メインコンテンツへスキップ

Outlookで毎月第XNUMX営業日に定期的な予定をスケジュールするにはどうすればよいですか?

たとえば、週末と休日を含む毎月第XNUMX営業日に発生する定期的な予定を作成したい場合、Outlookでそれをどのように実行できますか? Outlookでこの種の定期的な予定をスケジュールする直接的な方法はありませんが、ラウンドアバウトの方法でトリックを紹介します。

毎月第XNUMX営業日に定例会議の予約をする


毎月第XNUMX営業日に定例会議の予約をする

Outlookは、毎月第1月曜日、毎週月曜日、または平日など、定期的に繰り返される定期的な予定のみをスケジュールできます。明らかに、毎月の最初の営業日は定期的に繰り返されません。 したがって、この方法では、Excelでこれらの不規則な日付を把握し、Outlookのカレンダーにインポートすることができます。

パート1:Excelで定期的な予定データを入力する

1。 Microsoft Excelを起動し、以下のスクリーンショットのように列ヘッダーを入力します。

2。 以下のスクリーンショットに示すように、列A:Cに休日データを入力してください。

私の例では、[休日]列に休日の名前を入力し、[いつ]列に休日のメモを入力してから、[2017]列に休日の日付を入力します(2017は、定期的な予定をスケジュールする指定年です)。

Note:クリックして方法を知る Excelの数式ですべての休日を把握する.

3。 1から12までをに入力します コラム。

4。 行く 初営業日 列、タイプ =WORKDAY(DATE($C$1,E2,1)-1,1,$C$2:$C$11) セルG2に移動し、このセルのオートフィルハンドルを範囲G2:G13までドラッグします。

Note:式では、C1は最初の営業日を計算する年、E2は指定された年の最初の月、C2:C11は指定された年の休日を含む範囲です。

5。 にデータを入力してください 件名, 開始時刻終了時間 必要に応じて列。

これまでのところ、以下のスクリーンショットに示すように、Excelで定期的な予定のデータを準備しました。

パート2:定期的な予定データをCSVファイルとして保存する

6に設定します。 OK をクリックします。 File > 名前を付けて保存 ブックをCSVファイルとして保存します。

7。 [名前を付けて保存]ダイアログボックスを開いて、 (1) CSVファイルを保存する保存先フォルダを指定します。 (2) CSVファイルの名前をに入力します ファイル名 ボックス、 (3) select CSV(カンマ区切り) タイプとして保存 ドロップダウンリスト、そして最後に (4) クリック Save ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

Note:CSVファイルとして保存すると一部の機能が失われることを警告するダイアログボックスが表示された場合は、をクリックしてください。 はい ボタン。 これまでのところ、ワークブックはすでにCSVファイルとして保存されています。

パート3:CSVファイルをOutlookカレンダーにインポートする

8。 Outlookを起動し、[ File > 開く&エクスポート (または Open)> 輸出入 (または インポート).

9。 開いているインポートおよびエクスポートウィザードで、 別のプログラムまたはファイルからインポートする オプションをクリックし、 Next ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

10。 [ファイルのインポート]ダイアログボックスが表示されたら、[ カンマ区切り オプションをクリックし、 Next

11。 XNUMX番目の[ファイルのインポート]ダイアログボックスで、[ 重複するアイテムをインポートしないでください オプションをクリックしてから、 ブラウズ

12。 これで、[参照]ダイアログボックスが表示されます。 (1)パート2で作成したCSVファイルを含むフォルダーを開き、(2)CSVファイルを選択し、(3)をクリックしてください。 OK

13。 ここで、[ファイルのインポート]ダイアログボックスに戻ります。をクリックしてください。 Next

14。 また、新しい[ファイルのインポート]ダイアログボックスで、 カレンダー 最初の営業日の定期的な予定を追加するフォルダをクリックし、 Next

15。 最後の[ファイルのインポート]ダイアログボックスで、[ 「毎月第1営業日に定期的に」をインポートする.

16。 ポップアウトする[カスタムフィールドのマップ]ダイアログボックスで、[ クリアマップ 最初にボタンをクリックし、次に値を左側のボックスから右側のボックスの一致するフィールドにドラッグして、 OK > 終了

Outlookで重複するメールをすばやく検索して削除する

Outlook用のKutoolsを使用 重複するメール この機能を使用すると、複数のメールフォルダからそれらをすばやく検索して削除したり、OutlookでXNUMX回クリックするだけで、選択したフォルダからすべての重複を検索して削除したりできます。


広告重複メールを削除kto9.50

関連記事


最高のオフィス生産性向上ツール

Outlook用Kutools - Outlook を強化する 100 以上の強力な機能

📧 自動メール: 不在時 (POP および IMAP で利用可能)  /  メール送信のスケジュール設定  /  メール送信時のルールによる自動CC/BCC  /  自動転送 (高度なルール)   /  あいさつを自動追加   /  複数受信者の電子メールを個別のメッセージに自動的に分割する ...

📨 電子メール管理: メールを簡単に思い出す  /  件名などで詐欺メールをブロック  /  重複するメールを削除する  /  高度な検索  /  フォルダーを統合する ...

📁 アタッチメント プロバッチ保存  /  バッチデタッチ  /  バッチ圧縮  /  自動保存   /  自動デタッチ  /  自動圧縮 ...

🌟 インターフェースマジック: 😊もっと可愛くてクールな絵文字   /  タブ付きビューで Outlook の生産性を向上  /  Outlook を閉じる代わりに最小化する ...

???? ワンクリックの驚異: 受信した添付ファイルをすべてに返信する  /   フィッシングメール対策  /  🕘送信者のタイムゾーンを表示 ...

👩🏼‍🤝‍👩🏻 連絡先とカレンダー: 選択したメールから連絡先を一括追加  /  連絡先グループを個別のグループに分割する  /  誕生日のリマインダーを削除する ...

オーバー 100の特長 あなたの探索をお待ちしています! ここをクリックして詳細をご覧ください。

 

 

Comments (2)
No ratings yet. Be the first to rate!
This comment was minimized by the moderator on the site
Use =WORKDAY(EOMONTH(firstday,-1),1) function instead.WORKDAY will give you first workday after the first of the month. You want the first workday period. By using EOMONTH,-1 - you start with the last day of the previous month - then WORKDAY moves forward to the first workday after that.

This comment was minimized by the moderator on the site
I have created, imported & mapped the file. What next?
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations