メインコンテンツへスキップ

Outlookで送信した後、ドラフトメールを保持するにはどうすればよいですか?

多くのOutlookユーザーにとって、ほぼ同じ内容の新しい電子メールメッセージを作成するのではなく、下書きを将来の使用に備えて電子メールテンプレートとして保持することを好みます。 デフォルトでは、下書きメールを作成して送信すると、下書きフォルダから送信済みアイテムフォルダにすぐに移動されます。 この記事では、Outlookで送信した後にドラフトを保持する方法を示します。 また、メールの下書きを使用する代わりに、オートテキストを使用してメールテンプレートを保持することをお勧めします。

Outlook 2010および2007で送信した後、ドラフトメールを保持する

Outlook 2013で送信した後、ドラフトメールを保持する

Outlookで電子メールテンプレートを保持するために自動テキスト機能を使用する

Office タブ - Microsoft Office でタブによる編集と参照を有効にし、仕事をスムーズにします
Kutools for Outlook - 100 以上の高度な機能で Outlook を強化し、優れた効率を実現します
これらの高度な機能を使用して、Outlook 2021 ~ 2010 または Outlook 365 を強化します。 包括的な 60 日間の無料トライアルを利用して、メール エクスペリエンスを向上させてください。

矢印青い右バブルOutlook 2010および2007で送信した後、ドラフトメールを保持する

Outlook 2010および2007で送信した後、ドラフトメールを保持するには、次のようにしてください。

1。 クリック 下書き 後で送信するメールアカウントの下のフォルダ。

2。 使用 フォワード ドラフトメールを送信する機能。

1)。 Outlook 2010および2007では、送信する下書きの電子メールを選択して、[ フォワード ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

Note:またはを押すことができます Ctrlキー + F キーボードのキーを押して、転送機能を有効にします。

3.次に、ドラフトの内容を含む新しいメッセージが作成されます。このメッセージを作成して送信してください。 送信後も、下書きメールは下書きフォルダに残っています。


矢印青い右バブルOutlook 2013で送信した後、ドラフトメールを保持する

Outlook 2013では、次のようにして、送信後に下書きを保持できます。

デフォルトでは、下書きフォルダで下書きメールを選択すると、[転送]ボタンが灰色になり、使用できなくなります。 スクリーンショットを参照してください:

方法1.開いた下書きメールでCtrl + Fショートカットキーを使用します

1.指定したドラフトメールをダブルクリックして開きます。

2.メッセージウィンドウで、メールヘッダーフィールドの任意の場所にカーソルを置き、を押します。 Ctrlキー + F キーを押します。

3.次に、ドラフトと同じ内容の新しい電子メールメッセージが作成されます。 作成して送信してください。

4.手順1で開いた下書きメールを閉じます。

方法2. [進む]ボタンを有効にする

1.をクリックしてください File > オプション.

2。 の中に Outlookのオプション ダイアログボックスをクリックしてください Mail 左側のバーで、 返信を開き、新しいウィンドウで転送します 内箱 返信と転送 セクション。 そして最後に OK ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

3.これで、ドラフト状況で転送機能が有効になりました。上記のように実行できます。 Outlook 2010および2007で送信した後、ドラフトメールを保持する ドラフトメールを送信する方法。


矢印青い右バブルOutlookで電子メールテンプレートを保持するために自動テキスト機能を使用する

このセクションでは、というユーティリティを紹介します 自動テキスト of Outlook用Kutools メールの内容をOutlookのテンプレートとして簡単に保存できます。

Outlook用Kutools:20を超える便利なOutlookアドインがあり、45日以内に制限なしで無料で試すことができます。 今すぐ入手.

インストールした後 Outlook用Kutools、次のようにしてください。

1.まず、新しい電子メールメッセージを作成する必要があります。

2。 次に、をクリックします クツール > パン を活性化する 自動テキスト ペイン。 デフォルトでは、メッセージウィンドウの右側に配置されます。 スクリーンショットを参照してください:

2.メールメッセージを作成し、テンプレートとして保持するコンテンツを選択します。 次に、をクリックします ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

3。 の中に 自動テキスト ダイアログボックスで、テンプレートとして保存する自動テキストを構成し、[ OK

4.次に、選択したセクションがすぐに定型文として作成されます。 これから、このメールコンテンツを使用する必要がある場合は、作成した自動テキストをダブルクリックするだけで、すぐにメール本文に挿入されます。 また、コンテンツを繰り返し適用することができます。

より詳細な情報 Outlook用Kutoolsさん 自動テキスト ユーティリティ、クリックしてください Outlookでクイックパーツ(定型句)をすばやく作成、編集、削除、および再利用する.


最高のオフィス生産性向上ツール

Outlook用Kutools - Outlook を強化する 100 以上の強力な機能

📧 自動メール: 不在時 (POP および IMAP で利用可能)  /  メール送信のスケジュール設定  /  メール送信時のルールによる自動CC/BCC  /  自動転送 (高度なルール)   /  あいさつを自動追加   /  複数受信者の電子メールを個別のメッセージに自動的に分割する ...

📨 電子メール管理: メールを簡単に思い出す  /  件名などで詐欺メールをブロック  /  重複するメールを削除する  /  高度な検索  /  フォルダーを統合する ...

📁 アタッチメント プロバッチ保存  /  バッチデタッチ  /  バッチ圧縮  /  自動保存   /  自動デタッチ  /  自動圧縮 ...

🌟 インターフェースマジック: 😊もっと可愛くてクールな絵文字   /  タブ付きビューで Outlook の生産性を向上  /  Outlook を閉じる代わりに最小化する ...

???? ワンクリックの驚異: 受信した添付ファイルをすべてに返信する  /   フィッシングメール対策  /  🕘送信者のタイムゾーンを表示 ...

👩🏼‍🤝‍👩🏻 連絡先とカレンダー: 選択したメールから連絡先を一括追加  /  連絡先グループを個別のグループに分割する  /  誕生日のリマインダーを削除する ...

オーバー 100の特長 あなたの探索をお待ちしています! ここをクリックして詳細をご覧ください。

 

 

Comments (0)
No ratings yet. Be the first to rate!
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations