メインコンテンツへスキップ

Outlookの会議出席依頼に署名を自動的に挿入するにはどうすればよいですか?

Outlookでは、電子メールに署名を簡単に自動挿入できますが、会議の招待状に署名を自動的に挿入する場合、このタスクを直接解決する方法はありません。 この記事では、Outlookの会議出席依頼に署名を自動挿入するためのいくつかの便利な方法について説明します。

カスタムフォームを使用してOutlookの会議出席依頼に署名を自動的に挿入する

VBAコードを使用してOutlookの会議出席依頼に署名を自動的に挿入する


カスタムフォームを使用してOutlookの会議出席依頼に署名を自動的に挿入する

Outlookでは、会議出席依頼に署名を自動的に挿入するカスタムフォームを作成できます。次のようにしてください。

1。 に移動してください カレンダー ウィンドウをクリックして ホーム > 新しい会議 新しいを開くには ミーティング 窓。

2. 次に、をクリックします。 インセット > 署名、挿入する署名を選択します。スクリーンショットを参照してください。

会議1へのドキュメント自動挿入信号

3。 署名を挿入した後、クリックし続けます Developer > このフォームをデザインする 新しい ミーティング ウィンドウ、スクリーンショットを参照してください:

会議2へのドキュメント自動挿入信号

4。 新しい画面で、をクリックします Developer > パブリッシュ > フォームを別名で公開、スクリーンショットを参照してください:

会議3へのドキュメント自動挿入信号

5. 飛び出した フォームを別名で公開 ダイアログボックスで、に名前を入力します ディスプレイ 名前のテキストボックスをクリックし、 パブリッシュ ボタン、スクリーンショットを参照してください:

会議4へのドキュメント自動挿入信号

6。 次に、現在の会議ウィンドウを保存せずに閉じます。

7。 これから、署名付きの新しい会議を作成する場合は、をクリックしてください ホーム > 新商品 > カスタムフォーム、次に、今作成したフォームを選択します。 また、署名は会議の本文に自動的に挿入されます。スクリーンショットを参照してください。

会議5へのドキュメント自動挿入信号


VBAコードを使用してOutlookの会議出席依頼に署名を自動的に挿入する

以下のVBAコードは、会議出席依頼に署名を自動挿入するのにも役立ちます。次の手順で実行してください。

1。 を押し続けます Alt + F11 キーを押して アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2。 の中に アプリケーション向け Microsoft Visual Basic ウィンドウ、ダブルクリック このOutlookSession Project1(VbaProject.OTM) ペインでモジュールを開き、次のコードをコピーして空のモジュールに貼り付けます。

VBAコード:会議出席依頼に署名を自動的に挿入します。

Private Sub Application_ItemSend(ByVal Item As Object, Cancel As Boolean)
Dim xMeetingItem As Outlook.MeetingItem
Dim xFSO As Scripting.FileSystemObject
Dim xSignStream, xWriteStream, xReadStream As Scripting.TextStream
Dim xSignFld, xSignSubFld As Scripting.Folder
Dim xSignFile As Scripting.File
Dim xSignText, xSignPath As String
Dim xMailRTFText, xMeetingRTFText, xAllRTFText As String
Dim xByte() As Byte
Dim xPos As Integer
Dim xFilePath, xFldPath, xFldName As String
Dim xMailItem As MailItem
On Error Resume Next
If Item.Class = olMeetingRequest Then
    Set xMeetingItem = Item
    Set xFSO = CreateObject("scripting.FileSystemObject")
    xSignPath = CStr(Environ("USERPROFILE")) & "\AppData\Roaming\Microsoft\Signatures\"
    Set xSignFld = xFSO.GetFolder(xSignPath)
    If xSignFld.SubFolders.Count <> 0 Then
        For Each xSignSubFld In xSignFld.SubFolders
            xFldName = xSignSubFld.Name
            xFldPath = xSignSubFld.Path
        Next
    End If
    For Each xSignFile In xSignFld.Files
        If xFSO.GetExtensionName(xSignFile.Path) = "htm" Then
            Set xSignStream = xFSO.OpenTextFile(xSignFile.Path)
            xSignText = xSignStream.ReadAll
            If InStr(xSignText, xFldName) <> 0 Then
                xSignText = Replace(xSignText, xFldName, xFldPath)
            End If
            Set xMailItem = Outlook.Application.CreateItem(olMailItem)
            xMailItem.HTMLBody = xSignText
            xMailRTFText = StrConv(xMailItem.RTFBody, vbUnicode)
            xMeetingRTFText = StrConv(xMeetingItem.RTFBody, vbUnicode)
            xPos = InStrRev(xMeetingRTFText, "{\*\htmltag104 </div>}\htmlrtf }\htmlrtf0")
            xFilePath = CreateObject("WScript.Shell").SpecialFolders(16)
            xFilePath = xFilePath & "\MeetingText.txt"
            If xFSO.FileExists(xFilePath) Then
                xFSO.DeleteFile xFilePath
            End If
            Set xWriteStream = xFSO.OpenTextFile(xFilePath, 8, True)
            xMeetingRTFText = Mid(xMeetingRTFText, 1, xPos - 1) & "{\*\htmltag72 </p>}{\*\htmltag0 \par }{\*\htmltag0 \par }" _
            & "{\*\htmltag64 <p class=MsoNormal>}\htmlrtf {\htmlrtf0 {\*\htmltag148 <span lang=EN-US style='color:#00B050'>}\htmlrtf {\htmlrtf0" _
            & "{\*\htmltag244 <o:p>}{\*\htmltag84 &nbsp;}\htmlrtf \'a0\htmlrtf0{\*\htmltag252 </o:p>}" _
            & "{\*\htmltag156 </span>}\htmlrtf }\htmlrtf0 \htmlrtf\par}\htmlrtf0" _
            & vbCrLf & xMailRTFText & vbCrLf & Mid(xMeetingRTFText, xPos, Len(xMeetingRTFText) - xPos + 1)
            xWriteStream.WriteLine xMeetingRTFText
            Set xReadStream = xFSO.OpenTextFile(xFilePath)
            xAllRTFText = xReadStream.ReadAll
            PackBytes xByte, xAllRTFText
            xMeetingItem.RTFBody = xByte
            xMeetingItem.Save
            xMailItem.Close olDiscard
        End If
    Next
End If
End Sub
Private Sub PackBytes(ByteArray() As Byte, ByVal PostData As String)
    ByteArray() = StrConv(PostData, vbFromUnicode)
End Sub

会議6へのドキュメント自動挿入信号

3。 次に、コードウィンドウを保存して閉じます。それ以降、送信会議の招待状を送信すると、特定の署名が自動的に挿入されます。 あなたは行くことができます 送信済みアイテム 結果を確認するフォルダ:

会議7へのドキュメント自動挿入信号


最高のオフィス生産性向上ツール

Outlook用Kutools - Outlook を強化する 100 以上の強力な機能

📧 自動メール: 不在時 (POP および IMAP で利用可能)  /  メール送信のスケジュール設定  /  メール送信時のルールによる自動CC/BCC  /  自動転送 (高度なルール)   /  あいさつを自動追加   /  複数受信者の電子メールを個別のメッセージに自動的に分割する ...

📨 電子メール管理: メールを簡単に思い出す  /  件名などで詐欺メールをブロック  /  重複するメールを削除する  /  高度な検索  /  フォルダーを統合する ...

📁 アタッチメント プロバッチ保存  /  バッチデタッチ  /  バッチ圧縮  /  自動保存   /  自動デタッチ  /  自動圧縮 ...

🌟 インターフェースマジック: 😊もっと可愛くてクールな絵文字   /  タブ付きビューで Outlook の生産性を向上  /  Outlook を閉じる代わりに最小化する ...

???? ワンクリックの驚異: 受信した添付ファイルをすべてに返信する  /   フィッシングメール対策  /  🕘送信者のタイムゾーンを表示 ...

👩🏼‍🤝‍👩🏻 連絡先とカレンダー: 選択したメールから連絡先を一括追加  /  連絡先グループを個別のグループに分割する  /  誕生日のリマインダーを削除する ...

オーバー 100の特長 あなたの探索をお待ちしています! ここをクリックして詳細をご覧ください。

 

 

Comments (2)
No ratings yet. Be the first to rate!
This comment was minimized by the moderator on the site
Dear Supporter,

Regarding to VBA "hack", in Outlook365 does not insert the default signature at the end of a neither a new meeting nor appointment. What should I change in the code to get it work?

Thank you in advance.

Best regards: Laszlo
This comment was minimized by the moderator on the site
What lines do I need to change to get this to work on my own profile? I've added the string to my signature location.
Automatically Insert Signature To Outlook Meeting Requests With VBA Code
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations