ジョブを処理する方法を理解するのに役立つさまざまな例が用意されています。

Excelでデータを失うことなく複数のセルの内容を組み合わせる
このチュートリアルでは、セル内の特定の位置に抽出を絞り込み、Excelの特定の位置によってセルからテキストまたは数値を抽出するのに役立つさまざまな方法を収集します。

Excelでの一致と相違についてXNUMXつの列を比較する
この記事では、遭遇する可能性のあるXNUMXつの列を比較する可能性のある最も可能性の高いシナリオについて説明し、それが役立つことを願っています。



  • スーパーフォーミュラバー (複数行のテキストと数式を簡単に編集できます); 読書レイアウト (多数のセルを簡単に読み取って編集する); フィルター範囲に貼り付け...
  • セル/行/列をマージする およびデータの保持。 分割セルコンテンツ; 重複する行と合計/平均を組み合わせる...重複セルを防止します。 範囲を比較する...
  • [複製]または[一意]を選択します 行; 空白行を選択 (すべてのセルは空です); スーパーファインドとファジーファインド 多くのワークブックで; ランダム選択...
  • 正確なコピー 数式参照を変更せずに複数のセル。 参照の自動作成 複数のシートに; 箇条書きを挿入、チェックボックスなど...
  • お気に入りの数式をすばやく挿入する、範囲、チャート、写真; セルを暗号化する パスワード付き。 メーリングリストを作成する そしてメールを送る...
  • テキストを抽出、テキストの追加、位置による削除、 スペースを削除する; ページング小計の作成と印刷。 セルの内容とコメントを変換する...
  • スーパーフィルター (フィルタースキームを保存して他のシートに適用します); 高度な並べ替え 月/週/日、頻度など。 特殊フィルター 太字、斜体...
  • ワークブックとワークシートを組み合わせる; キー列に基づいてテーブルをマージします。 データを複数のシートに分割; xls、xlsx、PDFをバッチ変換...
  • ピボットテーブルのグループ化 週番号、曜日など... ロック解除された、ロックされたセルを表示する さまざまな色で; 式/名前を持つセルを強調表示する...
kteタブ201905
  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性が50%向上し、毎日何百ものマウスクリックが減ります。
officetab下部
コメントを並べ替える
コメント (0)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0  文字
推奨される場所