Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Windowsの起動時にOutlookのメモを自動的に開く方法は?

一部のMicrosoftOutlookユーザーは、Outlookのメモに慣れており、この付箋を頻繁に適用する場合があります。 この記事では、Windowsの起動時にOutlookのメモを自動的に開き、Windowsの起動時にOutlookのメモフォルダを自動的に開くためのトリッキーな方法を紹介します。

Windowsの起動時にのみOutlookのメモを自動開く

Windowsの起動時にOutlookのメモフォルダを自動的に開く

Officeタブ-Officeでタブ付きの編集と閲覧を有効にし、作業をはるかに簡単にします...
Kutools for Outlook-100の強力な高度な機能をMicrosoftOutlookにもたらします
  • 自動CC / BCC メール送信時のルールによる。 自動転送 ルールによる複数の電子メール。 自動返信 Exchangeサーバーなし、およびより多くの自動機能...
  • BCC警告 -メールアドレスがBCCリストにある場合、すべてに返信しようとするとメッセージを表示します。 添付ファイルがない場合に通知する、その他の機能を思い出させる...
  • すべての添付ファイルで(すべて)返信 メールでの会話。 一度に多くのメールに返信します。 あいさつを自動追加 返信するとき; 件名に日付と時刻を自動追加...
  • アタッチメントツール:自動デタッチ、すべて圧縮、すべての名前変更、すべて自動保存... クイックレポート、選択したメールを数える、 重複するメールと連絡先を削除する...
  • 100 以上の高度な機能が あなたの問題のほとんどを解決します Outlook 2021 - 2010 または Office 365。フル機能の 60 日間無料試用版。

矢印青い右バブルWindowsの起動時にのみOutlookのメモを自動開く

この方法では、Windowsの起動時にのみMicrosoftOutlookのメモを自動的に開くように構成する方法を簡単に説明します。 そして、あなたは次のようにすることができます:

注意: 次の操作を行う前に、MicrosoftOutlookを閉じてください。

手順1:新しいメモ帳を作成し、次のコードをこのメモ帳に貼り付けます。

"C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office14 \ OUTLOOK.EXE" / c ipm.stickynote 

注意:

(1)Microsoft Outlook 2013を使用している場合は、 Office14 〜へ Office15; 変化しながら Office14 〜へ オフィス12 Outlook2007の場合。

(2)デフォルト設定でMicrosoft Office(Outlook)をインストールしなかった場合は、 C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office14 \ OUTLOOK.EXE カスタムパスを使用します。

ステップ2:をクリックしてメモ帳を保存します フィレット > セールで節約.

手順3:ポップアップの[名前を付けて保存]ダイアログボックスで、

(1)このメモ帳を保存するフォルダを指定します。

(2)メモ帳を.batファイルとして保存し、次のような名前を入力します。 xxxxx.bat ファイル名 ボックス。 以下のスクリーンショットを参照してください。

(3)をクリックします セールで節約 ボタン。

手順4:次のパスでスタートアップフォルダーを開きます(下のスクリーンショットを参照)。 C:\ Users \%username%\ AppData \ Roaming \ Microsoft \ Windows \ Start Menu \ Programs \ Startup

 

手順5:手順3で保存した.batファイルをStartupフォルダーに移動し、Startupフォルダーを閉じます。

構成後、Windowsの起動時にMicrosoftOutlookのメモウィンドウが自動的に開きます。


矢印青い右バブルWindowsの起動時にOutlookのメモフォルダを自動的に開く

XNUMX番目の方法では、Windowsの起動時にMicrosoftOutlookのメモフォルダーを自動的に開く方法を紹介します。 そして、あなたは次のようにすることができます:

ステップ1: フィレット > オプション.

手順2:[Outlookオプション]ダイアログボックスのポップアップで、[ 高機能 左側のバーで、をクリックします ブラウズ Outlookの開始および終了セクションのボタン。 以下のスクリーンショットを参照してください。

注意: Microsoft Outlook 2007を使用している場合は、をクリックする必要があります。 工具 > オプション まず、次にクリックします 高度なオプション 上のボタン その他 [オプション]ダイアログボックスのタブをクリックし、最後に[ ブラウズ 後ろのボタン このフォルダでのスタートアップ。 以下のスクリーンショットを参照してください。

手順3:[フォルダの選択]ダイアログボックスを開くときに、をクリックしてハイライトします 免責事項 このフォルダから始めます ボックス。

ステップ4:クリック OK すべてのダイアログボックスを閉じるためのボタン。

手順5:Outlook.exeのファイルをコピーして、スタートアップフォルダーに貼り付けます。

注意:

(1)通常、Outlook.exeファイルは次の場所にあります。 C:\プログラムファイル\のMicrosoft Office \ Office15 Outlook 2013の場合、Outlook 15の場合はOffice14をOffice2010に変更するか、Outlook15の場合はOffice12をOffice2007に変更できます。

(2)次のコマンドでスタートアップフォルダを開くことができます 上で紹介した方法.


Kutools for Outlook-100の高度な機能をOutlookにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします!

  • 自動CC / BCC メール送信時のルールによる。 自動転送 カスタムによる複数の電子メール。 自動返信 Exchangeサーバーなし、およびより多くの自動機能...
  • BCC警告 -全員に返信しようとするとメッセージを表示する メールアドレスがBCCリストにある場合; 添付ファイルがない場合に通知する、その他の機能を思い出させる...
  • メール会話のすべての添付ファイルで(すべて)返信; 多くのメールに返信する すぐに; あいさつを自動追加 返信するとき; 件名に日付を追加...
  • 添付ファイルツール:すべてのメールのすべての添付ファイルを管理し、 自動デタッチ, すべて圧縮、すべての名前を変更、すべて保存...クイックレポート、 選択したメールを数える...
  • 強力な迷惑メール 習慣による; 重複するメールと連絡先を削除する... Outlookでよりスマートに、より速く、より良くすることができます。
ショットkutoolsの見通しkutoolsタブ1180x121
ショットkutoolsの見通しkutoolsプラスタブ1180x121
 
コメントを並べ替える
コメント (0)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護