メインコンテンツへスキップ

Outlookカレンダーで誕生日ごとに年齢を計算して表示する方法は?

一般的に、連絡先の誕生日は、カレンダーに毎年の定期的な予定として自動的に追加されます。 しかし、連絡先の年齢を計算し、カレンダービューに直接年齢を表示する方法を知っていますか? この記事では、VBAを紹介して、各連絡先の年齢を把握し、Outlookでの相対的な定期的な予定の対象となる年齢を示します。

Outlookカレンダーで誕生日ごとに年齢を計算して表示する

Office タブ - Microsoft Office でタブによる編集と参照を有効にし、仕事をスムーズにします
Kutools for Outlook - 100 以上の高度な機能で Outlook を強化し、優れた効率を実現します
これらの高度な機能を使用して、Outlook 2021 ~ 2010 または Outlook 365 を強化します。 包括的な 60 日間の無料トライアルを利用して、メール エクスペリエンスを向上させてください。

矢印青い右バブルOutlookカレンダーで誕生日ごとに年齢を計算して表示する

各連絡先の年齢を計算し、Outlookカレンダーで相対的な定期的な予定の件名に年齢を表示するには、次のようにします。

1。 デフォルトのカレンダーフォルダを開き、を押します 他の + F11 キーを押して、Microsoft Visual Basic forApplicationsウィンドウを開きます。

2に設定します。 OK をクリックします。 インセット > モジュール、次にVBAコードの下を新しいモジュールウィンドウに貼り付けます。

VBA:Outlookカレンダーで連絡先の年齢を計算して表示する

Option Explicit
Public Sub UpdateAges()
Dim xOlApp As Outlook.Application
Dim xOlFolder As Outlook.Folder
Dim xOlItems As Outlook.Items
Dim xAppointmentItem As AppointmentItem
Dim xAge As Integer
Dim xOlProp As Outlook.UserProperty
Set xOlApp = Outlook.Application
Set xOlFolder = Session.GetDefaultFolder(olFolderCalendar)
Set xOlItems = xOlFolder.Items
For Each xAppointmentItem In xOlItems
If (InStr(1, xAppointmentItem.Subject, "Birthday") Or InStr(1, xAppointmentItem.Subject, "Anniversary")) And xAppointmentItem.IsRecurring = True Then
With xAppointmentItem
If xAppointmentItem.UserProperties("Original Subject") Is Nothing Then
Set xOlProp = xAppointmentItem.UserProperties.Add("Original Subject", olText, True)
xOlProp.Value = .Subject
.Save
End If
xAge = DateDiff("yyyy", .Start, Date)
.Subject = .UserProperties("Original Subject") & " (" & xAge & " in " & Format(Date, "yyyy") & ")"
.Save
End With
End If
Next
Set xAppointmentItem = Nothing
Set xOlItems = Nothing
Set xOlFolder = Nothing
Set xOlApp = Nothing
End Sub

3。 プレス F5 キーまたは ラン このVBAを実行するためのボタン。

デフォルトのカレンダーに戻ると、各連絡先の年齢が計算され、定期的な誕生日の予定の件名に表示されます。 スクリーンショットを参照してください:

ノート:
(1)特定の連絡先の定期的な誕生日の予定の場合、この連絡先の年齢は、次のように括弧で囲まれます。 (41の2017), 41 年齢です、そして 2017 は今年です。
(2)連絡先フォルダで特定の連絡先の誕生日を変更すると、年齢はカレンダーから自動的に削除されます。
(3)このVBAは、デフォルトのOutlookカレンダーでのみ機能します。


矢印青い右バブル関連記事


最高のオフィス生産性向上ツール

Outlook用Kutools - Outlook を強化する 100 以上の強力な機能

📧 自動メール: 不在時 (POP および IMAP で利用可能)  /  メール送信のスケジュール設定  /  メール送信時のルールによる自動CC/BCC  /  自動転送 (高度なルール)   /  あいさつを自動追加   /  複数受信者の電子メールを個別のメッセージに自動的に分割する ...

📨 電子メール管理: メールを簡単に思い出す  /  件名などで詐欺メールをブロック  /  重複するメールを削除する  /  高度な検索  /  フォルダーを統合する ...

📁 アタッチメント プロバッチ保存  /  バッチデタッチ  /  バッチ圧縮  /  自動保存   /  自動デタッチ  /  自動圧縮 ...

🌟 インターフェースマジック: 😊もっと可愛くてクールな絵文字   /  タブ付きビューで Outlook の生産性を向上  /  Outlook を閉じる代わりに最小化する ...

???? ワンクリックの驚異: 受信した添付ファイルをすべてに返信する  /   フィッシングメール対策  /  🕘送信者のタイムゾーンを表示 ...

👩🏼‍🤝‍👩🏻 連絡先とカレンダー: 選択したメールから連絡先を一括追加  /  連絡先グループを個別のグループに分割する  /  誕生日のリマインダーを削除する ...

オーバー 100の特長 あなたの探索をお待ちしています! ここをクリックして詳細をご覧ください。

 

 

Comments (3)
No ratings yet. Be the first to rate!
This comment was minimized by the moderator on the site
MsgBox "Fertig!" & vbCrLf & Zaehler & " Geburtstagseinträge geändert.", vbInformation, "Geburtstage angepasst "

Could you please translate this line for me? TIA
This comment was minimized by the moderator on the site
If possible, could you please give the above directive for auto-count in English??

Danke
This comment was minimized by the moderator on the site
Is there a way to set this up without using the birthday feature of the contact card?

On recurring could you set this up to show the number of years?
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations