メインコンテンツへスキップ

Outlookで例外を使用して定期的な会議を作成するにはどうすればよいですか?

ご存知のように、Outlookでは定期的な会議が定期的に行われます。 たとえば、毎月の定期的な会議は、毎月第9月曜日の午前00時に行われます。 ただし、シリーズ全体で例外が発生する場合があります。 したがって、例外を除いて定期的な会議をどのように作成できますか? 以下の回避策が役立つ場合があります。

Outlookで例外を除いて定期的な会議を作成する


Outlookで例外を除いて定期的な会議を作成する

実際、Outlookで例外を除いて、定期的な会議を作成することは不可能のようです。 ただし、最初に定期的な定期的な会議を作成してから、例外としていくつかの特別なイベントを変更または削除することができます。 次のようにしてください。

1。 の中に カレンダー Outlookで必要に応じて、定期的な会議を表示、作成します。

2。 ダブルクリックして、例外として設定するオカレンスを開きます。

3。 [定期的なアイテムを開く]ダイアログボックスで、[ これだけ オプション(または このオカレンスを開く オプション)、をクリックし、 OK ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

4。 これで、オカレンスがメッセージオカレンスウィンドウで開きます。 必要に応じて変更を加え、[ 更新を送信

5。 次のスクリーンショットのように、MicrosoftOutlookダイアログボックスが表示される場合があります。 クリックしてください はい 先に進むためのボタン。

これまでのところ、一連の会議全体でXNUMXつの例外を設定しました。 その他の例外については、XNUMXつずつ設定してください。

Note:定期的な会議のXNUMX回の発生を例外として削除する必要がある場合は、次のように実行できます。
(1)カレンダーでこのオカレンスを選択し、 削除 キー;
(2)[削除の確認]ダイアログボックスで、 このオカレンスを削除します オプションをクリックしてから、 OK ボタン。 以下のスクリーンショットを参照してください。
(3)をクリックします キャンセルを送信 開いている会議の発生ウィンドウのボタン。

Outlookで重複するメールをすばやく検索して削除する

Outlook用のKutoolsを使用 重複するメール この機能を使用すると、複数のメールフォルダからそれらをすばやく検索して削除したり、OutlookでXNUMX回クリックするだけで、選択したフォルダからすべての重複を検索して削除したりできます。


広告重複メールを削除kto9.50

関連記事


最高のオフィス生産性向上ツール

Outlook用Kutools - Outlook を強化する 100 以上の強力な機能

📧 自動メール: 不在時 (POP および IMAP で利用可能)  /  メール送信のスケジュール設定  /  メール送信時のルールによる自動CC/BCC  /  自動転送 (高度なルール)   /  あいさつを自動追加   /  複数受信者の電子メールを個別のメッセージに自動的に分割する ...

📨 電子メール管理: メールを簡単に思い出す  /  件名などで詐欺メールをブロック  /  重複するメールを削除する  /  高度な検索  /  フォルダーを統合する ...

📁 アタッチメント プロバッチ保存  /  バッチデタッチ  /  バッチ圧縮  /  自動保存   /  自動デタッチ  /  自動圧縮 ...

🌟 インターフェースマジック: 😊もっと可愛くてクールな絵文字   /  タブ付きビューで Outlook の生産性を向上  /  Outlook を閉じる代わりに最小化する ...

???? ワンクリックの驚異: 受信した添付ファイルをすべてに返信する  /   フィッシングメール対策  /  🕘送信者のタイムゾーンを表示 ...

👩🏼‍🤝‍👩🏻 連絡先とカレンダー: 選択したメールから連絡先を一括追加  /  連絡先グループを個別のグループに分割する  /  誕生日のリマインダーを削除する ...

オーバー 100の特長 あなたの探索をお待ちしています! ここをクリックして詳細をご覧ください。

 

 

Comments (2)
No ratings yet. Be the first to rate!
This comment was minimized by the moderator on the site
There used to be a way to create a customer occurrence. You used to be able to create a weekly call then select "custom" and add/remove dates. Guess like Tim W says above/below, "No longer works". Thank you Microsoft. Now I have to do double/triple work.
This comment was minimized by the moderator on the site
Sadly this technique no longer works with Outlook 365 as of December 2017. I finally had to make the Occurrence changes on EACH meeting even if most where all the SAME location in the series. Thanks for this article!
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations