メインコンテンツへスキップ

Outlookカレンダーの上に天気バーを表示または非表示にする方法は?

通常、Outlook 2013以降のバージョンでは、カレンダーの上にある天気バーで天気予報を表示できます。 たとえば、より多くのカレンダーコンテンツを表示するために、天気バーを非表示にすることができますが、どのようにしたらよいでしょうか。 この記事では、Outlookカレンダーの上に天気バーを表示または非表示にするチュートリアルについて説明しています。

Outlookカレンダーの上にある天気バーを表示または非表示にする

Office タブ - Microsoft Office でタブによる編集と参照を有効にし、仕事をスムーズにします
Kutools for Outlook - 100 以上の高度な機能で Outlook を強化し、優れた効率を実現します
これらの高度な機能を使用して、Outlook 2021 ~ 2010 または Outlook 365 を強化します。 包括的な 60 日間の無料トライアルを利用して、メール エクスペリエンスを向上させてください。

矢印青い右バブルOutlookカレンダーの上にある天気バーを表示または非表示にする

Outlookのカレンダーの上に天気バーを表示または非表示にするには、次のようにします。
1。 クリック File > オプション [Outlookオプション]ダイアログボックスを開きます。
2. [Outlookオプション]ダイアログボックスで、[ カレンダー 左側のバーで、 天気 セクションをクリックし、チェックを外します カレンダーに天気を表示する 天気バーを非表示にするオプション。 スクリーンショットを参照してください:

Note:カレンダーの上に天気バーを表示するには、 カレンダーに天気を表示する オプションを選択します。

3。 クリック OK

これまでのところ、Outlookのカレンダーの上に天気バーを表示または非表示にしています。

ノート:
(1)天気バーはOutlook2013以降の新機能です。
(2)ウェザーバーはにのみ表示されます カレンダー 表示または プレビュー ビューをクリックすると、ビューを有効にできます View > ビューの変更 > カレンダー or プレビュー カレンダーフォルダ内。


矢印青い右バブル関連記事


最高のオフィス生産性向上ツール

Outlook用Kutools - Outlook を強化する 100 以上の強力な機能

📧 自動メール: 不在時 (POP および IMAP で利用可能)  /  メール送信のスケジュール設定  /  メール送信時のルールによる自動CC/BCC  /  自動転送 (高度なルール)   /  あいさつを自動追加   /  複数受信者の電子メールを個別のメッセージに自動的に分割する ...

📨 電子メール管理: メールを簡単に思い出す  /  件名などで詐欺メールをブロック  /  重複するメールを削除する  /  高度な検索  /  フォルダーを統合する ...

📁 アタッチメント プロバッチ保存  /  バッチデタッチ  /  バッチ圧縮  /  自動保存   /  自動デタッチ  /  自動圧縮 ...

🌟 インターフェースマジック: 😊もっと可愛くてクールな絵文字   /  タブ付きビューで Outlook の生産性を向上  /  Outlook を閉じる代わりに最小化する ...

???? ワンクリックの驚異: 受信した添付ファイルをすべてに返信する  /   フィッシングメール対策  /  🕘送信者のタイムゾーンを表示 ...

👩🏼‍🤝‍👩🏻 連絡先とカレンダー: 選択したメールから連絡先を一括追加  /  連絡先グループを個別のグループに分割する  /  誕生日のリマインダーを削除する ...

オーバー 100の特長 あなたの探索をお待ちしています! ここをクリックして詳細をご覧ください。

 

 

Comments (2)
No ratings yet. Be the first to rate!
This comment was minimized by the moderator on the site
There is no "Weather" section in my Outlook Options popup menu.
This comment was minimized by the moderator on the site
Hi there,

If you're not seeing the "Weather" section in your Outlook Options popup menu, there could be several reasons for this:

Outlook Version: The Weather Bar feature is available in Outlook 2013 and newer versions. If you're using an older version of Outlook, this feature won't be available.
Group Policy Restrictions: If you're using Outlook in an organization, it's possible that certain features have been disabled by your IT department through Group Policy. This might include the Weather Bar.
Feature Disabled in Registry: The feature might be disabled in the Windows Registry, especially if you're on a corporate network where administrators control these settings.
Corrupted Outlook Profile: In rare cases, a corrupted Outlook profile might cause certain options to not appear as expected. Creating a new profile can sometimes resolve this issue.
Outlook Configuration: Some configurations or specific setups of Outlook might not support the Weather Bar, depending on how Outlook is set up to interact with other Microsoft Office components or internet features.

To troubleshoot, you can:

Check your Outlook version to ensure it supports the Weather Bar.
Contact your IT department if you're in an organization, to see if the feature is disabled.
Try creating a new Outlook profile to see if the issue persists.

Amanda
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations