メインコンテンツへスキップ

Excelで特定のエラー値を非表示にする方法は?

Excel ワークシートに、修正する必要はないが非表示にするエラー値があるとします。 この問題に対処するために、 Excel ですべてのエラー値を非表示にする方法では、特定のエラー値のみを非表示にしたい場合はどうすればよいでしょうか? このチュートリアルでは、以下の XNUMX つの方法でこのジョブを実行する方法を示します。


VBA でテキストを白くして、複数の特定のエラー値を非表示にする

指定したエラーのフォントの色を白にすることで、選択した範囲または複数のワークシートで複数の特定のエラー値をすばやく非表示にするのに役立つ XNUMX つの VBA コードを作成しました。 以下の手順に従って、必要に応じてコードを実行してください。

1. Excel で、 他の + F11 キーを押して アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2。 クリック インセット > モジュール. 次に、次の VBA コードのいずれかを モジュール 窓。

VBA コード 1: 選択した範囲内の複数の特定のエラー値を非表示にする

'Updated by ExtendOffice 20220824
Dim xRg As Range
Dim xFindStr As String
Dim xFindRg As Range
Dim xARg As Range
Dim xURg As Range
Dim xFindRgs As Range
Dim xFAddress As String
Dim xBol As Boolean
Dim xJ

xArrFinStr = Array("#DIV/0!”, “#N/A”, “#NAME?") 'Enter the errors to hide, enclose each with double quotes and separate them with commas

On Error Resume Next
Set xRg = Application.InputBox("Please select the range that includes the errors to hide:", "Kutools for Excel", , Type:=8)
If xRg Is Nothing Then Exit Sub

xBol = False
For Each xARg In xRg.Areas
    Set xFindRg = Nothing
    Set xFindRgs = Nothing
    Set xURg = Application.Intersect(xARg, xARg.Worksheet.UsedRange)
    For Each xFindRg In xURg
        For xJ = LBound(xArrFinStr) To UBound(xArrFinStr)
            If xFindRg.Text = xArrFinStr(xJ) Then
                xBol = True
                If xFindRgs Is Nothing Then
                    Set xFindRgs = xFindRg
                Else
                    Set xFindRgs = Application.Union(xFindRgs, xFindRg)
                End If
            End If
        Next
    Next
    If Not xFindRgs Is Nothing Then
        xFindRgs.Font.ThemeColor = xlThemeColorDark1
        
    End If
Next
If xBol Then
    MsgBox "Successfully hidden."
Else
     MsgBox "No specified errors were found."
End If
End Sub

注: スニペットで xArrFinStr = Array("#DIV/0!", "#N/A", "#NAME?") 12行目で、交換する必要があります 「#DIV/0!」、「#N/A」、「#NAME?」 非表示にする実際のエラーがある場合は、各値を二重引用符で囲み、カンマで区切ることを忘れないでください。

VBA コード 2: 複数のシートで複数の特定のエラー値を非表示にする

Sub HideSpecificErrors_WorkSheets()
'Updated by ExtendOffice 20220824
Dim xRg As Range
Dim xFindStr As String
Dim xFindRg As Range
Dim xARg, xFindRgs As Range
Dim xWShs As Worksheets
Dim xWSh As Worksheet
Dim xWb As Workbook
Dim xURg As Range
Dim xFAddress As String
Dim xArr, xArrFinStr
Dim xI, xJ
Dim xBol As Boolean
xArr = Array("Sheet1", "Sheet2") 'Names of the sheets where to find and hide the errors. Enclose each with double quotes and separate them with commas
xArrFinStr = Array("#DIV/0!", "#N/A", "#NAME?") 'Enter the errors to hide, enclose each with double quotes and separate them with commas
'On Error Resume Next
Set xWb = Application.ActiveWorkbook
xBol = False
For xI = LBound(xArr) To UBound(xArr)
    Set xWSh = xWb.Worksheets(xArr(xI))
    Set xFindRg = Nothing
    xWSh.Activate
    Set xFindRgs = Nothing

    Set xURg = xWSh.UsedRange
    Set xFindRgs = Nothing
    For Each xFindRg In xURg
        For xJ = LBound(xArrFinStr) To UBound(xArrFinStr)
            If xFindRg.Text = xArrFinStr(xJ) Then
                xBol = True
                If xFindRgs Is Nothing Then
                    Set xFindRgs = xFindRg
                Else
                    Set xFindRgs = Application.Union(xFindRgs, xFindRg)
                End If
            End If
        Next
    Next
    If Not xFindRgs Is Nothing Then
        xFindRgs.Font.ThemeColor = xlThemeColorDark1
        
    End If
Next
If xBol Then
    MsgBox "Successfully hidden."
Else
     MsgBox "No specified errors were found."
End If
End Sub
注:
  • スニペットで xArr = Array("シート 1", "シート 2") 15行目で、交換する必要があります 「シート1」、「シート2」 エラーを非表示にするシートの実際の名前を付けます。 各シート名を二重引用符で囲み、カンマで区切ることを忘れないでください。
  • スニペットで xArrFinStr = Array("#DIV/0!", "#N/A", "#NAME?") 16行目で、交換する必要があります 「#DIV/0!」、「#N/A」、「#NAME?」 非表示にする実際のエラーとともに、各エラーを二重引用符で囲み、カンマで区切ることを忘れないでください。

3。 押す F5 VBA コードを実行します。 注: 使用した場合 VBAコード1をクリックすると、ダイアログ ボックスが表示され、エラー値を検索して削除する範囲を選択するよう求められます。 シート タブをクリックして、シート全体を選択することもできます。

4. 次のようなダイアログ ボックスが表示され、指定したエラー値が非表示になっていることが示されます。 クリック OK ダイアログを閉じます。

5.指定されたエラー値を一括で非表示にしました。


エラー状態ウィザード機能を使用して、特定のエラー値を他の値に置き換えます

VBAコードに慣れていない場合は、Kutools for Excelのエラー条件ウィザード機能を使用すると、すべてのエラー値、すべての#N/Aエラー、または#N/A以外のエラーを簡単に見つけて、指定した他の値に置き換えることができます、この仕事を成し遂げる方法を見つけるために読んでください。

1。 上の クツール タブの グループをクリック その他 > エラー状態ウィザード.

2.ポップアップで エラー状態ウィザード ダイアログボックスで、次のようにしてください。
  • レンジ ボックスで、範囲選択ボタンをクリックします 非表示にするエラーを含む範囲を指定します。 注: シート全体を検索するには、シート タブをクリックします。
  • エラーの種類 セクションで、非表示にするエラー値を指定します。
  • エラー表示 セクションで、エラーをどのように置き換えるかを選択します。

3。 クリック Ok. 指定したエラー値が、選択したオプションとして表示されます。

注: 使用するには エラー状態ウィザード 機能を使用するには、コンピュータにKutools for Excelをインストールする必要があります. Kutoolsがインストールされていない場合は、 ダウンロードしてインストールするには、ここをクリックしてください. プロフェッショナルな Excel アドインは、制限なしの 30 日間の無料試用版を提供します。


特定のエラーを数式で他の値に置き換える

特定のエラー値を置き換えるには、Excel の IF, イフナエラーの種類 関数はあなたに有利に働くことができます。 ただし、最初に、各エラー値に対応する番号コードを知っておく必要があります。

# エラー Returns
#ヌル! = ERROR.TYPE(#NULL!) 1
#DIV / 0! = ERROR.TYPE(#DIV / 0!) 2
#値! = ERROR.TYPE(#VALUE!) 3
#REF! = ERROR.TYPE(#REF!) 4
#NAME? = ERROR.TYPE(#NAME?) 5
#NUM! = ERROR.TYPE(#NUM!) 6
#N / A = ERROR.TYPE(#N / A) 7
#GETTING_DATA = ERROR.TYPE(#GETTING_DATA) 8
#SPILL! =ERROR.TYPE(#SPILL!) 9
#わからない! =ERROR.TYPE(#不明!) 12
#分野! =ERROR.TYPE(#FIELD!) 13
#CALC! =ERROR.TYPE(#CALC!) 14
他に何か = ERROR.TYPE(123) #N / A

たとえば、上記のような値を持つテーブルがあるとします。 交換するには #DIV / 0! テキスト文字列のエラー ゼロ除算エラー、まずこのエラーのコードを見つける必要があります。 2. そして、セルに次の式を適用します B2をクリックし、塗りつぶしハンドルを下にドラッグして、式を下のセルに適用します。

=IF(IFNA(ERROR.TYPE(A2),A2)=2,"ゼロ除算エラー",A2)

注:
  • 式では、エラーコードを置き換えることができます 2 他のエラー値に対応するコードに。
  • 数式では、テキスト文字列を置き換えることができます 「ゼロ除算エラー」 他のテキスト メッセージへ、または "" エラーを空白のセルに置き換えたい場合。

関連記事

Excel ですべてのエラー値を非表示にする方法

Excelワークシートで作業しているときに、#DIV / 0、#REF、#N / Aなどのエラー値がある場合があります。これらは、数式エラーが原因です。 ここで、これらすべてのエラー値をワークシートで非表示にしたいのですが、Excelでこのタスクをすばやく簡単に解決するにはどうすればよいでしょうか。

#DIV/0 を変更する方法! Excel で読み取り可能なメッセージにエラーがありますか?

数式を使用してExcelで計算すると、エラーメッセージが表示されることがあります。 たとえば、この数式= A1 / B1で、B1が空であるか、0が含まれている場合、数式は#DIV / 0エラーを表示します。 これらのエラーメッセージを明確に読みやすくする方法はありますか、または他のメッセージを使用してエラーを置き換える場合は、どうすればよいですか?

Excel で行を削除する際に #Ref エラーを回避する方法

セルを別のセルに参照しているときに、以下のスクリーンショットに示すように、参照行が削除されている場合、セルには#REFエラーが表示されます。 次に、#refエラーを回避し、行を削除するときに次のセルを自動的に参照する方法について説明します。

Excelですべてのエラーセルを強調表示する方法は?

ワークシートで数式を作成すると、エラー値が表示されることは避けられません。 ワークシートのエラー値を含むこれらすべてのセルを一度に強調表示できますか? Excel の条件付き書式設定ユーティリティは、この問題の解決に役立ちます。

最高のオフィス生産性向上ツール

人気の機能: 重複を検索、強調表示、または識別する   |  空白行を削除する   |  データを失わずに列またはセルを結合する   |   数式なしのラウンド ...
スーパールックアップ: 複数の基準の VLookup    複数の値の VLookup  |   複数のシートにわたる VLookup   |   ファジールックアップ ....
詳細ドロップダウン リスト: ドロップダウンリストを素早く作成する   |  依存関係のドロップダウン リスト   |  複数選択のドロップダウンリスト ....
列マネージャー: 特定の数の列を追加する  |  列の移動  |  Toggle 非表示列の表示ステータス  |  範囲と列の比較 ...
注目の機能: グリッドフォーカス   |  デザインビュー   |   ビッグフォーミュラバー    ワークブックとシートマネージャー   |  リソースライブラリ (自動テキスト)   |  日付ピッカー   |  ワークシートを組み合わせる   |  セルの暗号化/復号化    リストごとにメールを送信する   |  スーパーフィルター   |   特殊フィルター (太字/斜体/取り消し線をフィルター...) ...
上位 15 のツールセット12 テキスト 工具 (テキストを追加, 文字を削除する、...)   |   50+ チャート 種類 (ガントチャート、...)   |   40+ 実用的 (誕生日に基づいて年齢を計算する、...)   |   19 挿入 工具 (QRコードを挿入, パスから画像を挿入、...)   |   12 変換 工具 (数字から言葉へ, 通貨の換算、...)   |   7 マージ&スプリット 工具 (高度な結合行, 分割セル、...)   |   ... もっと

Kutools for Excel で Excel スキルを強化し、これまでにない効率を体験してください。 Kutools for Excelは、生産性を向上させ、時間を節約するための300以上の高度な機能を提供します。  最も必要な機能を入手するにはここをクリックしてください...

kteタブ201905


Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
Comments (0)
No ratings yet. Be the first to rate!
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations