メインコンテンツへスキップ

Excel でセルを分割する (詳細な手順を含む完全ガイド)

作者: シルヴィア 最終更新日:2023年09月15日

Excel では、セル データを分割する必要があるさまざまな理由が考えられます。 たとえば、生データには、氏名や住所などの複数の情報が XNUMX つのセルにまとめて含まれている場合があります。 これらのセルを分割すると、さまざまな種類の情報を分離できるため、データのクリーンアップと分析が容易になります。 この記事は包括的なガイドとして機能し、特定の区切り文字に基づいてセルを行または列に分割するさまざまな方法を示します。


ビデオ


Excel のセルを複数の列に分割する

次のスクリーンショットに示すように、フルネームのリストがあり、各フルネームを姓名に分割し、分割データを別々の列に配置するとします。 このセクションでは、このタスクを達成するための XNUMX つの方法を説明します。


Text to Column ウィザードを使用してセルを複数の列に分割する

特定の区切り文字に基づいてセルを複数の列に分割するには、一般的に使用される方法の XNUMX つが次のとおりです。 列へのテキスト Excel のウィザード。 ここでは、このウィザードを使用して望ましい結果を達成する方法を段階的に説明します。

ステップ 1: 分割するセルを選択し、テキストを列に変換ウィザードを開きます。

この場合、範囲を選択します A2:A8、フルネームが含まれています。 次に、に行きます 且つ タブをクリックします。 テキストから列へ を開く テキストから列へ ウィザードを起動します。

ステップ 2: ウィザードでステップを XNUMX つずつ構成します
  1. 1の3ステップ ウィザードで、 区切り文字付き オプションを選択し、 次へ

  2. 2の3ステップ ウィザードでデータの区切り文字を選択し、 次へ 続行するにはボタンを押します。
    この場合、フルネームをスペースに基づいて姓と名に分割する必要があるため、 スペース のチェックボックス デリミタ のセクションから無料でダウンロードできます。

    ノート:
    • 必要な区切り文字がこのセクションに表示されていない場合は、 その他 チェックボックスにチェックを入れ、テキストボックスに独自の区切り文字を入力します。
    • 改行でセルを分割するには、 その他 チェックボックスを押してを押します Ctrlキー + J 一緒にキー。
  3. 最後のウィザードでは、次のように構成する必要があります。
    1) 開催場所 ボックスで、分割データを配置するセルを選択します。 ここではセル C2 を選択します。
    2)をクリックします 終了
結果

選択したセルのフルネームは名と姓に分けられ、異なる列に配置されます。


Kutoolsを使用してセルを複数の列に便利に分割します

あなたが見ることができるように、 テキストから列へ ウィザードではタスクを完了するために複数の手順が必要です。 もっと簡単な方法が必要な場合は、 分割セル の特徴 Kutools for Excel 強くお勧めします。 この機能を使用すると、単一のダイアログ ボックスで設定を完了するだけで、特定の区切り文字に基づいてセルを複数の列または行に簡単に分割できます。

Kutools for Excelをインストールした後選択 クツール > マージ&スプリット > 分割セル を開く 分割セル ダイアログボックス。

  1. 分割したいテキストを含むセル範囲を選択します。
  2. 現在地に最も近い 列に分割 オプションを選択します。
  3. 選択 スペース (または必要な区切り文字) をクリックして、 OK.
  4. 宛先セルを選択してクリックします OK すべての分割データを取得します。
Note: この機能を使用するには、次のものが必要です。 Kutools for Excel あなたのコンピュータにインストールされます。 Kutools for Excelをダウンロードして、制限なしの30日間の無料トライアルを入手してください.

フラッシュ フィルを使用してセルを複数の列に分割する

次に、として知られる XNUMX 番目の方法に移りましょう。 フラッシュフィル。 Excel2013で導入された、 フラッシュフィル パターンを感知すると自動的にデータを埋めるように設計されています。 このセクションでは、フラッシュ フィル機能を使用して、単一列内で姓と名をフルネームから分離する方法を説明します。

ステップ 1: 元の列に隣接するセルに最初の分割データを手動で入力します。

この場合、列 A のフルネームを姓と名に分割します。 最初のフルネームはセル A2 にあるので、その隣のセル B2 を選択して名前を入力します。 スクリーンショットを参照してください:

ステップ 2: フラッシュ フィルを適用して、すべての名を自動的に入力します

B2 の下のセル (B3) に XNUMX 番目の名前の入力を開始すると、Excel がパターンを認識し、残りの名のプレビューを生成します。 入力します をクリックしてプレビューを受け入れます。

先端: XNUMX 番目のセルに入力したときに Excel がパターンを認識しない場合は、そのセルにデータを手動で入力してから、XNUMX 番目のセルに進みます。 XNUMX 番目の連続するセルにデータを入力し始めると、パターンが認識されるはずです。

これで、列 A のフルネームのすべての名が列 B に分離されました。

ステップ 3: 別の列のフルネームの姓を取得する

上記の手順 1 と 2 を繰り返して、列 A のフルネームから姓を名の列の隣の列に分割する必要があります。

結果

ノート:
  • この機能は、Excel 2013 以降のバージョンでのみ使用できます。
  • 次のいずれかの方法でフラッシュ フィルにアクセスすることもできます。
    • ショートカットで
      セル B2 に名を入力した後、範囲 B2:B8 を選択し、 を押します。 Ctrlキー + E キーを使用して残りの名前を自動的に入力します
    • リボンオプションによる
      セル B2 に名を入力した後、B2:B8 の範囲を選択し、クリックします。 埋める > フラッシュフィルホーム タブには何も表示されないことに注意してください。

数式を使用してセルを複数の列に分割する

上記のメソッドは動的ではありません。つまり、ソース データが変更された場合は、同じプロセスを再度実行する必要があります。 上記と同じ例で、列 A にリストされているフルネームを姓と名に分割し、ソース データの変更に応じて分割データが自動的に更新されるようにするには、次のいずれかの式を試してください。

LEFT、RIGHT、MID などの関数を使用して、XNUMX 番目、XNUMX 番目、XNUMX 番目…のテキストを XNUMX つずつ分割します。これらの関数は、Excel のすべてのバージョンで使用できます。
Text To Column ウィザードと同じように動作し、Microsoft 365 の Excel でのみ使用できる新しい機能です。

TEXT 関数を使用して、特定の区切り文字でセルを列に分割します

このセクションで説明する数式は、すべての Excel バージョンで使用できます。 数式を適用するには、次の手順を実行します。

ステップ 1: 最初の区切り文字 (この場合は名) の前のテキストを抽出します。

  1. 名を出力するセル(この場合はC2)を選択し、次の数式を入力してキーを押します。 入力します A2 の名前を取得します。
    =LEFT(A2,SEARCH(" ",A2)-1)
  2. この結果セルを選択し、オートフィル ハンドルを下にドラッグして、残りの名を取得します。

ステップ 2: 最初の区切り文字 (この場合は姓) の後のテキストを抽出します。

  1. 姓を出力するセル(この場合はD2)を選択し、次の数式を入力してキーを押します。 入力します A2 の姓を取得します。
    =RIGHT(A2,LEN(A2)-SEARCH(" ",A2))
  2. この結果セルを選択し、オートフィル ハンドルを下にドラッグして、残りの姓を取得します。
ノート:
  • 上記の式では:
    • A2 は分割したいフルネームを含むセルです。
    • 空間 引用符内は、セルがスペースで分割されることを示します。 必要に応じて参照セルと区切り文字を変更できます。
  • セルの場合 スペースで区切られた XNUMX つ以上のテキストが含まれています 分割する必要がある場合、上記の XNUMX 番目の式は間違った結果を返します。 XNUMX 番目、XNUMX 番目、および N 番目までの値をスペースで区切って正しく分割するには、追加の数式が必要になります。
    • 次の式を使用して、 XNUMX番目の単語を返します (例: ミドルネーム) スペースで区切ります。
      =TRIM(MID(SUBSTITUTE(A2," ",REPT(" ", 100)),100,100))
    • XNUMX番目を変更します 100 〜へ 200 〜へ XNUMX番目の単語を取得します (姓など) をスペースで区切ります。
      =TRIM(MID(SUBSTITUTE(A2," ",REPT(" ", 100)),200,100))
    • 200を次のように変更すると、 300, 400, 500、などを行うことができます。 XNUMX番目、XNUMX番目、XNUMX番目以降の単語を取得する.
TEXTSPLIT 関数を使用して、特定の区切り文字でセルを列に分割します。

使用している場合 Microsoft 365 の Excel TEXTSPLIT関数 のほうがおすすめです。 以下のようにしてください。

ステップ 1: 結果を出力するセルを選択します。 ここではセルC2を選択します

ステップ 2: 以下の式を入力して Enter キーを押します

=TEXTSPLIT(A2," ")

A2 内のスペースで区切られたすべてのテキストが異なる列に分割されていることがわかります。

ステップ 3: 数式をドラッグしてすべての結果を取得します

同じ行内の結果セルを選択し、オートフィル ハンドルを下にドラッグしてすべての結果を取得します。

ノート:
  • この機能は Excel for Microsoft 365 でのみ使用できます。
  • この式では
    • A2 は分割したいフルネームを含むセルです。
    • 空間 引用符内は、セルがスペースで分割されることを示します。 必要に応じて参照セルと区切り文字を変更できます。

Excel のセルを複数の行に分割する

以下のスクリーンショットに示すように、A2:A4 の範囲に注文の詳細のリストがあり、品目、数量、単価、日付などのさまざまな種類の情報を抽出するには、データをスラッシュを使用して分割する必要があります。 このタスクを実行するために、このセクションでは 3 つの方法を説明します。


TEXTSPLIT関数でセルを複数の行に分割する

使用している場合 Microsoft 365 の Excel、TEXTSPLIT 関数メソッドが簡単に役立ちます。 以下のようにしてください。

ステップ 1: 結果を出力するセルを選択します。 ここではセルB6を選択します

ステップ 2: 以下の式を入力して Enter キーを押します

=TEXTSPLIT(A2,,"/")

A2 内のすべてのテキストは、「スラッシュ」区切り文字に基づいて個別の行に分割されます。

セル A3 と A4 のデータをスラッシュに基づいて個別の行に分割するには、以下の適切な数式を使用して手順 1 と 2 を繰り返すだけです。

C6 の式:

=TEXTSPLIT(A3,,"/")

D6 の式:

=TEXTSPLIT(A4,,"/")

結果

ノート:
  • この機能は Excel for Microsoft 365 でのみ使用できます。
  • 上記の式では、引用符内のスラッシュ / をデータに応じて任意の区切り文字に変更できます。

Kutoolsを使用してセルを複数の行に便利に分割します

Excel の TEXTSPLIT 機能は非常に便利ですが、Microsoft 365 ユーザーの Excel に限定されます。 さらに、分割する列に複数のセルがある場合は、結果を得るために各セルに異なる数式を個別に適用する必要があります。 対照的に、 Kutools for Excel's 分割セル この機能はすべての Excel バージョンで動作します。 これは、数回クリックするだけでセルを一度に複数の行または列に分割する簡単で効率的なソリューションを提供します。

Kutools for Excelをインストールした後、クリック クツール > マージ&スプリット > 分割セル を開く 分割セル ダイアログボックス。

  1. 分割したいテキストを含むセル範囲を選択します。
  2. 現在地に最も近い 行に分割 オプションを選択します。
  3. 必要な区切り文字を選択します (ここでは区切り文字を選択します) その他 オプションを選択してスラッシュを入力します)、クリックします OK.
  4. 宛先セルを選択してクリックします OK すべての分割データを取得するには
Note: この機能を使用するには、次のものが必要です。 Kutools for Excel あなたのコンピュータにインストールされます。 Kutools for Excelをダウンロードして、制限なしの30日間の無料トライアルを入手してください.

VBA コードを使用してセルを複数の行に分割する

このセクションでは、Excel でセルを複数の行に簡単に分割するための VBA コードを提供します。 以下のようにしてください。

ステップ 1: Microsoft Visual Basic for Applications ウィンドウを開く

他の + F11 キーを押してこのウィンドウを開きます。

ステップ 2: モジュールを挿入し、VBA コードを入力する

クリック インセット > モジュール次に、次の VBA コードをコピーして、 モジュール (コード) 窓。

VBA コード: Excel でセルを複数の行に分割する

Option Explicit

Sub SplitCellsToRows()
'Updated by Extendoffice 20230727
    Dim inputRng As Range
    Dim outputRng As Range
    Dim cell As Range
    Dim splitValues() As String
    Dim delimiter As String
    Dim i As Long
    Dim columnOffset As Long
    On Error Resume Next
    
    Set inputRng = Application.InputBox("Please select the input range", "Kutools for Excel", Type:=8) ' Ask user to select input range
    If inputRng Is Nothing Then Exit Sub ' If the user clicked Cancel or entered nothing, exit the sub
    Set outputRng = Application.InputBox("Please select the output range", "Kutools for Excel", Type:=8) ' Ask user to select output range
    If outputRng Is Nothing Then Exit Sub ' If the user clicked Cancel or entered nothing, exit the sub
    delimiter = Application.InputBox("Please enter the delimiter to split the cell contents", "Kutools for Excel", Type:=2) ' Ask user for delimiter
    If delimiter = "" Then Exit Sub ' If the user clicked Cancel or entered nothing, exit the sub
    If delimiter = "" Or delimiter = "False" Then Exit Sub ' If the user clicked Cancel or entered nothing, exit the sub
    
    Application.ScreenUpdating = False
    
    columnOffset = 0
    For Each cell In inputRng
        If InStr(cell.Value, delimiter) > 0 Then
            splitValues = Split(cell.Value, delimiter)
            For i = LBound(splitValues) To UBound(splitValues)
                outputRng.Offset(i, columnOffset).Value = splitValues(i)
            Next i
            columnOffset = columnOffset + 1
        Else
            outputRng.Offset(0, columnOffset).Value = cell.Value
            columnOffset = columnOffset + 1
        End If
    Next cell
    
    Application.ScreenUpdating = True
End Sub
ステップ 3: VBA コードを実行する

F5 キーを押してコードを実行します。 次に、次の構成を行う必要があります。

  1. 分割するデータが含まれるセルを選択するように求めるダイアログ ボックスが表示されます (ここでは範囲 A2:A4 を選択します)。 選択後、 をクリックします。 OK.
  2. 6 番目のポップアップダイアログボックスで、出力範囲を選択する必要があります (ここではセル BXNUMX を選択します)。 OK.
  3. 最後のダイアログ ボックスで、セルの内容を分割するために使用する区切り文字 (ここではスラッシュを入力します) を入力し、 OK
結果

選択した範囲のセルが同時に複数の行に分割されます。


セルを複数の行に分割するには、 Power Query

特定の区切り文字によってセルを複数の行に分割するもう XNUMX つの方法は、次の方法です。 Power Query, これにより、分割データをソース データに合わせて動的に変更することもできます。 この方法の欠点は、完了までに複数の手順が必要なことです。 それがどのように機能するかを見てみましょう。

ステップ 1: 複数の行に分割するセルを選択し、データ > テーブル/範囲からを選択します。

ステップ 2: 選択したセルをテーブルに変換する

選択したセルが Excel 表形式ではない場合、 テーブルの作成 ダイアログボックスが表示されます。 このダイアログ ボックスでは、Excel が選択したセル範囲を正しく選択したかどうかを確認し、テーブルにヘッダーがあるかどうかをマークして、 OK
選択したセルが Excel テーブルの場合は、手順 3 に進みます。

ステップ 3: [区切り文字による列の分割] を選択します。

A テーブル - Power Query エディター ウィンドウがポップアップし、クリックします 分割列 > 区切り文字によるホーム タブには何も表示されないことに注意してください。

ステップ 4: [区切り文字による列の分割] ダイアログ ボックスを構成する
  1. 区切り文字を選択または入力します セクションで、テキストを分割するための区切り文字を指定します(ここでは区切り文字を選択します) カスタム スラッシュを入力してください / テキストボックスに入力します)。
  2. 拡大する 高度なオプション セクション (デフォルトでは折りたたまれています) を選択し、 オプションを選択します。
  3. 引用文字 セクションでは、選択 なし ドロップダウンリストから。
  4. クリック OK.
ステップ 5: 分割データを保存してロードする
  1. この場合、分割データのカスタム宛先を指定する必要があるため、 閉じる&ロード > 閉じる&ロードする.
    先端: 分割データを新しいワークシートにロードするには、 閉じる&ロード オプションを選択します。
  2. データのインポート ダイアログボックスで、 既存のワークシート オプションで、分割データを配置するセルを選択し、 OK.
結果

次に、選択した範囲内のすべてのセルが、指定された区切り文字によって同じ列内の異なる行に分割されます。

結論として、この記事では Excel でセルを複数の列または行に分割するさまざまな方法を検討しました。 どちらのアプローチを選択する場合でも、これらのテクニックをマスターすると、Excel でデータを処理する際の効率が大幅に向上します。 探索を続ければ、あなたにとって最適な方法が見つかります。

最高のオフィス生産性向上ツール

🤖 Kutools AI アシスタント: 以下に基づいてデータ分析に革命をもたらします。 インテリジェントな実行   |  コードを生成  |  カスタム数式の作成  |  データを分析してグラフを生成する  |  Kutools関数を呼び出す...
人気の機能: 重複を検索、強調表示、または識別する   |  空白行を削除する   |  データを失わずに列またはセルを結合する   |   数式なしのラウンド ...
スーパールックアップ: 複数の基準の VLookup    複数の値の VLookup  |   複数のシートにわたる VLookup   |   ファジールックアップ ....
詳細ドロップダウン リスト: ドロップダウンリストを素早く作成する   |  依存関係のドロップダウン リスト   |  複数選択のドロップダウンリスト ....
列マネージャー: 特定の数の列を追加する  |  列の移動  |  Toggle 非表示列の表示ステータス  |  範囲と列の比較 ...
注目の機能: グリッドフォーカス   |  デザインビュー   |   ビッグフォーミュラバー    ワークブックとシートマネージャー   |  リソースライブラリー (自動テキスト)   |  日付ピッカー   |  ワークシートを組み合わせる   |  セルの暗号化/復号化    リストごとにメールを送信する   |  スーパーフィルター   |   特殊フィルター (太字/斜体/取り消し線をフィルター...) ...
上位 15 のツールセット12 テキスト ツール (テキストを追加, 文字を削除する、...)   |   50+ チャート 種類 (ガントチャート、...)   |   40+ 実用的 (誕生日に基づいて年齢を計算する、...)   |   19 挿入 ツール (QRコードを挿入, パスから画像を挿入、...)   |   12 変換 ツール (数字から言葉へ, 通貨の換算、...)   |   7 マージ&スプリット ツール (高度な結合行, 分割セル、...)   |   ... もっと

Kutools for Excel で Excel スキルを強化し、これまでにない効率を体験してください。 Kutools for Excelは、生産性を向上させ、時間を節約するための300以上の高度な機能を提供します。  最も必要な機能を入手するにはここをクリックしてください...

説明


Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
Comments (0)
No ratings yet. Be the first to rate!
There are no comments posted here yet
Leave your comments
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations