Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Outlookで返信するときに添付ファイルを保持するにはどうすればよいですか?

Microsoft Outlookで電子メールメッセージを転送する場合、この電子メールメッセージの元の添付ファイルは転送されたメッセージに残ります。 ただし、電子メールメッセージに返信する場合、元の添付ファイルは新しい返信メッセージに添付されません。 ここでは、MicrosoftOutlookで返信するときに元の添付ファイルを保持するためのいくつかの秘訣を紹介します。

手動でコピーして貼り付けることにより、添付ファイルで返信する
VBAによって自動的に添付ファイルで返信する
ワンクリックでKutoolsforOutlookの添付ファイルを返信


手動でコピーして貼り付けることにより、添付ファイルで返信する

電子メールメッセージの元の添付ファイルを手動でコピーし、後で電子メールメッセージに返信するときに[返信メッセージ]ウィンドウに貼り付けることができます。

ステップ1:電子メールメッセージをクリックして、閲覧ウィンドウでプレビューします。

手順2:プレビューメールメッセージで添付ファイルをXNUMXつ右クリックし、 すべてを選択します。 右クリックメニューから。

手順3:選択した添付ファイルを右クリックして、 コピー 右クリックメニューから。

ステップ4:をクリックしてメールメッセージに返信する 返信 上のボタン ホーム タブ(またはOutlook 2007のツールバー)。

手順5:[返信メッセージ]ウィンドウで、[ 貼り付ける 上のボタン お問い合わせ内容 これらの添付ファイルを貼り付けるタブ。

Outlook 2013以降のバージョンを使用している場合は、[ 飛び出る 閲覧ウィンドウの左上隅にある[返信メッセージ]ウィンドウを解放します。 詳細はクリックしてください…

手順6:返信メッセージを作成し、[ 送信 ボタン。


Outlookで元の添付ファイルを使用して電子メールに簡単に返信します。

Outlook用Kutools's 添付ファイルで返信 ユーティリティを使用すると、受信した電子メールをOutlookの元の添付ファイルで簡単に返信できます。 以下のデモを参照してください。 
今すぐダウンロードしてお試しください! (60日間の無料トレイル)


VBAによって自動的に添付ファイルで返信する 

元の添付ファイルで自動的に返信するのに役立つVBAマクロがあります。

注:VBAマクロを実行する前に、次のことを行う必要があります。 MicrosoftOutlookでマクロを有効にする.

ステップ1:添付ファイルを付けて返信する電子メールメッセージを選択します。

ステップ2: 他の + F11 キーを押して、Microsoft Visual Basic forApplicationsウィンドウを開きます。

手順3:左側のバーでProject1オブジェクトとMicrosoft Outlookオブジェクトを展開し、 ThisOutlookSession それを開く。

手順4:次のコードをThisOutlookSessionウィンドウに貼り付けます。

Sub RunReplyWithAttachments()
'Update by Extendoffice 20180830
    Dim xReplyItem As Outlook.MailItem
    Dim xItem As Object
    On Error Resume Next
    Set xItem = GetCurrentItem()
    If xItem Is Nothing Then Exit Sub
    Set xReplyItem = xItem.Reply
    CopyAttachments xItem, xReplyItem
    xReplyItem.Display
    Set xReplyItem = Nothing
    Set xItem = Nothing
End Sub
Sub RunReplyAllWithAttachments()
    Dim xReplyAllItem As Outlook.MailItem
    Dim xItem As Object
    Set xItem = GetCurrentItem()
    If xItem Is Nothing Then Exit Sub
    Set xReplyAllItem = xItem.ReplyAll
    CopyAttachments xItem, xReplyAllItem
    xReplyAllItem.Display
    Set xReplyAllItem = Nothing
    Set xItem = Nothing
End Sub
    
Function GetCurrentItem() As Object
    On Error Resume Next
    Select Case TypeName(Application.ActiveWindow)
        Case "Explorer"
            Set GetCurrentItem = Application.ActiveExplorer.Selection.Item(1)
        Case "Inspector"
            Set GetCurrentItem = Application.ActiveInspector.currentItem
    End Select
End Function
    
Sub CopyAttachments(SourceItem As MailItem, TargetItem As MailItem)
    Dim xFilePath As String
    Dim xAttachment As Attachment
    Dim xFSO As Scripting.FileSystemObject
    Dim xTmpFolder As Scripting.Folder
    Dim xFldPath As String
    Set xFSO = New Scripting.FileSystemObject
    Set xTmpFolder = xFSO.GetSpecialFolder(2)
    xFldPath = xTmpFolder.Path & "\"
    For Each xAttachment In SourceItem.Attachments
        If IsEmbeddedAttachment(xAttachment) = False Then
            xFilePath = xFldPath & xAttachment.Filename
            xAttachment.SaveAsFile xFilePath
            TargetItem.Attachments.Add xFilePath, , , xAttachment.DisplayName
            xFSO.DeleteFile xFilePath
        End If
    Next
    Set xFSO = Nothing
    Set xTmpFolder = Nothing
End Sub

Function IsEmbeddedAttachment(Attach As Attachment)
    Dim xAttParent As Object
    Dim xCID As String, xID As String
    Dim xHTML As String
    On Error Resume Next
    Set xAttParent = Attach.Parent
    xCID = ""
    xCID = Attach.PropertyAccessor.GetProperty("http://schemas.microsoft.com/mapi/proptag/0x3712001F")
    If xCID <> "" Then
        xHTML = xAttParent.HTMLBody
        xID = "cid:" & xCID
        If InStr(xHTML, xID) > 0 Then
            IsEmbeddedAttachment = True
        Else
            IsEmbeddedAttachment = False
        End If
    End If
End Function

ステップ5: F5 このマクロを実行するためのキー。 オープニングで マクロ ダイアログボックスで、をクリックします。 RunReplyAllWithAttachments 添付ファイルを付けて全員に返信したい場合。 それ以外の場合は、 RunReplyWithAttachments、 クリックします ラン ボタン。

次に、元の添付ファイルをすべて添付した[返信メッセージ]ウィンドウを開きます。

手順6:返信メッセージを作成し、[ 送信 ボタン。


Outlook用Kutoolsを使用して添付ファイルで自動的に返信する

世界 添付で返信 の有用性 Outlook用Kutools ワンクリックで元の添付ファイル付きのメールに返信するのに役立ちます。

Outlook用Kutools :100以上の便利なOutlookアドイン、 60日以内に制限なしで無料でお試しいただけます.

1.返信する必要のある添付ファイルが含まれているメールを選択します。

2。 次に、をクリックします クツール > 添付ファイルで返信 > 添付ファイルで返信。 スクリーンショットを参照してください:

次に、選択した電子メールのすべての添付ファイルが 添付の 返信メッセージのフィールド。 メールを作成して送信します。

このユーティリティの無料トライアルをご希望の場合は、 ソフトウェアを無料でダウンロード まず、上記の手順に従って操作を適用します。


ワンクリックでKutoolsforOutlookの添付ファイルを返信

  このユーティリティの無料トライアル(60日)をご希望の場合は、 クリックしてダウンロードしてください、次に、上記の手順に従って操作を適用します。


関連記事:


Kutools for Outlook-100の高度な機能をOutlookにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします!

  • 自動CC / BCC メール送信時のルールによる。 自動転送 カスタムによる複数の電子メール。 自動返信 Exchangeサーバーなし、およびより多くの自動機能...
  • BCC警告 -全員に返信しようとするとメッセージを表示する メールアドレスがBCCリストにある場合; 添付ファイルがない場合に通知する、その他の機能を思い出させる...
  • メール会話のすべての添付ファイルで(すべて)返信; 多くのメールに返信する すぐに; あいさつを自動追加 返信するとき; 件名に日付を追加...
  • 添付ファイルツール:すべてのメールのすべての添付ファイルを管理し、 自動デタッチ, すべて圧縮、すべての名前を変更、すべて保存...クイックレポート、 選択したメールを数える...
  • 強力な迷惑メール 習慣による; 重複するメールと連絡先を削除する... Outlookでよりスマートに、より速く、より良くすることができます。
ショットkutoolsの見通しkutoolsタブ1180x121
ショットkutoolsの見通しkutoolsプラスタブ1180x121
 
コメントを並べ替える
コメント (24)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちはチーム、彼はOutlookでいくつかのショートカットキーを使用してこのマクロを実行する方法があります。
Rituraj Sharma
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
はい。 メインオプションの下に、マクロを見つけることができる開発者タブを追加できます。 さらに、上部のすべてのボタンが付いたストリップを右クリックすると、これが「リボン」と呼ばれ、カスタムの新しいグループを追加して、ホームタブのボタンとしてマクロを表示できます。
mr
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
返信付き添付ファイルを使用しようとしていますが、添付ファイルが追加されておらず、リンクが保持されているだけです。 メール受信時に自動デタッチを使用しています。 更新する必要のある構成設定はありますか? ご協力ありがとうございました!
スーザンランデス
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
親愛なるスーザン、

添付ファイルは電子メールから自動的に切り離されるため、電子メール内に配置されなくなります。 この添付ファイル付き返信機能を使用するには、自動デタッチ機能をオフにしてください。

よろしく、クリスタル。
結晶
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
自動デタッチ機能をオフにするにはどうすればよいですか
ダコタ
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
親愛なるダコタ、

Kutools for Outlookのすべての受信添付ファイルの自動デタッチ機能を使用している場合は、以下のスクリーンショットのように実行して、Outlookでチェックを外してこの機能をオフにしてください。 ありがとうございました!
結晶
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
Kutoolsタブをダウンロードしました。 ホームタブまたはクイックステップに「添付ファイル付きの返信」を追加できますか?
ジム
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
親愛なるジム、
[添付ファイル付きで返信]ボタンを右クリックし、[クイックアクセスツールバーに追加]を選択して、この機能をリボンのクイックアクセスツールバーに追加できます。 スクリーンショットを参照してください:
結晶
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
スクリプトの最後の部分では、変数の多くが定義されていません。
NMGMarques
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
VBAコードを使用しましたが、メールコンテンツのすべての画像(.gif、jpg、...)に添付されます。 plsは私にこの問題を解決する方法を教えてくれますか?
ニャングエントゥアン
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
グッド·デイ、
コードは投稿で更新されます。 問題は解決されました。 コメントありがとうございます。
結晶
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
とてもいいです、ありがとう、しかし私はコンパイラエラーがあります:ユーザー定義型が定義されていません。 一部のSubCopyAttachmentsにDimxFSOAsScripting.FileSystemObjectが強調表示されています
ホンザ
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは本座、
私の場合、コードはうまく機能します。 どのOfficeバージョンを使用していますか?
結晶
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
私もです。 上記の同じ人に問題があります。 Office2016を使用しています。
飛燕
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
同じエラーでOffice365を使用しています
ロブ
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちはボブ、
してみてください:
1. Alt + F11キーを押して、Microsoft Visual BasicforApplicationsウィンドウを再度開きます。
2.[ツール]>[参照]をクリックし、[MicrosoftScriptingRuntime]ボックスをオンにします。
これで、コードが機能するようになりました。
結晶
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
それは私のためにそれを解決します!

ありがとうございます。
httan
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは!

このような素晴らしいツールをどうもありがとう!

返信ウィンドウがポップアップせず、閲覧ウィンドウビューのままになるようにコマンドを実行できますか?
アレクセイ
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちはアレクセイ、
ツールが更新された新しいバージョンをリリースしました。 ご支援いただきありがとうございます。
結晶
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちはクリスタル!

更新してくれてありがとう!
マクロコードが変更されましたか、それともツールがインストールされている場合にのみ機能しますか?
アレクセイ
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちはアレクセイ、
コードは、ツールをインストールせずに単独で使用されます。
結晶
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
Hi
このコードを使用して、すべてのメールボックスの検索結果に添付ファイルを付けて返信しますが、エラーが表示され、機能しません。
すべてのメールボックスで使用できるようにコードを変更する方法を教えてください。

敬具
Shahrooz
Shahrooz Bral
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、
エラーは検索によるものではありません。
エラーを回避するには、[ツール]> [参照]をクリックして[参照]ダイアログを開き、[MicrosoftScriptingRuntime]オプションを有効にしてください。 手順については、添付の画像を参照してください。
結晶
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
やあ、 私はあなたのコードを返信に使用しています。これは素晴らしいです。フォームを利用できるようにしていただきありがとうございます。 メールオプションを設定して、コメントの前にイニシャルを付けます。これは、標準の返信を使用するときに機能します。 このコードを使用して返信を作成すると、イニシャルが挿入されません手伝ってもらえますか? ありがとうスティーブ
スティーブ
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0  文字
推奨される場所