Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Outlookで返信するときにメールから連絡先を自動追加するにはどうすればよいですか?

Outlook 2010では、 推奨される連絡先 機能を追加し、受信者を新しい連絡先として自動的に追加します。 しかし、これは 推奨される連絡先 この機能はOutlook2013および2016ではサポートされていません。ここでは、Outlookで返信するときに、電子メールの送信者と受信者を新しい連絡先として自動的に追加するVBAを紹介します。

VBAで返信するときに、Outlookの電子メールから連絡先を自動追加する

Officeタブ-Officeでタブ付きの編集と閲覧を有効にし、作業をはるかに簡単にします...
Kutools for Outlook-100の強力な高度な機能をMicrosoftOutlookにもたらします
  • 自動CC / BCC メール送信時のルールによる。 自動転送 ルールによる複数の電子メール。 自動返信 Exchangeサーバーなし、およびより多くの自動機能...
  • BCC警告 -メールアドレスがBCCリストにある場合、すべてに返信しようとするとメッセージを表示します。 添付ファイルがない場合に通知する、その他の機能を思い出させる...
  • すべての添付ファイルで(すべて)返信 メールでの会話。 一度に多くのメールに返信します。 あいさつを自動追加 返信するとき; 件名に日付と時刻を自動追加...
  • アタッチメントツール:自動デタッチ、すべて圧縮、すべての名前変更、すべて自動保存... クイックレポート、選択したメールを数える、 重複するメールと連絡先を削除する...
  • 100 以上の高度な機能が あなたの問題のほとんどを解決します Outlook 2021 - 2010 または Office 365。フル機能の 60 日間無料試用版。

VBAで返信するときに、Outlookの電子メールから連絡先を自動追加する

このVBAは、Outlookで電子メールに返信するときに、電子メールの送信者とすべての受信者を新しい連絡先として自動的に追加します。 次のようにしてください。

1。 押す 他の + F11 キーを押して、Microsoft Visual Basic forApplicationsウィンドウを開きます。

2。 Project1を展開し、ダブルクリックします このOutlookSession それを開き、VBAコードの下をThisOutlookSessionウィンドウに貼り付けます。 スクリーンショットを参照してください:

VBA:Outlookで返信するときにメールから連絡先を自動追加する

Public WithEvents xExplorer As Outlook.Explorer
Public WithEvents xMailItem As Outlook.MailItem
Sub Application_Startup()
Set xExplorer = Outlook.Application.ActiveExplorer
End Sub

Private Sub xExplorer_SelectionChange()
On Error Resume Next
Set xMailItem = xExplorer.Selection.Item(1)
End Sub

Private Sub xMailItem_Reply(ByVal Response As Object, Cancel As Boolean)
Dim xNameSpace As NameSpace
Dim xSenderAddress As String
Dim xContactItems As Outlook.Items
Dim i, k As Long
Dim xFilterAddress As String
Dim xContact As Outlook.ContactItem
Dim xNewContact As Outlook.ContactItem
Dim Arr() As String
Dim ArrName() As String
Dim xArrCount As Integer
On Error Resume Next
ReDim Arr(xMailItem.Recipients.Count + 1)
ReDim ArrName(xMailItem.Recipients.Count + 1)
xSenderAddress = xMailItem.SenderEmailAddress
Arr(0) = xSenderAddress
ArrName(0) = xMailItem.SenderName
For i = LBound(Arr) + 1 To UBound(Arr) - 1
Arr(i) = xMailItem.Recipients.Item(i).Address
ArrName(i) = xMailItem.Recipients.Item(i).Name
Next i
Set xNameSpace = Outlook.Application.GetNamespace("MAPI")
Set xContactItems = xNameSpace.GetDefaultFolder(olFolderContacts).Items
For i = LBound(Arr) To UBound(Arr) - 1
For k = 1 To 3
xFilterAddress = "[Email" & k & "Address] = " & Arr(i)
Set xContact = xContactItems.Find(xFilterAddress)
If Not (xContact Is Nothing) Then
Exit For
End If
Next k
If xContact Is Nothing Then
Set xNewContact = Outlook.Application.CreateItem(olContactItem)
With xNewContact
.FullName = ArrName(i)
.Email1Address = Arr(i)
.Categories = "From Email"
.Save
End With
End If
Next i
End Sub

3。 VBAコードを保存し、MicrosoftOutlookを再起動します。

これ以降、Outlookで電子メールに返信すると、この電子メールの送信者とすべての受信者が新しい連絡先として、デフォルトの電子メールアカウントのデフォルトの連絡先フォルダーに自動的に保存されます。


関連記事


Kutools for Outlook-100の高度な機能をOutlookにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします!

  • 自動CC / BCC メール送信時のルールによる。 自動転送 カスタムによる複数の電子メール。 自動返信 Exchangeサーバーなし、およびより多くの自動機能...
  • BCC警告 -全員に返信しようとするとメッセージを表示する メールアドレスがBCCリストにある場合; 添付ファイルがない場合に通知する、その他の機能を思い出させる...
  • メール会話のすべての添付ファイルで(すべて)返信; 多くのメールに返信する すぐに; あいさつを自動追加 返信するとき; 件名に日付を追加...
  • 添付ファイルツール:すべてのメールのすべての添付ファイルを管理し、 自動デタッチ, すべて圧縮、すべての名前を変更、すべて保存...クイックレポート、 選択したメールを数える...
  • 強力な迷惑メール 習慣による; 重複するメールと連絡先を削除する... Outlookでよりスマートに、より速く、より良くすることができます。
ショットkutoolsの見通しkutoolsタブ1180x121
ショットkutoolsの見通しkutoolsプラスタブ1180x121
 
コメントを並べ替える
コメント (1)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、このコードをありがとうございます。
しかし、(少なくとも私の場合は)連絡先を私が書いた回数だけ複製します。 何か案が?
ちなみに、Outlookのオプションでは、[新しい連絡先を保存するときに重複を検索する]チェックボックスがオンになっています。
ここにはまだコメントが投稿されていません
コメントを英語で残してください
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護