メインコンテンツへスキップ

ExcelでXNUMX行おきにすばやく削除するにはどうすればよいですか?

ExcelでXNUMXつおきの行または列をすばやく削除する場合、重要な点は、最初にXNUMXつおきの行または列をすばやく選択してから、それらに削除操作を適用する方法です。 また、この記事では、最初にXNUMXつおきの行または列を選択してから、それらをすばやく削除する方法について、いくつかの注意点を示します。

フィルタコマンドを使用してExcelのXNUMX行おきに削除する

VBAコードを使用してExcelのXNUMX行おきに削除する

Kutools forExcelを使用してExcelのXNUMX行おきまたは列を削除します


矢印青い右バブル フィルタコマンドを使用してExcelのXNUMX行おきに削除する

MicrosoftExcelの フィルタ コマンドを使用すると、XNUMX行おきにすばやくフィルタリングして、一度に削除できます。次のようにしてください。

1。 元のデータ以外の空白の列に、 0,1,0,1…、0,1。 この場合、ヘルパー列Cに番号を入力します。次のスクリーンショットを参照してください。

2。 列Cを選択し、 フィルタ 下のボタン 且つ タブ。 次に、C1の横にある矢印ボタンをクリックし、 0すべてを選択します。 オプション。 スクリーンショットを参照してください:

3。 次に、1のすべての行が非表示になります。 0で表示されている行を選択し、 ホーム > 削除 > シート行を削除する これらの行を削除します。 次に、XNUMX行おきに削除し、クリックする必要があります フィルタ もう一度ボタンを押すと、1の行のみが表示されます。スクリーンショットを参照してください。

doc-delete-other-row5 -2 doc-delete-other-row12

4。 最後に、必要に応じてヘルパー列Cを削除できます。


XNUMX行おきまたはn番目の行、列を選択して、一度に削除します

Kutools for Excel's 間隔の行と列を選択します ユーティリティは、XNUMX行おきまたはn番目の行または列を見つけて選択するのに役立ち、必要に応じていくつかの操作を実行できます。 クリックしてKutoolsfor Excelをダウンロードしてください!


矢印青い右バブル VBAコードを使用してExcelのXNUMX行おきに削除する

実際、VBAマクロもこの問題を解決するための良い選択です。

1. 押したまま 他の + F11 Excelでキーを押すと、 アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2。 クリック インセット > モジュール、次のマクロをに貼り付けます モジュール 窓。

VBAコード:選択範囲内のXNUMX行おきに削除します。

Sub DeleteEveryOtherRow()
'Updateby Extendoffice
Dim rng As Range
Dim InputRng As Range
xTitleId = "KutoolsforExcel"
Set InputRng = Application.Selection
Set InputRng = Application.InputBox("Range :", xTitleId, InputRng.Address, Type:=8)
Application.ScreenUpdating = False
For i = InputRng.Rows.Count To 1 Step -2
    Set rng = InputRng.Cells(i, 1)
    rng.EntireRow.Delete
Next
Application.ScreenUpdating = True
End Sub

3. F5 このマクロを実行するためのキー。 次に、範囲を選択するためのダイアログがポップアップ表示されます。 スクリーンショットを参照してください:

4。 次に、をクリックします OK、XNUMX番目の行から選択した範囲内の他のすべての行が一度に削除されます。スクリーンショットを参照してください。

doc-delete-other-row5 -2 doc-delete-other-row12

矢印青い右バブル Kutools forExcelを使用してExcelのXNUMX行おきまたは列を削除します

Microsoft Excelの初心者ユーザーにとって、VBAマクロの使用は少し複雑です。 ザ・ 間隔の行と列を選択します の有用性 Kutools for Excel XNUMX行おきにすばやく削除するのに役立ちます。

Kutools for Excel : 300以上の便利なExcelアドインがあり、30日以内に制限なしで無料で試すことができます. 

インストールした後 Kutools for Excel、次のようにしてください。

1。 XNUMX行おきに削除する範囲を選択し、をクリックしてこのユーティリティを適用します。 クツール > 選択 > 間隔の行と列を選択….

2。 に 間隔の行と列を選択します ダイアログボックスで、次のスクリーンショットのように設定を指定し、をクリックします OK ボタンをクリックして、最初にXNUMX行おきに選択します。

3。 次に、選択範囲内のXNUMX行おきに選択され、強調表示されます。 スクリーンショットを参照してください:

4。 次に、をクリックして、選択したXNUMX行おきにすばやく削除できます。 ホーム > 削除 > シート行を削除する これらの行をすべて削除します。 スクリーンショットを参照してください:

doc-delete-other-row5 -2 doc-delete-other-row12

この[間隔の行と列の選択]機能の詳細については、クリックしてください。

この機能を使用すると、必要に応じてn番目ごとの行または列を削除することもできます。

今すぐExcel用のKutoolsをダウンロードして無料トライアル!


矢印青い右バブルデモ:Kutools forExcelを使用してXNUMX行おきまたは列を削除します

Kutools for Excel:300以上の便利なExcelアドインがあり、30日以内に制限なしで無料で試すことができます。 今すぐダウンロードして無料トライアル!

最高のオフィス生産性向上ツール

人気の機能: 重複を検索、強調表示、または識別する   |  空白行を削除する   |  データを失わずに列またはセルを結合する   |   数式なしのラウンド ...
スーパールックアップ: 複数の基準の VLookup    複数の値の VLookup  |   複数のシートにわたる VLookup   |   ファジールックアップ ....
詳細ドロップダウン リスト: ドロップダウンリストを素早く作成する   |  依存関係のドロップダウン リスト   |  複数選択のドロップダウンリスト ....
列マネージャー: 特定の数の列を追加する  |  列の移動  |  Toggle 非表示列の表示ステータス  |  範囲と列の比較 ...
注目の機能: グリッドフォーカス   |  デザインビュー   |   ビッグフォーミュラバー    ワークブックとシートマネージャー   |  リソースライブラリ (自動テキスト)   |  日付ピッカー   |  ワークシートを組み合わせる   |  セルの暗号化/復号化    リストごとにメールを送信する   |  スーパーフィルター   |   特殊フィルター (太字/斜体/取り消し線をフィルター...) ...
上位 15 のツールセット12 テキスト 工具 (テキストを追加, 文字を削除する、...)   |   50+ チャート 種類 (ガントチャート、...)   |   40+ 実用的 (誕生日に基づいて年齢を計算する、...)   |   19 挿入 工具 (QRコードを挿入, パスから画像を挿入、...)   |   12 変換 工具 (数字から言葉へ, 通貨の換算、...)   |   7 マージ&スプリット 工具 (高度な結合行, 分割セル、...)   |   ... もっと

Kutools for Excel で Excel スキルを強化し、これまでにない効率を体験してください。 Kutools for Excelは、生産性を向上させ、時間を節約するための300以上の高度な機能を提供します。  最も必要な機能を入手するにはここをクリックしてください...

kteタブ201905


Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
Comments (11)
No ratings yet. Be the first to rate!
This comment was minimized by the moderator on the site
An easy way to put 0 or 1 in the column instead is to add a formula column: =IF(MOD(ROW(), 2) = 0, 0, 1). That might help if you'd rather not type 0,1,01, etc.
This comment was minimized by the moderator on the site
another way is to add a new column in front of your data, so column A is blank, then just enter a b a b a b as you go down the rows in column A - so "a" in A1, "b" in A2, "a" in A3, "b" in A4. then you can drag the new "a" and "b" cells down for all rows of data. then sort column A alphabetically, and you get all the odd rows with an "a" at the top and all the even rows with a "b" at the bottom. this is probably the easiest way.
This comment was minimized by the moderator on the site
You're genious :)
This comment was minimized by the moderator on the site
Easiest? How is that different from the 0,1 method? ;-)
This comment was minimized by the moderator on the site
This is actually very useful if you have a large number of rows and can't enter the 2 settings in manually. if you drag 0,1 down, it continues to 2, 3, 4...but if you drag a,b down, it will repeat as a,b,a,b...all the way down. Thanks!
This comment was minimized by the moderator on the site
That would be great, except column C is all 0
This comment was minimized by the moderator on the site
This is really really helpful. thanks
This comment was minimized by the moderator on the site
Great trick...thank you. I love simple sneaky tricks like this
This comment was minimized by the moderator on the site
This was really helpful. thanks,
This comment was minimized by the moderator on the site
In cell B1: =row(A1) Drag this down all of column B. In cell C1: =mod(B1,2) Drag this down all of column C. Apply a filter and in column C select all 0s or 1s as required.
This comment was minimized by the moderator on the site
Richarddddd, Sneaky! I like that, and it was useful to me today. Thanks.
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations