メインコンテンツへスキップ

Outlookで特定の日より古い未読メールを自動的に既読としてマークするにはどうすればよいですか?

受信トレイフォルダに未読メールが複数ある場合は、通常、[すべて既読にする]機能を適用して、すべての未読メールを既読メールとして手動でマークできます。 しかし、特定の日より古い未読の電子メールを、毎回手動で設定せずにOutlookで自動的に既読としてマークしようとしたことがありますか?

特定の日より古い未読メールをVBAコードで自動的に既読としてマークする


特定の日より古い未読メールをVBAコードで自動的に既読としてマークする

特定の日より古い未読のすべての電子メールを既読として自動的にマークするには、次のVBAコードを使用すると便利です。

1。 を押し続けます Alt + F11 キーを押して アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2。 の中に アプリケーション向け Microsoft Visual Basic ウィンドウ、ダブルクリック このOutlookSession Project1(VbaProject.OTM) ペインでモードを開き、以下のコードをコピーして空のモジュールに貼り付けます。

VBAコード:特定の日より古い未読メールを既読として自動マークします。

Private Sub Application_Startup()
        Call MarkOldUnreadEmailsAsRead
    End Sub
    Private Sub MarkOldUnreadEmailsAsRead()
    Dim xInboxFld As Outlook.Folder
    Dim xAccount As Account
    On Error GoTo L1
    For Each xAccount In Outlook.Application.Session.Accounts
        Set xInboxFld = xAccount.DeliveryStore.GetDefaultFolder(olFolderInbox)
        Call Processfolders(xInboxFld)
    Next xAccount
L1:     Exit Sub
    End Sub
    Private Sub Processfolders(ByVal InboxFld As Outlook.Folder)
    Dim xItems As Outlook.Items
    Dim i As Long
    Dim xSubFld As Outlook.Folder
    On Error Resume Next
    Set xItems = InboxFld.Items
    For i = 1 To xItems.Count
        If DateDiff("d", xItems(i).ReceivedTime, Now) >= 15 Then
           If xItems(i).UnRead = True Then
              xItems(i).UnRead = False
              xItems(i).Save
           End If
        End If
    Next
    If InboxFld.Folders.Count > 0 Then
       For Each xSubFld In InboxFld.Folders
           Call Processfolders(xSubFld)
       Next
    End If
End Sub

Note: 上記のコードでは、このスクリプト内で日数を変更できます。 DateDiff("d", xItems(i).ReceivedTime, Now) >= 15 の場合 その後 あなた自身の必要なものに。

3。 次に、このコード ウィンドウを保存して閉じます。それ以降、Outlook を起動するたびに、事前に定義した日数を経過したすべての未読メールが、一度に自動的に既読としてマークされるようになります。

Note: このコードは、デフォルトのデータ アカウントでのみ使用できます。


最高のオフィス生産性向上ツール

Outlook用Kutools - Outlook を強化する 100 以上の強力な機能

📧 自動メール: 不在時 (POP および IMAP で利用可能)  /  メール送信のスケジュール設定  /  メール送信時のルールによる自動CC/BCC  /  自動転送 (高度なルール)   /  あいさつを自動追加   /  複数受信者の電子メールを個別のメッセージに自動的に分割する ...

📨 電子メール管理: メールを簡単に思い出す  /  件名などで詐欺メールをブロック  /  重複するメールを削除する  /  高度な検索  /  フォルダーを統合する ...

📁 アタッチメント プロバッチ保存  /  バッチデタッチ  /  バッチ圧縮  /  自動保存   /  自動デタッチ  /  自動圧縮 ...

🌟 インターフェースマジック: 😊もっと可愛くてクールな絵文字   /  タブ付きビューで Outlook の生産性を向上  /  Outlook を閉じる代わりに最小化する ...

???? ワンクリックの驚異: 受信した添付ファイルをすべてに返信する  /   フィッシングメール対策  /  🕘送信者のタイムゾーンを表示 ...

👩🏼‍🤝‍👩🏻 連絡先とカレンダー: 選択したメールから連絡先を一括追加  /  連絡先グループを個別のグループに分割する  /  誕生日のリマインダーを削除する ...

オーバー 100の特長 あなたの探索をお待ちしています! ここをクリックして詳細をご覧ください。

 

 

Comments (1)
No ratings yet. Be the first to rate!
This comment was minimized by the moderator on the site
How do I modify the code to target a specific folder?
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations