Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

作成した時刻と最終変更時刻を取得してセルに挿入します

この記事では、現在のブック情報の作成時刻と最終変更時刻を取得し、現在のブック情報の作成時刻と最終変更時刻をExcelのセルに挿入する方法について説明します。

Infoコマンドを使用してExcelで作成時刻と最終変更時刻を取得します

詳細プロパティ機能を使用して、Excelで作成時刻と最終変更時刻を取得します

VBAコードを使用してExcelのセルに作成時刻と最終変更時刻を挿入します

Kutools for Excelを使用して、作成した時刻と最終変更時刻をセル/ヘッダー/フッターに挿入します 良いアイデア3


矢印青い右バブル Infoコマンドを使用してExcelで作成時刻と最終変更時刻を取得します

Microsoft Excel 2010/2013のバックステージビューで、現在のブックの正確な作成時刻と最終変更時刻を確認できます。

ストリーミングを停止する場合は上部の フィレット > インフォ、および舞台裏ビューの右側に、 関連する日付 情報。 下 関連する日付 タイトルには、最終変更時刻、作成時刻、および最終印刷時刻が一覧表示されます。 次のスクリーンショットを参照してください。

-2

 

注意: この方法は、Microsoft Excel2010 / 2013でのみ使用できます。 Excel2007では無効です。


矢印青い右バブル詳細プロパティ機能を使用して、Excelで作成時刻と最終変更時刻を取得します

実際には、[ドキュメントのプロパティ]ダイアログボックスで、現在のブックの作成時刻と最終変更時刻の両方を取得できます。
ステップ1:開く 高度なプロパティ ダイアログボックス:

Excel 2007では、 オフィスの掃除 ボタン> 準備 > プロパティ、と ドキュメントのプロパティ ツールバーの下にバーが表示されたら、クリックします ドキュメントのプロパティ > 高度なプロパティ、スクリーンショットを参照してください:

doc-挿入-変更-時間-3-3
-1
doc-挿入-変更-時間-4-4

 

Excel 2010/2013で、 フィレット > インフォ > プロパティ > 高度なプロパティ.

doc-挿入-変更-時間-4-4

ステップ2: の中に 高度なプロパティ ダイアログボックスの[統計]タブに、作成時刻と最終変更時刻が表示されます。 次のスクリーンショットを参照してください。

doc-挿入-変更-時間-4-4


矢印青い右バブル VBAコードを使用してExcelのセルに作成時刻と最終変更時刻を挿入します

次のVBAマクロは、現在のブック情報の作成時刻と最終変更時刻をセルに直接挿入するのに役立ちます。

作成時刻と最終変更時刻の両方をExcelに挿入します

ステップ1:を長押しします 頭の中 + F11 キーを押すと、Microsoft Visual Basic forApplicationsウィンドウが開きます。

ステップ2:クリック インセット >> モジュール、モジュールウィンドウに次のマクロを貼り付けます。

VBAコード:作成時刻と最終変更時刻の両方をExcelに挿入します

Sub Workbook_Open()
Range("A1").Value = Format(ThisWorkbook.BuiltinDocumentProperties("Creation Date"), "short date")
Range("A2").Value = Format(ThisWorkbook.BuiltinDocumentProperties("Last Save Time"), "short date")
End Sub

ステップ3:を押す F5 このマクロを実行するためのキー。 そして、作成日と最終変更日がセルA1とセルA2に別々に挿入されます。

注意:必要に応じて、VBの宛先セルを変更できます。

ブックの最終変更時刻をExcelに挿入します

ステップ1:を長押しします 頭の中 + F11 キーを押すと、Microsoft Visual Basic forApplicationsウィンドウが開きます。

ステップ2:クリック インセット >> モジュール、モジュールウィンドウに次のマクロを貼り付けます。

Public Function ModDate()
ModDate = Format(FileDateTime(ThisWorkbook.FullName), "m/d/yy h:n ampm")
End Function

ステップ3:次に、このコードを保存して閉じ、ワークシートに戻り、空白のセルに次の数式を入力します。 = ModDate()、を押して 入力します キー。 次に、最後に変更された時刻をセルに挿入します。

-2

ブックの作成時刻をExcelに挿入します

ステップ1:を長押しします 頭の中 + F11 キーを押すと、Microsoft Visual Basic forApplicationsウィンドウが開きます。

ステップ2:クリック インセット >> モジュール、モジュールウィンドウに次のマクロを貼り付けます。

Function CreateDate() As Date
CreateDate = ActiveWorkbook.BuiltinDocumentProperties("Creation Date")
End Function

ステップ3:このコードを保存して閉じ、ワークシートに戻り、空白のセルに次の数式を入力します = CreateDate()、を押して 入力します key.and作成日は、次のスクリーンショットのようにセルに挿入されます。

-2

注意: セルが日付形式でない場合、奇妙な数値が表示される可能性があります。 このセルを次のようにフォーマットするだけです 日付 形式では、通常の日付として表示されます。


矢印青い右バブル Kutools for Excelを使用して、作成した時刻と最終変更時刻をセル/ヘッダー/フッターに挿入します

便利なツールをご紹介します-Kutools for Excel 300以上の便利な機能を含むものがあなたの作業効率を高めることができますか? そのと ワークブック情報を挿入する 機能を使用すると、ワークブックパス、ワークブック/ワークシート名、ユーザー名、または作成時刻と最終変更時刻をセル、ヘッダー、またはフッターにすばやく挿入できます。

Kutools for Excel, 以上で 300 便利な機能は、あなたの仕事をより簡単にします。 

後の 無料インストール Kutools for Excel、以下のようにしてください:

1。 クリック クツールズプラス > ワークブック > ワークブック情報を挿入する。 スクリーンショットを参照してください:
doc最終変更名2

2.次に、 ワークブック情報を挿入する ダイアログで、[情報]セクションから挿入する情報を確認し、挿入する場所を指定します。セル、フッター(左フッター、中央フッター、右フッター)、またはヘッダー(左ヘッダー、中央ヘッダー、右ヘッダー)。 スクリーンショットを参照してください:
ドキュメント挿入作成変更時刻1

3。 クリック Ok、およびチェックした情報が指定した場所に挿入されています。

ヒント。 ワークブック情報の挿入機能を無料で試用したい場合は、 Excel用のKutoolsを無料でダウンロードしてください まず、上記の手順に従って操作を適用します。

矢印青い右バブル ワークブック情報を挿入する



最高のオフィス生産性ツール

Kutools for Excelはほとんどの問題を解決し、生産性を80%向上させます

  • 再利用: すばやく挿入 複雑な数式、チャート および以前に使用したものすべて。 セルを暗号化する パスワード付き。 メーリングリストを作成する そしてメールを送る...
  • スーパーフォーミュラバー (複数行のテキストと数式を簡単に編集できます); 読書レイアウト (多数のセルを簡単に読み取って編集する); フィルター範囲に貼り付け...
  • セル/行/列をマージする データを失うことなく; 分割セルコンテンツ; 重複する行/列を組み合わせる...重複セルを防止します。 範囲を比較する...
  • [複製]または[一意]を選択します 行; 空白行を選択 (すべてのセルは空です); スーパーファインドとファジーファインド 多くのワークブックで; ランダム選択...
  • 正確なコピー 数式参照を変更せずに複数のセル。 参照の自動作成 複数のシートに; 箇条書きを挿入、チェックボックスなど...
  • テキストを抽出、テキストの追加、位置による削除、 スペースを削除する; ページング小計の作成と印刷。 セルの内容とコメントを変換する...
  • スーパーフィルター (フィルタースキームを保存して他のシートに適用します); 高度な並べ替え 月/週/日、頻度など。 特殊フィルター 太字、斜体...
  • ワークブックとワークシートを組み合わせる; キー列に基づいてテーブルをマージします。 データを複数のシートに分割; xls、xlsx、PDFをバッチ変換...
  • 300 以上の強力な機能. Office / Excel 2007-2021 および 365 をサポートします。すべての言語をサポートします。 企業や組織に簡単に導入できます。 フル機能の 30 日間無料トライアル。 60日間の返金保証。
kteタブ201905

Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
officetab下部
コメントを並べ替える
コメント (21)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
役立つ情報....:-)
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
これは完璧でした。 まさに私が探していたもの。 本当にありがとう!!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
助けてくれてありがとう、これらは私たちが必要としているものです。 コードは正しく機能しますが、更新せずに、保存した後は変更日を更新しないことを意味します。 これに対する解決策はありますか? 私は何度も試し、保存し、閉じてから再度開きましたが、日付は更新されていません。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちはハリド、

同じ問題が発生し、コードに「Application.Volatile」という行を追加しました。F9キーを押すと、情報が更新されます。
ビル・イェレンのビデオ「Excelを学ぶ-「最後に節約された時間のための機能」:ポッドキャスト#1725」でそれを見ました。
@ビル:ビデオをどうもありがとう!

https://www.youtube.com/watch?v=KnSA6xdmc2Q

よろしく、
Alex Vetsak
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは:私はこれを別の方法で行いましたが、コーディングも行いました。 コードを追加したので、ブックをマクロで保存し、その結果、*。XLSMとして保存できます。 それは問題ありませんが、多くの場所ではこのようなマクロは許可されません。 これを通常の.XLSに取得する(または変更を加えてブックを保存する)方法はありますか? また、その設定がオンになっている場合は、誰かに「マクロを有効にする」ように求められると思います(私はコンサルタントであり、ほとんどの場所で、ワークブックを開いた後、該当する場合はマクロをオンにします)。 参考までに:これが私がマクロでそれを行った方法です(良くはありません;ただ違うだけです)。 Private Sub Workbook_BeforeSave(ByVal SaveAsUI As Boolean、_ Cancel As Boolean)Cancel = False With ActiveSheet.PageSetup'.LeftHeader = ""' .CenterHeader = ""'.RightHeader = "Last Update"&Format(Now()、 "mm / dd / yyyy ").RightHeader =" ".RightFooter ="最終更新日"&Format(Now()、" mm / dd / yyyy ")End With End Sub
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
この情報は私にとって非常に役立ちます。 懸念に感謝
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
この情報をありがとう
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
[quote]こんにちは:私はこれを別の方法で行いましたが、コーディングも行いました。 コードを追加したので、ブックをマクロで保存し、その結果、*。XLSMとして保存できます。 それは問題ありませんが、多くの場所ではこのようなマクロは許可されません。 これを通常の.XLSに取得する(または変更を加えてブックを保存する)方法はありますか? また、その設定がオンになっている場合は、誰かに「マクロを有効にする」ように求められると思います(私はコンサルタントであり、ほとんどの場所で、ワークブックを開いた後、該当する場合はマクロをオンにします)。 参考までに:これが私がマクロでそれを行った方法です(良くはありません;ただ違うだけです)。 Private Sub Workbook_BeforeSave(ByVal SaveAsUI As Boolean、_ Cancel As Boolean)Cancel = False With ActiveSheet.PageSetup'.LeftHeader = ""' .CenterHeader = ""'.RightHeader = "Last Update"&Format(Now()、 "mm / dd / yyyy ").RightHeader =" ".RightFooter ="最終更新日"&Format(Now()、" mm / dd / yyyy ")End With End Subラリー・S・ピート[/ quote]こんにちは、最終更新日時を正常に挿入しましたが、ブックを保存して再度開いても更新されません。 ここで助けてください......私はコーディングについて知らないので、私は基本的にそのようなフォーラムで与えられた情報をコピーしますありがとうスワラン
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
はい、同じ問題があります。昨日は完全に機能しましたが、今日は保存しても変更されません。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
助けてください!!! 閉じたファイルの最終変更日時を返し、開いているファイルのセルにこの情報を返す必要があります
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
ねえ、これは最高でした。 別のブックの作成日と最終変更日を挿入することはできますか? 他のドキュメントが最後に更新された日時を示すインデックスファイルを作成しようとしています。 ありがとう!!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
Hiya Love love love thisですが、残念ながら、日付は米国でのみ表示され、オーストラリアではdd / mm / yyがあります。「日付」セクションを使用してこの形式に変更するのに疲れましたが、運がありませんでした。 何か案は?
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
ジュリー-VBAコードでは、代わりに「dd / mm / yyhh:n」を使用します。 これで日付が「正しい」順序になります。 :笑:
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
非常に非常に非常に非常に非常に非常に非常に非常に役立つありがとう
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
これを変更して、の作成日を表示できますか? 他の 閉じたファイル? デスクトップ上のファイルの作成日をパブリックWebサーバー上のファイルと比較したいと思います。 ローカルファイルのCreateDate()からWebファイルのCreateDate()への関数を使用する式を作成し、変更を通知することができます。 私はあなたの助けに感謝します。 ブルース
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
ヘルプに感謝しますが、最初にブックを閉じて再度開く必要がなく、保存後にセルが更新されないという問題もありました。 保存イベントの後に更新されるワークブックに次のコードを追加しました。PrivateSubWorkbook_AfterSave(ByVal Success As Boolean)If Success Then ActiveSheet.Calculate End IfEndSubこれでうまくいきました。 それが役に立てば幸い。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
「LastSaveTime」は、コード内で2010回だけ参照されていることがわかります。 Excel 2010を使用しています。「LastSaveTime」を関数に入れると、Application.Volatile(true)を使用しても、値が更新されません。 次に、「最終保存時間」によって返された値が、Excel XNUMXの[プロパティ]ページにも、[詳細プロパティ]ダイアログのどのタブにも表示されないことに気付きました。 「ラストセーブタイム」は遺物でしょうか?
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
「LastSaveTime」がうまくいかなかった理由を学びました。 関数を.XLAファイルに入れましたが、「ThisWorkbook」は.XLAファイル自体を参照していました。 したがって、Application.ActiveWorkbook(おそらく関数呼び出しの場所)を取得する必要があり、最終的には次のようになります。Function DocumentProperty(PropertyName As String)''インデックス値または名前のいずれかでドキュメントプロパティを参照できます。 次のリストは、使用可能な組み込みドキュメントのプロパティ名を示しています。'タイトル件名作成者'キーワードコメントテンプレート'最終作成者改訂番号アプリケーション名'最終印刷日作成日最終保存時間'合計編集時間ページ数単語数'文字セキュリティカテゴリ'フォーマットマネージャ会社'バイト数行数段落数'スライド数メモ数非表示スライド数'マルチメディアクリップ数ハイパーリンクベース文字数(スペース付き)Application.Volatile(True)Dimを呼び出すActiveUserWorkbook On Error Resume Next Set ActiveUserWorkbook = Application.ActiveWorkbook If Err.Number 0 Then DocumentProperty = "!!! Error get Application.ActiveWorkbook:"&Err.Description Exit Function End If DocumentProperty = ActiveUserWorkbook.BuiltinDocumentProperties(PropertyName)If Err.Number 0 Then DocumentProperty ="!!!不明なプロパティ名!!!" 終了関数EndIfEnd関数
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちはチーム、私はあなたの助けが必要です。 私はExcelファイルを持っています、そこで私は特定のセルの変更された日付を見つけたいです。 可能であれば、ここでのコーディングを手伝ってください。 前もって感謝します。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
各顧客の間に自動的にスペースを作成したいのですが、どうすればよいですか?
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
I LOOOOOOOOVE YOU !!!! TKSSSSSSS
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護