メインコンテンツへスキップ

複数のアカウントのすべての受信トレイを統合して、すべての電子メールをOutlookにまとめて表示するにはどうすればよいですか?

Outlookは、同時に実行される複数の電子メールアカウントをサポートします。 既定では、各電子メールアカウントにはOutlookに独自の受信トレイがあります。 したがって、Outlookで作成した電子メールアカウントが多いほど、受信トレイが多くなります。 メールをチェックするには、メールの受信トレイを別々に前後に移動する必要があります。 複数のアカウントのすべての受信トレイをまとめて収集できる、統合された受信トレイを作成する良い方法はありますか? この記事では、それを実現する方法を紹介します。

VBAコードを使用して複数の電子メールアカウントの統合された受信トレイを作成します


VBAコードを使用して複数の電子メールアカウントの統合された受信トレイを作成します

複数のアカウントのすべての受信トレイを統合して、受信したすべての電子メールをOutlookにまとめて表示するには、次の手順を実行してください。

1。 プレス 他の + F11 キーを押して アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2。 の中に アプリケーション向け Microsoft Visual Basic ウィンドウで、以下のVBAコードをにコピーします このOutlookSession コードウィンドウ。

VBAコード:複数の電子メールアカウントの統合された受信トレイを作成します。

Sub UnifiedInbox()
'Update by Extendoffice 20180504
Dim xExplorer As Outlook.Explorer
Dim xSearch As String
On Error Resume Next
xSearch = "folderpath:Inbox"
Set xExplorer = Outlook.Application.ActiveExplorer
xExplorer.Search xSearch, olSearchScopeAllFolders
Set xApp = Nothing
End Sub

3。 次に、 他の + Q キーを保存して閉じる アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

4。 クリック クイックアクセスツールバーをカスタマイズする ボタンをクリックしてから その他のコマンド ドロップダウンメニューから。 スクリーンショットを参照してください:

5。 の中に Outlookのオプション ダイアログボックスでは、次のことを行う必要があります。

5.1選択 マクロ からのコマンドを選択 ドロップダウンリスト;

5.2選択 Project1.ThisOutlookSession.UnifiedInbox コマンドボックスから;

5.3 Add ボタン;

5.4選択を続けます このOutlookSession 右にあります クイックアクセスツールバーをカスタマイズする ボックスをクリックし、 修正します ボタン;

5.5マクロの変更ボタンを選択し、[ OK ボタン;

5.6 OK ボタンの Outlookのオプション ダイアログボックス。 スクリーンショットを参照してください:

6. すると、変更ボタンが画面上に表示されます。 クイックアクセスツールバー。 ボタンをクリックすると、以下のスクリーンショットに示すように、複数のメール アカウントのすべての受信トレイ内のメールが検索され、統合されます。

最高のオフィス生産性向上ツール

人気の機能: 重複を検索、強調表示、または識別する   |  空白行を削除する   |  データを失わずに列またはセルを結合する   |   数式なしのラウンド ...
スーパールックアップ: 複数の基準の VLookup    複数の値の VLookup  |   複数のシートにわたる VLookup   |   ファジールックアップ ....
詳細ドロップダウン リスト: ドロップダウンリストを素早く作成する   |  依存関係のドロップダウン リスト   |  複数選択のドロップダウンリスト ....
列マネージャー: 特定の数の列を追加する  |  列の移動  |  Toggle 非表示列の表示ステータス  |  範囲と列の比較 ...
注目の機能: グリッドフォーカス   |  デザインビュー   |   ビッグフォーミュラバー    ワークブックとシートマネージャー   |  リソースライブラリ (自動テキスト)   |  日付ピッカー   |  ワークシートを組み合わせる   |  セルの暗号化/復号化    リストごとにメールを送信する   |  スーパーフィルター   |   特殊フィルター (太字/斜体/取り消し線をフィルター...) ...
上位 15 のツールセット12 テキスト 工具 (テキストを追加, 文字を削除する、...)   |   50+ チャート 種類 (ガントチャート、...)   |   40+ 実用的 (誕生日に基づいて年齢を計算する、...)   |   19 挿入 工具 (QRコードを挿入, パスから画像を挿入、...)   |   12 変換 工具 (数字から言葉へ, 通貨の換算、...)   |   7 マージ&スプリット 工具 (高度な結合行, 分割セル、...)   |   ... もっと

Kutools for Excel で Excel スキルを強化し、これまでにない効率を体験してください。 Kutools for Excelは、生産性を向上させ、時間を節約するための300以上の高度な機能を提供します。  最も必要な機能を入手するにはここをクリックしてください...

kteタブ201905


Officeタブは、タブ付きのインターフェイスをOfficeにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付きの編集と読み取りを有効にする、パブリッシャー、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を 50% 向上させ、毎日何百回もマウス クリックを減らすことができます!
Comments (3)
No ratings yet. Be the first to rate!
This comment was minimized by the moderator on the site
This worked perfectly as a way to add capability to search for flagged items across multiple inboxes and .pst files, with a minor edit. Thank you so much for solving a major annoyance with how Outlook makes search folders.
This comment was minimized by the moderator on the site
Works fine for me on Outlook 365 Desktop Version for Windows 11 - thank you very much! I Only had to change the folder to "ordnerpfad:posteingang" due to the German version.
Do you have any ideas, how to add all junk folders to the macro, so that all emails from all Inboxes and Junk-folders are shown as result? If possible also with the German name for the folder - or maybe you know where to look it up?
Thank you very much in advance and best wishes from Germany!
This comment was minimized by the moderator on the site
This worked for me first time, but after an Office Update (the following day) it failed. I contacted Addin Technology via their 'contact us' link but was advised to post here, so here I am. In between times, I solved the issue. You need to enable macros at a suitable level. Go to File->Options-Trust Centre-Trust CentreSettings->Macro Settings and select the third option down, 'Notifications for all macros'. This is slightly more risky than the recommended level, but less so than the "Enable all" option. Clever solution, but I can't help feel that there's a way to achieve a unified inbox using Office options without a VBA macro.
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations