メインコンテンツへスキップ

Excelで列を追加する4つの簡単な方法(ステップバイステップ)

Excel で 4 つまたは複数の列を追加することは、Excel データを操作している場合の一般的なタスクです。 このチュートリアルでは、XNUMX つまたは複数の列 (選択した列の右または左) をすばやく挿入するための、ショートカットを含む XNUMX つの簡単な方法を提供します。

doc 列を追加 1


ビデオ: 列を追加する

 


組み込み機能を使用して XNUMX つまたは複数の列を挿入する

 
ステップ 1: 挿入する位置と追加する列の数を選択します

たとえば、列 B の左側に XNUMX つの列を挿入するには、列 B のヘッダーをクリックして列 B 全体を選択します。
列 B の左側に XNUMX つの列を挿入するには、列 B のヘッダーをクリックし、マウスを右にドラッグして XNUMX つの列 (列 B と列 C) を選択します。 その類推により、必要に応じて任意の数の列を追加できます。

右にドラッグ

ステップ 2: 右クリックして列を挿入する

列を選択したら、右クリックして選択します インセット コンテキストメニューから選択します。

doc 列を追加 2

先端: 所有 シフト > Ctrlキー キーを押してから + メインキーボードの Insert コマンドと同じ操作を行います。

結果:

doc 列を追加 4

注意:

  1. 列を選択した後、リボンに移動してクリックすることもできます ホーム > インセット 列をすばやく挿入します。
  2. 範囲のみを選択し、列全体を選択しない場合、ショートカットまたは右クリックの [挿入] コマンドを使用すると、ダイアログが表示されます。 列全体 オプションをクリックして OK.
    doc 列を追加 9
  3. デフォルトでは、追加する列は、選択した列の左の列と同じフォーマットでフォーマットされます。 書式設定を適用したくない場合、または選択した書式設定を使用したい場合は、 挿入オプション (ブラシは、追加列の右上隅に表示されます) を追加した後、次のいずれかのオプションから選択します。
    doc 列を追加 7
  4. 隣接していない複数の列を追加する場合は、XNUMX つの列を選択して押したままにします Ctrlキー キーを押して他の項目を選択し、挿入コマンドを使用して列を追加します。

特定の数の列を右または左にすばやく追加する

 

組み込み機能を使用して Excel に列を追加するには、マウスをドラッグして関連する列数を選択する必要があります。 ただし、 列の追加 の特徴 Kutools for Excel、追加する列の数を入力することで、左右に列をすばやく追加できます。

先端: このツールを使用する前に、まず Kutools for Excel をインストールしてください。 今すぐ無料ダウンロードへ.
ステップ1:加算位置と番号を指定する
  1. 列ヘッダーを右クリックします。たとえば、「B」をクリックして列 B を選択し、 列の追加;

  2. 特定します 位置 列の、クリック Ok.

    doc列を追加kutools 05

結果:

doc列を追加kutools 03

doc列を追加kutools 04

ノート

  1. 右に追加機能は、選択した列の右側に列を直接追加するのに役立ちます。追加方法は組み込みの挿入コマンドと同じです。

  2. 列の挿入を使用するには、まず Excel 用 Kutools をインストールする必要があります。 クリックしてダウンロードし、今すぐ 30 日間の無料トライアルをお試しください.

テーブルに XNUMX つまたは複数の列を挿入する

 
ステップ 1: 挿入する列の数と同じ数のセルを選択します

「Sex」列の左側に 2 つの列を挿入する場合、「Sex」列と「Age」列 (B2:CXNUMX) にまたがる XNUMX つのセルを選択します。

doc テーブル 1 に列を追加

先端: 列を挿入する場合は、列を追加する場所の横にある表の列でセルを選択します。

ステップ 2: 右クリックして新しい列を挿入する

右クリック 選択したセルで、コンテキスト メニューの インセットをクリックし、サブメニューで選択します 左側のテーブル列 必要に応じてオプション。

doc テーブル 2 に列を追加

結果:

doc テーブル 3 に列を追加

注意:

  1. テーブルは、最後の列の右側に XNUMX つの列を挿入することをサポートしています。 テーブルの最後の列のセルを選択し、右クリックして [挿入] を選択すると、 右側の表の列 オプションが表示されます。
    doc テーブル 5 に列を追加

  2. デフォルトでは、追加された列は、選択した列の左側の列と同じ書式で書式設定されます。

  3. 書式設定を適用したくない場合、または選択した書式設定を使用したい場合は、 挿入オプション (ブラシは、追加列の右上隅に表示されます) を追加した後、次のいずれかのオプションから選択します。
    doc テーブル 6 に列を追加

  4. 使い方 右側の表の列 or 左の表の列 コマンドはテーブル レイアウト内に列を追加するだけで、テーブルの外側のデータには影響しません。

  5. テーブルは、隣接していない列の追加をサポートしていません。


VBAで選択した列の右側に列を挿入します

 

Excel の組み込み機能では、選択した列の左側にのみ列を追加できます。選択した列の右側に列を追加する場合は、このジョブを処理するための VBA コードが提供されています。

ステップ 1: 列を挿入する右側のセルを選択します

doc 右 1 に列を追加

ステップ2: 他の > F11 キーを押して Microsoft Visual Basic for Applications ウィンドウを有効にし、[挿入] > [モジュール] をクリックして、新しい空白のモジュールを作成します。

ステップ 3: 以下の VBA コードをコピーして新しいモジュールに貼り付け、[実行] ボタンをクリックします。 ドキュメントの実行 またはプレス F5 コードを実行するためのキー。
Sub InsertToRight()
'Extendoffice20230303
Dim xRg, xRg2 As Range
Dim xC As Long
Set xRg = Application.Selection
xC = xRg.Columns.Count
Set xRg2 = xRg.Columns.Item(xC)
Set xRg2 = xRg2.Offset(0, 1).EntireColumn
xRg2.Insert Shift:=xlToRight
End Sub

doc 右 2 に列を追加

結果:

doc 右 3 に列を追加

注: 追加された列は、選択した XNUMX つの列と同じ書式で書式設定されます。
Comments (0)
No ratings yet. Be the first to rate!
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations