メインコンテンツへスキップ

Outlookでカレンダーの時間増分を変更するにはどうすればよいですか?

Outlookの日/稼働週/週/スケジュールビューにカレンダーを表示する場合、デフォルトの時間増分は30分です。 特別な作品の場合、カレンダーの詳細のために配置するスペースを増減する必要がある場合があります。 したがって、MicrosoftOutlookでカレンダーの時間増分を変更する必要があります。

タイムスケール機能を使用してカレンダーの時間増分を変更する

右クリックでカレンダーの時間増分を変更する

他の設定を構成してカレンダーの時間増分を変更する

Office タブ - Microsoft Office でタブによる編集と参照を有効にし、仕事をスムーズにします
Kutools for Outlook - 100 以上の高度な機能で Outlook を強化し、優れた効率を実現します
これらの高度な機能を使用して、Outlook 2021 ~ 2010 または Outlook 365 を強化します。 包括的な 60 日間の無料トライアルを利用して、メール エクスペリエンスを向上させてください。

矢印青い右バブルタイムスケール機能を使用してカレンダーの時間増分を変更する

Outlook 2010および2013では、タイムスケール機能を使用して、指定したカレンダーの時間増分を非常に簡単に変更できます。

ステップ1:カレンダービューに移動し、クリックしてカレンダーを開き、時間の増分を変更します。

ステップ2:に移動してカレンダーのビューを変更します View タブをクリックし、次にクリックします ビューの変更 > カレンダー、次にクリックします 日付 ボタン、 ワークウィーク ボタン、 週間 ボタンまたは スケジュールビュー

ステップ3:次に、のドロップダウンリストから時間増分を指定します 時間スケール View タブには何も表示されないことに注意してください。

注:この方法はOutlook2007では機能しません。


矢印青い右バブル右クリックでカレンダーの時間増分を変更する

指定したカレンダーの時間増分を変更するもうXNUMXつの簡単な方法は、右クリックすることです。

ステップ1:カレンダーを開き、 日付/ワークウィーク/週間/スケジュールビュー.

  1. Outlook 2007で、[ View > 現在のビュー > 日/週/月、をクリックします。 日付 ボタンまたは 開いたカレンダーの上にあるボタン。
  2. Outlook 2010および2013では、 View タブをクリックし、次にクリックします ビューの変更 > カレンダー、をクリックします。 日付 ボタン、 ワークウィーク ボタン、 週間 ボタンまたは スケジュールビュー

ステップ2:カレンダーのタイムスケール領域を右クリックし、右クリックメニューから時間増分を指定します。 以下のスクリーンショットを参照してください。


スケジュールビューのタイムスケール

日表示の時間スケール

メニューを右クリック

矢印青い右バブル他の設定を構成してカレンダーの時間増分を変更する

MicrosoftOutlookで指定したカレンダーの時間増分を変更するのに役立つXNUMX番目の方法があります。

ステップ1:カレンダービューに移動し、クリックして指定したカレンダーを開き、時間の増分を変更します。

ステップ2:カレンダーを 日付/ワークウィーク/週間/スケジュールビュー.

  1. Outlook 2007で、[ View > 現在のビュー > 日/週/月、をクリックします。 日付 ボタンまたは 開いたカレンダーの上にあるボタン。
  2. Outlook 2010および2013では、 View タブをクリックし、次にクリックします ビューの変更 > カレンダー、をクリックします。 日付 ボタン、 ワークウィーク ボタン、 週間 ボタンまたは スケジュールビュー

ステップ3: 表示設定 上のボタン View タブ(またはをクリックします View > 現在のビュー > 現在のビューをカスタマイズする Outlook 2007で)。

ステップ4:ポップアップの[詳細ビュー設定]ダイアログボックスで、[ その他の設定

手順5:[カレンダーの書式設定]ダイアログボックスが表示されます。 クリックしてください 時間スケール ボックスをクリックし、ドロップダウンリストから時間増分を選択します。

ステップ6:すべてクリック OK 各ダイアログボックスを終了するボタン。


最高のオフィス生産性向上ツール

Outlook用Kutools - Outlook を強化する 100 以上の強力な機能

📧 自動メール: 不在時 (POP および IMAP で利用可能)  /  メール送信のスケジュール設定  /  メール送信時のルールによる自動CC/BCC  /  自動転送 (高度なルール)   /  あいさつを自動追加   /  複数受信者の電子メールを個別のメッセージに自動的に分割する ...

📨 電子メール管理: メールを簡単に思い出す  /  件名などで詐欺メールをブロック  /  重複するメールを削除する  /  高度な検索  /  フォルダーを統合する ...

📁 アタッチメント プロバッチ保存  /  バッチデタッチ  /  バッチ圧縮  /  自動保存   /  自動デタッチ  /  自動圧縮 ...

🌟 インターフェースマジック: 😊もっと可愛くてクールな絵文字   /  タブ付きビューで Outlook の生産性を向上  /  Outlook を閉じる代わりに最小化する ...

???? ワンクリックの驚異: 受信した添付ファイルをすべてに返信する  /   フィッシングメール対策  /  🕘送信者のタイムゾーンを表示 ...

👩🏼‍🤝‍👩🏻 連絡先とカレンダー: 選択したメールから連絡先を一括追加  /  連絡先グループを個別のグループに分割する  /  誕生日のリマインダーを削除する ...

オーバー 100の特長 あなたの探索をお待ちしています! ここをクリックして詳細をご覧ください。

 

 

Comments (3)
No ratings yet. Be the first to rate!
This comment was minimized by the moderator on the site
Thank you but in Outlook 2010, it seems that the changement is not in action in the Scroll Down menu of the "Périodicity" fonction with the ability of choosing this 15 minutes value which is not visible there. Only "30 minutes" is available as a minimum choice. So, I can't valid by slice of 45 minutes my appointments with precision. Too bad for me!
This comment was minimized by the moderator on the site
Thank you but in Outlook 2010, it seems that the changement is not in action in the Scroll Down menu of the "Périodicity" fonction with the ability of choosing this 15 minutes value wich is not visible there. Only "30 minutes" is available as a minimum choice. So, I can't valid by slice of 45 minutes my appointments with precision. Too bad for me!

This comment was minimized by the moderator on the site
Thanks! Great info on modifying outlook calendar to help my productivity
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations