メインコンテンツへスキップ

Excel で XNUMX つの列を結合する (ステップバイステップのチュートリアル)

Excel を使用して作業している場合、データ構成を改善して作業を容易にするために XNUMX つの列を結合する必要がある状況に遭遇することがあります。 フルネーム、住所を作成する場合でも、データのクリーニングや分析を実行する場合でも、列を結合すると、データを効率的に処理および利用する能力が大幅に向上します。 このチュートリアルでは、テキストの連結、日付の結合、数値データの結合など、Excel で XNUMX つの列を結合するプロセスを説明します。 始めましょう!


ビデオ: Excel で XNUMX つの列を結合する


Excel で XNUMX つまたは複数の列を結合する

このセクションでは、XNUMX つ以上の列を結合する XNUMX つの方法を検討します。 これらのテクニックを使用すると、Excel でデータを効率的に結合および統合できるようになります。 値を連結する必要がある場合でも、複数の列の情報を統合する必要がある場合でも、これらのメソッドで対応できます。 Excel で列を効果的に結合する方法を詳しく見ていきましょう。


アンパサンド (&) を使用して XNUMX つの列を結合します。

列 A に名、列 B に姓があり、それらを結合して別の列にフルネームを作成するとします。 これを実現するには、次の手順を実行してください。

ステップ 1: アンパサンド (&) を使用して数式を入力します。

  1. XNUMX つの列を結合する列の一番上のセルを選択し、以下の数式を入力します。
  2. =A2&" "&B2
  3. イベント 入力します.

ステップ 2: すべての結果を取得するには、数式をセルの下にコピーします。

数式セルの塗りつぶしハンドル (右下隅にある小さな緑色の四角形) をダブルクリックして、数式を下のセルに適用します。

注意:

  • あなたは交換することができます 空 (" ") 式では次のようになります。
    • 必要なその他の区切り文字、たとえば、 コンマ ("、 ").
      区切り文字を引用符で囲むことを忘れないでください。 区切り文字の後にスペースを追加すると、読みやすくなります。
    • 連結された値の間に追加するテキスト。たとえば、 からです (「からです 」).
      テキストを引用符で囲み、テキストの前後にスペースを追加してください。
  • XNUMX つの列を結合するには、次の式を使用します。 このパターンは、それぞれの参照を追加することで追加の列をマージし続けることができます。
  • =A2&" "&B2&" "&C2

多機能ツールを使用して列を迅速かつ簡単に結合します

アンパサンド記号 (&) を使用して複数の列のデータを結合するのは、入力が必要なため、面倒なプロセスとなり、エラーが発生しやすくなります。 &" "& 複数のセルを繰り返し選択します。 ただし、 Kutools for Excelを使用すると、数回クリックするだけで列を簡単に結合できるため、時間と労力を節約できます。

結合する列を選択したら、 クツール > マージ&スプリット > データを失うことなく行、列、またはセルを組み合わせるをクリックし、以下の手順に従います。

  1. 選択 列を組み合わせる.
  2. 必要な区切り文字を選択します。 この例では、私が選択したのは、 その他のセパレータを入力し、 コンマ (、 ).
    ここでは、結合されたテキストを読みやすくするために、カンマの後にスペースを追加します。
  3. 結合したデータを配置する場所を指定します。
  4. 結合されたセルをどのように処理するかを選択します。
  5. Ok.

Result

列を結合して結果を新しい場所に配置する機能に加えて、 データを失うことなく行、列、またはセルを組み合わせる この機能は、ソース データを適切な場所で直接結合する追加機能を提供します。

注: Kutools for Excelがインストールされていない場合は、 ダウンロードしてインストールする この機能を有効にするには、 プロフェッショナルな Excel アドインには、制限なしの 30 日間の無料試用版が用意されています。


Excelの連結関数を使用してXNUMXつの列を結合する

Excel 関数を使用して XNUMX つの列のデータを XNUMX つの列に結合する前に、データを結合するためによく使用される次の XNUMX つの関数を見てみましょう。 その後、段階的なプロセスに進みます。

連結 - Excel のすべてのバージョンで利用できます (将来のバージョンでは利用できなくなる可能性があります)。
コンカット - Excel 2016 以降のバージョンおよび Office 365 で利用できます。
テキスト結合 - Excel 2019 以降のバージョンおよび Office 365 で利用できます。
また, テキスト結合 関数は、より高い柔軟性と効率性を提供します。 連結 > コンカット 複数の列を組み合わせる場合。

ステップ 1: 結合したデータを配置する空のセルを選択します

ここでは、2 つの列を結合する列の一番上のセルであるセル CXNUMX を選択します。

ステップ 2: 式を入力する

次のいずれかの式を使用して、 を押します。 入力します 結果を得るために。 (この例では、 連結 関数。)

=CONCATENATE(A2," ",B2)
=CONCAT(A2," ",B2)
=TEXTJOIN(" ",TRUE,A2:B2)

ステップ 3: すべての結果を取得するには、数式をセルの下にコピーします。

数式セルの塗りつぶしハンドル (右下隅にある小さな緑色の四角形) をダブルクリックして、数式を下のセルに適用します。

注意:

  • あなたは交換することができます 空 (" ") 式では次のようになります。
    • 必要なその他の区切り文字、たとえば、 コンマ ("、 ").
      区切り文字を引用符で囲むことを忘れないでください。 区切り文字の後にスペースを追加すると、読みやすくなります。
    • 連結された値の間に追加するテキスト。たとえば、 からです (「からです 」).
      テキストを引用符で囲み、テキストの前後にスペースを追加してください。
  • XNUMX つの列を結合するには、以下のいずれかの式を使用します。 このパターンは、それぞれの参照を追加することで追加の列をマージするように拡張できることに注意してください。
  • =CONCATENATE(A2," ",B2," ",C2)
    =CONCAT(A2," ",B2," ",C2)
    =TEXTJOIN(" ",TRUE,A2:C2)
  • Excel 2019 以降のバージョンを使用していて、 XNUMX つ以上の列を結合する、私は使用することをお勧めします テキスト結合 この関数を使用すると、区切り文字を繰り返し入力して各セルを個別に選択する代わりに、値の範囲全体を選択することでセル値を結合できます。

書式設定された数値 (日付、通貨など) を含む列を結合します。

XNUMX つの列を結合する必要があり、そのうちの XNUMX つに書式設定された数値が含まれているとします。 上で説明した通常の数式を使用すると、数値の書式が失われ、次のような結果になります。

このため、特にテキスト、数値、日付、その他のデータ型が混在している場合、結合列を適切に書式設定することが重要です。 連結時に書式設定された数値を正しく表示するには、次の XNUMX つの方法を実行できます。


TEXT関数を使用して書式設定された数値を正しく表示する

このセクションでは、 TEXT 関数を使用して正しい数値書式設定を保持し、次の関数を使用して列を結合します。 アンパサンドメソッド 例として。 同じテクニックを 関数を連結する方法 同様に。

ステップ 1: データ型に合った数式を選択する

上の例の列 1 (テキスト) と列 2 (異なるフォーマットの数値) を、書式設定を維持したまま結合するには、次のように使用できます。 TEXT 数値の表示をカスタマイズする機能。 以下は、テキストと上記の書式設定された数値を組み合わせるために使用できる数式です。 要件に合った式をコピーするだけです。

フォーマットされた数値 フォーマットされた数値のデータ型
5/12/2023 日付 (先頭のゼロなしの月/日/年) =A2&" "&TEXT(B2,"m/d/yyyy")
4:05:00 PM AM/PM を含む 12 時間形式 (時間は先行ゼロなし、分と秒は先行ゼロあり) =A3&" "&TEXT(B3,"h:mm:ss AM/PM")
1000.00 小数点以下2桁の数値 =A4&" "&TEXT(B4,"#.00")
$1,000 XNUMX 桁区切りの通貨 =A5&" "&TEXT(B5,"$#,##0")
11.1% 小数点第1位までの割合 =A6&" "&TEXT(B6,"#.0%")
1/2 分数 =A7&" "&TEXT(B7,"#/#")

Result

上記の数式を利用すると、数値が正しく表示された結合結果を得ることができます。

注:

上記の表で要件を満たす形式が見つからない場合は、カスタム形式コードを作成して既存の形式コードを置き換えることができます。m / d / yyyy"、 以内 TEXT 機能。

たとえば、テキスト列と、千の位の区切り文字としてカンマを使用する数字を含む列を結合するには、式を変更します。 =A2&" "&TEXT(B2,"m / d / yyyy") 〜へ =A2&" "&TEXT(B2,"#,###").

お困りの方は このページをご覧ください カスタム形式コードの作成の詳細については、「」を参照してください。


Kutoolsの「フォーマットされた値を使用」オプションを使用してフォーマットされた数値を正しく表示する

Kutools for Excelさん データを失うことなく行、列、またはセルを組み合わせる 機能が提供するのは、 フォーマットされた値を使用する オプション。 このオプションを選択すると、数式を入力しなくても、テキストと書式設定された数値を簡単に組み合わせて、その書式設定を正しく表示できます。

結合したい列を選択した後、選択に進みます。 クツール > マージ&スプリット > データを失うことなく行、列、またはセルを組み合わせるをクリックし、以下の手順に従います。

  1. 選択 列を組み合わせる.
  2. 必要な区切り文字を選択します。 この例では、私が選択したのは、 スペース.
  3. 結合したデータを配置する場所を指定します。
  4. 結合されたセルをどのように処理するかを選択します。
  5. チェック フォーマットされた値を使用する オプションを選択します。
  6. Ok.

Result

また, データを失うことなく行、列、またはセルを組み合わせる この機能を使用すると、他のメソッドのように列を結合して結果を別の場所に保存できるだけでなく、書式設定を失うことなく元のデータをその場で直接結合することもできます。

注: Kutools for Excelがインストールされていない場合は、 ダウンロードしてインストールする この機能を有効にするには、 プロフェッショナルな Excel アドインには、制限なしの 30 日間の無料試用版が用意されています。


メモ帳で書式設定された数値を正しく表示する

メモ帳の方法は、列を書式設定された数値と結合するための代替アプローチですが、いくつかの追加手順が必要になる場合があります。 このプロセスに慣れると、特に数式を使用する場合と比較して、データを結合するための迅速で便利な方法になります。

注: この方法は、隣接する列を結合する場合のみに適しています。

ステップ 1: 結合する列をコピーする

列を選択して、 を押します Ctrlキー+ C それらをコピーします。

ステップ 2: コピーした列をメモ帳に貼り付けます

  1. イベント ウィンドウズキー + S、タイプ メモ帳、その後、選択し メモ帳 結果から。
  2. メモ帳 ウィンドウ、押す Ctrlキー+ V をクリックして、コピーした列を貼り付けます。

ステップ 3: メモ帳の区切り文字を必要なものに置き換えます

  1. 列の値の間の区切り文字を選択し、 を押します。 Ctrlキー+ C それをコピーする。
  2. イベント Ctrl + H を開く 検索および置換 ダイアログボックスを選択し、 を押します。 Ctrlキー+ V コピーした区切り文字を 見つける ボックス。
  3. 必要な区切り文字を入力します と交換 箱。 この例ではスペース( )を入力しました。
  4. すべて交換.

ステップ 4: 結合結果を Excel シートにコピーする

  1. メモ帳内のすべてのテキストをコピーするには、 を押します。 Ctrlキー+ A を押してすべてを選択し、 を押します Ctrlキー+ C 選択したテキストをコピーします。
  2. Excel ワークシートに戻り、結合した結果を配置する目的の場所の一番上のセルを選択して、 を押します。 Ctrlキー+ V コピーしたテキストを貼り付けます。

Result


オプション: 式を結合した結果を静的な値に変換します。

数式メソッドを使用して作成した結合列は動的になります。つまり、元の値を変更すると、結合列の値が影響を受けます。 さらに、ソース列のいずれかが削除されると、結合された列内の対応するデータも削除されます。 これを防ぐには次のようにしてください。

ステップ 1: 式を値に変換する

数式を使用して結合した値を選択し、 を押します。 Ctrlキー+ C。 次に、選択したセルのいずれかを右クリックし、 価値観 (Comma Separated Values) ボタンをクリックして、各々のジョブ実行の詳細(開始/停止時間、変数値など)のCSVファイルをダウンロードします。 from 貼り付けオプション.

Result

こうすることで、数式を削除して値のみを貼り付けることになります。 結合された値は静的となり、元のデータの将来の変更の影響を受けません。

Comments (0)
No ratings yet. Be the first to rate!
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations